スポンサーリンク

【G】澤村の長所を引き出した小林誠司の捕手力と野球センス【超激辛公式戦雑感GvsD12回戦】

先週のカープ戦から土曜日までの試合は、勝っても負けても決して褒められた試合内容とは言えず、個人的には大いに不満の残る内容が続いていた。
特に「内野守備の拙さ」と「リリーフ陣のデキ」を考えると、4試合を3勝1敗で乗り切ったのは奇跡に近い。
筆者の野球感は「投手力を中心に置くディフェンス力こそがペナント制覇の近道」と考えているので、そういう意味では昨日の試合で、今季初マウンドとなった澤村には「暗雲漂い始めたチーム状況」を打破するピッチングを期待したいと願った。


【勝敗を分けたポイント】
「8回裏ワンアウトランナー2塁の場面で打者小林が死球」
Dサイドから考えると、イニングの先頭打者長野にツーベースを打たれたが、次打者の寺内が犠打失敗で何とか無失点に切り抜ける絵が描けた筈だった。
3塁に送れば勝負をかけて代打を送るという選択肢は多少有ったかもしれないが、走者が2塁ではヒット以上の結果でなければ得点できない。
こういう状況なら「捕手二人制」でゲームに望んでいるGベンチが、延長が十分考えられる状況で、小林を変えて代打を送るという選択肢は取らないと読んだと思う。
その上、この試合の小林は濱田に対して全く合っていなかった。
Dベンチとしては、小林を討ち取り、9番澤村の代打まで濱田でいくつもりだったと思う。
G側からすれば(濱田が)ほぼ初対戦の特殊な投げ方の左腕なので、左の強打者の阿部、高橋由でも初対戦では厳しいと考えた筈。
それだからこそ右の代打中井という選択肢だった。
この選択はDベンチは多少意外だったのかもしれず、交代を迷うような場面も見られたが続投させた。
見事に代打中井を討ち取ったが、坂本に対しては交代させざるを得なかった。
谷繁監督としては、4打席目の坂本の前で決着を付けたかった筈だ。
出来れば直近の試合で打ち込まれているリリーフ陣を、イニングの頭から出したかったと思うが、その目論見が小林への死球で崩れてしまった。
そして、対坂本から田島にスイッチしたが、制球に難がある現在の彼には、強いボールで「打者の打ち損じ」を待つ以外に抑える術は無かった。
そして坂本四球、由伸決勝タイムリーとなった。


