スポンサーリンク

【超激辛妄想コラム】「G西村健太朗の先発転向は大賛成である」

2015年となって初の更新となり、新年の御挨拶が遅れました。
当blogをご覧になられてる皆様、おめでとうございます。
おかげさまで今年「超激辛NPBコラム」は3年目に突入致します。
途中、私事で長期間休止する事が度々ありましたが、皆様の暖かい御支援で続ける事が叶いました。
あらためまして厚く御礼申し上げます。
これからキャンプ開始までは不定期の更新になりますが、引き続き是非コメントをお寄せください。
以前と比べるとコメント投稿のハードルが若干上がり、コメント数が激減しましたが、それでも毎回数名の方からコメント頂いております。
私がblogを始めた大きな理由は「皆様との情報共有」と「様々な野球観を知っておきたい」事です。
直接メールやツイッターで、意見交換させて頂いている方もいます。
どうぞお気軽にご連絡下さい。


さてCSで大惨敗した為に、リーグ3連覇が霞んでしまっている我がジャイアンツ。
筆者も敗退直後には何とも言えない気分で暫く過ごしていたが、その後に報道から漏れ伝わる原監督の来期への構想を聞いて、再びテンションが上がってきた。
勿論、贔屓にしていたロペスの退団など、ガッカリしたトピックスもあったがG首脳陣が新たに打ち出した方針には賛同する面が多々ある。
ざっと上げると・・
①西村健太朗の先発転向
②澤村拓一のリリーフ(抑え)転向
③阿部慎之助のファーストコンバート
④高卒スラッガーを1位に指名した博打的なドラフト
⑤マネーゲームには参加せず(過去のGは手段を選ばなかった)に弱点補強に徹したストーブリーグ
どれもGファンの間では賛否が分かれる構想ではあるが、筆者は中長期的に考えれば悪くないと思う。
一方で短期的に「来期の優勝確率」の観点から考えたら、プラスとは言えないかもしれない。
特に③④についてはその面が強い。
そこで今回から5回に分けて、上記5つのポイントについての賛成理由を語っていきたい。
第一回は「西村健太朗の先発転向」について。

★筆者が考える西村健太朗という投手とは?
以前の当blogの過去記事(下記に関連記事リンク有り)で、彼に対する筆者の考えを詳しく語っている。
だが去年の不振を踏まえてもう一度改めて考えていきたい。
~長所~
①145~150キロをコンスタントに投げ込む馬力
②落差の大きいフォーク
③カウント球として使えるスライダー
④右打者が嫌がる切れ味鋭いシュート
①については、無駄な力みを感じさせないフォームで速い直球を投げ込んでくるので、打者からすれば合わせにくい。
②のフォークは勿論勝負球として使えるレベルだが、実はカウント球としても彼は投げられる。
③のスライダーの制球力はかなり高い。
④のシュートは特に右打者には有効なボールで、フォーク・スライダーの威力が倍増する効果がある。
筆者は以前の当blogで、彼がシュートを解禁する事について反対していたが、これは抑えという役割での話で、同じ打者と1試合の中で数回対戦する先発では、投球の幅を広げるためには必要だし、直球も抑えのように常に全力で投げられる訳ではない。
又、安易に多投するのは良くないが、しっかり休養を取れる先発なら負担は軽くなる。
改めて彼の持ち球や直球のスピード・制球力を考えると、先発としての可能性はかなり高い。
一方で先発投手に必要な要素である緩急については若干不安は残る。
彼はカーブも投げられない訳ではないが、リリーフ専門になってから余り投げていない。
大成功のポイントは意外にここかもしれない。

~短所~
「勝負処では大胆さを失ってしまうピッチング」
他にもあるが、彼の短所はここに集約されると思う。
一昨年、彼はセーブ王で防御率も非常に優秀だったが、山口・マシソンと比べると「絶対的」とは言えなかった。
それは勝負処でのピッチングに差が出ていたからだと思う。
ピンチの場面で初球から「腕を振って打者を攻めていた」山口・マシソンに対して、西村は「腕が振れずに明らかに外れたボール球」から入るケースが多々あった。
持ってる球種や直球の質・制球力の三点のバランスを考えれば、人によっては西村が一番ポテンシャルが高いと考えてもおかしくない投手ではある。
しかしながら投手の資質はそれだけではない。
「いかに冷静かつ攻撃的に打者へ向かっていけるか?」
実はここが一番重要な要素と言える。
彼の場合は他の二人と比べて、この点が劣っている。
これは緊迫の場面で投げ続ける抑え投手としては大きなマイナス要素。
原監督が日本シリーズ途中で抑えの役割を剥奪したのは、そこが不満だったからであろう。

