スポンサーリンク

巨人の新コーチングスタッフが発表される

今日、巨人の来シーズンのコーチングスタッフが発表された。
多くのファンが期待していた外部からの招聘は見送られた形なり、新任の二岡氏以外は内部での移動人事で決まった。

2016年度 コーチングスタッフ一覧
【1軍】
監督:高橋由伸
ヘッド:村田真一
投手:尾花高夫、豊田清
打撃:内田順三、江藤智
内野守備走塁:井端弘和
外野守備走塁:大西崇之
バッテリー:村田善則
トレーニング:伊藤博、ジョン・ターニー

【2軍】
監督:斎藤雅樹
投手:田畑一也、木村龍治
打撃:井上真二、二岡智宏
内野守備走塁:福王昭仁
外野守備走塁:小関竜也
バッテリー:高田誠
トレーニング:内藤重人、会田 有志

世間を大きく騒がせている野球賭博問題は、コーチングスタッフを選ぶ過程でも大きく影響した。
巨人上層部としては、今回は高橋監督の意向を汲み入れずに、やむなく無難な人物をスタッフとして選んだと思う。
つまり、総理大臣が組閣人事する際に行われる「身体検査」で問題がない人物を閣僚に迎える事と同じで、外部からの新コーチを招聘するのはリスクが高いと考えた結果だと思う。
巨人上層部としては「何も問題ない」と確信できる人物を選んだ訳である

多くの巨人ファンとしては、低調に終わった打線の統括責任である村田真一コーチの、ヘッドコーチ昇格は納得し難い事ではあるが「まあ仕方がない」と言い聞かせるしかない。
個人的には川相ヘッドの留任がベターだと思っていたが、彼は固辞して3軍監督として再スタートする事を選んだんだと思う。
恐らく、2017年以降のヘッドコーチは高橋監督が希望する人材が登用されると思うが。。。

又、1軍打撃コーチも2軍の内田コーチを昇格させて急場を凌いだ形になった。
しかし、これによって2軍の打撃コーチがやや弱くなった印象は否めない。
井上氏は過去にコーチ経験はあるが、二岡氏は初めてなので、内田ー江藤体制と比べると心許ない印象は否めない。
ここは二岡新コーチの手腕に期待する他ない。

いずれにしろ、本格的な体制は2017以降に少しずつ形となって現れてくるだろう。

逆風吹り荒れる中でスタートした高橋由伸新体制だが、前回の記事でも書いたように何がなんでも応援していきたい。
その手始めとして、明日は秋季練習を見に行って、彼らをスタンドから激励したいと思う。

秋季練習の模様については近日中に記事として公開したい。

以上 敬称略

コメント

  1. check my source より:

    I just want to tell you that I am newbie to blogging and site-building and certainly loved this blog site. Likely I’m want to bookmark your site . You definitely have great articles and reviews. Regards for revealing your webpage.

  2. fragrance より:

    SL7mCv This very blog is no doubt educating and also informative. I have chosen a lot of helpful tips out of this source. I ad love to go back again soon. Thanks a bunch!

  3. うなさん より:

    原野球の継承て『勝ちながらの育成』を目指すてことかなと思いますが、つまり主力の底上げ+兆しがでてる若手に1軍定着させる。
    由伸と阿部は、監督とヘッドみたいな関係ですから、意外に由伸の方が本当の意味で自分のバッティングに集中させて少しずつサポートする側に回してくれそうな気がします。
    2人の対談でいずれ監督になるのは互いの使命て言ってたから、阿部もいずれ指導する立場になるのは確実だから、主力として背負うことだけじゃなくて余力があるうちに、代打として支えることを学ぶことも勉強だと思います。
    阿部のCSのバッティングは大振りするよりコンパクトなスイングでミートを意識した方がヒットを打てる確立が高いからとっただけで、好調というより応急処置みたいなもの、それでもあれだけ打てるのは技術が高いからなんですけどね。
    昨日のヤクルトのバレが軽打に徹してましたけど、あれと似たようなものだと思います。
    由伸が会見で内海と阿部の名前を出したのは、生え抜きのベテランとして、出場したら若手のお手本としていられるような結果をだしてほしいて意味のことだと思いますが。
    普通にコンディションやバッティング状態みながらの起用になると思いますよ。
    由伸自身は新米監督でも、コーチはベテラン揃いだから確実に変わるかなと思います。
    若手、中堅、ベテランの融合を目指すのだと思います。

  4. 小太郎 より:

    こんにちは。
    更新お疲れ様です。
    昨日自分もジャイアンツ球場に初めて行ってきました。
    内田打撃コーチの元気な声が印象的でしたが、若手にもっと活気がほしいですね。
    そういえば、高橋新監督の記者会見で、生え抜きの5人の名前が挙がっていましたが、個人的には、阪神の金本新監督のように、これからの若手を鍛え上げる話を期待していたので、ちょっと残念でした。
    即戦力もあまり取れていない中なので、ぜひ若手の底上げをコーチ陣にはお願いしたいです。

