センターの守備力を軽視しているチームに優勝はない(ヤクルトvs巨人 2回戦 2018.4.7)

センターの守備力を軽視しているチームに優勝はない(ヤクルトvs巨人 2回戦 2018.4.7)

小林の逆転HRで久しぶりにビッグイニングを作ったが、その後は記録に残らないミスが切っ掛けで、ヤクルト打線にボコボコに殴られてしまった。

尚、今回も細かい試合の論評は割愛して、選手個人の論評をメインに行う。



【G野手雑感】

1右 中井大介 5打数2安打

・去年と比べてバッティングに関しては技術的に1段階上がっているので、どんな形でも良いので今は結果が欲しい。

 

2二 吉川尚輝 6打数2安打

・6打席でのマルチヒットなので決して満足して欲しくない。この試合のように四球での出塁が厳しいのなら3安打打たねばチームの貢献度は高くない。

・終盤に首尾でイージーミスを犯したが、今はどんな状況でも集中力を切らさずにプレーして欲しい。怪我の防止になるし、周りの評価も変わってくる。

 

3遊 坂本勇人 5打数2安打 打点2

・今日もしっかり結果を残しているが、相変わらず真ん中から内角寄りの直球をミスショット(やや差し込まれてる)してる点が気になる。ここをミスショットしてるとなかなか長打は生まれない。

 

4左 ゲレーロ 5打数2安打

・体が突っ込まないようにボールを長く見ようとする姿勢を感じる。この試合では直球に差し込まれていたが、こういう姿勢で打席に立っていれば、HRを打つのは時間の問題だ。

 

5三 マギー 5打数2安打

・確実に状態は上がっているが、まだまだ速い直球に対しては差し込まれている。秋吉から打った二塁打もシンカー気味の半速球だった。

 

6一 岡本和真 3打数0安打2四球

・バッティングに関しては前日と同じ印象で、強振しているように見えてもインパクトの力強さが欠けているように感じた。フォーロースルーも小さくなってる。

・ファーストの守備では、言い訳出来ない野選を犯してしまった。

 

7中 長野久義 5打数2安打 打点1

・ヒットを2本打っているが、バッティング内容が良くない。

・第3打席の三振した内容(かなり高く外れたボールを空振りして三振)を見ると、彼のバッティングには根拠がない事が露呈している。

・逆転された直後の攻撃で1アウト・走者なしでの打席だったが、どう贔屓目で見てもカウントが追い込まれていた状況で大ヤマを張る必要は無いし、破れかぶれにスイングしているようにしか見えなかった。

・一方で、センターの守備でも相変わらず球際の弱さを見せてしまった。既にセンターとしてはプロの平均レベルの守備力でないことがハッキリしてるが、仮に私が監督なら彼を絶対にセンターでは使わない(そもそも今のバッティングならスタメンで使わないし、陽岱鋼が離脱中の今でもレギュラー扱いしていない)

・今年は首脳陣も彼に対しては厳しい目で見ているようだが、毎年夏場に帳尻を合わせる中堅選手を使っていく余裕は、今の巨人にはない。

 

8補 小林誠司 3打数3安打1四球 打点4(HR1)

・バッティングに関しては文句無し。状況判断も出来てるし、狙い球をしっかり絞ってスイングしている。

・一方でリードに関しては、相手チームにあれだけフルスイングされてるので、彼にも問題があると言わざるを得ない。

 

打 河野元貴 1打数0安打

・鋭い打球だったが野手の正面だった。

 

打 亀井善行 1打数0安打

・直球に対して差し込まれてしまった。

 

打 田中俊太 1四球

・雑になってもおかしくない状況での打席だったが、しっかりボールを見極めていた。

 

打 立岡宗一郎 1打数1安打

・彼も集中を切らさずに打席に入り、直球をしっかり捉えていた。

 

打 大城卓三 1四球 打点1

・田中俊、立岡と同様に、彼らにとっては貴重な1打席を無駄にしなかった。



 

【G投手雑感】

☆田口麗斗 2・1/3回 6安打3四球1三振 失点6(HR1)

・前回よりもボールの切れは良かったと思うが、立ち上がりは風の影響でボールを低めに集める意識が強くなりすぎてしまい、ボール先行のケースが多くなり、ピッチングに大胆さが無くなってしまった。

・しかし、味方打線が逆転した直後の先頭打者には、しっかり腕が振れていたので、そこで復調の兆しを感じたが、長野の捕球ミスで再び投球リズムを崩してしまった。

 

☆谷岡竜平 1・2/3回 2安打1四球1三振 失点2

・投げてるボールの質は悪くなかったが、既に火がついたヤクルト打線を止めるのは彼には酷だったし、ミスが絡んでしまうと止めようがなくなる。

 

