巨人ベンチに欠けているのは選手起用の柔軟性(ヤクルトvs巨人 3回戦 2018.4.8)

さすがに贔屓にしているチームが3連敗すると、キーボードを叩くスピードが鈍ってくる。まあ、ペナントレースは始まったばかりなので過剰に悲観的になる必要はないが。。。



【G野手雑感】

1中 立岡宗一郎 4打数0安打

・1番打者として全く仕事が出来なかったが、内容的にいつも同じパターン(右投手には内角を攻められ、左投手には外角スライダーを振らされる)でやられてるので厳しい評価になる。

 

2二 吉川尚輝 4打数1安打

・バッティングに関して、彼の弱点は以下の通り
①左投手のスライダーへの対応が全く出来ていない
②落ちるボールの見極めが出来ていない
③140キロ中盤以上の直球に対して常に差し込まれている

・パッと思い付いただけでもこれだけあるので、実情はもっと多くの弱点があると思われる。

・当然、これを克服する事は容易ではないし、時間は少しかかるかもしれないが、個人的には成長する過程を1軍の試合を通じて見届けたい(坂本のように。。)

 

3遊 坂本勇人 4打数0安打

・山中に対して全くタイミングが合わずに、その後の打席もやや気になる内容で凡退していた。

 

4左 ゲレーロ 3打数0安打1四球

・こちらも山中には全くタイミングが合わずに、その後の打席も内容が良くなかった。

 

5三 マギー 4打数3安打 打点1

・彼は山中の緩いボールに対して逆にタイミングが合っていた。その後の打席も内容が良かったので、これが上昇カーブを描く切っ掛けになれば良いが。。。

 

6一 岡本和真 4打数2安打 打点1

・フェンス直撃の二塁打は、やや体の開きが早くなってバットの先で捉えてしまったが、しっかり最後まで振り切れていた。

・最近、ややスイングが小さくなっていたので心配していたが、ようやく彼らしいフォロースルーを見る事が出来た。

 

7右 亀井善行 2打数0安打 打点1

・犠牲フライとなった大飛球のバッティング内容は良かったし、左投手から粘って四球で出塁した内容も濃かった。やや直球に差し込まれ気味なのが気になるが、良化の兆しととらえたい。

 

8補 大城卓三 2打数1安打 打点1(HR1)

・プロ初ホームランはお見事の一言。しっかり引き付けてあれだけ飛ばすのだから申し分ない。

・一方で、キャッチャーとしてリード、状況判断に課題を残した。

 

打 田中俊太 1打数0安打

・凡打に終わったが、内容は相変わらず良い。本当にスタメンで使ってみたい選手だが。。。

・私が監督で目の前の試合に勝つ事だけが目的なら、セカンドは吉川尚ではなく彼を起用すると思う。しかし、守備・走塁などを含めた今後の伸びしろを考えると、私も吉川尚に経験を積ませると思う。

 

補 小林誠司 1打数0安打

・勝負処での澤村への配球には疑問が残った(詳しくは試合の分岐点で)

 

打 阿部慎之助 1打数0安打

・久しぶりの登場だったので直球に差し込まれてしまった。



 

【G投手雑感】

☆野上亮麿 5回6安打3四球5三振 失点5(HR1)

・直球の切れは上々だったが、変化球はどれも制球が今一つで、特にカウント球で使えるボールに苦労していた。その結果、ピッチングが単調になり、直球が甘くなったところを痛打されていた。

・去年のデータを見ると、投球の中で直球の割合が約5割を占めていたが、前述のように変化球が殆ど決まってなかったので、そのデータ通りに直球を狙い打たれてしまった。

・又、牽制を挟まずに初球から簡単に盗塁を許すケースが目立ち、特に山田に対しては連続して2度決められる失態を犯してしまった(特に2度目はキャッチャーが外したにも関わらず許してしまった)これに関しては大城も含めてしっかり反省しないといけない。

・結果的に5失点の負け投手にはなかったが、ピッチングの内容を精査するとそんなに悲観すべきモノではない。

 

☆澤村拓一 2回3安打1四球 失点2

・直球が全体的に抜け気味で、ビシッと指にかかるボールが少なかった。又、小林が内角高めの直球を要求したケースでは、引っ掛かって逆球になってしまい痛打されていた。

・変化球はカットボールが殆ど決まらず、勝負球ではフォークに頼らざるをえない状況だった。

・やや疲れを感じるピッチング内容だったのが気掛かりなので、彼の使い方に関してはもう少し配慮すべきかもしれない。

 

