巨人20得点の歴史的大勝で勝率5割に戻す(巨人vs中日 5回戦 2018.4.25)

巨人20得点の歴史的大勝で勝率5割に戻す(巨人vs中日 5回戦 2018.4.25)



歴史的な大勝でチームは勝率を5割にして、いよいよゴールデンウィーク9連戦を迎える。
去年はここから徐々にチーム力が落ちて、連敗地獄の序章に入っていったので、今年は気を緩めずに目の前の試合に集中して貰いたい。

【巨人出場野手レポート】

1遊 坂本勇人 5打数3安打1四球 打点4(HR1)
・通算300二塁打達成(最年少29歳4ヶ月11日で達成)
・ようやく彼にも今季第1号HRが出て、安堵の表情を浮かべていたのが印象的だった。
・バッティングの状態は完璧に近い。特に第1打席で内角寄りの直球を完璧に捉えてレフト線に弾き返したバッティングは、本人もかなり手応えを感じたと思う。
・元々、内角球に対しては滅法強く、天才的なバッティングを見せていたが、去年辺りからの傾向として、ミートポイントを近くに置いて外角球を右方向に飛ばす技術が向上した反動で、逆に内角球が上手く捌けない打席が続いていた。
・そこを相手バッテリーに突かれるケースが多く、本人もストレスを感じていたと思うが、この打席は久々に納得のスイングが出来たと思う。

2二 吉川尚輝 5打数0安打1四球
・第1、第2打席の進塁打は貢献度大で、いずれも得点に結び付く内容の濃いバッティングだった。
・スタメン選手では唯一無安打で終わってしまったが、バッティングの状態は決して悪いわけではない。
・又、坂本と形成する二遊間の守備力は、球界NO1とまで言えるレベルに達している。

3左 ゲレーロ 4打数3安打 打点4
・打点をあげた3打席は、いずれも大振りしないでセンターから右方向を意識したコンパクトなスイングだった。
・こういうバッティングをするようになると、彼の悪癖(左肩の開き、上体の突っ込み)が無くなるので、彼の調子は間違いなく上がってくるだろう。そして、その先にあるのはHRを量産という事になる。

4三 マギー 3打数2安打3四球 打点2
・ゲレーロと岡本に触発されて彼も状態を確実に上げている。
・スイングの軌道がインサイドアウトになってるので、レフト線の打球もファールにならない。

5一 岡本和真 5打数3安打1四球 打点3(HR1)
・もはや彼の進化は止まらない。開幕前の私の予想を遥かに超えたバッティングをしている。
・ホームランを放った打席のバッティングフォームは理想的と言えるので、①構え、②軸足への体重移動、③トップと割れ、④インパクト、⑤フォーロースルーの映像写真を順に見ながら解説していく。

① 構え

・自然体で力みを感じない構え。
・グリップの高さに注目すると、①構えから②軸足への体重移動の過程で同じ高さを維持し、そこから横に弓を引くような形を作っている(つまり、無駄な上下動がなくスムースな形でトップまでの流れを作っている)

② 軸足への体重移動

・頭の位置に注目すると、②軸足への体重移動から⑤フォロースルーまで位置が殆ど変わっていない(つまり、目の位置が全く動いていないので、ボールを見るときにブレがない)

③ トップと割れ

・トップの位置が頭のすぐ横で、バットのヘッドが立っている。
・割れのバランスが理想的で、バッティングに「間」を生んでいる

④ インパクト

・右脇をしっかり締めて、腕の力だけではなく体幹と下半身から生まれる力をバットに集中させている。

⑤ フォロースルー

・彼は入団当時から体に巻き付くスイングだったので、元々、肩から背中にかけての筋肉と関節のしなやかさを持っていた筈で、そこに秋季キャンプから続けているバットの振り込みによって振る力も備わって、これだけ大きなフォロースルーを実践出来るようになった(つまり、スイングスピードが上がっている証明と言える)

6右 亀井善行 5打数3安打 打点2
・彼もマギーと同じでインサイドアウトのスイング軌道になってるので失投を逃さない。
・現状、攻守で「重石」となっているので、彼をスタメンから外す選択肢はありえない。

7中左 中井大介 4打数1安打2四死球 打点2
・試合を決めたタイムリーヒットは貢献度大と言えるし、守備でも好プレーで宮國を助けた。
・但し、バッティングの状態は、やはりあまり良いとは思えない。ややスイングが外回りになってしまっているので、甘い変化球をミスショットしたり、直球に遅れてしまうケースが多くなっている。

8補 小林誠司 3打数1安打2四死球
・バッティングに関しては第1打席の中途半端なスイングはやや気掛かり。
・キャッチャーとしては、この試合でも吉川光を好リードで導いていた。

