スポンサーリンク

昭和末期の黄金カード「広島対巨人」・・ここに復活!【超激辛公式戦雑感CvsG10回戦】

私には2人の兄がいる。
高校球児でGファンの長兄の影響を強く受けて私は野球を始めた。
そして同じくGファンになった。
長嶋が現役を引退して、青年監督として奮闘した時期が、ファンとしてのスタートとなる。
次兄は古葉カープ黄金時代から野球を好きになり、そのまま熱烈なカープファンになった。
私が学生時代の我が家は「巨人・阪神戦」ではなく「巨人・広島戦」が黄金カードだったし、この両チームは昭和末期のセリーグで激しく覇権争いしていた。
こんな事もあった・・・。
カープファンの次兄と中学生だった私で、後楽園球場の巨人・広島の夏場の首位攻防戦を観戦した。
今日のような白熱した試合で終盤を迎えて先に広島が得点したが、当時江夏が去った後の抑えを務めていた大野から、サヨナラホームランを(打者は多分・・原?)放った試合だった。
私は打った瞬間から暫くは興奮して嬉しさを爆発させていたが、ふと隣にいる兄が悔しそうだが、直ぐに気を取り直して打たれた大野に労いの言葉を発している姿を見て、お互いの贔屓チームの健闘を称え合う気持ちに変化した。
3塁側のジャンボスタンドからの観戦だったので、選手は米粒のようにしか見えなかったが、何か子供心に「野球っていいな」と深く感じ入った試合だった。
こんな兄弟だったので、私もGが優勝できそうもない時はカープを応援したし「阪急対広島」や「西武対広島」の日本シリーズはカープを応援した。
カープファンの兄もアンチ巨人という事でもなかったと思う。
「槇原vs大野・伝説の投手戦」は、毎年正月休みで会う二人の語り草になってる。
その後、勤務先の関係でカープや阪急ブレーブスの裏方的な仕事もしていたので、根っからのG党ではあるがカープに対する思い入れも強い。
気を使って頂いた当時の監督である山本浩二さん、池谷ピッチングコーチ、そして・・華麗なる色男・高橋慶彦さん。
忘れられない・・気持ち良いお人柄だった・・故津田恒美さん・・・。
風貌とは裏腹でとても優しい安仁屋コーチ・・。
勿論、人が見ていない場所で努力を惜しまない多くの選手達・・・。
個性溢れる面々を見て・・当時は心から勝利を願っていた。
そんな懐かしい思い出が蘇るような素晴らしい試合だった。
昭和の名物カード復活の予感・・・今シーズンは最後まで心から満喫したい。


【勝敗を分けたポイント】
お互いに失投を逃さなかった。
丸の同点ホームランは、菅野が内角を狙ったボールが甘く入った。
坂本の決勝ホームランは、外角へ外し気味に要求した直球がシュート回転で真ん中へ入った完全な失投。
ミスを責めるよりも、今回の場合は打った打者を褒めるべきだと思う。
失投を一発で仕留めた集中力を讃えたい。
細かくなるが、私が何気に大きかったと思うポイントは、8回表のワンアウト・ランナー1塁で、松本哲がライト前にヒットを放って坂本に繋いだこと。
強攻策で一気に逆転を狙った原采配だったが、代打セペダが三振で流れが止まりそうな場面だったので、彼が上位に繋いだのは大きかった。
筆者としては影のヒーローは松本哲を挙げたい。


