スポンサーリンク

【試合総評】先取点を何がなんでも奪いに行け!【セ公式戦 TvsG 16・17回戦 7月21・22日】

ビジターゲームでは、相手に先取点を奪われると勝てそうな雰囲気を全く感じない。
勿論、打線に問題があるが、この点について今さらジタバタしても仕方がない。
少なくとも筆者は、今年のG打線に対してこれ以上期待しない。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
巨 人 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
阪 神 0 0 0 0 0 2 0 0 X 2
1 2 3 4 5 6 7 8 9
巨 人 0 0 0 0 1 0 1 0 0 2
阪 神 3 0 0 0 0 1 0 0 X 4


前々回の記事で触れたが、今年のGは「守り勝つ野球」しかないと思っている。
先取点を奪う事を絶対条件とし、少ない得点を最後まで守り抜く試合を続ける他ない。 
その為には、わずかな守備の綻びも許されないし「球際の強さ」も求められる。
そういった観点で上記2試合を振り返れば、Gは明らかに守り負けていた。

第2戦の杉内については、状態そのものは「可もなく不可もなく」という評価が妥当だと思う。 
5回まで無失点で切り抜けたのは、杉内云々という訳ではなく、単純にタイガース(以下T)が打ちあぐねていたという事。
つまり、今季T戦初登板の彼に対して、苦手意識が強いT打線が捉えきれなかったという事である。

G打線については、火力不足を嘆いても仕方がないので触れないが、あれだけ序盤からチグハグな攻撃を続けていたらメッセンジャーを攻略できる筈がない。
確かにメッセンジャーも良かったが、少なくとも1点(先取点)は取れる「運」は序盤に有った。
その運を自ら手放してしまえば、中盤以降「無双状態」に入った彼を捕まえる術はない。
最終回に「明らかに状態が悪い呉」から1点奪うのが精一杯の反撃だった。
(最後の場面で中井を代打に送ったが、どう考えても今の状態なら大田の方がベターな選択だと思う)

第3戦については、初回の3失点が全てだったと思う。
勝つ為には先取点を奪わなければならないGが、自滅で相手に得点を奪われていては話にならない。
大きな分岐点となった立岡のプレーについては、確かに難しい打球判断ではあるが、元々球際に弱い彼なら十分あり得たプレーである。
それはGベンチも承知の上で彼を起用している(その証拠に試合終盤で松本哲を守備固めで起用している)
そして「明らかに劣化している能見」から1点しか奪えない事実は、何とも寂しい限りだが、この点についても今さらどうこう嘆いても仕方がない。 

次に気になった選手の状態を書き記しておきたい。

★阿部慎之助
6番という打順がそうさせているのかもしれないが、明らかに1発狙いのスイングが多い。
筆者は、それ自体については「反対ではない」
後を打つのが村田・キャッチャー・ピッチャーなので、彼がヒットで出塁しても相手バッテリーにプレッシャーを与える事は出来ない。
村田に「一発の怖さ」が有れば別だが、今の村田のスイングなら期待出来ない。

だが、その1発狙いが原因でバッティングを崩してしまっている印象が強い。
右肩が早く開いてしまい、膝が割れるのも早いので「壁」を作れていない。
こうなると当然ボールの見極めが早くなって低めの変化球に対応できないし、下半身が使えないので上体が流れてしまっている。

★村田修一
既に「ホームランバッター」としての面影が完全に無くなっている。
それを象徴する場面が、6回裏・2アウト・ランナー1塁で起きた。
この状況なら、HRバッターは絶対1発を狙う筈だが、彼は初球の外へのチェンジアップを軽打(センター前ヒット)した。
一見ヒットを打ったのだから称賛されても良いが、果たしてGベンチが期待していたバッティングだったのだろうか?

このイニングの能見は明らかに「限界」を迎えてボールが高めに浮いていた。
特にカウント球はコースを意識するボールが多く、逆に言えば甘くなれば十分一発を狙える状況だった。
しかし、村田は初球のチェンジアップに手を出した。
少なくとも筆者は失望感しか残らなかったし、Gベンチが仮にこのバッティングを喜んでいたのなら、村田に再び4番を任す事は無いだろう。
つまり、既に「打者・村田」への期待感が薄い事を意味している。

★亀井善行
彼の悪い癖が再び現れている。
泳いで空振りする事を必要以上に恐れて、全てのスイングでタイミングが遅れてしまっている。
調子が良いときは、若いカウントと追い込まれた状況で使い分けているが、今は初球から差し込まれてしまっている。
彼には「空振りを恐れるな」と言いたい。
特に若いカウントでは狙い球を絞って、多少強引になっても前で捉えて右中間方向への打球を狙って貰いたい。

そして、その狙い球以外のボールには手を出さないこと。
今の彼は「何でも飛び付いてしまっている」

以上 敬称略

コメント

  1. I just want to say I am very new to blogging and site-building and seriously savored you’re website. Probably I’m want to bookmark your site . You definitely come with amazing writings. Regards for sharing with us your blog site.