★「ノミの心臓」と呼ばれた平成の大エース・斎藤雅樹
彼を見ていると、平成の大投手・斎藤雅樹を思い出す。
彼はサイドスロー転向後に頭角を表し始めた頃、持ってるポテンシャルは誰から見ても高い投手だったが、勝負処でボール先行になり自滅のケースが目立った。
当時の監督である王は、先発では5~6回に迎えるピンチの場面では躊躇なくに交代させ、思うように成長しない彼に対して、次第にチャンスを減らす傾向にあった。
役割も、先発の谷間・ロングリリーフ・敗戦処理と中途半端な状態が続いた。
そしてマスコミは「ノミの心臓」と攻め立てバッシングしていたが、彼をサイドスローに転向させた張本人である藤田が監督に復帰したシーズンで、彼は大きな転換期を迎えた。
藤田はシーズン前から斎藤を先発ローテで使っていくことを明言し、大きな期待を寄せていた。
シーズンに入ると宣言通り先発で使っていたが、やはりゲーム中盤から終盤に入ると自滅するケースが目立ち、思うように勝ち星が伸びていなかった。
しかし、藤田は斎藤を外さなかった。
ある試合での事だが、先発した斎藤は調子・内容ともに良い状態で打者を押さえ込み、打線も効果的に得点を上げてリードする絶好の展開だった。
しかし、この試合でも勝利が見え始めた終盤で斎藤が崩れて1点差まで追い付かれてしまった。
だが藤田は変えなかった。
マウンドに足を運び斎藤に向かって「変えるつもりはない。自分で決着をつけろ」と語り斎藤に奮起させた。
結局、そのピンチを乗り越えた彼は以降勝ちまくり、その年20勝を達成し沢村賞も獲得、その後はG球団史に残る大投手になった。
自信を無くしていた斎藤に藤田はこう言ったという。
「お前は気が弱いわけではない。気が優しいんだ」
「お前がマウンドで色々考えているいるのは投手として悪いことではない」
それまで野球人として欠点と言われていた気の弱い性格を「優しい性格」と藤田は言い換えて、しかも投手として必要な要素だと言った。
藤田の座右の銘である山本五十六の有名な言葉。
「やってみて、言って聞かせて、させてみて、誉めてやらねば人は動かじ」
藤田の人心掌握術には敬服するしかない。
その藤田を敬愛する原は、そんな藤田と斎藤の経緯を知ってるだろうから、西村にも同じ思いを抱いているのかもしれない。
気の優しい西村は、リリーフで登板すると先発投手の勝ち星を意識しすぎるのかもしれない。
それなら先発で使って責任を持たせた方が良い方が、彼には向いているのかもしれないと・・・。
抑え・西村には厳しく接していたが、別のアプローチで彼を再生させようと考えているか・・・。
それが彼を先発へ転向させる大きな理由と推察する。
そして偶然にも今年から投手コーチのチーフ格?に斎藤雅樹が格上げされるのは運命的なモノを感じる・・・。
(正式には斎藤コーチは川口・尾花氏のような投手総合コーチという肩書きではない)

★先発転向へのキーポイント
では西村に対しても、斎藤と同じような印象を感じないだろうか?
個人的には多くの共通点を感じる。
1、持ってるポテンシャルの高さ
2、高卒ドラフト1位
3、若いときに2軍で強い体を作った
4、一見、気の弱そうな性格
そして忘れてはいけないのが、斎藤が幸運だったのはD中尾がトレードで加入した事。
中尾は斎藤に打者の懐への投球を積極的に要求し、投球の幅を広げさせて良さを引き出した。
来シーズンGは阿部がファーストにコンバートし、新たにS相川を獲得した。
小林との併用が予想されるが、どちらがマスクを被るにせよ、ニュー西村を導き出す事も十分考えられる。
勿論、その逆もあるかもしれないが、滑り出しの4~5月で結果を残せば十分二桁を勝つ可能性はある。
西村は当時の斎藤とは違い年齢的には中堅になるが、既に一流投手としての確かな実績がある。
キャンプから先発に向けたトレーニングをすれば、基本的にはスタミナに問題ないので、きっかけ次第では再ブレークの可能性は十分にある。

