2018 プロ野球順位予想 part2 セリーグ編

2018 プロ野球順位予想 part2 セリーグ編

前回のパリーグ編に引き続いて、今回は2018超激辛プロ野球順位予想 セリーグ編を考えていく。



2018 パリーグ順位予想

1位 東北楽天ゴールデンイーグルス

2位 福岡ソフトバンクホークス

3位 オリックスバファローズ

4位 埼玉西武ライオンズ

5位 北海道日本ハムファイターズ

6位 千葉ロッテマリーンズ

 

2018 セリーグ順位予想

1位 広島東洋カープ

2位 読売ジャイアンツ

3位 横浜DeNAベイスターズ

4位 阪神タイガース

5位 中日ドラゴンズ

6位 東京ヤクルトスワローズ

 

【2017セリーグを振り返る】

優勝した広島はシーズン序盤から安定した戦いを続け、交流戦で一気に他のチームを引き離し、圧倒的な大差で優勝を飾った。

2位の阪神は序盤から手堅く貯金を重ね、交流戦でも広島に離されずに食らい付いていたが、交流戦直後にチーム状態が悪化し、広島に独走を許してしまった。

3位のDeNAはシーズン序盤は足踏みを続けていたが、交流戦を5割で乗り切った直後からチーム状態が一気に好転した。しかし夏場に調子を落としてしまい、そこから巨人と激しい3位争いを演じることになるが、最後はそれを振り切ってAクラスを確保した。

4位の巨人は開幕こそ中日を三タテして絶好のスタートを切ったが、やはり懸念されていた貧打が露呈し、そこから投打のバランスを失って、交流戦中盤までに球団史に残る大型連敗を喫してしまった。それでも最終的に貯金を作るまでに持ち直したが、DeNAとの激しい3位争いに破れた。

5位の中日は交流戦を5割で乗り切って、沈んでいく巨人と入れ替わって4位に浮上した時期があったが、交流戦直後からチーム力が低下し、その後は怪我人が続出して下位に沈んでいった。

6位のヤクルトは序盤から苦しい戦いを続けて、交流戦でも大きく負け越してしまった。そして交流戦直後から大型連敗を重ねてしまい、歴史的な負け数で最下位に終わった。



【セリーグ順位予想詳細と戦力分析】

1位 広島東洋カープ

優勝 45% 2位 35% 3位 20% 4位 0% 5位 0% 6位 0%

☆投手力

先発  ⇒右 野村、薮田、大瀬良、岡田、福井、中村祐、加藤(九里)

    ⇒左 ジョンソン、高橋昴

リリーフ⇒右 ジャクソン、今村、一岡、中田廉、カンポス(九里)

    ⇒左 オスカル、塹江、飯田、戸田、佐藤

抑え  ⇒右 中崎

先発はジョンソンを中心に頭数は揃っているが、去年大ブレイクした籔田がオープン戦で絶不調なのが気がかりなので、中村祐や高橋昴などの若手の底上げが欲しい。

又、リリーフ陣も最もタフだったジャクソンが同じく良くなかったので、彼が厳しい場合は新外国人のカンポスが戦力にならないと、他のリリーフ陣にしわ寄せが出てくる。

☆攻撃力

カープ打線の中核である田中、菊池、丸の1~3番は、出塁率、小技、走力、長打力、バッティングの巧さを兼ね備えた球界屈指の存在で、彼らが塁を賑わた後は、鈴木誠、松山、エルドレッド、安部が長短織り混ぜて生還させる役割をキッチリこなしている。

しかも外国人、捕手、松山以外の打者は一定レベルの脚力を併せ持ち、他球団よりもワンヒットでチャンスが大きく拡大する可能性が大きい。攻撃力に関しては、厚い選手層も含めて他球団を圧倒している

☆守備力

決して突出して良い訳でもない投手陣を影で支えているのは、菊池、丸、鈴木誠を中心にした高い守備力なのは明らかで、特にセンターからライト方向へ飛んだゴロやフライは圧倒的な守備範囲でアウトを重ねている。

