スポンサーリンク

超激辛NPBコラムが考える「ジャイアンツ優勝の要因とは?」  第一回「主軸打者の不調と橋本の台頭 & 鈴木・井端に活躍の場を与えた亀井・寺内の復帰」

長い間ご無沙汰して申し訳有りませんでした。
理由については前回お話させて頂いた通り、私的な事なので多くは語れませんが、何とか再起する気持ちが整いました。
本当に皆様からの温かい言葉に助けられた思いで、感謝の言葉が見当たりません。
今後も頻繁な更新は難しいかもしれませんが、時間と気力が許す限りblogを通じて、皆さんとジャイアンツについて共有していきたいと思います。
これからもお付き合い頂ければ幸いです。


我が愛するジャイアンツは見事にリーグ三連覇を達成した。
今シーズンは優勝インタビューで監督が語られたように苦しいシーズンだった。
それでもシーズン終盤の上位との直接対決で叩くことに成功し、結果的には2位に5ゲーム以上離してペナントを終えようとしている。
振り返ると今シーズンのジャイアンツは、一度もチーム状態がピークを迎えなかったと思う。
打線はクリーンアップである阿部・村田の不調がシーズン終盤まで続き、最後まで去年までのような相手を圧倒する戦いが出来ない。
投手陣も故障者や不調の選手が後を絶たずに、例年と比べて苦しい台所事情だった。
それでも何とか凌いで勝ちを拾っていった印象が強い。
一言でいえば「勝負強い」で終わるかもしれない。
しかし「シーズン序盤を苦戦した原因」を深く掘り下げて考えると、交流戦やシーズン終盤にチームが上昇した要因が見えてくる。


まず苦戦した要因を考えると攻撃面では・・・。
★ポイントゲッター(阿部・村田)の不調による得点力不足
この点はGファンなら誰もが考えるところだと思う。
前半戦までの長野の不調も重なり、この三人の不調はチームの士気にも大きな影響を及ぼした。
特に村田、阿部の場合は走力が無いので、打点を稼いでもらわないと「お荷物」になる危険性が高い選手。
勿論、守備面では大きな貢献をチームにもたらしているが、攻撃に限れば打線が重くなってしまう主要因となる。
たとえ坂本・アンダーソンが結果を残しても、打線として機能しているとは言い難い状態が続く。
そしてセペダを緊急補強する苦肉の策を取った(セペダの獲得はキューバ政府とのパイプ作りという側面もある)が、そのセペダも期待通りの活躍は出来ず、逆に「守れない・走れない」彼の存在で、ベンチ入りメンバーが歪な構成になってしまった。
(参照:5月25日「バランスが悪い出場登録メンバーから生まれる原監督の消極的な選手起用」)
5月25日の当ブログ記事内で指摘しているように、この時点で「切り札」鈴木尚広が活躍したケースが殆どなかった。
その後シーズン中盤以降に鈴木が活躍して僅差のゲームを拾った事が、リーグ制覇の要因の一つである事は誰もが認めるところ。
つまり、主軸の不調を新たな助っ人でカバーしようとしたが、その助っ人が不調に終わるだけではなく、控えの野手の起用が限定される事態に陥り、ゲームプランが硬直化してジャイアンツの野球が重くなってしまった。
そういえば、筆者はこの時期はスタメンと控え選手のゲームに対する熱量に微妙な差を感じていた事を思い出す。
これらの原因を解消したのは、なんといっても亀井・寺内の戦列復帰が大きかった。
ユーティリティ性の高い守備力を持つ二人の復帰は、鈴木の役割を『代走からそのまま守備固め』という本来の使い方に特化することになった。
つまりタイミングや交代選手を限定することなく切り札を出すことが出来た。
外野の守備固めについては、本来なら松本哲をゲーム終盤で起用する事が例年多くなると思うが、亀井のバッティングが好調だったのでスタメンから彼を起用し、守備力の高い外野構成(長野・橋本)が完成した。
また、橋本・松本哲の怪我離脱時に由伸をレフトで起用することで、大きく守備力が落ちることもなかった。
さすがに長野まで離脱したときは苦労したが。。。
外野の話ではもう一つ触れておかねばならないポイントがあった。
シーズン当初はセンター橋本・ライト長野の布陣でスタメンを組んでいたが、シーズン中盤頃からセンター長野・ライト橋本という布陣に変えた。
これは橋本の打球判断が長野と大差なかったので、より肩の強い橋本をライトへ着かせる事がベターと考えたと想像する。
筆者はこのblog内で長野の打球判断に対して辛口評価していた(本来ならレフトがベストとまで言っていた)
しかし驚いたのが去年と比べると打球に対するアプローチがかなり向上していたので、センターの守備が非常に安定していた。
恐らく両翼の外野手が例年と比べて能力が高いので、負担が減りプレーに余裕が出来たことが大きな要因だと考える。
特に記憶に残っているのは、膝の故障の原因になったヤクルト戦・一打サヨナラの場面でのビックプレー。
「去年までの彼なら厳しかった」と勝手に思っている。
彼ら三人が外野を構成するときは守備範囲・肩の強さともにレギュラー外野手としては現在のNPBでは上位に入る。
つまり「出塁や進塁を簡単には許さない」という守備力は大きな強みとなり、投手陣には心理的にも大きなプラスとなったであろう。