☆高木京介 2回5安打4四球 失点6

・最初の打者に対しては素晴らしいボールを投げていたが、際どいコースをボールに判定されてリズムを失い、次の打者からは全く別人のようにボールの精度が落ちてしまった。

☆篠原慎平 2回3安打 失点1(HR1)

・全体的に制球がアバウト過ぎるし、かといって球威で押せるレベルでもない。



 

【試合結果】

G 016 000 001   8

S 402 224 01× 15

勝 風張蓮 1勝

 秋吉亮 1H

負 谷岡竜平 1敗

HR 小林誠司 1、荒木貴裕 1、西浦直亨 1

 

【勝敗の分岐点】

☆3回裏、1アウト(ランナー無)の状況で、上田の左中間への打球をセンター長野がグラブに当てたが捕球出来ずに二塁打

・味方打線が逆転(しかも3点リード)してくれた直後の守りなので、田口にとっては意地でもゼロで抑えたいイニングだった。

・そして先頭打者の青木に対して、初回とは別人の投球で完璧に抑えて、本人も手応えを感じた瞬間だったと思う。

・次の上田に対しては直球がやや甘くなり、左中間に良い当たりを打たれたが、それでもセンターが処理出来る範囲の打球だった。

・ここでセンターが問題なくアウトにしていれば、このイニングをゼロに抑えて巨人側が試合の主導権握る展開になっていたが、長野が捕球出来ずに二塁打にしてしまった。

・そして次の荒木に対して、再び変化球が外れてボール先行になり、甘くなった直球を完璧に捉えられて1点差にしてしまった。

・これでもまだ巨人側に1点のリードがあったが、勝ちパターンのリリーフ陣に繋ぐまでにはまだまだイニングが浅く、そこまでに登板するであろう谷岡、高木、篠原が、完全に火がついたヤクルト打線を抑える術が見当たらない状況になった。



 

【試合総評と次戦に向けて】

☆強風とヤクルト打線のプレッシャーに押し潰されていた巨人バッテリー 

・打者にはフォローの風という気象条件、しかもヤクルト打線が振れてるので、巨人バッテリーはかなり低めにボールを集める意識が強かったが、それが結果的に裏目に出て、ボール先行の苦しい状況になってしまった。

☆陽岱鋼、橋本到の離脱が長引くのなら、センターを守れる選手をトレードで獲得することを本気で考えるべき。

・陽岱鋼の離脱後は、相手が右投手なら立岡、左投手なら長野がセンターを守っているが、どちらも打球判断が遅く、何よりも致命的なのが球際に弱いので、特に屋外の球場ではかなり守備が危うい。

・それでも立岡は脚力があるので我慢出来るレベルではあるが、長野に関しては投手が可哀想に思えてしまうレベルである。

・勿論、首脳陣もそんな事は百も承知で、長野のバッティングに期待して使ってるかもしれないが。そのバッティングでカバー出来ていない現状になっている。

・これからも彼の起用(復調)に拘るのなら、ライトでの起用しか選択肢はない(個人的にはライトも亀井と中井の併用で良いと思ってる)

・今の巨人のメンバーでは橋本がセンターとしては最も適任ではあるが、残念ながら春先から故障で離脱しており、二軍の試合にも出場していない状況である。このまま両者の復帰が長引くような事になれば、センターの人材難は深刻と言えるので、ここは思い切ってトレードによる補強を考慮に入れてはどうだろうか?

・どこの球団も人材不足のポジションなので、なかなかトレードで獲得する事は難しいかもしれないが、本気でチームを変えるなら、出血は覚悟の上でトレードを成立させて欲しい。

・キャッチャー、セカンド、ショートの守備力は高いレベルなので、守れるセンターを補強出来ればチーム力の大きな底上げになる。

☆野上が6回3失点で抑えれば勝機はある

・多少の失点は覚悟しなくてはいけない先発の野上だが、何とか6回を3失点で凌いでくれると十分に勝機があると見ている。相手先発の山中に対して、いくら右打者偏重の巨人打線でも6回で3点以上は取れると思っている。何とか接戦に持ち込んで、終盤のリリーフ勝負に持っていきたい。

・菅野・田口の先発2枚看板が崩れている状況なので、このままズルズル落ちていく危険性は十分にある。強力リリーフ陣を擁しても、ここ2試合のように序盤でゲームを壊すケースが続けば宝の持ち腐れ状態になってしまう。ここはチーム全員で同一カード3連敗を絶対阻止して欲しい。

以上 敬称略

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
あなたからの清き一票がブログを更新する原動力となります
是非、上記バナーをクリックして応援をお願い致します!