スポンサーリンク

最終決戦の舞台は整った!【セ公式戦GvsC25回戦9月24日】

週末を「決戦」にするには、苦手としている広島に対しても負ける訳にはいかない。
現実的に考えるとヤクルトが今のDeNAに負けるとは思えず、巨人は絶対勝たねばならない。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
広 島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
巨 人 0 0 0 2 0 0 0 0 X 2

結果は巨人勝利に終わり、ヤクルトも勝ったので、週末の2連戦が文字通り「雌雄を決する戦い」となる。

【イニング別雑感】

★1回表 マウンドにはマイコラス
①丸は中堅にヒット、無死一塁
②菊池は空振り三振(送りバントミス)
③松山は一塁ゴロ、二死二塁
④エルドレッドは空振り三振

先頭の丸には手探り状態のマイコラスだったが、菊地から三振を奪った事(送りバントを許さず)で、投球にいつものリズムが生まれた。

☆1回裏 マウンドには野村
①立岡は二塁ゴロ
②片岡は一塁ゴロ
③坂本は中堅フライ

野村の方は立ち上がりから完璧だった。
ボールのキレ、コントロール共に素晴らしい状態で、巨人打線が苦労する事を予感させる内容だった。

☆4回裏 マウンドには野村
①立岡は中堅にヒット、無死一塁
②片岡は送りバント、一死二塁
③坂本は左翼に2ランホームラン、巨人先制、2対0
④阿部は空振り三振
⑤長野は三塁ゴロ

野村に対しての初ヒットは、この回の先頭の立岡から生まれた。
そして、すかさず片岡が送りバントをキッチリ決める。
ここまでの流れは初回の広島とは対照的で、巨人は確実にチャンスメイクした。
そして、そのチャンスを坂本が一発で仕留めた。

☆6回裏 マウンドには野村
①マイコラスは左翼に二塁打、無死二塁
②立岡の打席でマイコラスは三盗失敗(飛び出す)
③立岡は二塁ライナー
④片岡は投ゴロ

マイコラスのラッキーな2塁打で思わぬチャンスを作ったが、立岡の打席で2塁走者のマイコラスが飛び出してしまうというミスが生まれた。
個人的に思ったのは、2塁走者のマイコラスを送りバントで3塁に進めるという作戦が「得点を奪うことに繋がる作戦だったのか?」という事。
残念ながら、マイコラスがアウトになる事は十分予見されたと言わざるを得ない。
立岡のバント能力、マイコラスの走塁能力、これらを総合的に考えると「逆にギャンブル性の高い作戦」ではなかったのか?
ここについては疑問に感じた。

★8回表 マウンドにはマイコラス
①安部は中堅にヒット、無死一塁
②石原の代打・ロサリオは左翼フライ
③野村の代打・小窪は中堅にヒット、一死一二塁。

マウンドには2番手の左腕・山口
④丸は二塁ゴロ、二死二三塁
マウンドには3番手の右腕・マシソン
⑤菊池は中堅フライ

7回表のマイコラスのピッチングは、明らかに最後の力を振り絞るような投球だった。
そう感じるくらい7回表のピッチングは素晴らしく、150キロを超えるボールを連発して力でねじ伏せていた。
よって、この8回表の続投には驚いた。
やはり、マイコラスに余力は無かったようで、ボールのキレも落ちていたし、制球力も落ちて高めに浮くケースが目立ち始めていた。

★9回表 マウンドには澤村
①松山は遊撃ゴロ
②エルドレッドは空振り三振
③田中は中堅フライ、試合終了

最後は澤村が完璧な内容で締めてゲーム終了。
巨人の勝利で終わった。

【G投手雑感】

☆マイルズ・マイコラス
「故障離脱前の状態に戻った事」を確信する内容だった。
彼の最大の魅力はストライクゾーンで勝負できること
決して細かいコントロールがあるわけではないが、直球を内と外に投げ分ける事が出来る。
特に打者の懐に思い切って突っ込んでいけ
るので「踏み込んだスイング」をさせていない。
よって、少々カーブやスライダーが甘くなっても、打者はバットに当てるのが精一杯になる。
昨日は直球が走っていたので、この傾向が如実に現れていた。