【選手別雑感】
★澤村
序盤は制球に苦しんでいたが、回を追う毎に打者の懐と外角の低めにボールを集める事が出来ていた。
特に右打者の懐へのツーシームは、しっかり腕が振れていたので、それに乗じて低めのフォークやスライダーが更に効果的になっていた。
とはいえ、彼の場合は何と言っても直球のデキが大きな問題。
序盤から高めに抜けるようなボールが少なかったので、低めの直球で打者をねじ伏せることに成功していた。
彼の場合は、力んでくるとボールの出処が見やすくなるので、力まないとスピードが出ない場合は今後も厳しい。
また余計な力が入る投球が続けば、長いイニングで投球することは出来ない。
そういう調子が悪い時に「杉内や菅野のようにゲームの形を作っていけるか?」ここが今後に向けての大きな課題になる。
彼らのようにボールの出処が見辛い投手ではないので、ツーシームとスライダーを駆使して横の揺さぶりをかけていきたい。
そうすれば、余り落ちないフォークも有効なチェンジアップになるだろう。
★マシソン
イニング跨ぎは正直やめて欲しい・・・。
苦しいのは分かるが、マシソンは決してタフな選手ではない。
山口、マシソンが機能するには、やはりもう一枚強力なリリーフを作る必要がある。
★坂本
先週は素晴らしい内容だった。
バッティングの最大の長所である「内角打ち」が、良かった頃に戻っている。
外の変化球に対しても、まだ「追っかける」雰囲気はない。
暫く好調を維持してほしい。
★井端
彼が中日時代から時折見せてる「配球を読んだ強振」で貴重な先制ホームランを放った。
守備でも決して往年の守備範囲はないが、自分のテリトリーでは確実に仕事をこなす安定感は流石だ。
★亀井
派手な活躍はしていないが、相変わらず好守で貴重な役割を演じている。
彼が繋ぎ役、又は出塁することによって、6番長野がポイントゲッターになって打線が機能している。
★村田
彼も状態が上がってる打者の一人。
昨日の濱田には全く合っていなかったが、今はかなり打席での雰囲気を感じる。
★アンダーソン
若干、スイング軌道が体から離れてしまってるのが気がかりである。
Dバッテリーが懐に直球系を見せ球に使うので、必要以上に意識している。
その上で、カーブ系で緩急をつけられているので強引なスイングに見えてしまう。
彼の場合は「センター返し」の意識が大事になる。
★長野
完全復活だろう。
打席での迷いが減り、狙い球を絞って打席に立っている。
今は見逃し方も良いし、外の変化球を追っかけない。
6番を彼が務めることでG打線が機能している側面も強い。
★ロペス
途中で変えられたり、先発から外れたりすることが原因なのか?
打席での集中力を感じないし、強引過ぎるバッティングも印象が良くない。
★小林
「総評」で詳しく触れています
★高橋由
素晴らしい一振りだった。
最近は代打に慣れてきたのか、一発で仕留める集中力を感じる。
彼にも是非4打席立たせてあげたいが、「代打の神様誕生」も夢見る自分がいる。
又、彼や井端という実績十分のベテラン選手が、ベンチに置かれて不満そうな態度を見せないことも、当たり前では有るが賞賛しておきたい。
今のG野球に一体感を感じるのは「彼らの配慮」と「出場した試合での集中力」とは無関係ではない。

先週の対C・D戦で気になった選手
★大竹
内容は悪くなかったが、6回・90球前後から球威や制球がガクっと落ちる現象が続いている。
去年のように、7回をしっかり任せられる投手が居れば問題ないが、今年はそうはいかない。
これから彼が得意な夏場になるが、もう少し球数を投げられるようにするか、配球面で球数を減らす工夫がほしい。
★杉内
序盤から直球を引っ掛ける感じで、低めに外れてしまうケースが多く苦しんでいたが、それでもゲームをしっかり作るのは流石だと思う。
悪いなりにも結果を残しつつ有るので、彼については当面不安はないだろう。
★山口
マソソン同様、若干疲れを感じる。
春先の怪我から復帰して、暫くは調子を上げることに全力を注いでいたので、今は疲れが出る時期だと思う。
個人的には「想定の範囲内」なので、厳しい夏場に向けて全く心配していない。
但し、これから夏場に向けて「イニング跨ぎ」は勘弁してもらいたい。
★香月
こちらも若干高めにボールが浮くケースが目立ち始めてきた。
キレも本来のものではなく、やはり疲れによるものだろうが、ここは踏ん張って欲しい。
★久保
フォークが全く落ちていない。
彼の場合、非常に器用な投手だが、一方ではフォークを生命線にしている面も色濃い。
しっかりファームで再調整して、勝負の夏場に戻ってきて欲しい。
★片岡
疲れが有るのか・・好守に精彩を欠いている。
特に守備では足が動いていないので、現状は不安感が残る。
そういう意味では、昨日の試合で井端を起用したのは大正解。
★阿部
バッティングの状態は上がっているが、上昇カーブを描いているというほどでもない。
まだ直球に差し込まれるケースが目立つ。
守備についてはスローイングの弱さ、安定感の無さが気になる。
そしてキャッチングについても、土曜日の試合でマシソンのボールに対して痛いイージーミスを犯していた。
肉体的に疲れがあるのか・・・。