【選手別雑感】
★菅野
休養十分でボールに力強さはあったが、直球が抜けていたケースが多々あった。
変化球も勝負処では良いコースに投げていたが、全体的に狙ったところに決まっていたとは言えない。
それでも何とか踏ん張っていたが、丸に打たれた直球はキレもなくコースも甘かった。
前のイニングで何とか凌いだが、あそこが限界だったかもしれない。
だが、勿論彼にも問題があったが、この試合はカープ打線も賞賛したい。
★山口
以前から思っていたが、マツダスタジアムの彼は抑えたイメージが余り無い。
この試合では、懸案だったチェンジアップが高めに浮くケースが目立ち痛打された。
他の球種も甘いボールは確かにあったが、それ程悪いボールには思わなかった。
★マシソン
解説の平松氏は酷評していたが、筆者は全く心配していなかった。
個人的には平松氏とは考え方が真逆で、マシソンの危険信号は直球を低めに叩きつけるような内容の時は危ない。
高めに抜けるボールも良くないが、しっかり指にかかった真っ直ぐが、やや高めに集まる時がフォーム的には1番バランスが良い。
★坂本
1本目のホームランは内角寄りの直球を上手く捌いた「技ありホームラン」で彼の得意とするバッティング。
2本目は素晴らしい集中力から生まれた豪快な一発だった。
その前の2打席は、本人的には非常に悔しかったバッティングだったので、あの打席は気迫を感じた。
★片岡
坂本がチャンスで倒れた後に、初球のスライダーを叩いてのタイムリーは見事だった。
前の打席では大瀬良に対してタイミングが合っていなかったが、狙い球を絞って初球から手を出したバッティングは流石だった。
但し、守備では菅野の足を大きく引っ張ってしまった。
キャンプ時から感じていたが、彼の場合は土のグランドでの捕球に課題が残る。
どうしても球足の速い人工芝に慣れてしまっているので、慣れていない土のグランドでは強い打球に対して足が出ていない。
土のグランドでは待って捕球すると、バウンド数が多い分だけ打球が変化する危険が高くなる。
要改善してほしい。
★亀井
去年までの彼のバッティングなら、1打席目を見て大瀬良に対して「厳しい」と直感的に思うだろう。
しかし、今の彼には打席の中で修正する事が出来ている。
加点して欲しい場面でキッチリ捉えたバッティングは見事だった。
守備ではホームへの返球がソレて、勝ち越し点を許してしまったが、まだ指の骨折が完治していないことが影響していると思う。
刺して欲しかったが個人的には責められない。
★村田
完全に復調したと思う。
特に最初の打席のホームランは内容的には完璧だった。
「トップの位置がガチっと固まった」今の彼のバッティングは、簡単に崩れるものでは無いと思う。
今後も暫く期待しても良いだろう。
★阿部
良い兆しを見せていたバッティングは、大瀬良に全くタイミングが合っていなかった。
「これが一時的なモノなのか?」明日の九里との対戦でハッキリすると思う。
★長野
阿部とは違い、内容的には以前のようにスイングが遠回りするような内容ではない。
次の試合に期待したい。
★アンダーソン
確実に上昇している。
しっかり自分のポイントまで呼び込んでスイングし、最短距離で捉えているので、直球にも力負けしていないし、少し抜かれても崩れていない。
その証拠に緩いボールを投げられても見逃し方が良くなっている。
次カードの先発九里に対して、大爆発の予感がプンプンする
★ロペス
久しぶりに右方向への軽打を見た。
この意識があれば、高めに浮いた失投を高確率でスタンドに放り込む、彼のバッティングが見られる日は近いだろう。
問題はセペダとの併用によって生まれる焦りだが・・・。


【総評】
カープ先発の大瀬良は「力まないとスピードが出ない」状態に見えた。
上半身に無駄な力が入っているので、左肩が若干早く開き、ボールの出処が打者からすれば見やすかったと思う。
これは個人的に感じた学生時代の彼の欠点だった。
そして緩いボールも少なかったように感じたので、緩急をつけて打者を幻惑するような投球も出来ていなかった。
現状、かなり大きな壁にぶち当たってると思う。
春先のG戦では、力まないで150キロのボールを放っていたので、打者はタイミングを合わせづらかったが、今は全くその気配は無くなっている。
この試合、両軍が細かいミスをしていた事(特にG側)が、8対7というスコアに繋がったという点も見逃してはいけない。
無駄な四球は無かったので、大味なゲームには見えなかったが、これからの試合は「1点の重さ」が変わってくる。
「ミスによって生まれる失点を減らす事」こそ、ペナントを制覇する重要なファクターになるだろう。
この試合を見た両軍の選手や首脳陣は、ライバルは「このチーム」だと痛感したと思う。
だが、この試合での反省を忘れて相手だけを見ていたら、他の球団も十分割って入る事も考えられる。
「素晴らしいナイスゲーム」ではあるが「お互い隙があったゲーム」という事実も受け止めなければならない。
最後に、この試合の球場の雰囲気は圧倒的にカープナインを後押していた。
これは明日以降も続いていくと思うが、この状況で次カード先発のG小山が、自分の投球を出来るかどうか?
ここで自分のピッチングをするようなら、彼の野球人生は大きな節目になる予感がする。
前回の交流戦優勝を賭けたホークス戦で好投しているだけに、非常に楽しみである。
ちなみに、その試合の登板直前では「彼は足をブルブル震わせていた」笠原談。。苦笑


敬称略

皆様からの御意見、御感想を心からお待ちしております。
【超激辛NPBコラ厶twitter】展開中!
Twitterアカウント@hideo469998で検索

コメント

  1. my response より:

    I just want to say I am newbie to blogging and site-building and really savored your web blog. Likely I’m going to bookmark your blog post . You amazingly come with remarkable well written articles. Thanks a bunch for revealing your web page.