又、直球はツーシーム、カット、フォーシームと投げ分けているので、打者は手元の微妙な変化に対応できていない。
140キロ前後のツーシーム(カットボール)と、150キロ前後のフォーシームには球速差があるので、この部分でも打者は面食らっている。

☆山口鉄也
やや甘いスライダーを丸が打ち損じてくれたが、ボールのキレも確実に良くなっている。
マウンド上でのしぐさ等を見てると、かなり自信が甦っているように感じる。

☆スコット・マシソン
菊地に上手くスライダーを拾われたが、立岡の好プレーで事なきを得た。
彼もここに来て「開き直っている印象が強い」
直球のスピードは一頃に比べて増している。

☆澤村拓一
前日に久しぶりの失点を奪われたが、悲観するような内容ではなかったので心配していなかった。
この試合でも「状態の良さ」を十分に感じさせる内容で、心身ともに充実している。

【G野手雑感】

☆立岡宗一郎
決勝点の起点となったヒットと、ピンチを救ったビッグプレーでチームの勝利に大きく貢献した。
但し、後者のファインプレーについては「捕球時のグラブの出し方」が誉められるものではなく、落球してしまう危険性もあった事を指摘しておきたい。

☆坂本勇人
水曜日の阪神戦から左足の踏む込みが良くなり、この試合では左膝の割れを我慢して体の開きを遅らせるスイングに変わっていた。
これがあのHRに繋がったと見ている。
膝元のシュートに対して、体の回転で弾き返した見事なスイングは圧巻だった。
そして次の打席でも、外の変化球を強引に引っ張り込む彼独特のスイングでライナー性のヒットを放った。
ヤクルトとの決戦を前に、頼もしい男が調子を戻した。

☆阿部慎之助
7回裏、先頭の坂本はヒットで出塁した後の打席で、彼はセーフティーバントの姿を見せた。
恐らく自分で判断したモノだったと思うが、この姿勢は素晴らしいと思う。
但し、逆の見方をすれば「それだけ調子が悪いと自覚している」という事にもなる。
この試合は何とか坂本のHRだけで逃げ切ったが、明日からの決戦ではそういう訳にはいかない。
彼が相手の4番畠山以上の活躍を見せないと、2連勝は夢物語になる公算が強い。

技術的には何度も指摘している通り「右膝の割れが早い」ので、相変わらず手打ちに見えるスイングが多い。

☆長野久義
昨日の内容はそんなに悪くなかった。
バッティングの状態はやや上向きと見ている。

☆亀井善行
彼の場合は確実に状態が上がっていると思う。
かなりバットのヘッドが抜けるスイングが増えてきた。

☆岡本和真
技術的なポイントは前回指摘した事と変わっていない。
果たして原監督は週末の決戦で彼をスタメンから使うのか?
それとも寺内や井端を起用するのか?
ここは注目したい。

☆小林誠司
結果は出なかったが、バッティングの状態は上がっている。
元同僚の野村という事を差し引いても、タイミング的には合っているスイングが多かった。

【総評】

阪神と同じで、広島にも「元気の無さ」を感じた。
打線は淡白さが目立ちマイコラスを助けていたし、細かいミスも多かった。

巨人打線については、個々の状態は上がってきていると思う。
坂本・亀井・長野・小林は良くなる兆しを感じるし、立岡・片岡も悪くはない。
但し、心配なのは阿部の状態である。
彼が打点を稼ぐ展開にならないと、ヤクルトに対して勝つことは出来ない。
元気のない阪神や広島に対して投手陣の踏ん張りで誤魔化す事が出来るが、ヤクルト相手にはそうはいかない。
やはり打線の援護が無くては厳しい。

投手陣は勝ちパターンのリリーフ3人の状態が上がってきたのは心強い。
仮にリリーフ勝負になっても十分戦える状態になったと思う。

以上 敬称略

コメント

  1. view より:

    I just want to mention I’m newbie to blogging and site-building and honestly loved your web blog. Very likely I’m going to bookmark your site . You actually come with amazing articles. Thanks for sharing with us your web page.

