筒香を意識しすぎて投球リズムを失った吉川光夫(DeNAvs巨人 5回戦 2018.4.19)

筒香を意識しすぎて投球リズムを失った吉川光夫(DeNAvs巨人 5回戦 2018.4.19)



ハッキリ言ってしまうと、今の巨人はかなり弱い。
先発投手の状態を見ても菅野・山口俊以外は、試合の序盤で簡単に先取点を許して、相手に主導権を与えてしまっているし、打線も高い得点力が期待出来る状態ではない。
そして、この試合もまさに完敗だった。
尚、内容的に全く見るべきポイントが無かったので、今回の試合レポートは大幅に簡略する。

 

【試合結果】

G 000 000 000 0
B 300 000 02X 5
勝 東 2勝1敗
H パットン 4H
敗 吉川光 2敗

 

【勝敗の分岐点】

☆(0-0)1回裏、2アウト走者無しの場面で、筒香に四球を与える

・1・2番に対して腕の振りが良く、質の良いボールを投げていたので、ゲームを作ってくれる期待感は高まった。

・そして、筒香に対しても2球で追い込んだが、そこから攻めきれずに四球を与えてしまった。

・前回の登板で、筒香に手痛い1発を浴びてるので、絶対に打たれたくない心境は理解出来るが、序盤なのでもう少し大胆さが欲しかった。

・この四球で「しまった」という心理が生まれ、それを引きずったまま後続の打者と対戦してしまった。

・風が強い時の横浜スタジアムは、投手にとっては心理的に大きな負担をかけるが、投球の中にソロホームランならOKという大胆さがなければ、なかなか抑える事は出来ないし、無駄な四球を与える事は他の球場よりも致命傷に繋がってしまう。

・結局、2アウトから筒香を出塁させて、ロペスに高めに浮いたチェンジアップを拾われたところで、ピッチングに大胆さ(緩いカーブやチェンジアップを織り混ぜる)が全く無くなり、ほぼ直球とスライダー系の二種類だけで攻めることになる。

・相手打者の立場で考えれば、右打者は入ってくるボール、左打者は逃げていくボールを待っていれば良いので、狙うコースが絞りやすくなるし、直球とスライダー系の球速差はさほど無いので対応は難しくない。

・そして、あれよあれよと連続タイムリーで3点奪われ、試合の主導権をDeNA側に握られてしまった。

以上 敬称略

阪神4回戦のレポートは只今作成中です

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
あなたからの清き一票がブログを更新する原動力となります
是非、上記バナーをクリックして応援をお願い致します!