【総評】
この試合のヒーローが澤村や由伸であることに異論はないが、個人的には小林の「野球センス」を高く評価したい。
まず打者としては「勝敗を分けたポイント」で取り上げた死球の場面で、彼はワンバンドのカーブを逃げずに当たった。
これは打席に入る前から、こういうケースを想定していなかったら難しい。
勿論「自分には低めの変化球が多くなる」という配球も含めて想定し、追い込まれてから低めの変化球を見切っていた。
タイミングは合っていなかったが、決してバッティングは崩されていなかった。
走者としても、8回由伸タイムリーの場面で、セカンド走者として抜群のスタートから悠々ホームインしたのも印象的だった。
決して足は速くないが、ここでもセンスを感じるプレーだった。
捕手としては何と言っても澤村への好リードが光る。
序盤は制球に苦しみ、ボール先行のケースが多かったが、そんな状況でもしっかり打者の懐へ強いボールを要求し、その後のピッチングの幅を広げる事に成功していた。
阿部には失礼かもしれないが、去年の彼に対する配球では、右打者の内角へ強いボールを殆ど要求していなかった。
直球は殆ど外寄りで、要求したとしてもスピードが若干落ちるツーシームだった。
また、右打者の内側から曲がってくるスライダーも多投していたが、元々スライダーの制球に自信が有るわけでもないので、「見せ球」でしかなかったし、その効果も半減していた(もしくは変化しない危険な半速球)
昨日の澤村のピッチングでは、上記の「選手別雑感」で触れたが、一番良かったのは右打者の懐へのツーシーム(又は直球)を投げるときに腕をしっかり振っていた事だと思う。
小林はシッカリそれを利用して、前半から強いボールを打者の懐に集めて、ボールに対する踏み込みを甘くさせていた。
その結果、外を狙ったスライダーや、低めに落としたかったフォークが甘くなるケースも結構あったが、打者は打ち損じていた。
去年同様、80球を超えたあたりから直球の威力は若干落ち、同点打を相手投手に浴びたが、その後ズルズルいかなかったのは、澤村の頑張りは勿論だが、直ぐに変化球中心に切り替えた小林の好リードも大きい。
小林に対する世間の評価では、強肩がクローズアップされることが大きいが、実はキャッチングが素晴らしい。
特に直球系のキャシングに関しては、個人的には阿部より評価が高い。
昨日の澤村のケースでも、数球は彼のキャッチングで際どいボールが、ストライク判定になったと言っても過言ではない。
特に初回の先頭打者・大島に対する、ワンスリーからの内角低めへの直球は、キャッチャーが構えた位置からは逆だったので、下手なキャッチングだと審判は手を上げていない。
今季初マウンドで、いきなり先頭打者を四球で出したら、その後の展開は非常に厳しくなったかもしれない。
小林のキャッチングが無ければ、昨日の好投は無かったといっても、決して過言ではない。
昨日の小林の活躍は「地味」ではあったが、元々捕手が担うべき要素である「縁の下の力持ち」を見事に実現していたと思う。
常に周囲から「主役の活躍を望まれる」阿部とは違う、「捕手力」や「野球センス」を感じさせる小林のプレーだった。
ドラゴンズに関しては、先発濱田は素晴らしい内容だった。
勿論これから厳しい現実を沢山経験するだろうが、投げっぷりの良さは大いに買いたい。
これから更に体が出来上がれば、スピードも4〜5キロ伸びるかもしれない。
変化球に関しては現状でもレベルが高いボールを投げている。
3連戦の総評としては、やはりドラゴンズの1〜2番を機能させなかったのが勝因だと思う。
大島を14打数3安打、谷を11打数2安打。
6番和田を含めた中軸は十分怖さがあったので、ここの出塁を最少に抑えたのが大きかった。


敬称略

皆様からの御意見、御感想を心からお待ちしております。
【超激辛NPBコラ厶twitter】展開中!
Twitterアカウント@hideo469998で検索

コメント

  1. I simply want to tell you that I’m new to blogging and seriously liked you’re blog site. Very likely I’m likely to bookmark your blog . You definitely have amazing well written articles. Thank you for revealing your web-site.

