心踊る岡本和真の特大ホームラン!(巨人vs阪神 2回戦 2018.3.31)

心踊る岡本和真の特大ホームラン!(巨人vs阪神 2回戦 2018.3.31)

開幕初戦をエース菅野で落とした巨人だが、負けという結果以上に阪神打線を勢いづかせた事の方が痛かった。第二戦先発の田口に何とか勢いを止めてもらいたいが、ある程度失点する事を覚悟の上で、打線が藤浪を先に攻略して常に試合を有利に運んで阪神打線にプレッシャーを与えていきたい。



【両軍スタメン】

【G野手雑感】

1中 陽岱鋼 5打数0安打

・四度のチャンスでいずれも凡退に終わったが、昨日と同じで内野ゴロでも得点出来るケースで三振したり、全てボール球を振らされていた。結果も残念だがそれ以上に内容が酷すぎるので、彼には猛省してもらいたい。

 

2二 吉川尚輝 4打数2安打1犠打

・二度の出塁はいずれも得点に繋がり、リードオフマンとして上々の活躍だった。一方で、二番打者としては三振を減らしていくことが今後の課題になる。

 

3遊 坂本勇人 4打数1安打1四球1打点

・同点タイムリーはキャプテンとしての意地を感じたが、バッティングの内容は相変わらずタイミング的に差し込まれているので良い状態とは言えない。

 

4左 ゲレーロ 4打数1安打1四球

・昨日から阪神バッテリーに上手く攻められてる印象で、打席の中でやや冷静さを欠いていたが、最終打席では落ち着いていたので次のゲームは期待したい。

 

5三 マギー 4打数1安打

・バットスイングはまだまだ本来のモノではないが、最後の打席の二塁打を切っ掛けにして変わってくれる事を期待したい。

 

6一 岡本和真 4打数4安打1四球5打点(HR1)

・反撃の狼煙を上げる2点タイムリーヒットと、ダメ押しのスリーランホームランという最高の結果を叩きだし、しかもプロ入り初の4安打で全打席出塁という大活躍だった。

・藤川から放った超特大のホームランは、近年の巨人生え抜き選手では阿部や高橋由クラスの凄まじい打球だったが、個人的には藤浪から放った三本のヒットを評価したい。藤浪の豪速球にも振り負けてなかったし、カットボールやフォークボールもしっかり見極めてヒットに繋げていたので、ヒットの内容が非常に高いレベルだった。

 

7右 長野久義 3打数0安打2四球

・四球による二度の出塁があるので目立たなかったが、彼も陽岱鋼と同様にチャンスの場面ではバッティング内容が酷かった。

 

8補 小林誠司

・前回のコラムではまだバッティングの形は良くないと書いたが、今回も同じようにバッティングの「間」を感じない状態だったので、結果ほど良いとは思えない。

・但し、それでもヒットを重ねている要因は、バッティングに積極性が出てきたので自然と始動が早くなり、少なくとも差し込まれずにボールを前で捉える事が出来てるので、ヒットコースに打球が飛んでいる。

 

打 阿部慎之助 1四球1打点

・今シーズンの初打席は、非常にしびれる場面(ノーアウト満塁)での登場だったが、しっかりボールを見極めて押し出し四球を勝ち取り、一点差に迫る貴重な打点になった。

 

打 田中俊太 1打数0安打

・カウントが0ボール2ストライクの状況で。外角ボールゾーンから入ってくるスライダーは、彼にとっては想定外のボールだった。

 

走三 吉川大幾 1打数0安打

・勝ち越しで本塁に生還した走塁は見事だったが、その後の送りバント失敗は残念だった。



 

【G投手雑感】

☆田口麗斗 5回2/3 11安打2四球4三振 失点4(HR1)

