スポンサーリンク

超激辛NPBコラムが考える「ジャイアンツ優勝の要因とは?」  第二回「ガッチリ貯金を作った先発陣 」

前回は野手面から考えた優勝の要因を記事にしたが、今回は投手陣から考えてみた。
まず最初に触れておかねばならないのは今シーズンの反省点から。
その投手陣だがキャンプから故障者がポツポツ発生し、シーズン最終盤には菅野が二度目の離脱となった。
結局1年間ローテを守ったのは杉内だけ、リリーフ陣も核になるはずの山口が春先の故障・体調不良で中々調子が上がらず、西村も不調による二軍降格後に足を痛めてしまった。
ざっと思いつく主力級投手の故障リスト
・菅野 指・8月 肘・10月
・大竹 肩・9月
・内海 肩・6月
・西村 太腿・5月
・澤村 肩・2月
・山口 肩・2月
ざっとこんな感じになる
シーズン前にローテの中心として期待される5人中の4人が、各自最低一ヶ月以上は戦列を離れた事になる。
この原因は様々な事が考えられるが、筆者は中5日ローテの弊害だと思う。
中5日、中6日のどちらが良いかについては意見が分かれると思う。
筆者の意見は正直どちらとも言えないというのが本音のところ。
個人的に気になったのが、シーズン前に川口コーチがマスコミに対して「菅野に20勝狙わせたい、その為には先発を中5日でまわしたい」という趣旨の発言をしていた。
菅野を田中将、ダルビッシュ、前田健クラスの絶対的エースにしたいという思惑から出た発言だろう。
個人的には真っ向反対でもなかったが、その場合は「菅野個人に対しての球数制限と他の投手に対する配慮が必要」と思っていた。
特に菅野以外のローテ投手に対する配慮は必要不可欠だと感じていた。
何故なら一人を中5日でまわしていくと、他の投手もそれに合わせる形で中5日でまわすことになる。
シーズン序盤のローテ投手の中では内海・菅野は中5日でもまわせるタフな肉体を持っていると推察したが、杉内・大竹は厳しいと読んでいた。
杉内はそれでも「力投タイプ」ではないので何とかなる選手だが、それでも例年は秋口に入るとコンディションが落ちている。
そして大竹の場合は、それ以上に大きな故障歴がある投手なので配慮が必要だと感じていた。
勿論、日程上全てが中5日でまわすことではないので、大きな問題点ではないという意見もあるとは思うが・・・
菅野の指の故障については、序盤のヤクルト戦で2回連続手の甲にボールを当て、その後も痛みを堪えて投げた事が少なからず指の故障につながった。
但し、肘の故障については、途中で140球越えという登板があるにもかかわらず、中5日でまわしていたのが影響したと思う。
菅野の祖父である故・原貢氏は生前のインタビューで、孫である菅野の獅子奮迅の投球を見て以下のような趣旨を語っていた。
「智之は負けん気の強い性格で、多少無理をさせても弱音を吐かないでやり遂げようとする」
「今は無理が効いても壊れないか心配だ」
「本音を言えば春先から無理をしてほしくない・・」
肘の怪我が発生する前のテレビ放送で見たので、嫌な予感はしていたが現実に起こってしまった。
大竹についても、個人的には中5日でまわしていたのが致命的になったと個人的には考える。
ただ留意しておかねばならないのは、ローテの軸として期待していた澤村の出遅れで、中5日でまわさざるをえない状況になったのかもしれない。
そして代役として期待していた今村、セドン、宮國の不振も痛かったであろう。
振り返れば交流戦の「救世主」である小山、そして故障から復活した澤村の二人が、後半戦の大事な試合で結果を残すまでは、とても優勝を望めるような先発投手陣では無かった。
また、ここは記事の構成上多くは触れないが、鉄壁だったリリーフ三人衆(山口・西村・マシソン)が春先から不安定だったのも、菅野や大竹を引っ張りすぎた要因だったかもしれない。
但し、個人的には去年が出来過ぎだったので、今シーズンの成績を必要以上に過小評価するのには疑問が残る。
今シーズンの西村については厳しい評価をせざるをえないが、山口・マシソンは十分貢献している。
物足りなかった西村も、去年の登板数は三人の中で最も多く過酷だったので、今年の成績が落ちるのは自然な流れという見方も出来る。
そう考えると何とか踏みとどまってる山口・マシソンは、成績以上に賞賛されて良いだろう。
確かに「鉄壁」ではなかったかもしれないが、続けて完璧な成績を収めるリリーフ投手が、過去の歴史で果たして何人いるのだろうか?
山口・マシソン・西村についてはシーズンオフの当ブログでしっかり総括したいと思う。


