スポンサーリンク

【G】菅野は登板毎に良くなっている【オープン戦 GvsF 雑感 3月20日】

昨日、読売ジャイアンツは北海道日本ハムファイターズと東京ドームで対戦。
そして、Gファンが待ちに待った長野久義が、この試合から1軍に合流した。

【 G注目投手雑感】
★菅野智之
・3回6安打1四球4奪三振 失点4(自責3)
直球系のスピードは平均で144キロ、最速で150キロ。

個人的には前回の内容を見て、ある程度の目処は立ったと思っているので、この結果は全く心配していない。
確かに直球が抜けるケースが目立ったが、直球そのものはスピードも上がってるし、指に掛かったボールではしっかり空振りも奪えている。
今年の中では一番腕が振れていたので、むしろ不安が減った。

配球でもっと工夫していれば、こんなに打たれていないだろうし、課題であった直球の質を上げることを意識していたように私には見えた。
また、カーブ・スライダー・フォーク等の変化球も切れは悪くない。

表現は適切ではないかもしれないが、この試合の内容は、過去のシーズン中に時々見かける悪い状態の菅野だったと思う。
それが逆に安心感に繋がったのかもしれないが、前回登板時では少し感じていた「腕の振りの緩さから感じる投球の違和感」は全く無かった。

あとは本人が言うように、気持ちの問題と、技術的な微調整だけ。
このまま肘の状態が悪くならなければ、今年も十分期待できる。

・今季の予想勝ち星 12勝~16勝
体調に異変がなければという注釈つきだが、この程度は問題ないだろう。
更に伸ばすには内角直球の制球力が鍵を握る。

★戸根千明
・2回3安打1奪三振 失点1
直球のスピードは平均で138キロ、最速で141キロ。

相手打者の好打で失点したが、内容は悪くなかったと思う。
失点してからのマウンド捌きも落ち着いていたし、自分のペースで投げていた。
確かに結果は良くなかったかもしれないが、個人的には十分評価に値する内容だった。

★笠原将生
・2回3安打3四球2奪三振 失点1
直球のスピードは平均で144キロ、最速で148キロ。
去年までは全く決まらなかったカーブや、今年から覚えたシンカー等、成長の跡が見られるだけに、この結果は非常に残念。

この試合で笠原が反省すべきポイント1つ
それは、明らかに彼の悪い癖である「投げ急ぎ」になっていた事。
打者との間合い・投球のリズムが同じで、打者からすれば合わせやすい状態。
ヒットを打たれ易いだけではなく、際どいコースはファールに逃げられ、決めきれずに四球を与えてしまっていた。

但し、これはリードする小林にも責任がある。
小林はしっかり間合いを取りながら、自分の意図を体で表現してたり、時にはマウンドへ行き意思疏通をはかりに行くべきだった。
また、配球にも大いに疑問を感じたが、それは後段の小林の項で書く。

※訂正
前回まで笠原の球種について、落差の小さい落ちるボールを「スプリット気味のフォーク」と表現していましたが、この試合の放送の中で本人が「シンカー」と語っていた事が判明しました。
ここで訂正させて頂きます。

★スコット・マシソン
・0/3回2安打2四球 失点3
直球のスピードは平均で148キロ、最速で153キロ。

この試合は完全な一人相撲を演じてしまった。
先頭にヒットを許すと走者を意識しすぎてバランスを崩して連続四球。
走者を溜めてから、相手の4番に対して落ちなかったフォークを叩かれた。
典型的なマシソンが崩れるパターンである。

ワンアウトも取れずにマウンドを降りたが、これは監督の配慮だろう。

★高木京介
・1回2奪三振
直球のスピードは平均で135キロ、最速で137キロ。
マシソンが崩れなければ、もしかしたら登板予定が無かったかもしれない。

緊急登板??だった事もあって、この日の内容はさほど良いとは思えなかったが、マシソンが作ったピンチを犠牲フライのみで凌いだ。
直球のデキはまずまず、カーブは上々、チェンジアップは高めに浮いていた。


★澤村拓一
・1回1安打1奪三振
直球のスピードは平均で150キロ、最速で153キロ。

殆ど直球で押していた。
だが、やや上体に力みを感じて体の開きが若干早かった。
よって打者からすれば、速いボールでも捉えられない事はなかった。
厳しい見方をすれば、この日の直球で良かったのは1球だけ。

【G注目野手雑感】
★坂本勇人
・4打数0安打
この試合では攻守で集中力をあまり感じなかった。
バッティングは相変わらずスイングが波打つ状態。
甘いボールに対しても捉えきれていない。