  2. bastcilk doptb より:

    Fantastic site. Plenty of useful info here. I’m sending it to several pals ans also sharing in delicious. And of course, thanks in your sweat!

  3. gianhirose4855 より:

    管理人さん,こんにちは。
    管理人さんのレポートが更新されなくなって1か月が経ちました。
    いろいろとお忙しいのでしょうか?
    体調をお崩しでしょうか?
    レポートできるお暇ができましたら,またよろしくお願いします。
    我が巨人軍の調子が上がってくるのとどちらが早いか?気長に待ちたいと思います。

  4. hideo469998(管理人) より:

    BHさん
    御返事遅れて申し訳ありません
    ぐっさんは明らかに疲れを感じますね
    直球のキレが落ちています
    本文で触れてるように想定される出来事なので
    全く心配いていません
    だだ、今のような使われ方が続くと心配ですね
    西村が仕事をしてくれれば良いんでしょうけど
    ファームの試合で見た彼のピッチングは疑問符が???付きます
    1軍に上がってどこまで良くなってるか・・・。
    私の母も澤村を見て同じ事を言っていました・・。
    偶然とはいえ恐ろしい・・。 笑

  5. hideo469998(管理人) より:

    Gアンツさん
    御返事遅れて申し訳ありません
    澤村素晴らしかったですね
    由伸が打って試合を決めて澤村が勝つ
    素晴らしいゲームを見ることが出来て私も幸せでした。
    小林の使い方については同意です
    長野の使い方も含めて「ボス」が我慢できるかでしょうね・・。笑
    個人的には彼が仮に打てなくても
    今のG打線なら他がカバーしてくれます
    使って欲しいですね。
    最後にセペダ、松本のどちらかを落とす場合は橋本
    中井を落とす場合は矢野が上がると思っています。
    個人的には同意見でセペダを落とせば解決すると思っています
    松本は落として欲しくないと・・・。
    まあセペダは落とさないんでしょうね・・。
    しっかりファームで振り込んでも良いと思いますが・・・。

  6. hideo469998(管理人) より:

    loveg80さん
    御返事が遅れて申し訳ありません
    そうですね・・。
    橋本=松本哲、矢野=中井というセットで
    入れ替える可能性が高いですね・・。
    ただ、橋本は2軍の試合を見ましたが厳しそうです。
    タイミングが取れていないのが気になります。
    阿部について
    仰るとおり、強引なスイングが目立つ場面が多いですね
    中日戦の2戦目の田島に対するスイングはイラっとしました
    「ここは絶対に点を取らなければ、試合はもつれる・・」と
    真剣に思っていましたから・・。
    小林との併用は難しいですね。。。
    個人的にはloveg80さんの意見と同意ですが
    あとは監督次第というか・・・当たり前ですが・・苦笑

  7. hideo469998(管理人) より:

    nakajiさん
    御返事遅れて申し訳ありません
    小林について
    的は小さいが構えが低いので、投手は低めの意識付がしやすい・・
    なるほど、仰るとおりだと思います
    アンダーソンについて
    カノーを参考にしてるんですか?
    知りませんでした
    目の付け所は悪くないと思いますが
    今は楽天投手陣に崩されたスイングを矯正している最中でしょうね
    個人的には余り心配していません
    澤村について
    よくGファンの間でも、体が絞れてきたという意見が多いですね
    私はちょっと比較できませんが・・・・。
    彼の場合は、昨日のようなピッチングをこれからも期待しています
    苦しくなったら直球を真ん中へ投げるというピッチングでは
    中盤以降ガス欠気味になった時は踏ん張れませんから。。。
    仰るとおり、彼がカーブをマスターし
    カウントを稼げれば無双でしょうね。。。。