・直球、変化球ともに切れを感じなかったが、それ以上に制球の甘さが目立ち、ボールが真ん中高めに集まるケースが多かった。

・ぶっちゃけて言えば阪神の各打者に殆どフルスイングされていたので、この内容なら序盤でもっと失点する可能性が高かったが、野手の正面に飛ぶラッキーな打球も重なったので、何とか4失点で次の投手に繋げた。

 

☆谷岡竜平 1/3回0安打 失点0

・田口が招いたピンチでの登板だったが、しっかり後続を断ち切って味方の反撃に望みを繋いだ。この試合のように終盤で逆転する為には、彼のような役割の投手が追加点を許さない事が重要になる。

 

☆澤村拓一 1回0安打2三振 失点0

・直球、フォーク、カットボール、どれをとっても切れが抜群で、高低も間違わなかった。

・相手のクリーンアップを完璧に押さえ込んで、阪神打線の勢いを遮るナイスピッチングだった。しかも、ノッてる糸井と福留を圧倒していた事実は、明日以降の巨人の戦いに非常に良い影響を与えるだろう。

 

☆上原浩治 1回0安打1三振 失点0

・直球の切れ、スピード感はオープン戦よりも間違いなく良くなっていた。又、フォーク系の落ち方も、オープン戦ではフワッと浮くような軌道だったが、直球の軌道からスッと落ちる変化になっていた。

・1点差で登場し、個人的には非常に緊張しながら見守っていたが「配球さえ間違わなければ大ケガしない」と感じるピッチング内容だったので、今後に向けて見通しは更に明るくなった。

 

☆カミネロ 1回1安打2三振 失点0

・直球はかなりシュート回転していたので質は今一つだったが、フォークの精度は上々だった。



 

【試合結果とMVP】

T 103 000 000 4

G 002 002 13× 8

勝 澤村 1勝  H 上原 1H

負 桑原 1敗

HR 糸井1号 岡本1号

試合は8対4で巨人が逆転勝ちした。

超激辛MVP 岡本和真

 

【勝敗の分岐点】

☆7回表の澤村拓一のナイスピッチング

・6回裏に同点に追い付いたが、攻撃の過程を見れば逆転まで期待出来る流れだったので、試合の流れが再び変わる可能性が大いにあった7回表の守りだった。

・しかも相手の打順は3番糸井からで、絶好調の福留とも対戦する最悪の打順だったが、澤村が相手打線を無失点に抑えただけではなく、相手のクリーンアップを圧倒する内容だったので、再び流れを自軍に引き寄せた(やはり7回裏の攻撃で巨人は勝ち越しに成功した)



 

【試合雑感】

☆阪神打線にフルスイングされていた田口麗斗

・確かに甘いボールが多かったが、球種が判別出来る癖のようなものを阪神サイドが掴んでいるようにも思えるくらい、投手を除く全ての打者に好きなようにバッティングされていた。

・もう一度対戦して、その内容を見ないと判断出来ないが、次も同じようにフルスイングされていたら対策を練らないとまずい。

 

☆5回裏の投球内容を見て藤浪続投を決断した阪神ベンチ

・それまでのイニングと比べて、5回裏の投球は安定していたので、阪神ベンチは藤浪の続投を決断したが、結果論で言えば、これがゲームの流れを変える最初のポイントだった。

☆6回表の追加点のチャンスでも藤浪に代打を出さなかった阪神ベンチ

・そして6回表の攻撃で、先頭の7番糸原がヒットを放ち、次の8番梅野に送りバントを命じて走者を二塁に進めた。

・ここで誰もが代打を送ると思っていたが、前段の経緯で続投を決断していた阪神ベンチは、藤浪をそのまま打席に立たせて三振に終わり、後続も2番手の谷岡に抑えられて追加点はならなかった。

・結果的にここで追加点を奪えなかった事がゲームの流れを変える2番目のポイントになった。

☆阪神ベンチの思惑を打ち砕き、継投で後手を踏ませた岡本のヒット

・そして続投した6回裏は、先頭打者の岡本にはヒットを打たれて出塁を許してしまった。この打席では内角高めの直球を捉えられて藤浪は少なからず動揺した。

・その理由は、本来なら逆球とはいえ、序盤では完全に詰まらせていたコースの直球を簡単に初球から弾き返されたからである。ここがゲームの流れを変える3番目のポイントになった。