  5. Gアンツ より:

    お疲れ様です
    新体制ですが、色々な大人の事情が垣間見える感じになりましたね。
    仰るように2017年以降にどう由伸監督の意向が反映できるかでしょうね。
    管理人様のご意見を聞きたいのですが
    阿部・村田・内海・杉内の現状をどう感じていますか?
    ただ不調なのか?衰えなのか?
    来季以降実績通りの活躍(軸としての活躍)を期待できるのか?
    私としては正直難しいと思っておりますが。
    CSで見せた阿部の打撃はHを打つことに徹した当てるだけの打撃で軸としての打者の打撃ではないと。
    村田にしても以前のような凡打をしても紙一重の怖さを感じないですし。
    内海・杉内はストライクゾーンで勝負できるような球は投げていないですし。
    来季以降の戦力を考えた時に由伸監督は阿部・内海は軸にというコメントも残していますが。果たして…

  6. ヒロ より:

    山田の3連発に、ヤクルトへの流れが来るのか?とも思いましたが、結局、ソフトバンクの圧勝。順当勝ちというところでしょうか?
    ソフトバンクの打者のスイングは、今年の巨人にはないものに感じましたが、これは選手の問題か?指導の問題か?どちらに問題があったと管理人様はお考えでしょうか?
    来期に向けたスタッフの顔触れや、静かなFAやトレード情報などから、来期の巨人の打撃陣は、今年のソフトバンクを凌駕することが、可能でしょうか?
    もし、現状で不十分とお考えならば、どの選手を取ってきて、補強するべきでしょうか?
    過去には、落合や小笠原のFAが、チーム変革のための、重要なピースとなりましたが…
    いかがでしょうか?

  7. なにわの巨人ふぁん より:

    追記させていただきます。
    三軍のスタッフが発表されていましたが、田代巡回コーチ、いい人材が入りましたね。巡回ということは二軍も見てもらえそうなので、非常に心強いです。
    既にキャンプで内田コーチが坂本などを指導しているのがニュースで出てましたが、これで一軍も二軍も打撃陣が楽しみになりました。

  8. 伊予之鈍才 より:

    豪華客船瀬戸内パイレーツ1世号を造りたい。伊予之鈍才です。巨人ファンの不満噴出!気持ちは十分分かります。長嶋茂雄さん一次政権の解任時の悔しさは一生涯忘れません。でも今でも巨人ファンしています。長嶋茂雄さんがどうこうなったわけではありません。それどころか二次政権もありました。馬鹿だと思っています!だから井端選手の気持ちはよく分かります。しかもあんまり巨人のこと知らない!野球も同じただ天才である長嶋茂雄さんが好き同じく由伸もだから応援したい。ある新聞では由伸監督を慎重で臆病と評価したがそれはとてもいいことだ。長曽我部元親は幼い頃姫若と言われていた。山中鹿之助は臆病で戦場で相手倒しながらその名前を高めた。あの戦国時代でさえ豪快な人間より徳川家康の方が天下取った。巨人の絶対絶命の時こそ由伸監督しかいない。阿部もいいがマイナスの時は駄目。彼には悪いがやっぱり由伸監督しかいない。ガタガタは巨人だけではない。僕自身も含め日本人が日本を考えなければいけない時期だと感じている。例えば忌憚なくと言う言葉誰でも意味は知っていると思いますが社会で使われると大きく変化する。特に地位より大きく自覚と責任がついてくる子供たち未来も考え僕も含め今一度言葉と行動に一緒に考えて責任をもちませんか?この時こそ確りと大地に足つけて考えていきたいと思っています。僕も含めみんな頑張れ!みんな頑張れ!みんな頑張れ!みんな頑張れ!みんな頑張れ!

  9. なにわの巨人ふぁん より:

    組閣、決まりましたね。皆さんのご意見同様、目新しさはないものの、手堅い布陣という印象ですね。阪神のように、ガラッと変わると新しいチームとして雰囲気も変わる気がするのですが。来期以降、高橋新監督のカラーが出せることを期待したいです。
    とはいえ、内田C、尾花Cの手腕は信頼が高いですので、たくさんの選手を覚醒させてほしいです。
    キャンプに対するコメント、楽しみにお待ちしております。

  10. borderless より:

    おはようございます。巨人が右往左往?している最中、日本シリーズの方はヤクルトが山田選手の活躍でようやく1勝目を挙げましたね。もっともソフトバンクバッテリーが調子の悪かった山田選手に対して力押しで攻め捲って自爆しただけという感じですが。その山田選手を復活させたと言っていいのかどうか分かりませんが、中畑氏が巨人のヘッドコーチ若しくは打撃コーチに個人的には就任して欲しかったですね。筒香・梶谷選手という強打者を育てあげた手腕を活かす、又横浜の監督を辞めたばかりで現状での他のセ・リーグのチームの事もよく分かってるという意味では面白いと思ったんですけどね。今回のコーチの人選、GMは集団指導体制と述べておられましたが、端からみればフロント主導体制であり、原野球の継承を口実?に仰られる通り賭博問題が未解決故、ドラフト同様周りから変に注目されないように「無難」な編成をしただけという印象ですね。再来年に高橋新監督の意向を反映した編成になるか否かは来季以降の結果次第でしょうし、来季以降我慢のシーズンが続くと思われながらも結果が更に悪くなっていけば、意向を反映出来ないまま解任なんて事も有り得て、フロント主導の状態が数年続くかも知れませんね。村田コーチのヘッドコーチ就任は、攻撃面で余計な助言をしなければ?可もなく不可もなくという処でしょうね。原野球は原監督が指揮してこそのもので、最初は継承という名の真似で何とかなるでしょうけど、高橋監督による長期?政権を構築するという点ではマイナス要因になるかも知れませんね。