又、彼らは強肩でもあるので、菊池はダブルプレーの完成率を大きく上げ、丸と鈴木はバックホームの送球だけではなく、三塁進塁も簡単には許さない。



2位 読売ジャイアンツ

優勝 25% 2位 25% 3位 20% 4位 20% 5位 10% 6位 0%

☆投手力

先発  ⇒右 菅野、山口俊、ヤングマン、畠、野上、大竹、鍬原(宮國)

    ⇒左 田口、吉川光、中川、内海、大江

リリーフ⇒右 上原、マシソン、澤村、田原、西村、桜井、谷岡、篠原、高田

    ⇒左 高木、池田、森福、山口鉄、戸根、

抑え  ⇒右 カミネロ

先発は菅野と田口を軸に頭数は揃っている。

オープン戦で状態が良かった山口俊と吉川光がローテの一角として機能すれば、FAで獲得した野上を含めて左右のバランスが取れたセリーグ屈指の先発ローテが形成される。

一方でリリーフ陣も上原の加入と澤村の復活で一気に層が厚くなり、マシソンとカミネロへの負担が大幅に軽減される可能性が高い。

☆攻撃力

去年と大きく変わったのが、4番として獲得したゲレーロの存在と、岡本・吉川尚などの若手が急激に力をつけている事。

少なくともゲレーロが怪我で長期離脱しなければ得点力は間違いなく上がるし、彼の前後を固める坂本やマギーにも好影響を与える可能性が高いが、やはりカープ打線との大きな違いは上位打線の出塁率と見ている。

1番の陽、2番の吉川尚の出塁率が鍵を握ることになるが、オープン戦を見る限り、去年よりも上がる可能性は高いが、満足出来るレベルまで上げてくるとは考えにくい。但し、岡本、吉川が頑張って100試合以上でスタメン出場すれば、阿部や亀井が代打の切り札としてベンチに控える事になるので、去年よりも「使える駒数」は格段に多くなる。

☆守備力

去年はボロボロだったセンターラインだが、打球判断が良いセンターの陽岱鋼とセカンドの吉川尚が年間100試合以上スタメンで出場すれば、カープと並んでリーグ屈指の二遊間を形成するポテンシャルを秘めてる。

一方で、バッティングが売りの大城が台頭した場合、リーグ屈指の守備力を誇る小林のスタメンマスクは減ることになるので、そこはマイナス材料になるし、裏を返せば小林がバッティングでそれなりの結果を残すことが、優勝へのキーポイントかもしれない。

そして、マギーとゲレーロに関しては、バッティングで結果を残さなければ、守備面でのマイナスが大きく響くことになる。



3位 横浜DeNAベイスターズ

優勝 20% 2位 25% 3位 35% 4位 10% 5位 10% 6位 0%

☆投手力

先発  ⇒右 飯塚、ウィーランド、三嶋、熊原、バリオス、京山、平良

    ⇒左 石田、今永、濱口、東

リリーフ⇒右 井納、三上、パットン、加賀、須田、平田、進藤、武藤、国吉、藤岡、笠井、斎藤、寺田

    ⇒左 田中、砂田、エスコバー、福地、桜井

抑え  ⇒右 山崎

上記のメンバーを見て分かるように、非常に若い投手陣を形成している。先発投手陣については今永、濱口、ウィーランドが故障で出遅れてしまうので気掛かりだが、彼らが万全の状態で復帰した場合は、他球団にとっては脅威になりうるメンバーではある。

又、リリーフ陣も井納をリリーフに配置転換したことで厚みを増した。しかし、井納をリリーフにまわした事で、完投能力のある投手が皆無に等しくなった。その結果、去年以上にリリーフ陣はフル回転になるので、勝ちパターンで使うパットン、井納、山崎の負担を軽減させる為にも、三上と国吉あたりの踏ん張りが鍵になってくる。

