スポンサーリンク

【G】新時代を予感させる菅野・小林の黄金バッテリー!【セ公式戦 GvsC 5回戦・4月22日】

昨日は両軍エースの投げ合いで、見応えのある投手戦となった。
確かにミスが目立つゲームだったが、好プレーも随所に生まれていた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
広 島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
巨 人 1 0 0 0 0 0 0 0 X 1

【G選手雑感】

★菅野智之
状態は去年の良かった時と比べると、制球力が良くなかった。
特にスライダーと直球系が抜けて高めに行くケースが目立つので、若干怖さは残る。
但し、直球の質はかなり近づいてきたし、相変わらずピンチの場面では見事なギアチェンジをする。
特にフォークのキレと精度は圧巻だった。

彼の投球を見ていて感じるのは、コースと高さの両方で間違わないこと。
特に屋外球場なら、その日のコンディションで最善の策を取る印象が強い。
昨日の試合で例えるなら、レフトへの打球が伸びない事を見越して、右打者にはかなり大胆に攻めていた。
逆に左打者には、強振されないように慎重に投球していた。

これでシーズン3勝目になる。
開幕前の状態から考えれば、結果的に上々の滑り出しと言える。
そして、徐々に調子が上がっているので、肘の不安が無ければ更に期待できる。
肘のケアを万全にして、今季こそフルシーズン活躍してもらいたい。

★小林誠司
彼にとっては、先日の阪神戦に続いて大きな財産となる試合だった。
特に後ほど触れる8回表の配球は見事だった。

「大胆さと繊細さ」
両方感じた素晴らしい配球で、Cにとっては大チャンスの場面ではあるが、次第に大きなプレッシャーで押し潰されていた。

そして、忘れてはならないのが、相手の盗塁を2度阻止した見事な送球。
Cベンチが、何とか足で揺さぶって菅野を攻略しようとしたが、小林は逆にそれを尽く封じて相手に流れを渡さなかった。

明らかに、開幕当初と比べるとプレーの質が違っている。
やはり、阿部の故障で緊急出場した先日のT戦で、苦しみながら勝てた事が大きかった。
あれで落ち着いて、更に決勝タイムリーを打った試合で自信を持った事が、昨日の試合に繋がっていた。

この1勝は、小林にとっても大きいが、チームにとっても近未来に向けて大きな1勝となった。

【C新戦力雑感】

☆ネイト・シアーホルツ
TV解説の山本氏が語っていたように、現状は左膝の折れが大きく、バットが下から出てくるので、スイングが波打ってる状態になっている。
この2連戦の内容だけ見ると、外寄りの甘いボールが得意なゾーンに見えた。
それと低めの直球も、コースが甘ければ得意ゾーンになりそう。
バットが下から出てくるタイプなので、彼は低めが一番好きなゾーンだと思う。

但し、内角高めの直球系に対する反応が悪いので、このコースでファールや空振りでカウントを稼がれると、最後に落とされるパターンで苦労することになる。

前回の記事で書いたように、典型的なラインドライブヒッターなので、HRをそれほど怖がるタイプではない。
よって、相手バッテリーが厳しい内角攻めをしてくる事も十分考えられるので、飛躍の鍵としては「内角を狙ったボールが甘くなったときに、高確率で捉える事ができるか?」
ここがポイントになる。

【試合のポイント】

※お互いの意志が伝わり合った菅野・小林バッテリー
試合の大きなポイントになった8回表の場面。
アンダーソンの落球で、ノーアウト3塁という大ピンチを背負ってしまったが、Gバッテリーは非常に落ち着いていた。

まず、調子の良い田中に対して、フォークを多投して追い込み、最後はボール球の高め直球を振らせて三振。

続く直球に強い天谷には、初球のフォークでカウントを稼ぐが、その後の3球連続フォークを見極められた時点で勝負を避けた。

そして大きな山となった小窪に対しては、初球から厳しく内角を突く強気の攻めで望んだ。
対するカープは、初球にスクイズを試みたが失敗に終わって、小窪の打力に期待せざるを得ない状況に追い込まれた。
Gバッテリーはスクイズを警戒しつつ、相手が小細工出来ないコースにボールを集めて、最後はフォークで仕留めた。