次に内野の方へ話を移すと、こちらは寺内の復帰によって井端の活躍の場が広がった。
シーズン中盤まで寺内が怪我で離脱していたので、井端は片岡の代役としてスタメンを守るか、終盤の守備固めとして起用するしかなかった。
それでも片岡の調子が良ければこの役割でも良かったとは思うが、彼が8番を打つような状態ではそこに代打を考えなければならない。
つまり井端を残しておかないと、ゲーム終盤の勝負手として「代打由伸」「代走鈴木」を村田やロペス等のところに使えなくなってしまう。
そうなると「守備力」と共に井端の大きな魅力である「勝負強さ」が発揮できる場面が少なくなる。
また彼のような選手はベンチに置いておかずに、ゲームに出したほうがコンディションも上がる。
事実、寺内が復帰した後に井端の出番が格段に増えて、勝敗を左右する活躍を何度か見せたのは記憶に新しい。
寺内にとっては片岡・井端の加入は気の毒ではあるが「居なくてわかる寺内の存在」はG首脳陣にもあらためて感じさせる事になっただろう。
筆者はシーズン開幕前に寺内について記事にした。
去年は走攻守で大きな進歩を遂げた一年で、今シーズンにかける期待は大きかった。
確かにキャンプでの怪我は痛かったが、たとえ無事でも現状の使われ方とは大差ないだろう。
しかし「彼のような選手を決して冷遇してはいけない」と球団・首脳陣は肝に命じるべきだと思う。
前回の三連覇では古城や木村拓が、現在の寺内の役割の一端を担っていたが、彼らが居なくても三連覇をしていたと断言できるだろうか?
少なくとも筆者の答えは「NO」である。
幸い報道から漏れ聞こえる球団の評価は、筆者と同じ意見のようなので安心している。

優勝後のインタビュー等で原監督は「団結力」「守備力」が優勝の大きな要因であり、今年のチームの特徴であると語っていた。
団結力は中心選手が活躍するだけでは生まれない。
大事なのは控え選手にもシッカリと「持ち場(働き場所)」を与えて、選手個々がゲームの中で「自分の役割」を果たしていく事。
その積み重ねが団結力という目に見えない力が生まれて勝利につながっていく。
だが一方で持ち場がなければ目に見える活躍が出来ないことも確かであり、プロとしてはプライドが許さない。
シーズン序盤は前段の理由で、彼らの持ち場が少なかった事がベンチ全体の空気を重くし、団結力という無限の力が生まれる土壌ではなかった。
それが亀井、寺内の戦列復帰で一気に選手起用のバリエーションが増え、それまで元気がなかった選手が蘇った。
今シーズン不調だったがムードメーカーの役割をしっかり果たしていた矢野謙次。
少ないスタメンでも起用されたらしっかり投手をリードした加藤健。
試合に出れば確実なプレーでチームに貢献する寺内崇幸。
前半戦出場機会が少なくても決して腐らずに後輩を引っ張っていた高橋由伸、井端弘和。
自身の不調が一因ではあるが、阿部・アンダーソンの一塁起用で出場機会が減っても最後までフォアザチームに徹したロペス。
目に見える記録や記憶に残るような活躍をしていない時でも「自分の役割」をよく理解いていた面々だった。
阿部・村田・坂本・長野の枢軸が打撃ランクの上位に居なくても勝負所で貴重な殊勲打を放つ。
どの選手でも大差なく終盤の貴重な一点を取りに行く野球が出来る。
失点を最小限で防いでゲーム終盤を接戦で迎える。
シーズン終盤で特に感じられたこれらは「団結力」と「守備力」によるところが大である。
そして何よりもこのチームを作った原辰徳は間違いなく名将であり、例年通りの得点力が期待できないと覚悟すると、シーズン途中少ない得点を守り抜く野球にシフトチェンジした柔軟性はお見事である。