☆攻撃力

技術的なバックボーンを持ってる筒香、ロペス、宮崎のクリーンアップは今年もリーグ屈指なのは間違いない。

問題になってくるのは彼らの前を打つ1~2番の出塁率で、去年は桑原がトップバッターとして台頭したが、今年はマークが厳しくなり苦戦が予想されるので、それを防ぐ意味でも梶谷が攻撃型2番として機能しないと得点能力は上がらない。

しかし、仮に梶谷が去年のように今一つの状態が続く場合は、ルーキーで快足の神里と好打の楠本がオープン戦で結果を残してるし、FAで獲得した大和も繋ぎ役として経験豊富なので、その辺りの層の厚さは去年よりも増している。

☆守備力

このチームも長年センターラインが弱かったが、去年は桑原の守備力が向上したのでセンターの守備能力は大きく向上した。

しかし、投手によって変えてるキャッチャーは別にして、ショートの倉本の守備力はお世辞にも高いとは言えないし、セカンドも守備力の高い柴田が台頭したが、レギュラー獲得までには至らなかった。

そこで球団編成部は内外野ともに守備力に関しては球界トップクラスの大和を獲得して、一気にその穴を埋めようとしたに違いないと思うが、大和がバッティングでもそれなりの数字を残してショートのレギュラーをガッチリ掴めば、倉本をセカンドにコンバート出来るので、攻撃力を落とさずに守備力の底上げが可能になる。



4位 阪神タイガース

優勝 10% 2位 15% 3位 25% 4位 30% 5位 20% 6位 0%

☆投手力

先発  ⇒右 メッセンジャー、秋山、藤浪、小野、才木、青柳、岡本、馬場

⇒左 能見、岩貞、高橋遥、岩田、横山(岩崎)

リリーフ⇒右 マテオ、桑原、藤川、石崎、尾仲、松田、谷川

⇒左 高橋聡、島本、山本(岩崎)

抑え  ⇒右 ドリス

先発投手陣は若くて才能のある選手が台頭しており、未知数ながら頭数は揃っている。今年も軸となるのはメッセンジャーで間違いないが、オープン戦の内容を見る限り、腕の振りとボールの勢いが今一つだった。

一方で去年ブレークした秋山は相変わらずボールの切れと制球力が抜群で、今年もそれなりの活躍が期待できる。若手では小野や才木も素晴らしいポテンシャルの持ち主で、一気にブレイクする可能性を秘めているし、ルーキー高橋遥も序盤は無理をさせずに体を作って、シーズン後半からデビューさせれば、後半だけで二桁近く勝つかもしれない。このようにまだまだ実績はないが、ボールに力のある若い先発候補が台頭している点は明るい材料と言える。

一方である程度実績を積んでる藤浪や岩貞、青柳は頭打ち状態で、ベテランの能見にいつまでも頼っているようでは優勝争いは厳しい。

リリーフ陣は両外国人は今年も計算できそうだが、オープン戦を見る限り、去年大ブレイクした桑原のボールの切れが落ちてる点が気になる。高橋聡もベテランなので去年のような大車輪の活躍は厳しいかもしれないので、去年終盤から大きく台頭してきた石崎あたりが活躍しないと厳しくなる。

☆攻撃力

4番候補のロサリオが期待通りの活躍を見せれば、去年よりも得点力は上がるとは思うが、個人的に心配なのが高齢の部類に入った福留の状態である。彼を去年のように休ませながら出場させる事が出来れば、まだまだ高い技術力を有する彼なのでそれなりに打点を稼いでくれると思うが、ポテンシャルを秘めてる高山、中谷、陽川、俊介、江越あたりがカバー出来なければ福留に悪影響を及ぼす事になる。又、同じことは怪我が多い糸井にも言える。

それと気になるのは、何故去年セカンドとして結果を残している上本を外して、無理矢理コンバートさせてまで鳥谷の起用に拘るのか?