  2. This is a topic close to my heart cheers, where are your contact details though?

  3. bastcilk doptb より:

    Very interesting subject, regards for putting up. “Time flies like an arrow. Fruit flies like a banana.” by Lisa Grossman.

  4. hideo469998(管理人) より:

    お待たせして申し訳ありません
    次回の更新は日曜深夜を予定しております
    今少しお待ち下さい

  5. hideo469998(管理人) より:

    BHさん
    御返事遅れて申し訳ありません
    そうなんですよ・・BHさんの息子さんがカープファンだと
    以前に仰っていたので私も親近感が・・笑
    個人的にはGが駄目ならカープに優勝して欲しいと
    真面目に思っています・・苦笑
    後藤コーチの「ブラインドショット」は非常に斬新ですよね
    個人的には非常に理にかなってると思います
    某名監督は全否定しそうな考え方ですが・・・笑
    亀井がかなりこの考え方に心酔しているようで
    今シーズンは無理かもしれませんが
    来年あたりは一軍に呼ばれるかもしれませんね・・・。

  6. hideo469998(管理人) より:

    loveg80さん
    御返事が遅れて申し訳ないです
    loveg80さんが提言されたとおり小林を使ってきましたね
    しかもアンダーソン5番。。予言者かと思いましたよ。。笑
    小林はバッティングでは結果が出ませんでしたが
    キャッチャーとしては良く小山を引っ張ったと思います
    個人的には十分合格点です
    監督も小林を大事な試合で使ってきたことを考えると
    今のチームに手応えを感じているのかもしれません
    勝負の夏場に向けて戦力の底上げをする思惑を感じます
    守乱は勘弁ですけどね。。

  7. hideo469998(管理人) より:

    catさん
    御返事が遅れて申し訳ないです
    いえいえ、筋の通った反論でしたら大歓迎です
    catさんの野球観では、そのように感じたのは解る気がします
    私も本文で触れたように「隙があった試合」だと思っていますから
    その延長線で昨日の守乱による敗戦が生まれたと思っています
    まさにcatさんが危惧された結果になったということです
    カープに対しても、確かにそういう面もあるかもしれません
    但し、補強はしなくても確実に選手層、地力はついてきてると思います

  8. hideo469998(管理人) より:

    nakajiさん
    御返事遅れて申し訳ありません
    いつもながら御意見に概ね同意です
    仰るとおり広島打線は迷いが無いですよね
    これはピッチャーにとって凄いプレッシャーになると思います
    ただ、今は先を考えずにイケイケどんどんでやっていますが
    これから先は、本当のプレッシャーが掛かってきますから
    その時に首脳陣がどう選手を動かしていくか?
    ここもポイントになるような気がします

  9. BH より:

    こんばんは。コメント失礼します。
    お兄さんがカープファンですか。うちも息子がカープファンなので、ますます管理人さんに親近感が。一昨年までは年に一度の交流戦に息子を球場に連れて行き、一緒にスクワット応援をしておりました。結構楽しかったですよ。最近部活で忙しく観戦がままならないため大人だけで観戦に行きますが、今年はさすがにカープを応援する気になりませんでした(苦笑)。
    ぐっさんは特に夏場のマツダが苦手ですね。年に一度はここで「大炎上」があります。赤い顔して出て来るときは大概よくないですね。チェンジアップが、交流戦中は抜けてボールになってるだけまだ打たれませんでしたが昨日は甘く入って叩かれました。
    あと、私は後藤育成コーチに「出張」してもらい、ロペスに「ブラインドショット」を指導してやってほしいです。今のこの人に一番必要じゃないかと思います。1打席目は外の球が全くみえていなかったのが、次の打席には進塁打だけを心掛けたためにきれいに右前に打てました。…でも代打。打つ方もさることながら、もう終盤の守りが怖くて仕方ありません。
    それにしてもよく点がとれてますね。こんなときこそしっかり守ってほしいですが…。

  10. loveg80 より:

    菅野は、今季最悪の状態でしたね。久し振りの登板で、山口も同じく球が高く浮いたところを打たれました。やはり菅野は中5日、山口は連投くらいの方が良いのではないでしょうか。
    それと、素人の目から見ても菅野は6回が限度だっと思われたが、ベンチは何故続投させたのか、7回は香月で良かったのではないでしょうか。他に、本来ならば久保に任せたいがまだ本来の出来ではないので、澤村、土田が面白いと思います。
    打線も、相変わらず、不調の5番阿部起用に拘っているが、6番、7番で良いのではないでしょうか。長野にしろ打てないのであれば、高橋、中井らと競い合わせてもいいと思います。いずれ、橋本が復調すればベンチスタートになる危機におちいるのではないでしょうか。
    それと、アンちゃんはそろそろ5番に戻して良いと思いますね。そうなれば1番から5番、6番阿部(休養日・小林)、7番ロペス&セペダ、8番長野&その他である意味でオーダーが固定されるのではないでしょうか。
    いずれにせよ、阿部の復調に拘り過ぎである。もっと小林を起用しても良いのではないでしょうか。

