スポンサーリンク

大田泰示について【セ公式戦 阪神対巨人25回戦 9月28日】

前日の敗戦でヤクルトにマジックが点灯し、巨人は失意のまま甲子園に移動し阪神と対戦した。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
巨 人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
阪 神 2 0 0 0 0 0 0 0 X 2

結果は藤浪に完封勝利を献上し完敗だった。

この試合の持つ意味が非常に大きい事は筆者も重々承知だが、プレーする選手も生身の人間なので、モチベーションが落ちた状態で勝てというのは酷だと思う。
よってポレダが先取点を許した時点で、この敗戦は免れないものだったと思う。
決して藤浪も良い内容とは思えなかったが「仕方がない」というのが筆者の率直な感想だった。

この日、ヤクルトが中日に勝った為、優勝マジックが「1」になった。

【大田泰示について】

コメンター「ヒロさん」から以下の御質問を頂きました。

☆質問
藤浪に対して、最後のバッターに大田がなってしまいました。
これは藤浪が勝っていたのか、大田が昨年よりも後退したポジションになってしまったためか、どちらでしょうか?
今となっては、大田&岡本待望論も、目先の勝利だけを見るなら、登用できるレベルにないことを示したようにもみえます。
新人の岡本には、新人という免罪符がありますが、大田にはこの後、優勝できたとしても、CSでの神がかった活躍なしには、トレード要員の筆頭に置かれているように思えてなりません…
管理人様の大田評はいかがでしょうか?

★筆者回答
大田と岡本の起用については賛否が分かれると思います。
まず岡本については、先発で彼を起用して試合の後半で寺内に変える起用法は理にかなってると思います。
控え選手を見ると試合の後半で守備固めで起用できる内野手は井端と寺内だけなので、岡本をスタメンで使って、試合の大事な局面で交代させる策で良いと思います。
又、7番打者としてチームに十分貢献していると思います。

大田については「残念」としか言いようがありません。
筆者も「彼を使って欲しい」と切望していた一人ですが、正直言って今の大田はバッティングが崩れた状態です。

技術面で気になるポイントは以下の通りです
①「構え」から力みまくってる
②「始動」のタイミングが遅れてしまっている
③グリップが体から大きく離れてスイングしている

✳①について
ファーム降格後に再び「上段の構え」にしましたが、これについては別に問題視しません。
筆者が問題にするポイントは「これが自然体の形なのか?」です。
彼のバッティングの中で、構えからトップを作る形までの流れを見ると、どうしても「ガチガチ」に力んでいる印象しか感じません。
これではどうしても始動が遅れてしまいます。

✳②について
①とリンクしますが、構えから自然体ではなく、既に力んでしまっているので、どうしてもトップの位置がバラバラになってしまいます。
ここでポイントになるのが「トップを作った際にグリップがどの位置にあるのか?」
彼の場合は、上段で構えてからグリップを大きく上下させて始動するタイミングを計っていますが、この上下動が無駄に感じるポイントです。
つまり、この作業で始動のタイミングが遅れてしまい、慌ててバットを振りにいってしまい、ボールの見極めが出来ない事に繋がっていると見ています。

力みやすい彼の場合は、腕でタイミングを計る作業(グリップの上下動→ヒッチ)は向いていないと思います。
高橋由や亀井のように片足を地面に軽くタップさせる方が合っていると思います。
まあ、今さらタイミングを取る形を変えるのは難しいのですが。。。

✳③について
これも①②とリンクしていますが、構えからトップまでの形が流動的なので、スイング始動の際のグリップの位置がバラバラになってしまっています。
基本は体の内側から外にスイングするイメージですが、今の彼はグリップが体から離れて外側から始動(脇が開いている)し、外回りのスイングになっている。
これでは正しくミートする確率も低い。

去年の秋から今年のキャンプにかけては下半身を意識したスイングが出来ていましたが、結果を求める意識が強すぎて、再び上半身でボールを迎えにいってしまう状態へと変化してしまいました。
又、それでも夏場の1軍復帰当初は自然体に近い形でスイングしていたので結果は出ていましたが、再びベンチを温める機会が多くなり、結果を求める意識が全面に出てしまい、力みまくる現在の姿に変化しました。

個人的には、首脳陣が「旬を逃して賞味期限が切れてから使っている」印象が強いです。
勿論、そんな状況でも結果を残す選手が一流選手になるんでしょうけど。。。
最近の監督の起用法を見ていると「見限ってる」とさえ思えるので「大田の覚醒」は現政権下の元では厳しいと感じています。

以上 敬称略

コメント

  1. I just want to mention I am all new to blogging and site-building and really liked this blog site. More than likely I’m planning to bookmark your website . You certainly come with really good articles. Many thanks for sharing your website.