年齢的にも油が乗ってる彼には不遇と言えるが、それだけ大山をサードで使いたいのかもしれない。だが、恐らくシーズン中盤ではサード鳥谷(又は大山)で、セカンドは上本で落ち着くと思う(巨人ファンとしては上本を外してくれると有り難い)

☆守備力

阪神の内外野では唯一無二の守備力を誇っていた大和が抜けて、去年ボロボロだった守備力は今年は更に厳しくなる。

特にショートはレギュラー候補の糸原はプロのレベルに達していないし、本来ならセカンドやサードで起用すべき守備力である。又、普通ならそこそこ守れる北條(彼もショートとしては高いレベルではない)が彼のライバルになると思うが、報道ではアキレス腱の故障歴を持つ西岡の起用も視野に入っているようで、これには驚くばかりである(流石に本番では使わないと思うが。。)

外野も糸井、福留の守備範囲の衰えは隠せないし、レギュラー候補の高山もお世辞でも上手いとは言えない。ここ最近までセンターとして起用された選手で守備に合格点を与えられるのは中谷と俊介、ルーキーの島田ぐらいで、個人的には去年終盤にプチブレイクした俊介が最も攻守のバランスが取れてると思っている。

金本監督の好みとして、野手はまず打てる事が大前提かもしれないが、それも程度の問題なので、就任後の二年間で守備の破綻が原因で落とした試合は決して少なくないし、広くて土のグランドを本拠地にしてるチームが取るべき方向性とは思えない。



5位 中日ドラゴンズ

優勝 0% 2位 0% 3位 0% 4位 25% 5位 30% 6位 45%

☆投手力

先発  ⇒右 ジー、柳、鈴木翔、吉見、山井、阿智羅、若松、小熊、松坂(又吉)

    ⇒左 小笠原、大野、笠原、ガルシア

リリーフ⇒右 谷元、祖父江、鈴木博、三ツ間、伊藤、福谷、佐藤、丸山、浅尾、木下(又吉)

    ⇒左 岩瀬、岡田、小川

抑え  ⇒右 田島

先発は新外国人のジーが使える目処が立ち、若手有望株の小笠原、柳、鈴木翔、笠原が台頭してくれば、吉見や山井のベテラン勢に頼る体制から脱却出来る。それにプラスして大野、又吉といった実績組が絡んでいけば、まずまず期待が持てる陣容と言える。一方で松坂に関しては、オープン戦を見る限りやや厳しい評価をせざるを得ない。

又、リリーフ陣は、抑えの田島がオープン戦で不調が続いてしまった事が気になるが、ここでもルーキーの鈴木博が戦力になる見通しが立ったので、去年よりも層は厚くなりつつある。

☆攻撃力

ゲレーロの穴を埋めるべく二人の外国人(アルモンテ、モヤ)を獲得したが、アルモンテは日本の野球に早く適応する可能性を感じるが、スイングの幅は中距離ヒッターなのでゲレーロとはタイプが違う。

長い間スラッガー候補として期待されていた福田と高橋周も、このオープン戦ではまずまず結果を残していたが、特に福田は去年からかなりバッティング内容がよくなってるので十分に期待できそう。

そして今年も中軸を任せられるのはビシエドだが、彼も怪我をしなければ十分にHRを30本狙える力量はあるので、今年こそ無事にシーズンを終えたい。

同じく去年は故障に泣いた主軸の平田と大島も今年は元気なので、前者がクラッチヒッターとして、後者がチャンスメーカーとして一年間数字を出し続ければ、二年目の京田も彼らにつられて去年以上の結果を残すかもしれない。

こうして考えていくと、上記で挙げてきた選手達が期待通りの活躍を見せれば、他球団の打線と比較しても大きなマイナスにはならないが、やはり「たら・れば」が他球団よりも多くなるので、順位予想する上では評価は難しい。

☆守備力

去年はセリーグの中では広島に次いで守備指標が高かったが、今年は高橋周をセカンドで起用したり、新外国人のアルモンテも守備力は怪しいので、去年以上の守備力は望めないかもしれない。

又、捕手に関してもFAで獲得した大野は肘の手術明けなので、去年は明らかに弱くなっていたスローイングがどこまで回復してるのか?