  2. continue より:

    Great amazing things here. I?¦m very happy to look your post. Thanks a lot and i’m looking forward to touch you. Will you please drop me a mail?

  3. this article より:

    Thank you for the sensible critique. Me & my neighbor were just preparing to do a little research about this. We got a grab a book from our area library but I think I learned more from this post. I am very glad to see such wonderful info being shared freely out there.

  4. try this site より:

    Hello there, just became aware of your blog through Google, and found that it’s truly informative. I’m gonna watch out for brussels. I’ll appreciate if you continue this in future. Numerous people will be benefited from your writing. Cheers!

  5. bastcilkdoptb より:

    Dead indited written content, Really enjoyed looking at.

  6. いさみ より:

    記事の執筆お疲れ様です。いよいよですね。
    ヤクルトに対しては先発を叩き、ある程度点を取って逃げ切る形だと一番勝てるイメージがわきます。
    正直勝ちパターンの中継ぎ抑えは打てる気がしません。。。w
    兎に角何が何でも石山石川から3,4点取りたい。
    東京ドームだとヤクルト打線は何故か打てなくなるので、そこもポイントですかね。
    高木にはシーズン序盤に見せてくれたピンチでの場面の開き直った投球を期待したい。
    野手陣に関してはみなさんがおっしゃる通り阿部が心配ですね。
    他のメンバーはそこまで心配はしていないです。
    最近打つ方に関しては日替わりでヒーローが変わっているように感じるので、だれが打つか予想できないですがチーム一丸となって頑張ってほしいです。
    前回も書きましたが選手たちには縮こまらず、悔いのない精一杯のプレーをしてほしい!
    まぁ修羅場を経験してきた選手ばかりなので、そこは大丈夫かなwファンも全力で応援しましょうね!
    あ、あと日刊の記事だけではありますが、V逸なら原監督が退陣するかもしれないという記事がありました。
    後任に江川氏の名前が挙がっていましたけど、それだけでもうあんまり信じれなかったですけどw
    ただ、球団も今まで具体的な明言はしていませんし、気になるところではありますが・・・
    個人的には絶対やめないでほしいですけどね。
    それでは次の記事も楽しみにしています。

  7. うなさん より:

    阿部は9月序盤の体調なら、打ててた球あったんですがね。粘ることはできるけどファールにするのが精一杯て印象が強かった(__)
    せめて阪神戦まで休んで、広島戦から代打、ヤクルト戦の初戦も代打+1イニング守備につかせて日曜日にスタメン復帰が普通だと思います。。
    ただでさえ故障抱えてるのに、2試合の阿部の打撃状態みたら、打点あげるのは難しいと思います。けど出塁は何とかできるかな?て状態です。。
    だから、後ろの打者がカバーしてほしいのが本音です。神宮ではそんな感じで1勝1敗に持ち込んだから
    今日は一塁、アンダーソン逆に石川の時に、阿部にするべきなんですけど…コンディション見てもそれがベストなんだけど、監督はしなさそう(__)
    多分阿部も右膝の割れが早いの理解してるから、練習で下半身の動きが重要なロングティーたくさんしてるんだと思います。
    何年か前に「左ひざが割れると、力が加わらないんだよ。もっと我慢しなきゃ、飛ばない。足には負担がかかるけど、もっと意識しないと」てグアムで坂本にアドバイスしたの阿部自身なんですよ(–;)
    今年の戦力で優勝争いできるのは、三連覇の底力だと思います。投手ばかりに目がいきがちですけど、
    勝負所の8月から9月の中盤は阿部と村田とアンダーソンが打点とホームランをコンスタントに重ねてたし、坂本、立岡も比較的好調だったから打線に勢いがあったんです。。
    でもここまで来たら技術より気持ちが大事です。

  8. pug より:

    更新お疲れ様です。
    マイコラスはスライダーの抜け球が怖かったですが、ストレートのスピードと威力が効いていて捉えられませんでしたね。
    坂本は、あの時の状態では逆にここしか打てないんではないかという所に投げてくれたなと感じてました。
    ただ次の打席で外角球をヒットに出来て、調子が戻った感があったので、明日からは本当に期待ですね。
    阿部については、前回の更新の時も書かせてもらいましたが、最悪外す選択肢も入れて欲しいんですが、ヤクルトの予想先発との対戦成績だと、代わりになるアンダーソン等と、たいして変わらないんですよね。
    なので、外すことはなさそうなので、何とか頑張って欲しいですね。
    岡本についても、石山との対戦は前回経験しているので、せめて明日まではスタメンで使って欲しいですね。
    残り試合は何とか、ここまで頑張ってくれた投手が楽になれるように打線の爆発に期待したいですね。

  9. nakaji より:

    更新お疲れ様です。
    阿部さん、もがいてますね。昨夜のスリリングな展開も彼のブレーキが招いたとも言える。
    アレだけの選手…イメージ通りにカラダが反応してくれないモヤモヤ感は計り知れないでしょうね。凡打の後の表情は淡々として平静を装っているが、もう一人の阿部慎之助に自問自答してるはず…なんで動いてくれないんだ?と。
    恐らく現状のコンディションにおいて、強く振れる範囲はかなり限られている。もともと失投に対する打ちミスが少ないバッターだっただけに、その反動から来る苦しみは…想像を絶するに違いない。
    起きて欲しいですね、阿部のカラダ。

  10. borderless より:

    こんにちは。昨日の対広島戦、メッセンジャー投手同様苦手の野村投手を攻略したとはとても言えないながらも何とか勝てましたね。決勝点となった坂本選手の一発の場面、バッテリーの狙い通りの球を打った訳ですが、そもそも1点勝負の試合展開で坂本選手に対してインハイ以外の内側の球を勝負球に選んだ事自体が結果論とはいえミスと言えなくもない気がしましたね。今季はどのチームも勝負所での坂本選手には全球外側を攻める事が専らで、恐らく裏をかいたつもりだったのかも知れませんが、結果として決勝点になった事は打たれた球自体は失投でなかったものの配球上の失投と言えると思われます。阿部選手は今迄打てていた外側の甘めの球も打ち損じ気味で、最近試合自体休まなければならない程身体の状態そのものが結構悪いのかも知れませんね。村田選手のように2軍落ちしなければならない程悪くならなければ良いのですが。残り試合、数字上はヤクルト有利のままですが、巨人が残りの直接対決を全部獲れればその他の試合で、巨人は2勝1敗、ヤクルトは4勝0敗を必要とする事になり立場が逆転する事から、今週末の2連戦は序盤に大量失点する事無く本拠地のアドバンテージを活かす為にもロースコア展開に持ち込んで確実に連勝して欲しいですね。

  11. 口臭男 より:

    坂本がホームランを打った場面では石原は恐らく内を見せて外で勝負するつもりだったと思うが見事なホームランだった。体の反応で打てたと言っていたが頭の片隅にないと打てない球だった。ジャイアンツにとってはその後の阿部、長野が当たっていないので得点を獲るには一発しかなかった。マイコは素晴らしい出来だったと思う。走塁死の場面だがあれだけ悔しさや闘争心を出している選手は他にいなく素晴らしい態度だったと個人的には思った。ただ阿部、長野を使わないともっと楽に勝てた試合ではなかったかなとも思う。今シーズンは多々見受けられる。仮にジャイアンツが優勝した場合に心の底から喜べる選手はほとんどいないのではないかと思う。何故彼らに必用に拘るのか理解しがたい。彼らに拘らない戦いが出来ていたなら今頃は東京ドームでの胴上げを今週末に観ていた可能性があった気がする。週末は彼らの最後の奮起に期待したい。

  12. Gアンツ より:

    コメント失礼します。
    ヤクルトとの戦いではバレンティンが全てのカギを握っているでしょうね。
    抑えれれば勝機はかなりの確率で上がりますが
    打たれればかなりの確率で下がりますね。
    同じ選手に何年も続けてやられるのはプロとしても
    いかがなものかと個人的には思ってしまいますが…
    とにもかくにも頑張って二連勝しましょう!