★阿部慎之助
・4打数1安打1三振
打席毎に自分のスイングをチェックしてる感じを受けた。
この試合では、スリーボールから直球を狙い打ってライトフェンス直撃のヒットを放ったが、あの打球がライトスタンド中断に突き刺されば、状態は上がったと見て良いが、まだまだ振り込みが必要だろう。

★長野久義
・2打数1安打1四球
故障箇所を全く気にする様子もなく、バッティング内容も悪くなかった。
右膝でしっかり溜めを作れていたし、走塁・守備でも軽快な動きだった。

そしてライトからセンターへの守備位置の変更もあったので、状態は周囲が思うより遥かに良いのかもしれない。

★亀井善行
・2打数2安打1四球2打点 二塁打1
かなり状態が上がってきた。
以前はタイミングを外されて、体が投手方向に流されるスイングは多かったが、この試合では左足で溜めを作ってから体重移動させている。
又、ボールの見送る形も良くなっている。

途中から長野センターで彼をライトに起用したのは、監督も彼の調子が上がってきたことを感じての起用かもしれない。

★小林誠司
・2打数1安打1四球
バッティングについては、出場する試合で結果をコツコツ残している。
そして内容もオープン戦序盤と比べると、バットのヘッドを効かせたライナー性の打球を放っているし、粘り強さも出てきた。

但し、捕手小林については苦言を呈したい事がある。
それはP笠原の時に、彼の配球に全く工夫を感じなかった事。
特に近藤への押し出し四球の場面は、個人的にはかなり失望した。

前回の札幌での試合で、近藤が大竹からカーブを叩いてホームランを放ったが、この時マスクを被っていたのが小林。
恐ら
く、それが頭に残っていたので、笠原に全くカーブを要求しなかったと推察する。

6回の四球の内訳は全6球中、直球5・シンカー1。
そして問題の7回の内訳は全9球中、直球7・シンカー2。

2打席・全15球のうち、直球が12球でシンカーが3球。
直球とシンカーのスピード差は、およそ6~8キロ程度。
しかも、イニングの間がない打席なので、近藤からすれば直球をずっと投げられてる感覚が強かったと推察できる。

この配球で、好打者近藤を討ち取るのは容易ではない。
7回の押し出し四球は、ある意味当然の結果である。

確かに左打者へのカーブは、高さが甘くなると非常に危険なボールで、使いどころが難しい。
しかし、笠原のように球種が少ないタイプには、勇気を持って投げさせなければいけない。
それも低めへの意識を徹底させる事が大事になる。
その為には、なるべく腕が振れる若いカウントで投げさせるべきで、1球投げるだけでも打者の印象は違ってくる。

小林が笠原のカーブをどのように評価しているのか解らないが、筆者の目には腕がしっかり振れる状況で使い低めに決まれば、直球とのスピード差で十分空振りが奪えると考える。

前段の笠原の項で触れた件も含めて、小林のマスク越しの視野はかなり狭くなっている。

【試合総評】

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本ハム 0 4 0 0 1 0 1 3 0 9
巨 人 0 0 0 0 2 0 0 0 1 3 

試合は9対3でファイターズが勝利した
内容的にはFの圧勝で、Gは投打ともに課題を残す結果となった。

そんな中で、5回のG攻撃は評価したい。 
ツーアウトランナー無しから、長野・小林が粘って2連続四球でチャンスを作り、代打亀井のタイムリーツーベースという流れは、久しぶりに見た素晴らしい攻撃だった。 

こういう攻撃をコツコツ積み重ねていけば、いずれは打線も上向くだろうし、チームの重苦しさも徐々に消えてくる。

残りオープン戦は2試合だが、このような攻撃を是非続けてもらいたい。 

以上 敬称略 

 
プロ野球ランキング

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ

コメント

  1. view より:

    I just want to mention I am just beginner to blogs and absolutely enjoyed your page. Almost certainly I’m planning to bookmark your website . You surely come with exceptional posts. Bless you for sharing your webpage.

  2. bastcilkdoptb より:

    F*ckin’ tremendous things here. I am very glad to look your article. Thanks a lot and i’m having a look ahead to contact you. Will you please drop me a e-mail?

  3. hideo469998【超激辛NPBコラム管理人】 より:

    RVさん こんにちは
    コメントありがとうございます
    <ピッチャー、キャッチャー、バッターの相対関係の結果だと思っていつも見ています これは仰る通りだと思います ただ、個人的には去年後半から現在の小林のリードを見ていると 打者からすれば読みやすい傾向になっていたので あえて苦言を呈しました いつも御覧頂き有り難うござございます これからもよろしくお願い致します!