これで2アウト。
それでも次の打者は、菅野に対してタイミングが合う安部。
Gバッテリーとしては、ここまでの打者とは違って、討ち取る術が明確に定まっていない打者である。
とりあえず、外からスライダーでカウントを稼ぐ選択をしたが、やや甘いコースに入ってジャストミートされた。
Gバッテリーは、瞬間的に「しまった」と思った矢先に、坂本のダイビングキャッチが生まれた。

最後は幸運に恵まれる形で終わったが、そのプレーを呼び込んだ最大の要因は、何といっても菅野・小林バッテリーが、最後まで攻める姿勢を貫いた事、そして常に冷静さを保っていたこと。
バッテリーに攻める気持ちがあれば、守りにリズム感が出てくるので味方守備陣も守りやすい。
逆に、逃げている投球では、このような好プレーは生まれにくい。
集中出来る状況下であるからこそ、好プレーは生まれるということ。

この場面を改めてじっくり振り返ると、菅野と小林のお互いの意志が、深く通じ合っている様子が伺われた。
菅野の投げたいボールと、小林が要求するボールが殆ど一致していたし、合わないケースでも小林は直ぐに新たなサインを出していた。
つまり、菅野の考えを十分察しているということ。
集中できる環境下でエースが投げれば、おのずとベストピッチになる。

菅野・小林の黄金バッテリーの誕生!
そして新キャプテン・坂本がバッテリーをフォローして、新守護神・澤村が3人で締める!
新たなジャイアンツが動き始めた宇都宮の夜だった。

【試合総評】

C打線はスイングが緩い。
特にチャンスの場面では、ボールを追っかけてしまう打席が多く、相手の術中にまんまとハマるケースが目立つ。
得点が思うように取れず、重い展開が続いているので、走塁や守備でつまらないミスをしてしまう。

ベンチの作戦面でも、相手からすれば「見え見え」で、昨日のGバッテリーは察知していた。
2度の盗塁失敗とスクイズが成功しなかったのは、決して運が無い訳ではない。

苦肉の策だった「新外国人獲得」も今回は結果が出なかった。
初戦の対杉内・山口・澤村でGは、
彼の攻略法の下地が出来ていた。

今は我慢するしかないと思う。
投手陣は幸い安定しているので、試合が壊れている訳ではない。

打線も、前回のG戦当時と比べれば、丸や田中あたりの状態は上がっている。
ポイントゲッター不在は確かに苦しいが、コツコツ1点を積み上げていくしか今はない。
基本に帰って、投手は絶対先取点を与えないという強い意識、そして打線は打つことだけではなく、四球を選んだり、細かいチームプレーを確実に行う事がより重要になってくる。
そうすれば、今のGのように徐々にチームにリズムが出てきて、接戦を拾う試合が増えていくだろう。

打者は追い込まれるまでは積極的に強く叩く意識で、追い込まれた後は出来るだけ粘る。
そんな意識を持っていけば、必ず浮上してくるだろう。

対して、Gは予想以上に早く貯金を作る事が出来た。
これは先発・リリーフの形が固まってきた事が大きい。
やはり、野球の基本は投手を中心にした守りという事。

決してG打線も状態が良いわけではないが、投手陣の踏ん張りで、G打線は1点を確実に取る野球に集中できている。
これから怪我人も徐々に戻ってくる。
そこに新たなシナジー効果が出てくれば、交流戦前に首位を走る事も考えられる状況になった(そう簡単に上手く行くとは思えないが・・)

先発陣についても、新顔のポレダ・高木勇・田口は必ず壁に当たると思う。
そんな時に、内海・大竹・小山・西村がカバーしてくれれば理想的な投手陣になる。
菅野・杉内の状態が上がってきたので、大型連敗の可能性はかなり低くなったので、彼らを軸にローテを組んでいけば問題ない。

そしてリリーフ陣については、とにかく酷使しないこと。
特に左右どちらの打者に対しても勝負できる戸根・高木京の登板数をもっと増やして、山口・マシソン・澤村を勝負の夏場で使える状態にしておく事が重要になる。
5割を越えてる今の状況なら、それが十分可能である。

以上 敬称略


プロ野球ランキング

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

コメント

  1. visit site より:

    I simply want to mention I’m beginner to weblog and actually liked your website. Likely I’m likely to bookmark your blog . You certainly have excellent articles and reviews. Thanks a lot for sharing your website page.