★次回は投手力から優勝の要因を考えたい

敬称略


皆様からの御意見、御感想を心からお待ちしております
【超激辛NPBコラ厶twitter】展開中!
Twitterアカウント@hideo469998で検索

コメント

  1. I simply want to say I am just newbie to blogging and site-building and seriously loved your web-site. Almost certainly I’m planning to bookmark your blog post . You amazingly come with exceptional stories. Appreciate it for sharing your website page.

  2. cat より:

    こんにちは。管理人さんお身体大丈夫ですか。急に寒くなってきた気がします。体調にはお気を付けて下さい。
    巨人V3おめでとうございます。
    自分は今年は何と言っても守りがちだと思います。交流戦優勝の時も思ったことですが そして交流戦優勝前の7連勝 9月に入ってからの5連勝 この集中力の高さ 勝ち慣れてるからだろうけど選手個々勝ち方や勝負時を知ってる。絶対優勝すると信じてましたが9月はもっと苦戦して最後までもつれて差はそんなないと思ってましたが結果は前年までと数日しか変わらず差も7 流石です
    前半は不調でも気にせず後半上げてくるだろうって思ってましたが流石に8月も変わらずはあせりましたが けど今年は多分もうこのままで急に打撃なんて上がらないだろうとある意味開き直ってからは今の巨人を応援しようと 3割打者がいなかろうが二桁投手がいなかろうが優勝するのは絶対巨人と信じて応援してきました
    不調は仕方ないけど怪我人の多さはヤバいとは感じましたが
    それに防御率に盗塁数、失策の少なさはどれもトップなんですよね。ホームランだけじゃない巨人 ある意味今年は別の強い巨人が自分は見れた気がして満足です。
    他と比べて豊富な人材は確かに思いました。後半主力が変わってもほぼ守備力が落ちないんですよね。これは凄いと思います。
    昨日の週ジャの監督インタビュー凄く良かったです。常勝率いてる人はやはり違うんだなと それに応えてる選手もやはり凄いと思います。難しくても勝ち続けたいですね

  3. hideo469998 より:

    kametta 947さん
    いつも温かいコメント有難うございます
    kametta 947さんも「コメンターのフォロー」作業中に
    「G 党.亀党の話」というブログを開設されてる事に気づきました
    今後記事を投稿されたら是非拝見させて頂きますね!
    亀井復帰戦の決勝ホームランは今シーズンで一番興奮しました
    私は彼のバッティング技術はG野手の中でも
    かなり上位の選手だと思います
    しっかりした技術的な裏付けがあるから
    勝負どころで貴重な一打が打てると思います
    屈指の勝負強さですよね・・・。
    原さんもそれは良くわかってると思います
    問題は怪我が多いことなんですよね・・・。
    それが無くなれば、個人的には今からでも枢軸メンバーの一人に
    入るとさえ思っています・・・。
    今後も「細く長〜く」頑張ります 笑