  4. hideo469998【超激辛NPBコラム管理人】 より:

    名無しの兎さん こんにちは
    いつもコメント有り難うございます
    笠原の「真面目な東野」という評・・。
    思わず笑ってしまいましたw
    小林は何て言うのか・・・
    ここは名無しの兎さんとは意見が分かれるかもしれませんが
    頭が良すぎるというか。。考えすぎというか。。
    相手を見すぎて、味方投手の良さを引き出していないというか
    そんな状態に思えています
    簡単に言えば
    これがアマとプロの違いなんでしょうね

  5. hideo469998【超激辛NPBコラム管理人】 より:

    BHさん こんにちは
    いつもコメント有り難うございます
    そのお気持ち十分すぎるほど分かります・・・。
    オープン戦とは分かっていても
    今のGはお世辞にも魅力あるチームには見えませんから。。。
    それでもペナントは全力で応援したいと思っています
    こんな状態から優勝・・日本一になるのも痛快じゃないですか・・苦笑
    若手の台頭、ぐっさんの完全復活!期待しています
    あっ・・それとロペスがG以外の試合で爆発して打点王を取るという・・・爆

  6. hideo469998【超激辛NPBコラム管理人】 より:

    borderlessさん こんにちは
    いつもコメント有り難うございます
    マシソンはどうなんでしょうか・・。
    個人的にはこんな感じで今年はいくのかな
    と思っています
    かなり研究されてますし
    2年前の成績は難しいと思っています
    マシソン自身も真っ直ぐのごり押しだけでは
    難しくなってるので自覚しているようです
    その為に制球力を意識しているような気もしています
    まあそれでもセットアッパーなら2点台前半の防御率は
    十分狙えるとは思いますが・・・。

  7. hideo469998【超激辛NPBコラム管理人】 より:

    kametta 947さん こんにちは
    いつもコメント有り難うございます
    藤井は私も同じ感想を持ってました(^.^)
    さて、吉川ですが
    まず守備に安定感があるのが大きいですよね
    セカンドの守備はGでもかなり上位です
    ユーティリティー性も武器になるので
    Gでは寺内と役割が被るかもしれません
    あとはバッティングですね・・・。
    亀井はいい感じですよね
    きっちり本番に向けて調子を上げてきた
    そんな印象を強く持っています
    高木豊は今は報知で評論してるんですね
    私は報知を意識的に読まないようにしてるので
    知りませんでした 笑

  8. hideo469998【超激辛NPBコラム管理人】 より:

    えあえあさん こんにちは
    いつもコメント有り難うございます
    香月は元気にしてるんでしょうか
    教育リーグの初戦で勇姿は見たんですけどね (^.^)
    今年も必ずお世話になるのでキッチリ調整してほしいです
    さて、笠原ですが
    仰る通りで球種が少ないので
    もう少し直球の威力が向上するか
    狙ったコースをバンバン投げられないと
    昨日のように苦しむでしょう
    ただ、カーブの精度がかなり良くなってるので
    去年よりも確実に成長しています
    勝ちゲームで勝負できるには
    あともう一歩というところですか・・。

  9. hideo469998【超激辛NPBコラム管理人】 より:

    コメント頂いた皆様へ。
    新記事アップ後にコメント返答しようと思っていましたが
    時間がなくなってしまいました・・汗
    今日のお昼頃に改めてお返事させていただきますので
    御了承くださいませ。。

  10. RV より:

    いつも拝見しております。菅野、戸根はその通りだと思います。ただし、野球は確率のエンタメだと思うのですよ。ノムさんの副作用か配球が大きくクローズアップされますが、ならば昨日の相手二十歳の捕手の配球がすばらしかったから抑えられたのか、違うと思います。この日の笠原、マシソンは調子が悪かった、これにつきると思うんですよ。マエケン、小川7失点、配球だけの問題か、違うと思いますよ。ピッチャー、キャッチャー、バッターの相対関係の結果だと思っていつも見ています。これからも、ジャイアンツ愛に満ちたブログを期待しております。

  11. 名無しの兎 より:

    お疲れ様です
    菅野はスピードは戻りつつあるのかなと感じますね
    でも彼の持ち味はなんだかんだ制球力なので、そこの微調整と肘の故障には気をつけて欲しいです
    戸根と京介については特に無しです
    そのまま順調に開幕を迎えられれば
    マシソンは去年もそうでしたが、小林ではまだ制御するのが難しいのかもしれませんね
    笠原は制球力をつけて欲しいですね
    今のままでは「真面目な東野」みたいになりそうな気さえします
    そして小林ですが、よくファンや関係者に凄い褒められてますけど、個人的には「そんなにか?」と思うことがしょっちゅうあるんですよね
    「え、そこは危なくね?」と思うような配給も普通にしますし
    「古田二世」というより「的山二世」だろと…
    特にファンからは「澤村との相性」で持ち上げられることが多いですが、そもそも澤村は制球力球威共にかなり調子に左右される投手です
    良ければ圧倒、悪けりゃ修正不可
    誰が受けようがそんな感じです
    私は捕手の経験も少しありますが、悪い言い方すれば「リードのしがいが無い」投手です
    内海のように緩急を使えたり菅野のように制球力があったりする投手はリードしてて楽しいんですけどね