  11. 伊予之鈍才 より:

    豪華客船瀬戸内パイレーツ1世号を造りたい。伊予之鈍才です。いつも情報有り難うございます。いつも楽しみしています。今回は無難しかないですね!意見は追々述べるとしてみんな頑張れ!

  12. 口臭男 より:

    一軍のコーチで村田ヘッドコーチは意外でしたが後は無難な顔ぶれに落ち着いた印象でした。二軍は全くわかりませんがほとんど経験のない流行りの博打みたいな人材起用がされたように思います、しかし、生え抜きの若手が育っていない現実を考えるといい事だと思います。個々がしっかり仕事をすることが何よりの高橋新監督を手助けする事を肝に命じてほしい限りです。全体的に若い人が多いので練習に付き合う体力はあると思うので原点に帰って練習してもらいたいですね。個人的には強制的な練習も必要だと思いコーチがその発信源にならなくてはいけないと思います、特に若手や結果が出ていない選手には練習が必要不可欠。弱いチームが強くなるには練習か補強しかない。一昔前みたいに球団に資金が余っているとは思わなく鍛えあげることは今後のジャイアンツに必ず必要であり新しい伝統(鍛える)を造りあげてもらいたい、その大変重要な位置にいるコーチ自身も選手同様に成長してもらいたい。
    ジャイアンツにいた橋上コーチのように打撃での戦術面でのコーチがいてもいい気がします、別に橋上さんを推している訳ではありませんが。特に良い投手などはチーム全員で戦うことが必要だと感じます。特に今年は狙い球が絞りきれていない印象が強く残ったためです。

  13. ヤーヌス・バンキシャ・あさチャン最高❗ より:

    コメントさせて頂きます。
    組閣、正直期待度の低い組閣でした。
    阪神の掛布氏の様な大物サプライズが見たかったですね。内田氏は巡回コーチが妥当だと思います。二軍に育てる魅力的な選手がいない為だろうか?普通に考えれば、このままだったら、選手もコーチ入れ替えだけで変わらないならば、たぶんに成績も変わらないでしょうね!
    ドラフトも中途半端、組閣も移動だけ…。
    来季、躍進する要素は現況見当たらない。唯一の救いは、久々に監督を男にとかのコメントが出ていた事である。この頃聞いてこなかったフレーズである。
    これから期待するならば、松井氏の関係でメジャーの選手を調達するなり、大型トレードで野手(由伸・井端相当の選手)と先発投手(杉内・2年目高木の為)を調達しないと、何一つ変わらないか、今年以下でしょう。それこそ、「原の継承」ですよ!
    松井政権迄の間繋ぎの3年間、フロント並びに読売本社は積極的に高橋監督を本当にバックアップするのだろうか?甚だ疑問である。賭博問題の最終報告迄は、チームは型通りに事を進め、全体的には静観の姿勢なんだろうけど、報告後のフロントに期待します❗

  14. pug より:

    更新お疲れ様です。
    コーチ人事は、ある程度固く固めるのも仕方ない感じですね。
    村田コーチのヘッド昇格はコーチングよりも選手と監督との調整役という感じの昇格なのではないかと。
    内田コーチの1軍昇格は期待大なのですが、筆者さんが書いてあるとおり、若手の育成面では不安が残るのは確かなので、来季は岡本等期待の若手はなるべく起用することも含めて、1軍に置いて置いて欲しいですね。
    秋季キャンプの記事も楽しみにしてます。

  15. 内海のスローカーブ より:

    いつもおつかれさまです。
    原さんの特別顧問就任でFAやトレードなど高橋監督の助けになると思いきや1月1日就任て。それでは、FAもトレードも遅すぎる。フロントのやる気のなさに失望しました。

  16. nakaji より:

    更新お疲れ様です。
    組閣人事…仰るように諸々の事情が影響を及ぼした人事でもあり、日程的にも交渉する時間があまりにも少な過ぎて、外部からの招聘を断念せざるを得なかったとも言えるような。
    村田ヘッドC…数日前からそんな情報が漏れ聞こえてたものの「流石に無いでしょう」とタカをくくってましたが…決まった以上、現時点でのコメントは時期尚早ですね。
    井端…役職的に三塁コーチャーとしてサインを伝達するであろう井端コーチ…楽しみですね。
    井端コーチには垣根を越えた指導…特に「ファール打ち」の極意を伝授する役回りにも期待している。
    あと、まだ気が早すぎますが…来シーズンに向けて、野手のコンバート、投手の配置転換が頻繁に行われそう。
    2016…橋本の覚醒と宮國の本格化に期待。