  2. I definitely wanted to make a quick remark to express gratitude to you for these nice solutions you are posting on this site. My time intensive internet investigation has finally been compensated with sensible details to talk about with my family members. I would mention that many of us visitors are quite fortunate to exist in a fabulous site with many outstanding people with insightful pointers. I feel extremely fortunate to have used your weblog and look forward to tons of more entertaining times reading here. Thanks once again for a lot of things.

  3. I gotta bookmark this website it seems extremely helpful very helpful
    replica cartier tank solo http://www.aaawatch.cn/it/cartier-tank-solo-c99_119/

  4. cartierlovejesduas You have to edit the contacts via Viber. Works for my friends and I.
    bracelet cartier or blanc replique http://www.clou-bracelet.com/fr/replica-cartier-love-pink-gold-bracelet-with-four-diamond-p745/

  5. cartierlovejesduas I have been planning to start a effective blog i want to start a sida online useing the best free blogg starting website…. pleez show me which one may be the best?????? \.
    bracciali cartier falso http://www.notiziedimarca.net/

  6. cartierlovejesduas I wondered about Excel tools for SEO. Here after I am going to use the Excel tools. Thanks for sharing such a useful information.
    cartier anello per donna imitazione http://www.gioiellibuonmercato.com/category/anello-love-cartier-replica

  7. This site is known as a stroll-through for all the information you wished about this and didn抰 know who to ask. Glimpse right here, and you抣l positively uncover it.

  8. nike roshe run より:

    I wish to voice my admiration for your generosity for individuals who must have help on this subject matter. Your real commitment to passing the solution around had become exceptionally practical and has frequently allowed regular people much like me to reach their dreams. Your amazing helpful suggestions denotes this much to me and substantially more to my office colleagues. Thank you; from all of us.

  9. kickhiro より:

    投稿、ご無沙汰しております。とうとう終戦を迎えましたね。
    いらいら続きの一年でした。
    最近戦犯は誰だという記事をネットで見かけます。まあ確かに去年以上、いやせめて去年並みの成績を残せなかった打撃人は責任重大でしょうが、何よりも私はフロントの怠慢以外には考えられないと思います。
    端的に言えばリスク分析が出来てなかったということでしょう。
    長野、村田、阿部、坂本。きっとフロントはこの4人が全部ダメというリスクを考えて居なかったと思います。
    村田は昨年から陰りがあり、阿部もその傾向が見られました。きっとこの二人が下降線でも長野、坂本がカバーするという甘い見方があったのではと私は思います。
    球団経営は一般の企業経営と同じですよ。球団の事業は勝ってファンを増やすことにより、様々な収益につなげていきます。そりには安定して勝つことの阻害となるリスクをカバーしなければなりません。私は今年の貧打に象徴される巨人は、フロントのリスク分析のミスリードしかないと思います。
    投手にしてみれば、貧打故に点はやれないというプレッシャーを初回から背負わされるのは、相当精神的に厳しいと思います。今からフロントは徹底的なリスク分析をし、来年に備えてもらいたいものです。恐らく補強ポイントはあまりに多すぎて、余程の手当てをしないと来年の優勝は在り得ないと思います。

  10. sena より:

    (余談)管理人さん 小林も必死に頑張っていますね。全然余裕はなさそうですが…。キャッチャーとしてはチームに貯金も作っていますし…貯金を作っているのは阿部と小林だけみたいですね。以前 報知に阿部の新人の時のチーム防御率が4.45だったと載っていて驚きました。(苦笑)キャッチャーは打たれて学ぶポジションなのですね…