  8. hideo469998(管理人) より:

    takuhonomasaさん
    御返事遅れて申し訳ありません
    小林イイですよね
    個人的には彼のプレーを見てるとワクワクします
    もう少し体に幅が欲しいところですが
    現状でも十分戦力になっています
    中井は厳しいですね・・。
    出場機会があればもっと打つような気がするんですけど
    代打陣が強力なので厳しいです
    橋本は個人的にはまだ上げないと思っています
    何気に右の代打が若干弱いので、矢野がソロソロ上がってくると
    持っています。
    松本哲が落ちる時、橋本を上げるでしょうね・・・。
    でも・・橋本は余り良くないんですよね・・。

  9. BH より:

    こんばんは。コメント失礼します。
    管理人さんには、交流戦明けのぐっさんがどう写っているのか、是非お聞きしたかったので、拝見してちょっと安心しました。5月半ばからチーム状態が悪くて登板機会が極端に少なかった状況から、交流戦中盤から急に登板が立て込みましたからね。今週は他チームが9連戦のところ、日程が飛びますので、上手に調整してほしいと思います。正直、今年は開幕前に仕上げられなかったので、どうしても「やっつけ仕事」みたいにならざるを得ないのかなとも思いますが、一部でもう終わった人みたいに言われてるのがどうも不本意で。ただ、おっしゃるとおり、回跨ぎは極力やめてほしいと思います。
    澤村を久しぶりで見た母が「顔が随分小さくなった」と。確かにかなり浮腫みがとれたよう(苦笑)に見える気がします。体調、いいんじゃないでしょうかね。

  10. Gアンツ より:

    失礼します!
    澤村!ついに帰ってきましたねw
    昨日の試合は個人的に最高の試合でした。
    現役選手の中で投手、野手で一番好きな選手の揃い踏み!
    澤村、由伸w
    澤村は真っ直ぐがどうか?それに尽きる投手だと思います。
    先頭の大島との対決で真っ直ぐ一本で打ち取ったことが昨日の好投を引き出したのでしょう。
    阿部ではなくて小林が捕手で大正解でしたね。
    今のジャイアンツには阿部は必要不可欠な選手であることは周知の通り間違いないと思います。
    しかし、近い将来ジャイアンツを背負っていくのは坂本、長野、菅野を筆頭に澤村や小林であることも然りです。
    だから私としては菅野や澤村の登板日にはできるだけ小林を先発させて欲しいと開幕前から願っています。
    今のゲーム差や他球団の動向からすればそれくらいの余裕もあるのでは?
    近未来のジャイアンツの為にもなりますからねw
    由伸はやっぱりさすがだなと思います。
    あの場面、今年の打席の中でもかなり緊張する場面だったと思います。
    澤村の復帰戦。代打を送られていたのであそこで打たなければ勝ちはつけられない。
    良い投球をしても…と去年がフラッシュバックしてしまうような展開。
    そんな中で一打席一球で仕留めてみせる天才。
    やっぱり由伸は頼りになりますねw
    スタメンで毎日観たいし、試合の最大の山場での代打の神様もいいですね。
    とにかく一年でも長く現役選手としてフィールドで躍動する彼を観ていたいです。
    …長野。やっと本領発揮ですかねw
    ボスが我慢できるかは別として野手陣は多少の波はあってもしばらくはこのままの打順がいいのかもですね。
    橋本復帰の際ですが左右の代打のバランスや守備、代走要員を考えたらどう考えても外れるのはセペダが最適なはずですが…

  11. loveg80 より:

    >ディフェンス面を考えると、松本の方が必要な場面が多いのでは。
    そうですね、橋本が戻れば同タイプであり、肩の弱い松本は降格でしょう。打撃も、相変わらずレフトフライが多く、自分の売りである足を生かして叩きつけるゴロを打つとか、セーフティとか工夫する姿勢がないですね。せめて、センター方向の意識を持って欲しい。
    中井は結果が出なければ矢野起用となるでしょう。何故かレフト方向に強引に引っ張るように見受けられるが、昨年のように右打ちにも意識を持って欲しいですね。
    それと、阿部ですが小林との併用というか、1週間に2日くらいは小林にマスクを任せても良いのではないでしょうか。それに捕手二人制ですが、寺内にも少しは実戦をさせてはどうだろうか。まだ無理のようならば3人体制で小林をどんどん起用してもらいたい。
    阿部のキャッチングをみていると、確かに読みは鋭いが、ポロポロ球は弾くし、何といってもスローイングが落ちましたね。打撃も首筋痛の影響かどうか、打球に鋭さがなく、強引に打っている感じである。もっと逆方向にも徹して欲しいですね。