ここからは投手陣から考えた優勝の要因について考える。
皆さんは「今年のセントラルリーグで最も強力な先発投手陣を持つチームは何処?」と考えておられるだろうか?
菅野を軸にベテランと若手のバランスが良いジャイアンツか?
メッセンジャーというタフで良質な投手を軸に持つタイガースか?
日本のエース前田健太を擁するカープか?
今シーズン大幅に向上した投手陣に生まれ変わったベイスターズか?
答えは人それぞれ違うと思う。

では私なりの答えを出す為に、今回は「データで楽しむプロ野球」さんの公開データを引用し考えてみる。
まず各球団の先発投手の勝敗の関わり方を数字に表すと・・。
ジャイアンツ  94試合・55勝・39敗
タイガース  102試合・50勝・53敗
カープ    100試合・51勝・49敗
ドラゴンズ   97試合・47勝・50敗
ベイスターズ  98試合・48勝・50敗
スワローズ  104試合・44勝・60敗
Gを例に解説すると・・・。
全144試合中、先発投手に勝敗がついた試合が94試合で、そのうち55試合に先発投手に勝ちがつき、39試合に負けがついた事になる。
そして残りの試合はリリーフ投手に勝敗がついたという事。
勝ち数については最大のGが55勝で、最少のSが44勝なので上下で11勝の差でしかない。
ここで興味深いのが負け数。
最少のGが39敗で、最大のSが60敗なので上下で21敗の差が生まれている。
更に言えば、Gは先発投手で16の貯金を作っているが、2位のタイガースは借金が3、3位のカープは貯金が2
その差はハッキリ数字上では出ている。
これはどういう意味を持っているのだろうか?

上記の数字で現れた事を別の角度から分析して掘り下げてみる。
①先発投手の防御率(先防率)
②救援投手の防御率(救防率)
③先発投手のクオリティースタート率(QS率)
④先発投手の援護得点率(援護率) ※1登板当たりの援護平均点
ジャイアンツ
①先防率 3.36 ②救防率 4.01 ③QS率 55.56 ④援護率 4.02
タイガース
①先防率 3.73 ②救防率 4.20 ③QS率 59.03 ④援護率 4.08
カープ
①先防率 3.80 ②救防率 3.75 ③QS率 52.08 ④援護率 4.54
ドラゴンズ
①先防率 3.94 ②救防率 3.24 ③QS率 50.00 ④援護率 3.95
ベイスターズ
①先防率 3.89 ②救防率 3.53 ③QS率 52.78 ④援護率 4.06
スワローズ
①先防率 4.64 ②救防率 4.62 ③QS率 47.22 ④援護率 4.55
以上の数字を見てわかるように平均するとGの先発投手が頑張ったのが解る。
Sを除く他の4球団は先発投手の防御率に大きな差は無いが、Gは突出して低い数値になる。
援護率も下から二番目なので他の球団と比べても良いわけではない。
しかも救援投手の防御率も良いわけではなく、去年のように盤石ではなかったのがハッキリしている。
TはQS率が良いにもかかわらず先発防御率でGより劣るのは、先発投手を引っ張りすぎる傾向からか?
このあたりは投手継投で疑問が残る。
また失礼だが、シーズン前にDeより救援投手が数字上で、こんなに差を付けられるとは誰が想像したであろうか?
もう一つ触れねばならないことがある。
上記のように詳しい数字を出せていないので、ザックリした数字で申し訳ないが興味深いデータがある。
Gのチーム防御率はシーズン3.58だが、オールスター戦を境に前半戦は3.79、後半戦は3.32
後半戦は投手力に磨きがかかっている。
以上の事を踏まえてチームの投手成績から読み取る優勝の要因は
①他球団を圧倒していた先発投手の質
②シーズン後半の立て直しに成功したこと
また、ここでは論点をボカさない為に触れていないが、高い守備力も投手陣には有形無形の力になっていた(ここは重要ポイント)
タイトル争いしたのが菅野のみという事実や、メッセンジャーのように圧倒するような投手が居なくても、全体的に見れば他の5球団より突出している。
だが一方で、勝ち頭が離脱した事で「CS・日シリの短期決戦で頼りになる投手」という点で不安あるが、その事については時期が来たら記事にしたい。