  11. sena より:

    管理人さん こんにちは!更新お疲れ様です。ここに来て大田の2軍は私も残念です。甲子園での最後の打席を見て嫌な予感はしましたが…
    原監督が大田の課題は「ランナーがいる時のバッティング」と常々仰っていたので そこを克服できていないからというのは分かるのですが もっと違う起用法はなかったのかな…とも感じます。
    今日 元中日の山﨑武司さんが中日の若手の失速について語った記事を読んだのですが そこには1軍に定着する為に必要なのはメンタルの鍛錬だと話していました。山﨑氏は野村監督との出会いで 単に投手の配球や癖を覚えるのではなく 出来ることの確立を高める準備を大切にすることが大事と気づいて 色々なジャンルのプロから集中力を高める秘訣や心の整え方を教わったのが 2007年の二冠に繋がったと話していました。
    そう考えると 選手は新たな指導者との出会いで また大きく才能が開花する可能性を秘めていると思います。
    もう一つ印象に残っているのが宮本慎也さんの言葉です。宮本氏と小林誠司との対談なのですが 管理人さん読まれました?(二人は同志社大野球部のキャプテン同士ということで行われた対談みたいですが 二人の名前で検索すると今でも読めます)
    その時に「気持ちをを切り替えられないことの方が多い。常にいい状態で野球は出来ないと思っておいた方がいい。その緊張をカバーするのは技術」と小林にアドバイスしていました。
    そして「目標をしっかり持つように!」と。
    目標…泰示の今の目標は何?最後はここだと思います。自分の中で叶えたい強い目標があったからこそ頑張れたことって 人生の中でありますよね?自分はピアノの練習だったなぁ~と懐かしく思い出しました。泰示諦めたら終わり!まだまだ これからだよ!

  12. 小次郎 より:

    あえて俗物的な内容をかきますが、今年に関しては全体的に1軍に上がった直後がピークで徐々に確実に悪化していく。単純に1軍と2軍で打撃指導のエスカレーションが出来てないんじゃないですかね。大久保監督が選手時代にそのようなことがあったと言っていましたが、その伝統が残っている可能性は十分ありそう。実際、大田が2軍で筒香とホームラン王を争っていた年、上がって直後に原が「こんな打撃ではダメ。2軍で何を教えていたのか」と直接指導して即2軍(2軍で打てなくなる)。次の年はほぼノーステップ打法に取り組む→それを原は褒める→その年は最低の結果で「確率を求めちゃダメ。思いっきり振らないと」とコメントではね~(苦笑)。
    大田に限らずその傾向が今年は随所に見られたと感じています。指導方針が変われば選手は混乱。しかし1軍の言うことに対応する最大の努力をしないと使って貰えない。他球団と比較しても多いサインに考え対応しなくてはいけない原野球は素材(荒いがポテンシャルで勝負)型は厳しく野球をしりつつ天才型の打者で無いと難しいと感じます。特に右打者は。4打席型なのは数字を見れば明らかでその上で半端な起用方法では致命的にこのチームに合ってないと感じます。150~200三振でも30本以上ってイメージで成長図見てたんですがそんな選手は今の巨人ではありえないですね。代打で去年のマツダの低目変化球を「崩されながら」拾ったホームランで掴めそうな雰囲気は合ったんですけど・・・。余程幸運が重ならないと大田に限らず素材型スラッガータイプは厳しいかもしれません。岡本はあるラインを確実に超えているので滅茶苦茶に弄られることはなさそうですが^^;ドラフトで噂の打者を取るならオコエを(使って)育てられないと思うので上がりは兎も角、左・大学実績のある高山で良いように思います。

  13. うなさん より:

    今のチーム成績で優勝争いできてるのは経験力です。でも最終的にものを言うのは個の力です。それが嫌てほど感じたのが去年のCSシリーズだったはずです。
    パリーグのように大差ついたゲーム差ではありませんし。CSから日本一目指すのだって与えられた挑戦権だと思います。
    ヤクルト打線は阿部、坂本長野にとっては2012年の自分たちを見てるようなもの、自分たちの今の力を歯がゆく感じてるのこの3人でしょう。
    でも今シーズン若手とベテランが上手く噛み合って勝ち取った試合も確かにありました。今いる選手、誰一人欠けても優勝争いは出来なかったと思います。
    キャプテン坂本のチームになるにはまだまだ発展途上の最中なんですよ。
    今の成績でも枢軸4人がいないと勝利できなかった試合も確実にあったし、
    逆に阿部や坂本が2軍落ちした時に勝利した試合もありました。4番大田にした時とか。
    来シーズンは枢軸なんて呼び方を解消するべきです。個の力をもっと伸ばす為にも。
    大田に関してですけど見切るというより、4番打者としての育成を岡本にしたいて意向なんだと思います。監督というより主に球団が。
    今シーズンの打撃を見てると春先の状態だったら大田は理想の3番バッターですよ。。
    個人的にまったく新しい巨人を作り上げるなら違う監督の元で学ぶのも勉強だと思います。特にサカチョーから下の世代は。
    いい所を残しつつ強くするなら川相コーチに監督やってもらい、適材適所のコーチを招聘するだけで生まれ変わります。

  14. 小太郎 より:

    こんばんは。
    更新おつかれさまです。
    またこのタイミングで大田を取り上げてくださり、ありがとうございます。
    大田支持者の私ですが、やはり現状では不満だらけですね。まだシーズンは終わっていませんが、できれば、オフに大改造をお願いしたいです。
    私は技術的なことは素人程度にしか、指摘できませんが、管理人さまがおっしゃるように自然体、シンプルなバッティングができないのかなぁとこのところ思っています。
    とくにタイミングの取り方はぜひなおしてもらいたいですね。
    ただ、今後、大きく打法をかえられないのであれば、ぜひ取り入れてほしいのが、ボールに向かっていく姿勢で、原さんが、晩年やっていた、打席での呼吸法。
    ポップフライの多かった原さんが、これにより、ボールへの入りが格段にかわり、ドームでバックスクリーンにもホームランを放つようになったことを覚えています。
    タイミングもとれず、力の入れどころもバラバラな大田には効果的な方法と思うのですが。
    そして、首脳陣に求めたいのは、結局大田を1番タイプにしたいのか、4番タイプにしたいのか、未だ見えて来ません。
    近代野球的に3番で活躍できるのが、一番いいのかもしれませんが、不器用な大田には難しいと思います。
    やはり、日ハム中田的に、打てても打てなくても、使い続け、素質のとおり、長距離砲として育ててほしいと切に願います。
    これだけの素材を侍ジャパン候補にもできないのは残念でなりません。
    極論、出場機会を含め、もう巨人で育てられないなら、どこのチームでもいいです。ただ、まだまだ伸びるはずですので、ぜひ巨人の主砲にしてあげてほしいですね、
    魅力ある選手の開花をずっと願っています。
    長文、駄文失礼しました。
    でも大田に関するブログ、掲示板が少ない中、ちょっとぶちまけてスッキリしました。
    感謝です。

  15. 名古屋の巨人ファン より:

    コメント失礼します。
    私は大田と同学年であり、しかもドラフト1位という
    ことで大きな期待を持って見てきました。
    入団当時の妄想では、今はもうレギュラーに定着
    していましたが…
    私は皆さんのように技術的なことはうまく言えませんが、
    YMRさんの
    >数年前から、一時期結果を出す→少し打てない→出番が減る→2軍。
    というところが大きいと思っています。
    あんな使われ方では技術云々ではないと思った時すら
    ありました。
    管理人さんの
    >「大田の覚醒」は現政権下の元では厳しいと感じています。
    こちらにも同意です。
    個人的には首脳陣の交代(それまででないにしても
    新たな打撃コーチとの出会い等々)で変わることが
    あればいいなと思ったりもするのですが、やはり
    そんな簡単なものではないのでしょうか?
    高校を卒業してプロに入り、7年目…
    もう一軍に定着して規定打席くらい達している
    くらいじゃないと今後も難しいのかもしれません。
    ドラ1なので球団も放出等々にはまだ踏み切らない
    かもしれません。
    個人的に原監督に聞いてみたいのは、「なぜ、
    キャンプイン前後に『大田は四番候補』など
    と言ったのか?」ということです。
    開幕直前にケガをしたことでプランが狂ったと
    いうものあるかもしれませんが、本当に四番候補と
    思っているなら今年の起用法は理解に苦しみます。
    巨人という球団の性質上、目先の勝利最優先なのも
    わかるにはわかるのです。
    特に外野手は数年前から、レギュラー候補が多く
    一軍のイスを争う状態です。
    とはいえ、贔屓の起用を感じるところも拭えません。
    オフには「来年が勝負」、キャンプでは「今年はイケる」
    この繰り返しで、あと何年思えばいいのでしょうか?
    いろいろな思いが交錯するだけに、乱文となって
    しまいましたことお詫び申し上げます。