  2. bastcilk doptb より:

    Hello! Do you use Twitter? I’d like to follow you if that would be okay. I’m absolutely enjoying your blog and look forward to new updates.

  3. Gアンツ より:

    コメント失礼します。
    T三連戦は非常に期待していただけに残念で仕方がありませんでした。
    特に二戦目の序盤の加藤のバスターに去年から繰り返される中途半端さを感じてしまいました。
    今日からの広島戦は頑張ってもらいましょう。
    ちょっと過去の記事の内容にはなりますが、
    理想である育てながら勝つという育成と勝つ事の両立は非常に難しいのでどちらが正解かは置いておいて、残りのシーズンで原監督に求めることとしては
    枢軸であるべき阿部・村田・坂本・長野の4人と心中覚悟で戦うのか、次世代への移行を目指し4番を大田で固定するのかどちらかにしてもらいたい。
    私の個人的なファン心理ですので4連覇を目指すとはまた違った戦い方になるかもしれないですが…
    まず、1番坂本もしくは長野3番坂本もしくは長野4番阿部もしくは村田5番阿部もしくは村田の彼らが打てなければ勝てない打線の組み方ですが、少なくとも野手に関しては彼らの活躍なくして三連覇は無かった。だから四連覇も彼らに託しダメなら諦めもつきます!(私だけかもしれませんが)
    次に、枢軸の解体。来年以降の強いジャイアンツを目指し4番大田の固定。ダメでも大田!最後の最後まで貫く。
    来年以降、彼がチームの中心になれるように二岡⇒坂本の時同様ポジションを与える。それでも来年以降ダメならば大田はそこまでの選手と初めて諦めもつきますし、納得できる負けになります。(私だけかもしれませんが)
    とにかくその場凌ぎの4番据替は何も残らないと思っています。
    はっきり言って去年同じことをして今年も4番がいないという同じことで苦しんでいるのだから…
    私はもちろん目先の四連覇も達成して欲しいですが数年後も強いジャイアンツでいて欲しいので、今も中途半端な事はせずに大胆にいってもらいたいです。
    長文失礼しました。

  4. 伊予之鈍才 より:

    豪華客船瀬戸内パイレーツ1世号を造りたい。伊予之鈍才です。杉内の離脱は仕方ない!ですかね?何しても変わりそうにはみえませんが?内海が普通のピッチング出来か?心の支えが帰って確り確立出来るとまた違ってくるかも?みんな頑張れ!

  5. borderless より:

    こんばんは。対阪神2戦目の杉内投手が先取点を取られた場面、鳥谷選手には内角の厳しい球を、マートン選手にはインハイの球を上手く捌かれた感じで、今季の中では好投していたと思われます。ただ相手のメッセンジャー投手が球威・制球共に好調時の状態で、序盤のチャンスもいい当たりがあった訳ではなく点が入る感じがしませんでしたね。3戦目は結果論的に初回の3点で決まったと言えますが、同じ結果論で言えば7回に堂上選手の素晴らしい本塁打が出ただけに、ストレートしか打てない江越選手に打たれた一発が致命的だったと思いますし、いい当たりをされ始めていた笠原投手をあそこ迄引っ張った事に少々疑問を感じましたね。亀井選手は体の開きが早くなってるようで、レフト方向にしか打てなくなってしまってますね。まあまた引っ張った強い打球が1本でも出れば戻る?と思われますが。阿部選手は相変わらず内側の球を捌けないので制球力のある投手には徹底的に内側を攻められ打てていた外角の球を打ち損じ出していてどん底になりかけてるようですね。村田選手は球を捉えるポイントがまた戻ってしまい、更に追い込まれてもいないのにストライクと見えてしまう球なら何でも手を出す状態にも戻ってしまい、軽打でしか芯近くに当てられない有様で同様にどん底に戻りそうですね。4番以降で本来打点を求められる選手達がこんな調子では2点差をつけられると諦めムードになってしまう?のもやむを得ない処でしょうか。

  6. うなさん より:

    クリーンアップや4番打者が打てばそれは楽です。でもね、本当に打線が強いチームていうのはクリーンアップだけに背負わせたりは絶対しない 1~8番や投手までもがタイムリーを打ててます。
    巨人は今まで阿部のチームになりすぎていました。阿部が打ててた時はいいけど、彼が壁にぶつかって打てなくなる時すべてのしわよせが阿部にくるとさえ感じていました。
    負担を減らすというのはクリーンアップからも、年俸からも巨人の大黒柱というものすべてをかなぐり捨てて本当の意味で打撃1本にかけることが大切だとさえ思ってます。
    捕手の時、打率が3割打ってますね。それは捕手のリズムで配球を読んでいたからもあります。今は得意の読み打ちができてない
    去年の8月は捕手小林
    一塁阿部 橋本等を使って上手く回せていたはずなんですけどね(ノ-_-)阿部にタイムリーが1本でも出れば流れがまた違うんでしょうけどね。
    長文すみません

  7. 30年のファン より:

    明日から広島、ベイ6連戦です。なんとなく今季を決してしまいそうでしかたないです。もう野手阿部と村田には期待できないので、管理人様が言われるように1点を守りきるしかないですね。それと少しでも攻撃の幅を広げるために一番は盗塁ができるひとがいいでしょう!例えば片岡、橋本、坂本、。そして一塁手は打てない阿部よりは外国人を使ったほうがいいです。ここのコメントをよんでいたらわたしと同じように捕手阿部を熱望しておられる方がいて少し安心しました。わたしはいまでも阿部が活かせるは捕手だと思います。いまならまだ遅くないです!

  8. せん より:

    お初です。
    打撃面での打開策は、
    由伸に打撃コーチとして専念してもらう、
    ということしか道がないように思います。
    この天才を、中途半端な状況で代打要員として
    ベンチに置いておくのはもったいない。
    かといって、スタメンを継続するのは不安。
    だとしたら、コーチとして動いて、
    彼の打撃センスを生かしていくのが
    大人の対応のように思います。
    どうでしょうね?

  9. 内海のスローカーブ より:

    いつもおつかれさまです。
    代打 中井選手のところですが、私も大田選手だと思います。
    あのイニングに関して呉投手のボールは、いつもの当てられないボールでは、なかった。大田選手なら最高でホームランまで狙えたと思います。問題は、原監督の采配が、この頃、本当に勝つきあるの?ということが、多いことです。今、団子レースから飛び出して5ゲームぐらい差を付けても終盤、逆転されるから今は、戦力の調節及び見極めをしているならいいのですが、そこのところはわかりません。
    亀井選手について4番は、30試合が、限界だと思います。それ以降は、亀井選手の打撃が、かなり悪い状態まで落ちると思います。亀井選手は、野球についていろいろ考えてプレーする選手なので4番だから迫力、長打を少しでも増やそうと努力しています。しかし、それで本来の力の入れるポイントが、ずれてきています。この起用は、かつて清水選手を4番にしたときと同様の采配です。代わりの4番に大田選手を使うとよいと思いますが、ペナント終盤まで大田選手では、もたないでしょう。亀井選手には、申し訳ないのですが、ぎりぎりまでチームを引いていってもらいたいと思います。
    長文すいませんでした。

  10. T-sugari より:

    こんばんは。
    守りの野球しか残されていないのに、その守備にほころびが出てしまった3連戦でしたね。
    前半戦と変わったといえば、バッテリーを前半戦のデータ重視で起用をした点でしょうか。
    前半は野性味。後半はデータがそろってくると原監督が言っていたので、そういうところでしょうか。
    杉内と中井が抹消され、片岡が登録されました。
    2戦目が終わった段階では無く今日の抹消ですから、下で8回無失点のピッチングを見せた内海が代わりに上がってきそうですね。
    片岡が帰ってきたことで、内野が柔軟に起用できますね。
    村田は対右.179、対左.400と数字にはっきりと表れていますから、右には井端がサード、左には村田といった起用になるのかなと思います。

  11. pug より:

    更新お疲れ様です。
    監督のコメントを見ると、また4番の入れ替えがありそうな感じですね。
    筆者さんの言うとおり、意地でも先制点を狙いに行くなら、
    4番に入って一番いい数字を残した大田を4番にして、相手先発に、いきなりプレッシャーを与える意味で1番長野、2番亀井と並べる、メンバーが揃っている時のヤクルトのように上位打線に全振りする勢いで打者を並べていったほうが良い気がしてます。
    現実的には難しいでしょうが、今の状態を見ていると、とりあえず大田はスタメンで使って欲しいですね。

  12. 九州の巨人ファン より:

    口臭男さんの攻撃陣に賛成です。只、2番はサード井端、3番坂本、4番堂上、5番相川でお願いします。
    今までずっと阿部、村田の復活を願って今日こそは・・・と期待してたのですが、今は無残な廃者を見るようで辛いです。両者とも守備でも不安定であり、それならば堂上をファーストで鍛えて欲しいです。守り勝つなら無理でしょうが、点を取らないと勝てない。スピードもなくキレもない能見を打てない打線ですから、守備重視と言ってられないと思います。
    今年仮に優勝出来ても日シリでSBに勝てる訳がないw
    故に優勝を逃しても若手を経験させる時期に来ています。
    なんなら、辻、岡本を上げてもいいと思ってます。
    村田、阿部を2軍に落としても良いという暴論?は如何でしょうか?