6位 東京ヤクルトスワローズ

優勝 0% 2位 0% 3位 0% 4位 15% 5位 30% 6位 55%

☆投手力

先発  ⇒右 小川、ブキャナン、原、星、由規、山中、館山

    ⇒左 ハフ、石川、岩橋、アルメンゴ、成瀬、寺島、山田、高橋奎、平井

リリーフ⇒右 石山、秋吉、松岡、近藤、山本哲、梅野、屋宜、風張、蔵本、大下

    ⇒左 久古、村中、中澤

抑え  ⇒右 カラシティー

先発陣は小川が故障から戻るまではブキャナンとハフが軸になりそうだが、原、寺島、岩橋辺りのボールに力のある若手が台頭しないと、石川や山中といった技巧派の投手が活きてこない。

リリーフ陣も抑え役として期待されてるカラシティーが機能しないと、リリーフ陣の構想そのものが崩壊する危険がある。仮に機能すれば、石山と秋吉、松岡などの実績組が力を発揮しやすくなる。

☆攻撃力

青木が復帰したことで、故障明けの畠山と川端をある程度休ませながら起用する事が出来るので、故障のリスクは例年よりも軽減される。

又、今年はバレンティンの体調が良さそうなので、彼が主軸として年間130試合以上出場すればかなりの数字が期待出来る。

仮に主軸クラスの山田、青木、川端、バレンティン、畠山、雄平が同時にスタメンに名を連ねると、長打と巧さを兼ね備えた左右のバランスが良い打線が形成され、菅野クラスでも抑えることが難しくなる。

☆守備力

守備に関しては、日本で最も狭くてHRが出やすい神宮を本拠地にしてるので、阪神とは違って優先順位は低くなるのは致し方ないが、それでも限度はある。

青木はレフトがベストで、彼の脚力と肩を考えると、既にセンターを任せるレベルではないので、センターは雄平の方がベターではある。

そして守備の要のショートは、今年積極的に使っていく事が予想される有望株の廣岡の起用が有力視されるが、まだまだ安定感に乏しく、今年は我慢の起用となるだろう。



【2018セリーグ展望】

優勝候補の筆頭であるカープは、シーズン前は大きな故障明けで出遅れる事が予想された鈴木誠が、予想以上の回復で開幕には元気な姿で迎える事が何よりも大きい。しかし、前段で触れてるように投手陣に不安要素が多く、特にジャクソンが機能しなかった場合は、日本人投手だけでカバーするのは難しそうなので、新外国人カンポスの頑張りが必須になる。

しかし、それでも圧倒的な攻撃力と守備力でそれをカバーしてしまう可能性も十分にあるので、去年のような独走にはならないが、最終的にはトップでゴールテープを切ると予想した。

2位予想の巨人については、弊コラムのキャンプ前の記事では絶望的な内容で戦力分析していたが、その時と比べると比較にならないくらい明るい要素が増えている。キャンプ前の時点で、澤村がここまで復活するとは予想していなかったし、上原の復帰も全く考えられなかった。そして岡本や吉川尚の急成長、大城、田中俊のルーキー達が想定以上に戦力になりそうなので、投打の選手層が一気に厚みを増している。

しかし、それでも優勝予想できなかったのは、戦力的にまだまだ歪な形が残っているので、投打の歯車が絡んでいくには、もう少し足の使える選手が台頭したり、左の好打者がレギュラーにならないと厳しい。又、同じくキャンプ前の記事で指摘したようにゲレーロがペナントレース本番では厳しい内角攻めが予想されるので、手首や指の故障で長期離脱する可能性が十分に考えられるので、その場合は一気に投打のバランスが崩れて最悪5位まで順位を落とす可能性がある。

3位予想のDeNAも優勝する戦力は整いつつあるが、先発ローテの軸になる今永や濱口が故障で出遅れている点が気になる。どちらも過去に肩や肘の不安を訴えていた事があるので、仮に癒えたとしても再発するリスクは他の投手よりも高くなる。そうなった場合は、井納をリリーフに回して接戦を拾っていくというラミレス監督の狙いが崩れていくのでBクラス転落もあり得る。