  16. 伊予之鈍才 より:

    豪華客船瀬戸内パイレーツ1世号を造りたい。伊予之鈍才です。首脳陣が変わらない限り大田は冷飯食い。監督、コーチを変えてほしい!みんな頑張れ!みんな頑張れ!みんな頑張れ!みんな頑張れ!みんな頑張れ!

  17. pug より:

    更新お疲れ様です。
    甲子園最終戦は藤浪相手だと、たとえ前日に勝っていたとしても厳しい試合になると思ってたので、敗戦後では更に状況が悪かったですね。
    ここに来て立岡の状態が悪いので、なかなかチャンスも作りづらくなっているのも辛いところですね。
    その影響か橋本が上がってきましたが。
    岡本は1塁への送球は安定しているのに2塁への送球で中日戦と合わせて、実質2エラーしているので、しっかり修正して欲しいですね。
    大田についてはチャンスを生かせたかというのは置いておいて、監督が我慢強く使えなかったという意味では、去年から続く枢軸と呼ばれる4人の不調の影響が大きいと思ってます。
    この4人がしっかり数字を残して中心で固定されていれば、1番になったか、下位だったかは分かりませんが我慢強く使える環境が出来ていたんではないかと。
    巨人というチームの勝たないといけないという性質上、中心となる選手が不調ならば、それ以外のポジションをいわゆる育成枠には使えませんからね。

  18. faribow より:

    構えでバットを高く掲げすぎだと思いますね。あの構えでは腕の筋肉が緊張してしまいます。太田のフォームは高校時代が一番良かったです。日ハムの鵜久森とかもそうですが入団早々に脇をしめろという指導を受けてバッティングが縮こまった印象です。

  19. nakaji より:

    すいません、締め忘れたので…。
    如何にしてボールの下にバットを潜らせるかを突き詰めて欲しい。
    技術的な枝は…その過程で増えてくるはずだ。

  20. nakaji より:

    更新お疲れ様です。
    大田〜詳細な技術論は管理人さんに丸投げさせて頂くとして…大田の打席を見ての印象は…
    一言で言うと…構えもスイングも依然として「隙」がダダ漏れ状態なので、相手の思惑通りに律儀な反応をしてしまう傾向が強い。悪い意味で嘘を付けないバッティングと言うか…。
    大柄の選手全般に言える事ですが…大田の弱点は足元廻り。膝下付近の対応が極めて脆い印象がある。
    先日の甲子園、最終打席。
    原さん直々大田のもとに歩み寄り、アドバイスを送るシーンがテレビでも抜かれていた。
    定かじゃ無いかもですが…監督は大田の膝あたりを指差して、膝から下…いわゆる低めは捨ててゾーンを上げて打ちに行け!みたいな指示をしてたんじゃないかと推測した次第です。
    結局…2ボールからソコソコ甘いカットボール?に対して、ビリヤードのようなショットを披露してしまった。
    管理人さんも当然お気付きだと思われますが…
    彼の打球角度…ラインドライブする傾向が毎度引っかかります。下から持ち上げる卓球のようなスイング。
    個人的にはヤッパリ「バックスピン」をかけて放物線を描けるスイング軌道を望みたい。ボールの下にバットを入れて…。
    あと、もう一つ直して欲しいトコロは…
    スイング後、体勢を崩されても最後まで右手をグリップから離さないフィニッシュの形ッス。
    昨年かな?マツダで代打逆転HRを打った時は、確か…左手一本で放り込んだ大田。
    あれっ、良かったんですけどね…懐かしや。