  11. cat より:

    こんにちは。
    自分は全然違います、すいません。昨日は酷い試合でした。あれだけミスが出て勝った巨人が強いと言うより広島だから勝てたけど隙のないチームなら完全負け試合としか感じませんでした。
    逆に何で勝ったのか不思議なくらいです。
    菅野は打たれ過ぎでしたがこういう試合は必ずあります。ただ悪い時でも最少失点に抑えてくれるような菅野ならなれると思います
    片岡さんは土が慣れてないというかマツダは慣れてないと感じますがこれだけは慣れてもらうしか仕方がないし
    勇人は猛打賞はともかく1試合で2本塁打はそうないです。特に絶好調でもないしこういう時はただ相手投手が問題あっただけで 逆に勇人が2本塁打も打てる相手なら 慎之助、村田、長野ならもっと打てたと思う。タイミングとかあったかもですが
    ずっと疑問に感じてるんですが広島って補強もしてないしメンバー別に変ってないんです。どうしてみんな強くなったとか言ってるんでしょうか。自分には周りが勝手に強くなった強くなったと警戒してその空気を感じて広島の選手は勝手に強くなったと暗示にかかってるこういう状態にしか見えません
    相手をなめてみるのは絶対ダメだけど必要以上に脅威に感じるのも危険です。
    昨日は反省の多い試合でした。こんなことでは次カード中日戦が物凄く心配です。中日は今打線もいいし隙を見逃してくれるようなダレたチームではないです。チーム状態もいいです。
    交流戦後半に感じた強さを全く感じなかった。もう少し締まりのある試合をやって欲しいです。

  12. nakaji より:

    管理人さん、お邪魔します。
     毎度おなじみの中継の四分の一はCMをぶち込んでくる某局での視聴環境の為、1番肝心な終盤の攻防はラジオに限られてしまった自分ですが、予想を上回る見応えのある試合でしたね。(勝ったからいえるセリフでしょうが)
     菅野・・調子云々もあったでしょうが、失点を献上する菅野に対して「何やってんだ、菅野!」ってより、菅野だから何とか持ち堪えているが、カープ打線は相変わらず「スイングに迷いが無く」「スイング自体も総じて強いな」という心境の方が勝っていました。+球場の雰囲気も含めて、一体感がビンビン伝わってきた。
     
     丸に食らった痛恨の同点被弾も、コースが甘かったというのもありますが、そこに行き着くまでの相手の重圧に力尽きたとも言えるかなと。
     制球を含めて、状態が芳しくない時に「誤魔化せる」球種として現状のフォークの精度だと厳しいところが露呈した側面もあったかもしれない。全ての球種の質は高いものの、困った時に頼れる「絶対的な球種」が一つ欲しい。縦変化の球。シンカーを。
     
     坂本・・今シーズン初めてといっていいほど本領を発揮できた試合だったと思う。素晴らしい活躍だったが、まだまだ・・まだ、こんなモンじゃない選手ゆえ、今回のような力強いバッティング、長打を量産して欲しい。1本目は衝突気味?にも見えたけど、2本目は打つべくして打った、必然的なモノにも感じられた。
     
     何かしら、思い出したり、掴めたなら、サイコーなんですが。
     
     阿部、長野・・管理人さんとまったく持って同じ感想です。両者とも今回は音なしだったものの、確実に上昇している「形」は示せていると思う。状態が良くても、必ず結果が出る訳では無いだけに、その日の結果だけを捉えてダメ出す解説者には?ですね。今日は、この2人が・・・やってくれるだろう(か)。
     
     亀井、片岡の守備・・片岡に関しては、今回に限らず甲子園でも怪しかったように土のグランドの対応と緊張感も重なり、足が動いていなかった。菊地や本多のように「滑らかなフットワーク」で捌くタイプでは無いが、とにかく慣れていくしかない。
     
     亀井のバックホームは、ニュース映像で見たが、捕球のタイミングが合わず「待って取る形」になった分、スローイングが若干乱れた感じに思えた。走者は赤松だったが、守備陣形と亀井の守備力を考えれば、刺さなくてはいけない当たり。怪我の影響も拭えませんが、今回は送球より捕球体勢で決まったような。ただ、今後の似たようなシチュエーションに向けて、しっかり修正してくるだろう。
     
     あと、マシソン。至近距離での送球練習、特訓ですね。くれぐれもクルーンのコロコロ送球だけは、勘弁ですね。