  12. BH より:

    お疲れ様です。
    菅野について、管理人さんにそのように分析していただくと、来週あまり心配せずに見ることができそうです。
    …と書きましたが、実は帰宅したら笠原が投げていて、試合の前半は再放送で見た…はずなんですがほとんど記憶(意識)がなく(苦笑)。
    本番までには自分のテンションが上がるよう願っています。なんかすいません、こんなコメントで。

  13. borderless より:

    おはようございます。昨日は菅野投手だけでなく、横浜・久保投手以外のセ・リーグ開幕投手候補が皆打ちこまれてしまい、早くも交流戦が案じられる?有様でしたね。皆打たれたという事は開幕時には横一線?の状態で臨むって事になるんでしょうかね。マシソン投手ですが、仰られてるランナーを置いた状態よりも簡単にランナーを出してしまってる事が、昨日だけでなく練習試合・オープン戦の間、ずっと続ているのが気に掛かります。制球力がある方ではない速球派なので四球で出す事があるのは今迄にも多々ありましたが、初めて対戦するような選手に簡単に無死若しくは一死からいい当たりのヒットを打たれてピンチを常に招いてる印象です。この時期なのでさほど心配する事でもないのかも知れませんが、どこか悪いのかフォームを崩してるのか分かりませんが昨年迄より威圧感が薄い気がしますね。交流戦の試合減の影響ですが、個人的にはさほど影響がない気がします。交流戦の頃、即ち開幕から約2か月の時期は疲れ等から主力に故障者が出始めたり調子を落としたりしてその補充が出来ないチームは戦績を落とし、出来たチームが戦績を維持出来てるだけでしょうからね。そんな状態で交流戦ではなく直接対決を繰り返したとしても、星の潰し合いがある分若干負けが減るでしょうけどさほど変わらない戦績になるものと思われます。そもそも交流戦は長距離移動やDH制が当たり前のパ・リーグに元々有利なはずでしょうし。

  14. kametta 947 より:

    おはようございます。
    昔、「○○を入れないコーヒーなんて……」というCM が流行った事が有りましたが、ジャイアンツに置き換えれば○○には、今や慎之助ではなく長野が入るのだと痛感させられた試合でした。(勝敗と投手陣についてはノーコメントで……(汗)…)
    そして、ライバルの一軍復帰や高木豊氏に「亀井の状態が上がって来ないから……云々…」と言う記事を書かれてしまったので、焦っていないか心配だった亀も、手応えを掴んだようで一安心です。(私としては、左中間にどんな打球を飛ばせるかがチェックポイントにしているので……)
    主様の予感通りに残り3試合で上げてきた\(^o^)/と気分良く眠りにつけました。
    更に、私の予感通りに吉川が一軍にお試し昇格したのは嬉しかったですね。今はBP をしてる藤井秀悟がF から移籍して来た時にも同じように感じたのですが、巷で言われている事と実態は些か違うもの……この眼で見た事を信じよう!って……(^_^)v
    あれならバックアップ要員として監督のメモに書き入れられたのでは?と思います。但し、ハリキリ過ぎてドニキみたいにならないでと願いましょう。(^人^)
    他球団でも開幕投手候補が炎上続出で…(汗)…
    たかがオープン戦
    されどオープン戦
    今季はどうなりますやら???
    言霊を信じているので、ポジティブコメントで締めましょう!
    蓋を開けてみたら、ウチがブッチギリでV 4なんちゃって………(爆笑)

  15. えあえあ より:

    管理人様、早朝から更新お疲れさまです。毎回の分析、大変勉強になります。
    昨日はようやく今シーズン初めてテレビで試合開始から観戦しておりました。
    香月推しとしてはライバルとなる笠原を厳しい目で見てしまいます(笑)。2回ともランナーを貯めて苦しいピッチングでしたが、管理人様ご指摘の通り小林のリードは素人目にも気になりました。カーブは三振もとっていましたし低めに決まれば大きな武器ですね。シンカーは本人もコントロールには自信があるみたいでフルカウントから連投してました。というか、他のボールを投げにくかったのかもしれませんが。
    印象としては、もう少しストレートの威力、コントロールは出てこないものなのか?と思いました。ピンチや勝ちパターンで大丈夫かと心配してしまいました。これまでの彼の投球をそこまで見ていないのであれですが…(^^;)
    開幕まであと1週間、今シーズンもくれぐれも無理せず更新を期待しております、