☆宮國椋丞 1回0安打 失点0

・直球、変化球ともにボールの切れはまずまずで、低めにボールを集める意識は感じた。

・無難に1イニングを無失点で抑えたが、内容的には去年からの進歩は感じなかった。



 

【試合結果】

G 001 300 000 4

S 103 001 20× 7

勝 中尾輝 1勝

H 石山泰稚 3H

S カラシティー 3S

負 野上亮麿 1勝1敗

HR バレンティン 3、大城卓三 1

 

【勝敗の分岐点】

☆6回裏、1アウト3塁の場面で廣岡が犠牲フライを放ち、これが決勝点になる

・この回は先頭の荒木に二塁打を許し、ここで先発の野上から澤村にスイッチして、続く坂口が送りバントを決めて1アウト3塁の状況になった。

・そして廣岡に対して澤村の投じた初球が真ん中のフォークボールだったが、これをミスショットしてフォール、2球目が低めのフォークを空振りしてカウントを追い込んだが、3球目の外角高めの直球をセンターまで運ばれて犠牲フライになった。

・この3球目の選択に疑問を感じたわけだが、解説の江本氏と全く同意見で、内角高めの厳しいボールを選択した小林の意図は解るが、それを制球力の高くない澤村に求めたのは酷だった。

・やはり投手の立場で考えれば「当てたらまずい」という心理が無意識に働くのは当然であり、しかもボールが抜けていた当日の調子では尚更そう感じていたと思う。

・その結果、打者としては一番外野フライが打ちやすい外角寄りの高めのボールが行ってしまい、廣岡にとってはコンパクトに当てるだけだった。

・普段はメチャクチャな解説をする江本氏にしては珍しい的を得た解説だった(失礼!)



 

【試合総評と次の3連戦に向けて】

☆明暗を分けた両チームの1・2番

・この3連戦を通じて、最も両チームで差が生まれたのが、1・2番の働きだった。特に初戦の菅野が不調気味だった山田を完全に甦らせてしまい、その後は山田にいいようにやられてしまった。

・又、1・2番に関しては、単純に出塁率で劣っていただけではなく、打席での「粘り」や「しつこさ」にも差が出てしまい、打線としての繋がりやチームの士気にも影響を及ぼしていた。

☆今後、巨人ベンチに求められるのは「選手起用の柔軟性」

・この試合で気になったのは、巨人ベンチの打つ策が後手を踏んでいること。特に試合の流れを左右しかねない中盤で、代打を積極的に出す姿勢が乏しく、試合の体勢が決まった後に出さざるをえない状況になっていた。

・この試合で言えば、勝ち越しを許した直後の7回表の攻撃で、相手が左投手を続投させてきたにも関わらず、前の対戦で全くタイミングが合っていなかった立岡をそのまま打たせて結果は凡退した。

・立岡に代打を出せば、ヤクルトベンチは右にスイッチする可能性もあるが、それは巨人側にとっては好都合で、その後の吉川尚が対左投手には厳しいので右投手が出てくれば有り難いし、左のままなら右の代打(例えば中井)が出塁すれば、吉川尚にはバントで送らせてれば良い。

・一方でヤクルトベンチは、相手の投手の調子や特徴、試合の流れをしっかり見極め、勝負処と見れば積極的に選手を変えて崩そうとする姿勢を感じた(例えば決勝点の場面で打撃好調の荒木をバントで3塁に進塁させた後に代走を送ったり、無駄に投手を使わないようにする為に1アウトの状況でも8番で確実にバントで送らせて9番の投手に代打を送るなど)宮本ヘッドの柔軟で的確な選手起用は見事だった。

☆先発投手がゲームメイクしないとチームの戦い方に安定感が生まれない

・先発投手がこうも毎回序盤で崩れてしまうと、なかなかチームは乗っていかない。しかも、強力打線とはお世辞にも言えない状況なので、打ち合いに持っていっても分が悪い。

・やはり今年の巨人の勝ちパターンは、序盤で先取点を奪い、主導権をしっかり握った状況で勝ちパターンのリリーフに繋いでいくという形しかない。

☆初戦の山口俊が崩れるとかなり拙い状況になる

・古巣相手に山口俊が平常心でマウンドに立てるのか心配ではあるが、彼本来の調子で投球できれば、最少失点でDeNA打線を抑える事は決して高いハードルではない。

・だが、万が一彼が序盤で崩れるような展開になると、いよいよ先発陣崩壊の危機に直面する事になり、去年の悪夢を再現しかねない状況に陥ってしまう。

以上 敬称略

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
あなたからの清き一票がブログを更新する原動力となります
是非、上記バナーをクリックして応援をお願い致します!