・そして、ここから藤浪が制球を乱して、長野と小林を連続四球で歩かせて満塁にしてしまい、2番手の岩崎にスイッチした。

・個人的には長野に四球を与えた直後が、最も交代させやすい(動きやすい)ポイントだったが、阪神ベンチは動かなかった(恐らくこの回は下位打線での攻撃だったので、阪神ベンチは投手継投の絵を描ききれていなかった)

☆5回2失点よりも6回2失点で終わらせて、藤浪に先発としての責任を背負わせて勝ちをつけさせたかった阪神ベンチ

・阪神ベンチは、藤浪の今後の事を考えた上で、先発として6回までしっかり責任を背負わせた上で勝ちをつけさせる思惑だったが、これが裏目に出てしまった。

 

☆阿部慎之助と上原浩治の登場で試合の雰囲気が一変した

・ノーアウト満塁ではあるが、まだ2点負けてる状況だったので球場の雰囲気は重苦しかったが、阿部が代打として登場すると空気はガラリと一変して、地響きのような大声援で阪神バッテリーにプレッシャーをかけた。

・そして1点リードしたものの、更なるチャンスで追加点を奪えなかった状況で、再び嫌な空気が漂い始めたその時、ピッチャー上原という場内アナウンスがあると、今度はそれ以上の大声援が球場全体を覆い、嫌な空気を再度一変させた。

 

☆心踊る岡本和真と吉川尚輝の華麗なプレー

・巨人ファンの多くは、同点後の拙い攻撃を連続で見ていたので、嫌な感じになっていたに違いないし、仮に岡本が8回裏のチャンスの場面で凡打に終わると、9回表に逆転されると思って怯えていたと思うが、彼のHRはそんな事を完璧に忘れさせてくれたHRだった。

・まさに「This is ホームラン」という表現がピッタリの、打った瞬間に巨人ファン全員が絶叫するHRだったし、生え抜きの高卒選手でここまで絶叫させるホームランを放ってくれたのは坂本以降は皆無だったので、本当に心が踊ったバッティングだった。

・一方で、吉川尚も岡本の3ランの切っ掛けとなるツーベースを放つなど、バッティングで我々ファンを沸かせてくれたが、個人的にはセカンドの守備が日に日に安定感が増し、しかも躍動感とバネを感じるフットワークとスローイングは、内野手出身の私にとって心がときめくプレーなので本当に見ていてワクワクする。



 

【試合総評と次戦のポイント】

☆去年とは全く違う巨人の強力ブルペン陣

・澤村の「相手を圧倒する」ピッチングと、上原の「唯一無二な技」と「強靭なハート」から繰り出すピッチングは対照的とも言えるし、逆にそれが相手打線を惑わしている。

・今後はマシソンを含めて、福留や青木のような高いテクニックと経験を併せ持ってる選手相手には豪速球を持つ澤村やマシソンが相手をして、バレンティンやエルドレッドなど、外国人スラッガーには上原で勝負をかける。そんな起用も考えられる。

 

☆地に足をつけた戦いで先発投手に勝ち星を!

・4点差をひっくり返す見事な逆転勝利で、前日の嫌な空気を一変させる事は出来たが、やはりもう少し地に足をつけた戦いをしないと長いペナントレースは苦しくなる。

・その為にはしっかり序盤で先取点を奪い、先発投手(野上)がそのリードをしっかり守って、上原以下のセットアッパーにバトンを繋いで最後はカミネロで逃げ切る。そんな戦いを交流戦までに増やしていきたい。

以上 敬称略

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
あなたからの清き一票がブログを更新する原動力となります
是非、上記バナーをクリックして応援をお願い致します!