最後に個々の選手について触れておきたい。
投手陣のMVPは菅野で異存はないが、大竹・杉内が厳しい夏場までしっかりローテを守りゲームを殆ど壊さなかった事も大きい。
二人は大きく白星を重ねたわけではないが、二人で48試合先発で登板して、二人に負けがついたのは12試合だけ。
対照的に内海は22試合登板して9試合負けがついている。
勿論、味方打線の援護のタイミングの悪さ、自身の防御率を見ると気の毒ではある。
しかし勝負処でアッサリ失点して、味方の士気を落としていたケースも目立っていたように思う。
エースなら・・という注文は酷なのか・・・・。
新外国人セドンは、数字上では厳しい結果が残った。
10試合先発して負け数が半分の5では正直評価できない。
戦列なデビュー戦は印象に残るが、CSでの登板は厳しい。
そして影のMVPなら小山だろう。
特に彼は今シーズンのポイントとなる試合に登板することが多かった。
交流戦最終試合で優勝がかかる試合のソフトバンク戦、首位攻防戦の阪神戦、広島戦にも積極的に登用された。
そしてことごとくゲームを作って勝利に貢献していた。
小山は16試合に先発して2敗しかしていない。
いかに安定してベンチの期待に応えたかが解る。
怪我で出遅れた澤村も頑張った。
彼も11試合に登板して3敗、しっかりまとめたという評価で良いと思う。
小山と比べると安定感では劣るが、試合を最後まで「制圧」する力は彼のほうが上。
特にこちらも天王山の阪神、広島戦での圧倒した投球はチームに勢いをもたらした。


個々の技術的な話については別の機会ということで・・・。
一応レギュラーシーズンの総括はここで終わりにしたい。
正直もっと触れたい事が沢山あるが、キリがなくなってしまう・・・・。
・・ということで次回は週末に開催されるCSについて考えてみる。
果たしてGにとって勝ち上がって欲しくないのはTかCか???

敬称略

前回は久しぶりの記事UPにもかかわらず、沢山の方に読んで頂きました。
また常連の方から多くのコメントを頂き非常に嬉しかった。。。。。
当ブログはジャイアンツファンの交流の場、情報交換の場とお考えいただけたら幸いです。
私は僭越ながら議論のネタを提供しているだけです。
幅広いGファン(他球団ファンも大歓迎)のご意見、ご感想を心よりお待ちしております!


【超激辛NPBコラ厶twitter】展開中!
Twitterアカウント@hideo469998で検索

コメント

  1. click resources より:

    I just want to mention I’m very new to blogging and site-building and absolutely liked you’re website. Very likely I’m planning to bookmark your website . You really have awesome articles and reviews. Thanks a lot for sharing your blog.

  2. hideo469998 より:

    ジャイアンヒロセさん
    いつもコメント有難うございます
    >ローテ6人,中6日で回す代わりに,先発陣は球数にもよりますが,できれば完投を目指して投げて欲しい(特に若手は),というのが先発投手に対する私の勝手な思い込みです。
    これは私も同意ですね
    中6日なら完投を目指してほしいと思います
    球数を120球以内に抑えて
    9回を投げきるという術を身につければ
    本物のエース級として侍ジャパンに呼ばれる投手になるでしょう
    やはりGからこういうピッチャーが生まれて欲しいですよね
    他チームから出来上がったピッチャーを獲得するだけでは
    寂しい限りです。
    頑張れ小山、澤村、宮國、今村!!