  21. 口臭男 より:

    岡本のスタメンは優勝の確率が下がった現状では妥当だと思います。勝負を優先させるのであればあの守備力ではスタメンでは使えないと思います。打撃内容は悪くないが今の岡本では長打力も期待薄なので。大田に関しては1番悪い所は野球に対して真面目な姿がうかがえない。一流選手の必須条件だと思います。ウサギとカメの話の典型的なウサギだと個人的には思っています。三冠王、トリプルスリーを目指すだけのセンスがあった数少ない選手だった。岡本は今の所は野球に対して真面目な姿がうかがえるので継続してもらいたい。最近特に野球に対して真面目な選手が成績を残しているように思う。現代では大谷、藤浪などはしっかり球団が監視をしていて野球に真面目になるように取り組んでいる事が好成績に繋がっているように思う。ドラフトももうすぐだが能力も勿論大事だが1番重要なのはもしかしたら性格かもしれないと思っている。一見、ヤンチャそうに見えても野球に対しては真面目、真面目そうに見えても野球に対しては不真面目、など見極めるには1番難しい要素が大事だと思う。大田には鬼軍曹が必要であり倒れるまでバットを振らせないと今後も変わらない気がします。口が先行する今の首脳陣には難しいと私も思います。バットマンはバットを振った回数で決まると思っている。

  22. borderless より:

    こんにちは。甲子園での対阪神戦、相手が藤浪投手でビジターだった事からすれば敗戦も致し方ないのかも知れませんね。この試合、初回の失点を1点で凌げていればその後の攻撃がもっと作戦的にいろいろ出来たのでしょうけど、3点取らなければならなくなった事が淡白に見える攻撃にしてしまったと言えるでしょうね。藤浪投手は相変わらず制球がバラついていたもののコースに決まった時の変化球のキレやストレートの威力が素晴らしかったと思いますよ。殊にストレートはシーズン前半よりも威力が増している感じで、岡本選手等がまともに弾き返せなかったのも当然だったかも知れません。その岡本選手の守備ですが、前後の動きはプロとして及第点?なんでしょうけど横の動きや変化を要する動きがとても拙く、ある程度こなせるようになる迄は今後相当時間が掛かりそうで、打撃のみを活かす為に瞬時の動きが少ない所へコンバートという事もあるかも知れませんね。この試合、気になったのは若い選手が疲れからなのか負けられないプレッシャーのせいなのか元気がない印象だった事ですね。大田選手はフォーム云々以前に打席に入る前の準備、まず球種やコース等ある程度絞って臨むべきでしょうね。初球からストライク内に見えれば何でも手を出しに行ってる感じですし甘いコースでもファールにしがちで、結局追い込まれてボール気味の球を打たざるを得ないという状態が続いてると思われます。オープン戦の頃は少なくとも打つ方向を決めて掛かりそれが可能な球を打っていた気がします。1・2軍を行ったり来たりしている立場で焦ってる?のは分からないでもないんですけどね。

  23. YMR より:

    ご無沙汰しています。
    久しぶりにテレビでゆっくり野球が見れたのが、先日のヤクルトに敗れた試合でした。
    ほぼほぼ決まりに見えますが、最後まで見届けようと思います。
    大田の記事には激しく同意です。
    技術的なところも管理人さんの解説が分かりやすく、納得です。
    結果が出ているならまだしも、あれだけの体格とパワーを持ちながら、なぜ弱々しい打球ばかりなのか…。
    数年前から、一時期結果を出す→少し打てない→出番が減る→2軍。
    これの繰り返しでした。
    怪我やアクシデントもありましたが…首脳陣の我慢は絶対足りてない。
    外国人や主軸選手が少々打てなくても使われる。
    打率2割でも当たり前でスタメン。
    贔屓されるべきは、中途半端なベテランより、未来を託せる若者だったはず。
    一人くらいそんな選手がいてもよかったのに。
    大田のためには、他球団に移籍したほうがチャンスがあるかもしれませんね。
    彼が爆発するところを、今のユニフォームで見たい…見たかった。