打中 立岡宗一郎 2打数0安打 打点1
・ボールの見極めも悪くないので、バッティングの状態はまずまずと見ている。

打中右 長野久義 2打数1安打1四球 打点1
・ようやく彼らしいスイングが垣間見れるようになってきた。



【巨人出場投手レポート】

1 吉川光夫 5回4安打2四球3三振 失点2
・立ち上がりからボールが全体的に高かったが、直球には威力があった。
・変化球に関しては勝負処で低めに決まり、それが2失点でおさまった最大の理由と言える。
・本音を言えば、もう1イニング投げて欲しいところではあるが、味方が得点した直後に失点してしまう形が続いていたので致し方ない。

2 宮國椋丞 1回2安打 失点0
・結果的に無失点だったが、残念ながら「彼を先発で使ってみたい」とは思えななかった。

3 中川皓太 3回5安打 失点2
・彼はGW9連戦の谷間で先発する可能性が高いが、彼の投球内容も決して誉められるモノではなかった。
・春先にオープン戦はもう少しボールに切れを感じたが、現状はそれをあまり感じない。



【試合結果と超激辛MVP

D 000 110 002  4
G 102 287 00X 20

勝 吉川光 1勝2敗
負 大野雄 1敗
S 中川 1S
HR 大野奨1、坂本1、岡本5

超激辛MVP ゲレーロ 1回

 

【勝敗の分岐点】

☆(G3-1)4回表、1アウト1・2塁の場面で、福田が6-4-3のダブルプレー
・前の攻撃でガッチリ主導権を握ったが、直ぐに1点返されて雲行きが怪しくなってしまっていた。
・しかも、続いて長打力がある福田を打席に迎えた状況だったので、かなり巨人ベンチも不安になっていたと思うが、カウント2-1から福田は外角カーブを引っ掻けてくれた。
・この場面は、少々カウントが悪くなってもボール球を使うことを躊躇しなかった小林のリードが見事だった。
・個人的には、このダブルプレーで勝利を確信した。



【試合経過雑感】

☆(0-0)1回裏、1アウト3塁の場面で、ゲレーロがセンター前のタイムリーヒット
・カウント2ボールから大振りせずに、コンパクトなスイングでのセンター返しだった。
・1番が2ベース、2番が進塁打、そして3番がタイムリーという理想的な得点パターンで先取点を奪い、4連勝の勢いを更に加速させた。

☆(G1-0)3回裏、1アウト2塁の場面で、ゲレーロが二遊間突破のタイムリーヒット
・初回の攻撃とと同じように、1番の坂本が出塁して、2番の吉川尚が進塁打を放ち、3番のゲレーロがタイムリーを放った(吉川尚は送りバントをファールにしてしまっていたので、そこは反省材料ではある)
・ここでもゲレーロは、カウント1-1からコンパクトなスイングでセンター返しのタイムリーを放った。
・開幕当初のゲレーロなら、この2打席は力みまくってフルスイングしていたケースだったが、前回の阪神3連戦辺りからバッティングの内容が変わってきた。

☆(G2-0)3回裏、2アウト1・3塁の場面で、亀井がライト前のタイムリーヒット
・直前に岡本のライトフライでゲレーロが3塁に進塁出来た事が大きかった(2塁のままなら生還出来ていなかった可能性が高い)
・ここでキッチリ2点目を奪って3点差となり、試合の主導権をガッチリ握った。

☆(G3-1)4回裏、2アウト1・2塁の場面で、ゲレーロが右中間突破の2点タイムリー2ベース
・1点返された直後の攻撃で追加点を奪えた事は大きかった。
・ゲレーロの打球は完璧に捉えたかに見えたが、逆風でフェンスを越えなかった(ライトの平田が捕球出来なかった)

☆(G5-2)5回裏、0アウト1・2塁の場面で、中井がレフト線の2点タイムリー2ベース
・またしても追加点を奪った直後に失点していたので、ここでの追加点も試合を決定付ける意味で非常に大きかった。
・そして、この追加点が呼び水となって巨人打線は大爆発し、球団史に残る20得点をあげる事になる。



【試合総評と次戦に向けて】

☆中日のアルモンテについて
・彼の守備は歴史的惨敗の一因となってしまった。
・レフトに打球が飛んだらフリーパス状態になっていたので、バッティングの方で3割100打点以上の成績を残さないと割りが合わない印象を持った。

☆「好事魔多し」こういう時こそ、試合後の体のケアをしっかり行わなければならない
・この20得点はハッキリ言ってしまうと出来すぎで、中日投手陣の四球の多さと、守備陣のミスが重なった上での得点だったので、額面通りには受け取れない。
・但し、巨人打線の状態が上昇傾向にあるのも事実なので、そこは今後に向けて大きいと言える。
・一方で、こういう出来すぎと言える歴史的な大勝の後に、主力が怪我で離脱するケースを多々見てきたので、こういう時だからこそ、試合後の体のケアを十分に行って欲しい。

以上 敬称略

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
あなたからの清き一票がブログを更新する原動力となります
是非、上記バナーをクリックして応援をお願い致します!