4位予想の阪神は、韓国プロ野球でスラッガーとして大活躍したロサリオを新4番として迎えて打線の軸は出来た。彼を中心に置いて前を打つ糸井がチャンスメーカーとして機能し、後を任せられる福留がクラッチヒッターとして打点を多く稼ぐ展開になれば強力打線が完成する。だが、それはあくまでもロサリオが活躍する事を前提にした話であって、日本では全く未知数な彼に自チームの運命を託すような巷の雰囲気には疑問を感じる。

一方で前段で触れたように、投打でポテンシャルの高い若い選手が台頭しつつあるので、彼らがベテランを押し退けて主力を形成する事になれば優勝争いまで見えてくるが、ここでどうしても気になるのが金本監督の守備軽視に見えてしまう選手起用である。守備を度外視して攻撃力と投手力で勝ち切るには、他のチームを圧倒する個の力を有していないと無理な事は、長いプロ野球の歴史を見ればハッキリしている。

5位予想の中日は、松坂の加入や若い投手が芽を出しつつある状況になり、久しぶりにチームの雰囲気は明るいように見えた。又、去年は故障で離脱していた大島、平田が故障が癒えて戦列に加わった事も大きい。彼らに加えてスラッガーへの道を一歩踏み出しつつある福田と、中日ファンが待ち望んでいる高橋周の覚醒が実現できればAクラス入りも夢ではない。

しかし、現実的に考えると投打ともに青写真通りに上手く進んでいく可能性は低く、特にゲレーロが抜けて失った得点源を再構築するには、三年目のビシエドと新外国人に頑張って貰うしかない。今年は若い選手が来年以降に躍進する為の足場を固めて、一つでも順位を上げて来年以降に希望を持たせる戦いが大事になると思っている。

6位予想のヤクルトは、小川・宮本の新体制で再スタートを切り、各マスコミを騒がせていた猛練習で復活の狼煙を上げた。それに加えてメジャーリーガー青木が復帰した事は、攻撃力アップだけには留まらず、精神的な支柱としてチームに好影響を及ぼすことは間違いない。そして彼を中心に、山田、バレンティン、川端、雄平、畠山などの中軸が怪我なくシーズンを乗り切れば、攻撃力に関してはリーグ屈指の布陣になる。

しかし、残念ながら投手陣を含めたディフェンス力が致命的に弱く、投手陣はエースの小川とルーキーで4勝した星が肘の疲労骨折明けで、完全に癒えるまでには時間がかかり、当面は去年それなりにゲームを作っていたブキャナンと新外国人のハフ、そしてベテランの石川、それと三年目の原がローテの軸を形成するが、過去の実績を単純に見れば、どうしても他球団よりも一枚も二枚も落ちてしまう。それでも彼らが防御率を3点台中盤でキープし、リリーフの秋吉、石山、松岡、新外国人のカラシティーが安定すれば躍進するかもしれないが。。。

 

【総評】

セリーグの順位予想をするに当たって断言できる事は一つだけで、選手層の厚いカープのAクラス入りのみである。その他に関してはなかなか予想する事は難しい。

中日とヤクルトは、前者はチームの総合力でまだまだ戦力不足は否めず、後者は特に投手力が他球団と比べて落ちるので下位予想としたが、巨人、DeNA、阪神にも不安要素が少なからずあるので、何とか粘り強く後半戦まで食らい付きたい。

逆にその3球団(巨人、DeNA、阪神)は、優勝も狙える戦力を有しているが、故障などで主力クラスが戦線離脱すると、広島ほど層は厚くないので一気に歯車が噛み合わなくなる危険性もある。

優勝予想した広島も、守備力を含めた総合力では今年も他の追随を許していないが、去年のような戦い方(逆転勝ちが多い)は変えていく必要がある。仮に今年も終盤で勝負をかける戦い方が多くなると、勤続疲労気味のリリーフ陣が崩れて勝ち星を失うケースが少なからず出てくるだろう。

以上 敬称略