  2. bastcilk doptb より:

    There are some fascinating deadlines in this article but I don’t know if I see all of them middle to heart. There is some validity but I will take maintain opinion until I look into it further. Good article , thanks and we wish more! Added to FeedBurner as nicely

  3. hideo469998【超激辛NPBコラム管理人】 より:

    borderlessさん こんいちは
    いつもコメント有り難うございます
    仰る通り、C打線は酷かったですね
    特にチャンスの場面になると、振りが鈍くなって当てに行くようなスイングが目立ちます
    Gも打線が相変わらずですが、C打線もちょっと厳しいですね
    両チームともに故障者が目立ちますが、彼らが復帰したときに、どんな位置にいるか?
    これもポイントになりそうです。

  4. borderless より:

    おはようございます。宇都宮での対広島戦、菅野・小林バッテリーは確かに素晴らしかったのですが、それよりも広島の状態が悪過ぎです。まだ序盤とはいえ幾度も1~2失点以下で好投していた先発を見殺しにしてる打線は、昨年の巨人のようにいつかは活発になると思いながらずっと貧打のままでシーズンを終わりそう?と思える状態です。少ない安打を活かす為の機動力も数多く走ってるものの盗塁成功率が確か半分くらいで、仰られてるこの試合での小林捕手の2度の阻止も明らかにスタートが悪く、今のままでは対戦相手がミスを連発しない限り勝ち越せるだけの得点は滅多に取れないでしょうね。エルドレッド選手が復活したとしても昨年の後半のようであれば今季中は手の打ちようがないでしょうね。もっとも巨人の方も打線は低調なままですが、得点するパターンを複数持ってるだけマシって処でしょうかね。昨日、内海投手が二軍戦で投げてるのをたまたま観ましたが、回復は順調?のようで、報道されてる通りに復帰出来れば来月の巨人は貯金月間になる・・・等と言えるようなチーム状態になれば良いのですが。

  5. hideo469998【超激辛NPBコラム管理人】 より:

    YMRさん はじめまして!
    いつも御覧頂き有り難うございます!
    そして励みになる御言葉を頂き恐縮しています(^_^;)
    今年は何とか「1日1記事」を目標にここまで続いています。
    これからもマイペースを維持して頑張っていきますので、今後とも宜しくお願い致します!
    また、御時間に余裕がある際には、是非コメントをくださいませ♪

  6. hideo469998【超激辛NPBコラム管理人】 より:

    catさん こんばんは
    いつもコメント有り難うございます
    菅野・小林コンビ
    楽しみですね・・お互いの意志が通じ合っているのを感じたので、見ていて非常に楽しめました。
    特に小林は勉強になったと思います
    坂本についてはノーコメントで(^O^)
    高木勇の内に秘める熱い闘志は素晴らしいですね。
    これにプラスして冷静に自分を見つめられる投手はなかなか居ません。

  7. hideo469998【超激辛NPBコラム管理人】 より:

    風来坊さん こんばんは
    いつもコメント有り難うございます
    また、長い期間コメント返信を怠り申し訳ありませんでした
    さて本題ですが
    大田の件、なるほど・・・。
    4番で彼を起用することを前提に上げるなら、時期は早いでしょうね。
    逆に監督が、4番坂本に拘りがあるのであれば、大田は早いうちに上がってくると思います。
    個人的には、故障箇所に不安が無ければ、4番起用に拘らずに上げた方が良いと思っています。
    理由としては、昨日までファームの試合が連日放送していましたが、大田はもう2軍で学ぶ段階を卒業していると思っています。
    放送を見ていて、それを強く感じました。
    結果どうこうではなく、2軍クラスの投手では、今の大田に得るものがないという感想を持っています。
    昨日の木佐貫や、少し前に対戦した高橋尚成という実績ある投手との対戦は得るものもあります。
    つまり、駆け引きが出来る相手なら勉強になっているのですが・・。
    既に、大半の投手では得るものがないですね・・。

  8. hideo469998【超激辛NPBコラム管理人】 より:

    えあえあさん お久しぶりです!
    いつもコメント有り難うございます
    15日付けの「本日の香月」読ませて頂きましたよ!
    ロッテの弟の方が先に、今季初登板を果たしたようですね
    仰る通り、笠原の状態が良くないので
    香月の出番は近いと思っています
    特に交流戦辺りは十分可能性ありますよね