最後に技術的な面で修正して欲しいポイントをあげておきたい。
①状態が悪くなると左肩の開きが早くなる
これは打者からすればボールの出処が見やすくなるし、投手からすれば制球力が悪くなる。
②外角低めの直球にこだわってほしい
彼がリリーフで成功したのは、ここの制球力が格段に上がった事が大きい。
それでももっと良くなる余地は十分あるのでこだわって欲しい。
シュートを多投すると直球の精度が落ち易いので、そこは十分な注意が必要ではある。
この2点は彼が飛躍するための重要なポイントと考えている。
彼も同じ事を課題に考えているとすれば、是非キャンプで修正して欲しい。
そして斎藤雅樹のような先発陣の大黒柱となる事を切に願う。


以上 
敬称略
皆様からのご意見・ご感想を心よりお待ちしております
【超激辛NPBコラ厶twitter】展開中!
Twitterアカウント@hideo469998で検索

コメント

  1. content より:

    I just want to mention I am all new to blogging and site-building and absolutely enjoyed you’re blog site. Almost certainly I’m going to bookmark your site . You actually come with fabulous article content. Cheers for revealing your blog site.

  2. Looking forward to reading more. Great article post.Really thank you! Great.

  3. Thanks for sharing, this is a fantastic blog.Thanks Again.

  4. eebest8 best より:

    “Very neat blog article.Thanks Again. Really Cool.”

  5. angel perfume より:

    LDu2FJ This blog is obviously interesting and informative. I have picked many useful things out of this blog. I ad love to go back every once in a while. Thanks a lot!

  6. bastcilkdoptb より:

    Great line up. We will be linking to this great article on our site. Keep up the good writing.

  7. hideo469998 より:

    いつもコメント有り難うございます
    <昨年後半の姿を見てると、彼に必要なのは今話題の「嫌われる勇気」なのではと感じます
    「嫌われる勇気」ですか・・深いですね・・。
    西村の場合はシュートが大きな武器として持っているので
    これを持つとかなりアドバンテージになりますよね
    個人的には抑え固定前の彼よりも
    精神的にはタフになってると思っているので
    本文通り良い出だしならやってくれるような気がするんですが・・。
    小山はかなり成長しましたよね
    彼にも以前は「弱さ」を感じていたのですが
    去年のキャンプ、オープン戦で打ちのめされたことが
    大きな転換期だったのかもしれません

  8. hideo469998 より:

    誤字訂正
    再開→再会
    失礼しました (^^;

  9. hideo469998 より:

    いつもコメント有り難うございます
    いえいえ、catさんのファーム情報やジャイアンツのコアな情報は
    私にとって非常に有りがたいです
    また、catさんの野球観は私にとって非常に参考になっています
    こちらこそ、今年も宜しくお願い致します
    <自分は健太朗はハラハラさせながらもきっちり決めてくれるとこを見ることが多いのでとてもいい投手だと思ってます
    そうですね
    特に一昨年はそんな感じでキッチリ締めてましたね
    防御率が抜群だったのがその証拠でしょう
    <去年桑田さんが講師に来られた時健太朗が理想のフォームだと言われてました。
    ギリギリまで打者から球が見えないらしいです
    こういうコアな情報を教えていただけるのが
    私にとって非常に有意義なのです
    そうですね
    彼本人も去年の不振は上記の理想な形が崩れてしまったことが
    原因とハッキリ言っていましたよね
    仰るように本人の希望が先発なのか抑えなのか解りませんが
    ポテンシャルからすれば菅野に近い能力を持っていると思うので
    是非二桁以上を目指して周囲をあっと言わせてほしいです

  10. R11 より:

    こんばんは。
    仰るとおり斉藤コーチの現役時代とかぶるところがありますよね。すごい球投げるんだけどメンタルに難有で、毎年期待されながら便利屋的扱いから抜け出せずにいたわけですし。
    斉藤は藤田監督になってミスター完投と呼ばれる大エースになるわけですが、
    西村も2年間はそれなりにクローザーを勤め上げ、立派に貢献してきたわけですから
    このままで終わって欲しくない。
    昨年後半の姿を見てると、彼に必要なのは今話題の「嫌われる勇気」なのではと感じます。
    先発転向はクローザー失格になったわけではなく、エースになるチャンスだと思ってCSで悔し涙を流した小山と切磋琢磨してやってくれることを期待します。

  11. cat より:

    管理人さん 新年おめでとうございます。
    自分は素人なんで参考になるようなコメントは出来ないですが少しずつ学びたいと思ってます。
    今年もよろしくお願いします。
    正直健太朗はどこが1番適正なのか 本人が1番やりがい感じるのはどこなのかはわかってないですが
    自分は健太朗はハラハラさせながらもきっちり決めてくれるとこを見ることが多いのでとてもいい投手だと思ってます。
    体力あるし力ある投手だと思ってるので先発不安な時 健太朗をまた先発とかの方がいいんじゃないかと考えたこともあったので。
    気が弱いのか優しいのか自信がないのかどれもあてはまるような 又は違うような 
    ただぐっさんは優しいし穏やかなんで勘違いされがちですがあのお友達とお兄さんの話を聞く限りなかなか肝は据わってる人だと思います。健太朗にそのタフさがあればいいんですが。
    去年桑田さんが講師に来られた時健太朗が理想のフォームだと言われてました。
    ギリギリまで打者から球が見えないらしいです。
    色々な話聞くたびもっともっと出来る選手だと思うので先発に戻るのがきっかけで更に頑張って欲しいです。

  12. hideo469998 より:

    いつもコメント有り難うございます
    渡辺秀武ですか・・・懐かしいですね
    漢字は間違っていないと思います
    私はG在籍時の彼のピッチングをリアルタイムで見ていませんが
    広島在籍時の彼の勇姿は記憶があります
    彼はアンダースローでしたね
    氏が仰る通り、私も実はワクワクしてるんです
    言ってみれば来シーズンは3連覇のチームを壊して
    もう一度作り直そうとしているわけですから・・。
    今回取り上げた西村が先発で新境地を開いて欲しいのもありますが
    キャプテン坂本を軸に長野・亀井等が脇を固め
    何より小林、大田、橋本等が更なる進歩を見せてくれると
    Gファンはもっとテンションあがると思います
    勿論、失敗するかもしれませんが
    こういう失敗なら少なくとも私はオッケーですね・・苦笑

  13. borderless より:

    既に明けて6日ですが、明けましておめでとう御座います。今年のストーブリーグは、例年とは違い、去年活躍したFA選手が揃って残留し、例年以下の成績若しくは故障明けの選手ばかりがFA移籍する事になり、巨人としては今いる選手以上の活躍を望める選手がいなくて結果として大型補強無しになったって感じです。ただ国内残留表明後でも金子投手争奪に参戦しなかった事は残念でしたが、報道上の阪神の提示条件を蹴ったとすれば残留する可能性が極めて高い事を事前に知っていたのかも知れませんね。西村投手の先発としての可能性ですが、正直な処「う~ん・・・」といった処でしょうか。以前先発をやっていた時も最初はいい内容で勝っていましたが、間もなく昨年と似たような状態になっていたと思いますし、確かに一昨年は1年を通じて結果は良かったですが、3アウトをランナーを出さずに終わる事が少なかった印象です。疲れ等からでしょうけど、堪えきれずに左肩の開きが早くなってしまうのもフォームの修正が必要でしょうし、そこ迄もしやる事になればかえって悪くなりかねないでしょう。あくまでも個人的には、今迄通り短いイニング、打者3~6人くらいを相手に集中して精神的・技術的な向上を目指した方が良いと思われます。巨人の中継ぎ陣もこれ迄のような山口投手の酷使が出来ないのであれば不足気味でしょうしね。比べられる事ではないのですが、去年横浜の山口投手がシーズン中に転向して暫くいいピッチングをしましたが、シーズン終盤には抑えの頃の悪癖が出始めてましたし、斎藤コーチが台頭し始めた頃の巨人は江川・西本・定岡の3本柱からの転換期で今の西村投手よりも大きなチャンスでしたし・・・まあ何事もやってみなくては分からないんで、いい結果を出せれば良いのですが。

  14. hideo469998 より:

    いつもコメント有り難うございます
    流石に痛いところを突きますね 苦笑
    仰る通り、彼の場合は悪くなると開きが早くなり
    全く別人になります
    確かに心配なんですが、それでも期待する自分がいます 苦笑
    原監督も大きな期待を寄せていたので
    何とかステップアップしてほしいですね
    今思えば旧三本柱から新三本柱の移行はスムーズでしたね
    江川が突然引退してガラリと変わりました
    藤田さんは投手陣を立て直すのが上手でした。。。

  15. hideo469998 より:

    いつもコメント有り難うございます
    >どうしても節目節目でぐっさんに対する「ジェラシー」がにじみ出てるのをなんとなく感じてしまうんですね(山口さんが相手の流れを切ってバトンを渡してくれる、っていつも言ってはいますが・・)
    あはは(^^;
    感じますよね。。うんうん
    実はオフにFA移籍するんじゃないかと
    結構本気で心配しました。。苦笑
    >ちなみに、西村が先発していた数年前、カープファンが彼を一番嫌がっておりましたが・・・
    恐らく当時のカープは主力が右打者中心だったからでしょうね
    最後に余談ですが。。
    正月に再開したカープファンの兄は
    マエケン残留、黒田復帰でかなりテンションが上がっていました 笑
    新井さん復帰はノーコメントでしたが。。苦笑

