キャプテン坂本勇人 完全復調の4安打(中日vs巨人 1回戦 2018.4.3)

キャプテン坂本勇人 完全復調の4安打(中日vs巨人 1回戦 2018.4.3)

阪神との開幕3連戦を2勝1敗で終えた巨人は、若手とベテランが融合しつつあるチーム状況になり、この流れを本物にする為には是が非でも中日との3連戦を勝ち越して終えたいところ。



【G野手雑感】

1中 陽岱鋼 1死球

・初回に右手甲への死球で退場(病院の検査で骨折が判明)

 

2二 吉川尚輝 6打数3安打 打点1

・3度の出塁と1打点の結果は2番打者としてチームの勝利に大きく貢献した。

・まだまだバッティングに関しては課題が残るが、ヒットエンドランを成功させたり、厳しいボールをファールで逃げて甘いボールを仕留めるなど、野球センスを感じさせる姿を見せている。

 

3遊 坂本勇人 6打数4安打 打点3

・序盤はポイントゲッターとして、終盤はチャンスメイクの役割で、チームの勝利に大きく貢献した。

・4回表のタイムリーヒットは、外角のスライダーに対して多少崩されながらもレフト前に運んだ彼らしいバッティングだが、個人的にはこのバッティングを見て彼の復調を確信した。

・そして、7回の右中間への二塁打は彼のイメージ通りの内容で、本人も納得のスイングだったと思う。

 

4左 ゲレーロ 3打数1安打2四球

・ヒットはラッキーな内野安打のみだったが、相手の誘い球(内角高め直球)に手を出さずに我慢の打席を続けていた。この姿勢は評価に値する。

 

5三 マギー 4打数1安打 打点1

・まだまだスイングは本物ではないが、彼らしいしぶといバッティングで先取点となるタイムリーを放った。

 

6一 岡本和真 5打数3安打 打点2

・最初の2打席はやや強引なバッティングだったが、第3打席以降は状況に合わせた中身の濃いバッティングを披露し、猛打賞・2打点の大活躍だった。

・特に第4打席のタイムリーヒットは、試合の流れを決する価値の高いモノだった。

 

7右 長野久義 4打数1安打

・ヒットこそ一本出たが、他の打席の内容が良くない。特に初回の1アウト満塁の場面で、初球のカーブを慌てて手を出して、浅いライトフライを打ち上げた(結果は3塁走者がホームでアウト)が「果たしてあのカーブは狙っていたのか?」個人的には非常に疑問が残るバッティングだった。

 

8補 小林誠司 4打数1安打1犠飛 打点1

・バッティングの状態云々は別にして、しっかり狙い球を絞って積極的にスイングする姿勢が好結果を生んでいる。

 

走中 立岡宗一郎 3打数2安打2四球 打点2

・陽岱鋼のアクシデントで1番として十分過ぎる活躍を見せた。特に5打席目のタイムリーはポテンヒットではあったが、しっかりバットを内側から出して、しかも最後まで振り切っていたからこそスライスがかかって打球が外野の前に落ちたので、決してフロックではない。

 

三右 中井大介 2打数1安打

・オープン戦でバッティングが非常に良かっただけに、ラッキーな内野安打ではあったが、今季初ヒットが早々に出た事は彼にとっては非常に大きい。

・残念ながら陽岱鋼が戦線離脱したので、今後、立岡と共にスタメンで起用される可能性が高くなった。特に明日の先発は左なので、彼にとっては大きなチャンスになるかもしれない。

 

打遊 山本泰寛 1打数1安打

・完璧な送りバントを決めたが、相手の判断ミスを誘って内野安打になった。

 

打  阿部慎之助 1打数0安打

・満塁の場面で登場し、初球から積極的に降りに行ったが結果は三振に終った。



 

【G投手雑感】

☆ 山口俊

・直球とフォークに関しては切れ、コントロールともに抜群だった。一方で、スライダーがやや抜けて真ん中に集まるケースが序盤から見られた。

・失点した6回はやや疲れが出て、直球の球威が落ち、フォークが高めに浮くケースが多くなって失点してしまったが、その後のピンチは狙い通りの連続三振で切り抜けた。

・正直言って、もう少し投げて欲しかったが、シーズン初登板なので仕方がない。しかし、今後は3連戦の最初の先発投手として、彼には長いイニングを投げてリリーフ陣の負担を軽減させる役割も期待したい。

 

☆ 澤村拓一

・150キロ前後の剛速球でカウントを稼ぎ、カットボールを投球のアクセントに使い、最後はフォークで仕留めるが形が完成されている。

・ゆったりした投球フォームからリリースで力を集約させているように見えるので、打者目線ではタイミングが取りづらい投手に変貌している。

 

☆ 上原浩治

・そんなに良い状態には見えなかったが、相手打者が全くタイミングが合っていないので、連打を許す気配は全く感じない。

・アウェーでの登板ではあったが、東京ドームと同じように彼が登場すると球場の空気は一変した。

 

☆ マシソン

・オープン戦の登板レポートでも触れたが、ややボールを置きに行くような投球フォームになってるので、ボールに角度を感じない。

・直球はまずまずだったが、彼本来のミットを押し込むようなスピード感ではない。

・一方でスライダー系のボールも抜け気味で真ん中に集まるケースが目立つ。

・毎年の事だが、彼の状態が上がってくるのはもう少し先かもしれない。



 

【試合結果と超激辛MVP

G 200 200 105 10

D 000 003 000  3

勝 山口俊 1勝

H 澤村 3H、上原 3H

負 柳 1敗

超激辛MVP 坂本勇人(1回目)

 