  9. YMR より:

    はじめまして、YMRと申します。
    いつも楽しく拝見させていただいており、我慢できず(笑)コメントさせていただきました。
    長くGファンをしていますが、結婚して子供がまだ小さいので、夕食~子供が寝るまで落ち着いて野球が見れなくなりました( ;∀;)
    キャッチャーのリードや、代打、代走のポイントなんかを深読みするのも大好きだったのですが( ;∀;)
    管理人さんの文書は、本当に試合のポイントの状況が浮かぶようで、非常に非常にありがたいです。
    これからも、野球がゆっくり見れない人たちのために(すごい勝手です)お書きいただければ、本当に助かります( ;∀;)
    更新楽しみにしています。
    失礼いたします。

  10. cat より:

    こんにちは。菅野勝ちましたね。試合に勝つことも大事ですがやはり先発に勝ちがつくのは良い事です。マエケンから早々得点出来ないし前回は悔しかったので本当に勝てて良かったです。
    小林は阪神戦の決勝打はやはりいいきっかけになったようでいつか二人で最優秀バッテリーとか選ばれるくらいになって欲しいです。確かに菅野の力投があのファインプレーに繋がったと思います。
    ただの独り言です 気にしないで下さい(笑
    2年前勇人は8月までは3割近くでしたが足を怪我して ファーストとかやってた時です そこからフォーム崩して打率はどんどん下がりました 治りかけたとき又死球で結局そのままでした。
    去年も8月までは2割後半維持してましたがまた秋に調子を落として 一昨年ほどではなかったですが戻ることはなかったです。
    今年は確かに不調ですが 1年半も前からずっと2割前半なわけではありません。だからネットなんか自分は信じないんです いくらでも事実を故意に曲げる人がいるから
    ただの独り言なんで管理人さんスルーしてあげて下さい(笑
    田口 まさか1年ローテなんて考えてないと思うんですが 内海は怪我とは言え 大竹さん、小山、健太朗 田口を守るためにも早く帰って来て下さい。
    高木は前回阪神戦で 負けたわけでもなく自分に負けもつかないのに ベンチで泣きそうな顔で凄い悔しそうだったんですが 案外かなりの負けず嫌いで気が強そうで巨人向きかもと期待してます(笑

  11. 風来坊 より:

    失礼します。笠原、オープン戦では良かった気がしたのですが。
    巷で大田待望論が沸き上がっていますが、私は慎重に時期を選んだ方が良いと思います。チーム状況がまだまだ不安定な感が拭えず、また、橋本と異なり彼は中軸、4番の成績を期待されています。実績が少ない選手とはいえ、去年後半の変態ホームラン2本、CSでの安打を考えると、また、坂本は4番の重みを背負わせるより、出来れば6番位で支えて欲しい。阿部の離脱、期待外れの至宝村田のことを踏まえると嫌が応にも4番大田が期待されます。しかし、怪我が完治したかどうかまだわからず、更に、内田さんに教われる事はできる限り教わって来て欲しいと思っています。
    只、チーム状態がまた確実に少し悪くなるでしょうから、上げるタイミングを失敗し、必要以上の期待を背負わされて、もし結果が思うように出なかった場合、また中途半端な扱いをされ、焦ってまた怪我をするのではないか、とも心配しています。
    怪我は誰にも付き物ですし、やや過保護というか甘すぎる事は承知しています。しかし、巨人は無責任なマスコミとOBが多い上、ファンの期待も重くのし掛かります。だから、上に上げるときは下で十分な実績を残して、自分はこれだけやれる!という自信の根拠を作って来て欲しいと思っています。
    管理人様はどう思われますか?

  12. えあえあ より:

    いつも熱のこもった投稿、読み応えがあります!
    地方2連戦はおっしゃるとおり守り勝ち、若い力で勝てて大変気分がいいですね。
    マシソン、山口、澤村が息切れしないように戸根も対左だけでなく使ってほしいのも同意です。前橋でも堂々として安心感がありました。
    そこで気になったのが笠原。2球で交代になり非常に失望しました。直球が高めに外れて長打を打たれる・・。もうそんな場合じゃないだろと。次の戸根が抑えただけに余計に目立ちました。これなら香月を・・・(以下略)
    更新、心待ちにしております。