  4. BH(管理人再投稿) より:

    おかえりなさい。復帰第一弾がまたすごいボリューム、お疲れ様です。
    管理人さんの寺内の見方、深いです。
    今季の前半の井端を見て、「もう終わった選手」のように見ている人も多かったように思いましたが、ゲームに出続けて試合勘が戻ってきたら「さすが」の働きを見せてくれました。
    私などはなかなかそれを「寺内が戻ってきたから」とは結び付けられず、第3捕手としても待機しなきゃならなかったりして厳しい立場だと思ってみているだけでした(まあ、実際厳しいのは間違いないんでしょうけど)。
    亀井が戻ってきた試合は印象深いですね~。この試合の前に、2時から楽天ー広島の0-0で延長に入った試合を現地で見て続けてオリックスー巨人の0-0延長12回、大体8時間以上ほぼスコアレスの試合を見続けた日だったので非常に印象深いんですが、今季の巨人の戦い方を象徴するような試合だったと思います。
    投手編も楽しみにお待ちしてますが、前の方もおっしゃってるように、これだけ長編で中身の濃いものを書くのはすごい労力であることは、自分自身、長いだけでいい加減なブログを書くだけで最近非常に疲れてるような気がしてるため、よくわかります。・・・ただ、逆にストレス解消にもなってる部分があるのでそこが楽しくてやめられなかったりするんですよね。
    まじめな管理人さんのこと、ブログ更新が精神的にプラスに働いてくれることを祈りつつ、投手編をゆっくり待つことにしますね。

    ※お詫び
    管理人がコメント返信中に
    自分の返信コメントを訂正削除しようとした際に
    誤ってBHさんのコメントを削除してしまいました。
    又、削除してしまった文章は私のメーラーに保存していましたので
    あらためて管理人から再投稿させて頂きました
    誠に申し訳ありませんでした
    管理人(hideo469998)

  5. 管理人 より:

    えあえあさん
    いつも温かいコメント頂き有難うございます
    コメント管理で「コメンターのフォロー」をする作業中に
    気づいたんですが、えあえあさんは「本日の香月良太」という
    ブログをスポナビで開設されていたんですね。
    気づくのが遅くなり申し訳ないです・・・。 汗
    早速拝見させて頂きました・・・。
    えあえあさんの「香月愛」が溢れ出ていて非常に興味深ですねーー
    今後もちょくちょく訪問させていただきます!
    私もマイペースで今後も続けていきますので
    今後とも宜しくお願い致します。

  6. hideo469998 より:

    catさん
    いつも温かい言葉を頂き恐縮しています
    再始動しましたのでまたお付き合い下さいませ!
    さて本題ですが
    私もcatさんと同じ思いです。
    ぶっちゃければ・・去年の優勝より個々には不満がありますが
    チーム単位で考えると「強さ」を感じることができた
    ある意味満足なシーズンでした。
    ハラハラ感は半端なかったですよね・・・苦笑
    それと・・・週間ジャイアンツの監督インタビューの件ですが
    私も全く同じ感想を持ちました・・・。
    他の方の返信欄にも書きましたが・・・。
    「なんやねん・・このおっさん・・・」って引きました・・苦笑
    思慮深さは私の想像以上で
    巷でよく言われる「この戦力なら勝って当たり前」と
    原さんを過小評価する傾向を他球団幹部も持っているなら
    まずGの牙城は崩れないでしょうね・・。
    昨日は本気でそう思いました。

  7. hideo469998 より:

    BHさん
    いつも温かいコメントを頂き恐縮しています
    何とか復帰しました・・・。
    さて本題ですが・・・。
    今シーズン怪我で出遅れたとはいえ
    寺内は正直・・気の毒な使われ方をしました
    本人も辛かったと思いますが
    彼はベンチでの表情やプレー上では
    全く不満そうな表情を見せていませんでした
    監督や球団は彼の「立ち振る舞い」をしっかり見ていると思います
    絶対失ってはいけない人材だと思っています。
    今後の彼の野球人生の事を考えたら
    他球団でプレーすることもアリとは思いますが
    個人的には指導者として将来はGに貢献してほしいと思います
    巷で噂されるFA選手獲得の際に
    プロテクトされるか微妙な位置ですが・・・。
    P.S
    BHさんも他所でブログをされているようですが
    もし差し支えなければアドレスを教えて下さい!
    非常に興味深いです!!