【勝敗の分岐点】

☆7回表2アウト2塁の場面で岡本がタイムリーヒットを放つ

・6回裏に失点してリードを1点に縮められた直後の攻撃で、中押しとなる追加点を奪えた事は、ゲームの流れを再び引き戻す大きなポイントだった。

・しかも、先頭の坂本が二塁打で出塁し、後続のゲレーロとマギーが凡退してチャンスを潰しかねない状況だったので、岡本のタイムリーは相手の反撃の士気を削ぐ貴重な得点だった。

・そのタイムリーとなった岡本のバッティングの内容は、外角のカット気味の直球を強引にならずに綺麗にライト方向に弾き返す見事なバッティングだった。



 

【試合雑感】

☆1回表、陽岱鋼の死球後、続く吉川尚の初球にヒットエンドランが成功してランナー1・3塁のチャンスを作る。

・死球で多少なりとも動揺していた中日バッテリーの隙を突く見事な攻撃だった。これで複数得点のチャンスが広がり、今季初登板の柳を精神的に追い詰めた。

 

☆2回裏、0アウト2塁という状況から、福田と高橋周が2塁走者を進塁させられずに凡打で終わる。

・中日ベンチは福田と高橋周にフリーに打たせ、この場面ではタイムリーを期待していたようで、打球方向を決めて走者を進塁させるサインは出していなかったと思う。

・しかし、結果論にはなるが、どちらかが2塁走者を進塁させていれば、平田のレフト前ヒットで1点は入っていた。

・難しい判断でどちらが正解かは言えないが、少なくとも巨人側にとっては、ここを無失点で凌いだ結果は、その後の展開を考えると大きかった。

 

☆4回裏、0アウト1・2塁の場面で、福田が6→4→3のダブルプレー。

・山口俊にとって失投とは言えないボールを、両外国人に上手く運ばれて連続ヒットを許し、精神的に多少動揺してもおかしくない場面だった。

・前打席のチャンスの場面で凡打した福田は、4点差という状況もあって、今度は繋ぐ意識の方が強くなり、目付けを外角に置いて直球系を右方向へ強く叩く狙いだった。しかし、これが裏目に出て2球目の真ん中スライダーを見逃してしまう(打球方向を決めていなければ手が出やすいボールだった)

・3球目は狙っていた外角寄りの直球をフルスイングしてファール(タイミングは合っていた)4球目はワンバンドのフォークを見送り、そして最後は外角低めボール気味のフォークを引っ掻けてダブルプレーとなる。

・最後のフォークは、打者心理ではカウントが追い込まれている状況なので合わせにいく意識が強く、しかも右方向への意識も強いからこそ逆に引っ掻けやすいボールと言える(仮に最後のボールが外角寄りの直球か、スライダーが高めに浮いたらライト前に弾き返された可能性が高い)

・この場面は小林の配球が見事だった。

 

☆6回裏、1点差に詰め寄られて更に1アウト3塁の場面で平田と松井雅を連続三振

・この回は明らかにボールの精度が落ち、特にフォークが高めに抜けるケースが目立っていた。

・平田に対してもカウント球で甘いボールが多々あったが、彼にとって幸運だったのがそれを悉く打ち損じてくれた事だった。そして最後は絶妙なコースにスライダーが決まって三振に討ち取り、続く松井雅に対しては完璧なフォークで三振に討ち取った。

・ここを踏ん張りきった事で、巨人は次の回から強力リリーフ陣を投入する。



 

【試合総評と次戦に向けて】

☆結果的に大勝したが、序盤で勝敗を決することが出来た試合だった。

・贅沢を言えば、相手投手のピッチング内容を考えると、序盤で勝敗を決して欲しかった。特に初回の追加点を狙える場面で岡本と長野に一本出てれば大量得点になっていた可能性が高い。特に長野に関しては相変わらずチャンスでのバッティング内容が酷い。

・9回表の攻撃はラッキーな形でヒットが重なり大差となったが、仮に相手が広島あたりだとしたら、終盤で試合がひっくりかえされたかもしれない。

 

☆陽岱鋼の離脱による今後の影響は?

・二軍から亀井を昇格させる可能性も十分にありえるが、果たしてどうなるのか?

・一方で立岡と中井とっては、スタメンで出場するチャンスが広がり、特に次の試合は相手先発が左のガルシアなので、中井がスタメンで起用される可能性が高い。オープン戦で素晴らしいバッティングを続け、そして、この試合でシーズン初ヒットが出て、気持ちを落ち着かせる事が出来てると思うので、彼には大いに期待したい。

 

☆吉川光には我慢のピッチングを期待したい。

・中日ガルシアはオープン戦を見る限り手も足も出ない相手ではないが、初対戦なので打者が一回りするまでは手こずるかもしれない。

・対する吉川光はオープン戦後半の登板で、ボールの切れ・角度が良く、しかも低めに制球されて素晴らしい内容だった。しかし、一方で心配なのは簡単に大量失点を奪われてゲームを一瞬で壊すこと。特に四球や味方の拙守をきっかけにリズムを失い、走者を置いて長打を浴びるケースが近年は多く見られた。

・彼の今までのピッチングスタイルだと、極端な結果になる可能性が高い(試合中盤まで無失点で抑えるか?序盤で大量得点を奪われるか?)が、仮に相手に先取点を奪われても現状の巨人打線の勢いなら、5回までで2点差以内で凌げば十分に逆転のチャンスはあると思う。彼には粘り強く投球して欲しい。

・そして負けてる展開で登場する谷岡や高木も、使えるリリーフとして十分に仕上がっており、彼らが追加点を許さずに7回以降を接戦で迎える事が出来れば必ず勝機はある。

以上 敬称略

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
あなたからの清き一票がブログを更新する原動力となります
是非、上記バナーをクリックして応援をお願い致します!