  3. ジャイアンヒロセ より:

    管理人さんお邪魔します。
    打者編に続いて投手陣に関する鋭くもわかりやすいレポート,ありがとうございました。
    全面同意です!
    今年は投手陣も故障者が続出してしまい,かなり苦しい戦いでしたが,こうして数字で見てみると思いの外?投手陣が踏ん張っていたのがよく分かります。
    何よりも大きかったのは,小山の活躍でした。特に東京ドームでの安定感は特筆ものでした。小山の「大化け!?」がなかったらもっともっと苦戦,いや優勝も危なかったかもしれません。影のMVP異論なしです!
    中5日に関しては,結果的には厳しかったと言わざるを得ません。変化球多投もそうでしょうが,先発陣の故障要因の1つになってしまったのは多分当たってると思います。今年の反省が様々な角度から成されると思いますが,先発陣が1年間ローテを守れれば,それなりの成績も伴ってくると思うので,来季はそうなるようにして欲しいです。
    ローテ6人,中6日で回す代わりに,先発陣は球数にもよりますが,できれば完投を目指して投げて欲しい(特に若手は),というのが先発投手に対する私の勝手な思い込みです。
    管理人さん,またよろしくお願いします。
    とは言え,決してご無理なさらずに!

  4. hideo469998 より:

    BHさん
    いつもコメント有難うございます
    他のコメンターの方も言われていますが
    今季のNPBの先発投手は総じて不振でした・・・。
    まあトップレベルの投手が続々メジャーに進出する現状では
    仕方ないかもしれませんが・・・。
    大谷等の有望な若手も控えているので今は過渡期かもしれません
    ヤクルトは・・厳しいですね・・。苦笑
    野手は魅力溢れる人材が多数居ますが
    投手は有望選手が続々壊れてしまう負のスパイラルが続いています
    さてスコット鉄太朗については御指摘通りです
    例えば今季も頑張ったDリリーフ陣でも
    連続して活躍した投手は皆無でした
    皆、ザックリ言えばニューフェースなんですよね
    来年はどうなるか・・・・。
    実績組の浅尾、田島、高橋聡等は苦しんでます・・。
    無事是名馬はまさに山口に当てはまる言葉でしょう!
    P.S
    ブログ拝見しました♪
    昨晩、何件かの過去記事を読ませて頂きましたが
    ぶっちゃけて言えば・・「共感」の一言でした・・笑
    このブログを始めてから「先入観を持ちたくないので」
    私は基本的に他のブログさんを読まないんですけど
    今後もちょくちょく覗かせて頂きますね
    ご家族と「良い関係」を築いておられるBHさんの人柄が出ています (^Q^)

  5. hideo469998 より:

    catunさん
    いつもコメント有難うございます
    各球団の投手陣に対する感想は私もほぼ同意です
    本文で触れていますがザックリ言うと
    各球団の各ピッチャーの今季の成績は「もったいない」「勝負弱い」がピッタリだと思います
    勿論打線との兼ね合い、後続の救援陣のデキなど
    考慮しなければいけない事は多々有りますが
    それでもG以外の他球団の先発Pが殆ど貯金できていない事実は
    詳細に分析して対策を考えねば来年も苦しいでしょうね
    たとえばメッセンジャーが仮にGのピッチャーなら
    今季の13勝10敗がどうなるのか??
    妄想すると面白いですね・・笑
    P.S
    そうなんですよね・・・。
    記事を考えているうちに止まらなくなる事も多くなるんです
    書き終えた後に「うわ・・」って思う事が多いですが・・苦笑
    今後もボチボチ頑張ります 笑

  6. hideo469998 より:

    takuhonomasaさん
    いつもコメント有難うございます
    >原因を探るのは難しく、最終的には個々の理由によるものだと思いますが、一つ考えられるのは、変化球です。
    さすが鋭い見方をされますね
    仰るとおりフォークは肘にはかなり負担がかかる球種です
    シュートもそうですが、フォークのほうが腕を強く振ろうと
    より意識するので危険ですよね
    あらためて菅野の今期のピッチングを振り返ると
    フォークのデキがシーズン当初からあまり良くなかったような。。
    それでも投げていたんですが
    手の甲に当てる事故後は一層良くなかったような気がします
    良くないという意識から余計にフォークを投げるときに
    余計な力みからくる負担が肘に生まれたかもしれないですね・・。
    難しいです・・。

  7. hideo469998 より:

    ひろヾ☆さん
    コメント有難うございます
    >忘れがちなのですが、前半の投手陣
    不調は<インフルエンザ>かな…と。
    キャンプ時期、各球団被害はあるが
    巨人だけは突出していた。
    そうですね
    鋭い御指摘で「なるほど」と深く感じ入りました
    そういえば本題とは関係ないかもしれませんが
    優勝後の阿部と監督の手記で
    阿部の今季の不振は慢性的な怪我の蓄積で
    自身の練習不足を原因として挙げていました
    御指摘のインフルエンザ騒動も含めて
    今季は選手、首脳陣には非常に勉強になったシーズンではないでしょうか