  8. hideo469998 より:

    道産子さん
    いつも温かいコメントを有難うございます
    何とか戻ってきました!!
    さて本題ですが・・・。
    私も原さんを「名将」と確信していますが
    全く不満が無いわけではありませんでした。
    氏が指摘されるように
    ①と②については私も同じ感想を持っています。
    ①については匙加減が本当に難しいので
    何とも言えない部分がありますが
    ②については特にロペスの調子が上がらなかったのは
    ここにも一因があると思っています
    ただ・・まあ結果が出たので・・ロペスには気の毒でしたが・・。
    8月から阿部を軸にして腹をくくったので
    個人的には納得はしました・・・苦笑
    P.S
    書き始めると止まらなくなるんですよね・・・。
    もっと短い文章でまとめる能力が私にあれば良いんですが・・。
    なんとも纏まりがない文章に毎度仕上がっていますが
    省エネ(死語か??)で頑張ります!苦笑

  9. hideo469998 より:

    ジャイアンヒロセさん
    お待たせしました・・。 ここに戻ってきました!
    見捨てずに待って頂けたことが再起する気持ちにつながりました
    本当に有難うございました!
    さて本題ですが
    原監督を激賞されていますね・・・!
    私も同意なんですけど
    ここにコメント頂いているcatさんも述べられていますが
    昨日、週間ジャイアンツの監督インタビューで
    正直・・原監督の思慮の深さに驚きました・・・。
    政治の世界や経営者としても十分超一流の長としての資質を感じました。
    少し・・「なんやねん・・このおっさん・・・」と引きましたw
    これからも頻繁には更新できませんが
    しっかり更新していきたいと思います!

  10. hideo469998 より:

    takuhonomasaさん
    御無沙汰して申し訳ありませんでした
    そして温かい言葉を頂き恐縮しています
    >今のジャイアンツで一軍定着するには、この要素が重視されていることは、終盤の大田の重用からも見てとれます。
    まさにそうなんですよね
    大田は守れるようになったからチャンスを与えられたんですよね
    そして終盤の大田の活躍は代走で緊迫した場面を経験したり
    その辺で一軍のゲーム慣れしたことが要因だと思っています。
    この辺りも記事にしたいんですが・・・・。
    大田がCSでもチャンスをもらって更なる成長を見て取れた時に
    記事にしたいと思っています。
    まだまだ物足りませんから・・・。 苦笑

  11. hideo469998 より:

    loveg80さん 
    コメント有難うございます
    >他チームが伸び悩む要因としては選手層の厚さ、シーズンを通した戦略の甘さ、これは交流戦以外の試合では巨人と互角に近い成績を残しているのに追い抜けないは、巨人戦に主力を充て過ぎて、その後、他チームに取りこぼしが多かったことも要因でしょう。
    この御指摘には激しく同意ですね
    特に去年の阪神、今年の広島にはそういう印象を持ちました
    それと同じピッチャーを春先から最後まで投げさせるのも
    終盤にGに対して分が悪くなる一因だと思っています
    ローテを崩してまでというのは・・・。 苦笑
    これも同意ですが
    私もCS、日シリは正直厳しい戦いを予想します
    巷では広島のほうが組みやすいという意見が多いですが、私の見方は若干違います
    この辺りの話も近日中に記事にしたいと思っています

  12. ジャイアンヒロセ より:

    管理人さん,お帰りなさい!
    艱難辛苦を乗り越えての復活,本当に大変だったと思います。
    この後も決してご無理をなさらずに,管理人さんのペースでレポートなされてください・・・。
    さて,管理人さんの復活1発目のレポートじっくり拝読いたしました。
    管理人さんに全面同意です!
    ジャイアンツを評してよく言われるのは,選手層が厚いとか,個々の能力の高い選手が多くいるから勝って当たり前と言ったことです。
    しかし,今年勝てたのはそんな単純なことだけではなかったと思います。
    間違いなく原監督のチーム把握力,選手個々の能力を見極め,チームの傭兵として臨機応変に起用していったところによると思います。
    もちろん時に厳しい起用法にも選手はそれを理解し,自分の中で消化し,与えられた持ち場持ち場で自分の役割をこなしていった結果だと思います。
    一言で「団結力」といっても,それが大きな力として相手を上回るためには,月並みな言い方ですが,それこそ監督と選手が一体化しなければなりません。
    それが今年のような故障者や不調な選手な多いなかで成されたところに,意義があるペナントレース制覇だったと思います。
    すいません・・・。
    私もつい管理人さんに呼応してコメントしてしまいました。
    次回のレポも楽しみにしております!