  12. nakaji より:

    管理人さん、お邪魔します。
     小林のキャッチング、リードを鋭い眼差しでチェックしていたのは、G首脳やキャプテン阿部よりも三塁ベンチの谷繁監督だったかもしれませんね。どのような感じに映ったのかは沙汰かじゃ無いものの、「心をクスぐる」だけのモノは魅せられたはず。
     ミットを叩く音の出し具合は、キャプテン同様上手さがある小林だが、キャプテンと大きく異なる所と言えば、的の位置の「低さ」だろうか。的全体は小さくなるが、低目への意識付けという観点だと大きなメリットがある。昨日の澤村とフィットできたのも、少なからず関係していたような。低目への意識はどの投手にとっても常に念頭に置かれている項目だろうが、特に制球に難があるタイプの投手にとっては、狙いが定まりやすいのはデカイはず。
     澤村・・ルーキーイヤーにタイムスリップしたような投球を・・という想いを胸に復帰登板を見させて貰った。「あの頃と同じ」というのは端から無理があるのは分かりきってた事だが、少なからず近年よりは体が絞れていた様に映った。(実際は解りませんが)
     
     澤村に関しては、カラダのボリューム「この一点」しか、この一点に変化があれば、好転するはずだと頑なに思っている。そんな単純な事じゃないかもしれませんが、余分な筋肉を削ぎ落として体のキレ、瞬発力が取り戻さればと。寄り道してしまったことは事実だが、成長するために必要だった「遠回り」だった事を証明するしかない。個人的には、頑なに彼は「カーブ」を真剣にマスターすべきかと。投げれるレベルじゃなく、使えるレベルのヤツを。
     
     あらゆるメカニックに相乗効果をもたらすと思うけどなぁ~、カーブ一つで。
     
     アンダーソン・・仰るように、胸が投手寄りに正対するのが早くなっている。いわゆる一つのドアスイングですね。
     
     その辺は、本人も重々認識しているんでしょうけど・・・。
     
     その問題を矯正する意味では、あえて「開いた」形から「閉じる」現状のフォームは理に叶っている部分もあるが、スタートの開き具合が大きい分、閉じる後に反動でまた開いちゃっているようにも見えなくも無い気が・・・。
     
     マリナーズ、カノを参考にしているようだが、彼も構えは「ややオープン気味」だが、踏み込みはクロス気味で強烈だ。
     真似ろとは言わないけど、もう少しスタート時のオープン具合を抑え目(閉じる)にすれば、振り出す際の開きも抑えられるような。
     
     現状、対左の方が可能性があるのも、この辺の事情か。
     
     
     
     
     
     
     
     
     

  13. takuhonomasa より:

    いつもレポートありがとうございます。
    小林のキャッチングは素晴らしいです。
    ほぼ全球ミットの芯で捕球してるので、投手も気持ちいいと思います。
    阿部もかなりのレベルですが、今年は手だけで取りにいく一昨日のマシソンのような場面が散見されます。
    キャッチングだけでいえば、球界トップクラスだと思います。是非とも一週間に一度位はスタメンで起用してもらいたいところです。
    中井、厳しい立場ですがバッティングしかセールスポイントがないのて、橋本と入れ替えが濃厚になってきました。
    主様のご意見とおり、ディフェンス面を考えると、松本の方が必要な場面が多いのでは。
    澤村、よく復帰してくれましたが、良くも悪くもこういうタイプの投手です。間合いが悪く、ストレートの伸びがなくなってくるととらえられてしまう。ただローテの一員としては、期待できます。