【試合総評】澤村を勇気づけた亀井善行のビッグプレー【セ公式戦 阪神vs巨人 21.22回戦 9月9.10日】

NO IMAGE

第1戦が雨で流れて2連戦となった阪神・巨人戦だが、巨人側からすれば是が非でも連勝しておきたかった。
しかし結果は1勝1敗で終わり、自力優勝の可能性は残されたものの、数字上では1歩後退と言わざるを得ない。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
巨 人 0 0 0 1 0 0 2 0 0 0 0 3
阪 神 0 0 1 0 0 0 2 0 0 0 1x 4

今シーズンの巨人を象徴している試合だった。。。
7回表の阿部の一発(勝ち越しHR)を守りきれない投手陣、9回表ノーアウト3塁の場面で無得点に終わる打線、雑なプレーで相手の進塁を安易に許してしまう守備。。。
どの場面も今年は頻繁に見られた光景だった。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
巨 人 0 2 0 0 0 2 0 1 0 5
阪 神 0 0 0 0 0 1 2 1 0 4

この試合も攻守でツッコミ処満載だったが、最後は何とか澤村で逃げ切った。
色々触れたいポイントはあるが、あえて一つに絞るなら「レフトの守備力が明暗を分けた試合」という印象を持った。

まず2回表に巨人が先制した場面では、マートンのミスによるもので、彼が状況判断(その後が下位打線になる)を間違っていなければ、メッセンジャーは無失点で切り抜けた可能性も十分に考えられた。

対して巨人のレフト亀井は、9回裏の先頭打者・上本のセンター越えの打球を素晴らしいバックアップで3塁打になる事を防いだ。
仮に亀井のバックアップが甘かったら、確実にノーアウト3塁という状況になっていたので、少なくとも同点は覚悟せねばならなかった。

DSC_0265

DSC_0266

澤村の状態は一昨日と比べてかなり悪かったので、彼のプレーは非常に大きかった。

【総評】
2戦目の勝利で何とか自力優勝の可能性は残った。
しかし、直接対決前と比べると間違いなく状況は悪化している。
それは優勝への星勘定だけではなく、試合内容も良くない。

特に山口とマシソンがここに来て自信を失っている状態なので、勝ちパターンが完全に崩れてしまっている。
こういう時は先発投手陣の踏ん張りと打線の爆発で凌いで行きたいが、両方とも決して胸を張れる状態とは言えない。

この状況を打破するには、やはりリリーフ陣を再構築せねばならない。
しかし、切り札と考えられていた「ポレダをリリーフで使う策」も昨日の試合で完全に無くなったと見ても良いだろう。
昨日はマシソンを使わずに宮國をリード時に投入したが、相変わらず勝負処の甘さが消えていないので「心もとない印象」だけが残った。

打線に関しても状況は大きく好転していない。
クリーンアップについては坂本は好調をキープし、阿部と長野が上昇傾向なのは良いが、ここに来て立岡に疲労感を感じる点や、クリーンアップの後を打つ打者の結果が良くないので得点力がアップしていない。
特に亀井の状態が悪いのが気がかりである。。

【優勝への星勘定・9月10日終了時点】

✳弊ブログでは優勝ラインを76勝と設定した。
(理由についてはリンク先《》を御覧ください)

    阪神    ヤクルト   巨人     勝率              広島        勝率(C)

79勝 14勝  4敗  14勝  4敗    15勝  1敗  .5563            20勝  0敗    .5603
78勝 13勝  5敗  13勝  5敗    14勝  2敗  .5492            19勝  1敗    .5532
77勝 12勝  6敗  12勝  6敗    13勝  3敗        .5422            18勝  2敗    .5461
76勝 11勝  7敗  11勝  7敗       12勝  4敗       .5352   17勝  3敗 .5390
75勝 10勝  8敗  10勝  8敗    11勝  5敗        .5281   16勝  4敗 .5319
74勝   9勝  9敗    9勝  9敗       10勝  6敗        .5211   15勝  5敗 .5248
73勝   8勝10勝          8勝10敗      9勝  7敗        .5140   14勝  6敗 .5177

注意:広島は引き分けが1試合多いので、同じ勝ち数の場合では勝率が上位になる

同率で並んだ場合は?
①勝ち数の多い方が優勝
②当該チーム同士の対戦成績で勝ち越してるチームが優勝
③去年の成績上位チームが優勝

T対G
  8勝14敗    残り3試合 ✳G勝ち越し確定
T対S 12勝10敗    残り3試合
T対C  7勝10敗1分け 残り7試合
S対G 10勝10敗    残り5試合
S対C 11勝10敗    残り4試合
G対C  9勝14敗    残り2試合 ✳C勝ち越し確定

以上 敬称略