  13. 口臭男 より:

    第2戦、第3戦も管理人さんと同じ見解です。私も守りの野球(去年)で勝つしかないと思っていました。しかし、阿部が捕手に戻らないと不可能に感じます。今のスタメンでは守りの野球は出来ないと感じます(メンバー的に)。個人について考えてみた。阿部だが打率は低いが出塁率は良い、足、守備は駄目でチャンスメークしか彼の長所はない。村田だが打率、出塁率も低い、守備にもキレがなく、足もない、今のところ良いところがない。井端だが打率は低く、出塁率も高くはない、守備は堅実だが守備範囲は狭く、足もない、バントは期待できる。彼ら三人はスタメンで出るべきでないと思う。勝つためのオーダーを考えてみた。1番立岡(セカンド)、2番亀井(サード)、3番、相川(捕手)、4番坂本(ショート)、5番大田(センター)、6番由伸(レフト)、7番長野(ライト)、8番堂上(ファースト)
    。リスクはあるが勝つには彼ら三人を外したほうが勝つ確立は上がる気がする。片岡、アンダーソン、橋本が戻らないと守りの野球は難しい。もうジャイアンツは後はあまり残っておらず奇策が必要に感じる、動かないで負けるより動いて負けてみてはと思います。

  14. うなさん より:

    更新お疲れ様です
    阿部は振り回した方がこわいという理由でフルスイングしてるんです。私もそれには賛成なんです。いい当たり増えたし外野まで打球は飛ぶようになってますし問題はチャンスの時までそんな感じでいるから
    状態が上がるまでは軽打でもいいから逆方向を狙ってほしいんです。いい時は体があんなに前に流れないと横浜戦で解説の方も言ってました。
    亀井に関しては、無安打で焦りがでているなと思いました。
    村田に関しては、ヒットが出ただけでもいいと思います

    阿部は無安打が続くと焦る。いい当たりよりポテゴロでもいいからヒットが欲しいみたいなこと言ってましたから(__)チャンスで焦ってポテゴロ併殺やらかした時は苦しかった。
    管理人様に打撃メンタルコーチみたいなのやって欲しいとさえ思ってます。

  15. kametta 947 より:

    ヌルデータ置き場さんの情報によると、ジャイアンツの初回の失点は40
    12球団を比べると真ん中の数値ですが、T はトップの23…その差が出た敗戦かとも言えます。
    【初回の攻防に全力を注げ!】
    つまりはソコに特化しても良いのではないかとも思えます。
    さて、片岡が上がって来るようです。
    この際L 時代に魅せたシーズン終盤の勝負強さに掛けてみるのも悪くないのでは?
    セカンドを片岡に任せて、サードを井端と村田の併用
    もひとつ言えば、ファーストをスタメン慎之助、途中から代走大田で試合終盤を任せるなんて策もアリなのではないかと思います。
    只でさえも貧打なのに、慎之助と村田が並ぶと各駅停車(汗)…の解消を狙ったらと……
    どこのチームも決め手に欠けて今のところ抜け出しそうな感じは受けません。
    耐えて耐えて凌いで凌いで……
    10.22や10.8の再来も覚悟して
    粘り強く戦って行く以外なさそうです。
    でも、言霊としたら
    「途中で混戦から抜け出すぞ!」
    と叫んでおきます。
    最後に亀ファンとして……
    4番のキャラじゃありませんが、稲葉のような繋ぎの4番と割り切ってやれれば……
    「ブラインドショットを貫き通せ!」

  16. より:

    お疲れ様です。
    2戦目、3戦目と情けない試合でしたね。
    思えばナゴドで亀井が2発打って4番に起用されてから、阿部が復調の兆しを見せ、村田の涙のホームランもあり、坂本・長野もそれぞれ結果を残して「さぁここからだ」という雰囲気は確かにあったのですが……
    気付けば逆戻り。
    状態の良かった亀井も打てなくなってますから、前より酷い有り様です。
    仰る通り、今年の打線はこれ以上期待薄でしょうね。
    ただ、片岡の復帰や寺内も二軍で試合に出始めているので、内野手の起用法はガラリと変わりそうですね。
    固定するのは、最早坂本だけでいいでしょう。
    起爆剤とはいかないでしょうけど、片岡・寺内の復帰で少なくとも采配は「先手を打つ」ことができるようになるはず。
    そこに期待しています。