  8. hideo469998(管理人) より:

    kametta 947さん
    いつもコメント有難うございます
    >先ずは、何かのインタビューで菅野が「自分から中5日で回してくれるように頼んだ」と言っていた点……
    そして、いつの間にか立ち消えましたが、前半戦G 党の間で言われていたキャンプ初日から全員ブルペン入りの弊害について……
    今季の反省を生かして来季に繋げるにはそこも押さえておいた方がイイと思うのですが、いかがでしょうか?
    菅野も言っていましたね
    私もそういう記憶が有ります
    その辺りを祖父の貢氏が危惧していたんだと思います
    それとキャンプ初日全員ブルペン入りについては
    当ブログでも様々な方が批判的な意見をされていたのを思い出します。
    私は肯定派でも否定派でも正直なかったんですが
    近年でも珍しいくらい怪我人が続出すれば
    その方針は間違いだったと言わざるを得ないと思います
    実績はない若手ならまだしも、前年フル回転した選手に対しても
    同じ方針の枠内で考える是非については疑問が残りますね
    まあ首脳陣は当時絶賛してましたけどシーズンオフは
    反省点として考え改めてくれることを期待しています
    P.S
    ブログ開設の件
    そういう事情が有ったんですね
    私からみると十分野球に対する知識も豊富で
    Gに対する愛情も持ち合わされてる方だと思いますが・・・。
    開設されるその日をお待ちしております♪

  9. BH より:

    こんばんは。
    今季先発陣が他球団に比べてどれだけ貯金を作ったか、数字で見ると非常に納得です。TとCの貯金が2しかなかったのかとちょっと驚きですね。余談ですが身内のSファンに「明日先発誰?」と聞くと「・・・明日も明後日も投げる人いないんだよ(--)」ってよく投げやりに言われたのを思い出します。
    菅野は言うまでもなく、私も影のMVPは小山推しですね。「もうあとがない」「勝ったほうが優勝」などの試合で悉くチームを勝ちに導く投球をしてくれました。どの試合もプレッシャーにつぶされることなくさらっと乗りこなしてくれましたし。規定投球回に達していないので本チャンのMVPは難しいでしょうけど、無類の強さを誇った「東京ドームMVP」くらいはあげてほしいと思います。
    「オフ企画」の「スコット鉄太朗総括」、個人的に楽しみにしています。彼らの今季についてはほんとに同意です。解説者がこぞって「悪い、悪い」を連発するのに辟易していたとき、前橋の試合で池谷氏が「山口は今季を投げきることで今後の野球人生の大きな勉強になると思う」と言っていたのが印象的でした。実際、ぐっさんが浅尾みたいな状態だったら優勝できなかったと思いますし、悪いなりに60試合投げてタイトルは「辞退」したみたいな形までできましたので、最低限仕事はできたと。マシソンにいたっては、「神」だった実績は去年だけですし、今季も30Sあげたわけですし。
    私の拙ブログですが、アカウントにあるスペイン語のタイトルで検索してみてください。日本語のブログが2つ出てくると思いますので、どっちも同じ内容ですので読みやすいほうでご覧ください。私のブログは内容的にスポナビにはなじまないので、ここのサイトで野球を広く勉強しながら自分のブログは自由にやっていると、そんな感じです。

  10. cat より:

    余談ですが 
    書きだすと止まらない自分凄いわかります。同じではないかもしれないけど自分もコメントとか書いてて こんな長いのウザくて誰も読まないよ もっと簡潔に要点まとめられればいいのにっていつも思ってます。でも言葉が次から次から出てくるってか本当は全然足りなくてまだまだ書き足りないのにってのが本音です。
    読む事が大好きでその延長で書くことも好きになったってか。無駄に言葉のストックが増えたってか。活字中毒まではいかないけど結局書くことが好きなんですよね。楽しい。 

  11. catun より:

    こんにちは。野球素人で投手に関しては更にわかってないですが
    ヤク 問題外。下で見た選手が数か月後上でも見ましたが本来上に上げるような投手ではなく苦しい事情が
    横浜 井納選手、山口選手など頑張った選手が多いですが元々が酷過ぎたので周りが過大評価してる気が 横浜得意の巨人打線がみんな打てなかったので防御率も下がらなかった
    広島 イメージでみんな言ってると思う 今年はマエケンらしくない。4失点でも野手が打ちまくって勝てた試合が自分の記憶だけでも2回はある 本来二桁行ってない。波があるルーキー。後半は中継ぎ崩壊 ミコ抹消
    中日 山井さんが安定。新人でも又吉等期待の逸材 投手はやはり育つ球団。中継ぎ過多等不安はあり
    阪神 安定のメッセ 後半持ち直した藤浪くん能見さんは波有で中継ぎ不安けどオスンファンの後半の安定
    1年通して見た感じはこんな印象です。どこも投手が安定とは正直思わないです。12球団ならオリが1番まともかな
    巨人は怪我人多いのは心配ですが すぐ叩かれるけどいうほど酷くはない。内海に勝ちがつかないだけで勝てた試合もあるしそんな防御率は悪くないはず。後ろの3人は去年と比べたら毎年不満だらけになる 去年が出来すぎなだけで今年でも十分。中継ぎも先発崩れた時も頑張ってくれたし平均以上だと思います。
    宮国、今村が最後に結果出したのも来季への期待が
    今季は小山、澤村の活躍は大きかった。後半戦から先発は持ち直してきたなと感じてます。投手頑張ってくれましたがやはり守り勝ち。不要なエラーは本当に少なかった。特に外野 長野、亀、到、まっちゃん、由伸 走れるメンバー多いしこのメンバーなら交代でもそこまで守備は落ちない もちろん代走からの尚広も 大田の頑張りも見逃せない。守備も随分良くなってます
    内野も村田、片岡さん、ロペス、勇人が井端さん、寺なら問題なしレスリーもファースト頑張ってくれてるし 打率は物足りなくても野手は頑張ったと思います
     
       

  12. takuhonomasa より:

    第二弾のレポートありがとうございます。
    非常に同感出来る部分が多く、納得出来ました。
    投手陣の故障。
    原因を探るのは難しく、最終的には個々の理由によるものだと思いますが、一つ考えられるのは、変化球です。
    特に、菅野の肘はフォークの影響が大きいと思います。
    思っているより重い硬球を挟んだままリリースするのは、負担が大きいのだと思います。
    同様に大竹のシュートも内旋させるときに肩にかかる負担が大きいことは遊びレベルの私でも感じていました。
    リリーフ陣は香月、久保、田原など十分な貢献だったと思います。
    最後に後半の巻き返しは、阿部の状態が安定したことも寄与したのではないでしょうか。

  13. ひろヾ☆ より:

    お邪魔します。
    摩訶不思議なシーズンだったな…と
    個人的に感じております。
    忘れがちなのですが、前半の投手陣
    不調は<インフルエンザ>かな…と。
    キャンプ時期、各球団被害はあるが
    巨人だけは突出していた。
    まぁ…二軍監督が最初にダウンした
    ので、選手に広がるのは必然的では
    あるのですが。
    投手は走り込みなど、キャンプにて
    一年戦える体力の構築するし、野手
    も含めてキャンプも問題があったと
    言えるかな。
    夏には、優勝は…という感じでみて
    いた個人の戯言ですけどね。

  14. kametta 947 より:

    今季のジャイアンツについて、拝読して納得しました。
    漠然と思っていた事がはっきりと見えて来ました。ありがとうございます。
    その上で気になった事を…
    先ずは、何かのインタビューで菅野が「自分から中5日で回してくれるように頼んだ」と言っていた点……
    そして、いつの間にか立ち消えましたが、前半戦G 党の間で言われていたキャンプ初日から全員ブルペン入りの弊害について……
    今季の反省を生かして来季に繋げるにはそこも押さえておいた方がイイと思うのですが、いかがでしょうか?
    追伸……システム変更でこちらにコメントするにもID だけじゃなくアカウントも取得しなければならなくなったので開設しましたが、当分の間ブログを投稿つもりは無いです。
    別のG サイトには時折「亀党の話」は投稿していますが、只G 党歴が長いだけでド素人のオバハンが投稿するにはこちらはちょっとハードルが高くて……(汗)…気後れしてます。
    長い間投稿しなければアカウントが失効するとなった時には1~2回投稿するかもしれませんが……暫くは勉強させて下さい。よろしくお願いいたします。