  16. hideo469998 より:

    いつもコメント有り難うございます
    >気弱な面を技術とパワーで抑えこむ
    いいですね
    私もこういうピッチングを期待します
    >健太郎の先発と、澤村の抑え、この両方がハマれば4連覇できると言ってもいいのでは
    私もそう思います
    今年の鍵はこの二人でしょうね
    それにしても斎藤は凄かったですよね
    彼が投げた試合は進行が速いし、殆ど完投でしたから。。

  17. hideo469998 より:

    コメント有り難うございます
    そうですね。。
    持ってるポテンシャルは素晴らしいのですが
    やはり見てると甘さを感じてしまいますよね
    仰る通り、横の揺さぶりでもっと制球力が上がれば
    一気に先発でブレイクするかもしれませんね

  18. takuhonomasa より:

    いつもレポートありがとうございます。
    私も健太郎の先発には期待してます。
    被ホームラン率の低さ、スタミナ、先発としてのフィジカルには期待大です。
    が、以前中継ぎ、先発と便利屋として使われていた頃と比べて、大きく改善されたと思うのは、アウトローのストレートの制球力のみだと思います。
    また、メンタル面での改善はあまり感じません。
    よって、気弱な面を技術とパワーで抑えこむ。
    そんな成長を望みたいと思います。斎藤にしても、メンタル向上というよりも、あの大きな外に逃げるボール球のカーブ(今だとスライダー??)を振らせることができる位の球のキレを習得したからだと考えます。
    健太郎の先発と、澤村の抑え、この両方がハマれば4連覇できると言ってもいいのでは。

  19. rannokaikasaihonten より:

    全くその通りです。素質としては十分ローテーションの2,3番手に来れるだけの実力があります。ただやっぱりどこか甘いのか安定して活躍ができずに10勝、3,50ぐらいの4,5番手のピッチャーになっている気が致します。管理人さんの言っているとうりだと思います。個人的には→バッターの外角と
    インコースのシュートのコントロールをもう少し安定して欲しいです。

  20. BH より:

    明けましておめでとうございます。早速の更新、ありがとうございます。
    ほんとにコメントするまでのハードル、上がりましたよね。私はガラケーなので、夏以降は携帯で読めるように設定するのも苦心しましたし(--)。でもなんとかなってるので今後もコメントさせてください。
    西村の投手としてのポテンシャルの高さ。技術的なことはあまりわかりませんが、自分なりにわかりやすくするにはぐっさんと比較して、ぐっさんが出来ないこと(いろいろなポジションに軽々と適応してしまう等)をある意味簡単にやってのけることからも否定しようがないのに、どうしても節目節目でぐっさんに対する「ジェラシー」がにじみ出てるのをなんとなく感じてしまうんですね(山口さんが相手の流れを切ってバトンを渡してくれる、っていつも言ってはいますが・・)。
    なので、「澤村と菅野は別のポジションで両雄並び立ってほしい」と思ったのと同様、ぐっさんと西村も「スコット鉄太朗」で一くくりになってるより、別のポジションがいいのかなと、そういう感じはありますね。
    ちなみに、西村が先発していた数年前、カープファンが彼を一番嫌がっておりましたが・・・かなり選手が入れ替わりましたが、またそれを期待したいものです。
    今年もどうぞよろしくお願いいたします。

  21. kametta947 より:

    ウンウン…そうなんだよね!
    頷きながら拝読いたしました。
    健太朗の課題はひとえにメンタル
    必要なモノは《自信》だと思っています。
    笠原のような「打てるもんなら打ってみろ!」と言う態度がホンの少しでも欲しい……
    未年にあたって、私のようなオールドファンは“メリーちゃん”の愛称で親しまれた渡辺秀武(漢字が違っていたらご免なさい)投手を思い出してしまいました(笑)
    ご指摘の課題を克服出来れば、ボテンシャルから言っても菅野との“二本柱”と成りうるのではと思います。
    斎藤,豊田コンビの手腕に注目したいです。
    新春早々、箱根駅伝の青山学院大原監督の“ワクワク大作戦”に心動かされました。
    勇人のチーム元年の今季は、圧倒的な戦力ではないにしても、だからこそ望むところ……原辰徳監督がどのようなチームを目指して行くのか……
    挑戦者として伸び伸びとプレーすればとんでもない結果がでるのでは?と、今からワクワクしております。
    リーグ4連覇と日本一奪回を目指して、ご一緒させて頂きたいと思います。本年もよろしくお願いいたします。