  13. takuhonomasa より:

    お帰りなさい。首を長くして待っていました。
    これからも無理なさらずに、更新していただければ幸いです。
    スペシャリストを活かすには、ユーティリティが必須ということが、今年のペナントで良くわかりました。
    代打、代走を要所で使うには、その後の守備力を落としてはいけない。その為には、複数のポジションを高いレベルで守れる選手が必要。
    今のジャイアンツで一軍定着するには、この要素が重視されていることは、終盤の大田の重用からも見てとれます。
    まさに主様のご意見とおりです。
    今後も楽しい記事をお待ちしています。

  14. loveg80 より:

    今季は、原監督がコメントしていたようにほんとに苦しいシーズンでリーグ制覇しました。
    こんなに苦しんだ要因としては、何と言ってもクリーナップの不調、特に阿部・村田の不調が大誤算で、投手陣にもしわ寄せを与えました。それと、レギュラーの故障者続出、それに代わる若手の台頭、伸び悩みでした。
    まあ、こんな不調がシーズンを通して続いた訳だが、何故他チームが追い越せないのか不思議でした。本来なら、チャンスに打てない、勝ち越し点を守れないブルペン陣の不調だったら、今季は最下位になるのは不思議ではありませんでした。
    他チームが伸び悩む要因としては選手層の厚さ、シーズンを通した戦略の甘さ、これは交流戦以外の試合では巨人と互角に近い成績を残しているのに追い抜けないは、巨人戦に主力を充て過ぎて、その後、他チームに取りこぼしが多かったことも要因でしょう。
    そんな中、交流戦の優勝で8つの貯金は大きな勝因だったと思いますが、何と言っても原監督はWBC優勝の時のように、選手達を上手く起用、先を見据えての采配は、大きな要因だったと思います。
    これから、巨人はポストシーズンに入る訳だが、CSは何とか突破しても日本シリーズでは、菅野、大竹の抜けた投手陣でどう遣り繰りするのか、原マジジックで勝てるのか危惧しています。

  15. 道産子 より:

    管理人さん、お帰りなさい(^O^)
    私を含め多くのファンが「なぜ今年優勝できたんだ?」と思っているなか、疑問がスッと解決するような明快なレポートありがとうございます。
    管理人さんの考察に全面同意させていただきます!
    ただ、結果が出たことで、今シーズンの戦いぶり全てをひっくるめて『名采配』と世間の評価が固まってしまいそうなので、あえて苦言を。
    ①阿部に対する決断は遅すぎた!キャンプでの練習が足りなかったことがわかっていたなら、もっと早く手を打てたはず!
    ②いくらベストなオーダーを探すとは言っても、やはり前半の猫の目打線はやりすぎ!一度いじったら選手を信頼して数試合は我慢し、ダメならまたいじるべき。選手たちは「自分が悪い」としか言いませんよ。「やりづらい」とか表に出してしまうと采配批判と取られかねませんから。
    つい熱くなってしまいました(^_^;)
    原監督が『名将』であるという評価には、もちろん異論はないんですがね…
    ではまた、投手編のレポートをお待ちしております♪
    p.s.
    私らが「鋭い」「深い」レポートをお待ちしてますと言ってしまっているが故に、変なプレッシャーになってたりしませんかね?
    たまにはアッサリ味でも良いです。管理人さんのペースで、無理なく続けて頂ける事を期待しております。

  16. kametta 947 より:

    お帰りなさいm(__)m
    お待ちしておりました。
    でも、更新はご無理の無い程度に……
    細く長~く……(笑)
    確かに、亀と寺の復帰でチームの雰囲気が変わったのはド素人の私でも解りました。
    今季を象徴する試合を一つ挙げろと言われれば、
    5月31日のオリックス戦だと思います。
    亀ファンだから言うのではなく、オリのスーパーエースであるネコさまにノーヒットノーランされても勝てた!
    耐えて耐えて、凌いで凌ぎ切れば勝つ事が出来るのだと身をもって体験出来た試合だと思うからです。
    だから、夏場の苦しい時期も何とか乗り越える事が出来たと思います。
    全員野球
    原監督の隅々までの心配りと将棋の名人戦の如く何手も先を読む采配がペナントを制したと言えるのかもしれません。

  17. えあえあ より:

    ご復帰、心待ちにしておりました!無理のない範囲での更新を心待ちにしております。
    寺内への考察、勉強になりました。もちろん必要不可欠な選手と思っていますが井端の起用に柔軟性を与えて活躍したというのは考え至りませんでした。
    次回も期待しておりますね。