阿部慎之助の3ランを援護に内海哲也が今季初勝利(巨人vs阪神 9回戦 2018.5.10)

阿部慎之助の3ランを援護に内海哲也が今季初勝利(巨人vs阪神 9回戦 2018.5.10)

この阪神との三連戦は、初戦は惨敗で第2戦と第3戦は阪神打線の拙攻に助けられた印象が強く、率直に言って菅野以外の先発投手陣はまだまだ不安定で、打線の状態も今一つ心もとない。
つまり、首位の広島を追撃する形はまだまだ出来ていない。



【試合結果】

T 000 002 000 2
G 000 300 01X 4
勝 内海1勝
負 谷川1敗
S カミネロ5S
H 宮國1H、上原5H、澤村7H
HR 阿部3号

 

【試合経過雑感と勝敗の分岐点】

☆(0-0)3回裏、2アウト2・3塁の場面で、阿部がライトスタンドへ3ランHR(G3-0)
・ここで阿部が凡退していたら、相手の谷川が5回頃まで無失点でいかれた可能性が高かったので、この2アウトからの一発は非常に大きかった。
・このバッティングを見せられたらベンチにいるマギーも納得するしかないだろう。

☆(G3-0)4回表、0アウト1塁の場面から、糸井・ロサリオ・福留のクリーンナップが凡退
・糸井は真ん中低めのスライダーを泳ぎながらライトへの大飛球。
・ロサリオの初球に1塁走者の植田が盗塁成功、ロサリオはサードゴロ。
・福留はど真ん中のチェンジアップ(シュート?)をショートフライ。
・このイニングから内海のボールは甘いゾーンに集まり始めていたが、阪神のクリーンナップは尽くミスショットしていた。

☆(G3-0)4回裏、0アウト1塁の場面で、小林が6-4-3のダブルプレー
・ゲーム展開を考えると次の1点が非常に大事になるわけで、個人的には当たりが止まってる小林に送りバントを命じて、1番坂本のひと振りに賭ける選択でも良かったと思う(坂本は歩かされて吉川尚との勝負になるかもしれないが。。)

☆(G3-0)5回表、1アウト1塁の場面で、坂本(T)が三振
・内海の状態がかなり怪しくなってきていただけに、坂本に送りバントを命じて9番に打力のある代打を起用する手も十分にあったと思う(もしくは坂本に原口を代打で起用する手もあった)
・結局、2アウト1塁の状況で、9番ピッチャーのところに代打・山崎が起用されたが、このイニングは積極的に代打攻勢をかけられて、上位に回されていたらかなり危なかった。
・内海を5回途中で降板させる選択はなかなかとれないので、阪神ベンチの中途半端な作戦は巨人側にとっては非常に助かった。

☆(G3-0)6回表、2アウト2・3塁の場面で、福留がセンター前に2点タイムリーヒット(G3-2)
・5回の内海は誰が見てもボールが上ずっていたので、6回の続投は危険性がかなり高かった。
・結局、1アウト1・3塁というピンチを招いた段階で宮國にスイッチしたが、ここでもロサリオがブレーキ役になって巨人側は助かった(1塁走者の糸井が盗塁で2・3塁になる)
・ロサリオを三振で討ち取った事で、福留を抑えれば大ピンチを無失点で凌ぎきる事が出来たが、福留に2点タイムリーを打たれてしまった。
・前回のレポートで不調時の福留への対処法としていくつか注意点を挙げたが、この場面の小林の配球は私の考えと全く真逆だったので、個人的には??だった。

★(G3-2)7回表、3番手の上原が阪神打線を三者凡退で退ける(勝敗の分岐点)
・巨人打線から快音が全く聞こえなくなり、前のイニングで阪神が1点差に詰め寄っていたので、試合の流れは阪神側に行きかねない状況だった。
・下位打線での攻撃だったが、阪神は代打攻勢をかけていたので、決して簡単な状況ではなかったが、上原はキッチリ三人で片付けて試合の流れを巨人側に引き戻してくれた。

☆(G3-2)7回裏、2アウト1・2塁の場面で、ゲレーロが三振
・2アウトからのチャンスだったが、4番は眠ったままだった。
・あまりにもあっさり三振してしまったので、巨人側の士気低下を危惧したが。。。

☆(G3-2)8回裏、2アウト1・3塁の場面(打者・小林)で、ワイルドピッチによって1点追加(G4-2)
・記録はワイルドピッチだが、原口は絶対に後ろに逸らしてはいけない場面だった。
・このプレーを見てしまうと、前述の5回で坂本に代打を送らなかった理由が分かるような気もする。



【巨人注目野手レポート】

☆吉川尚輝
・バッティングは開幕当初と比べると格段に進歩している。
・特に、以前は140キロ後半の直球に対して、ついていくのが精一杯(上半身でだけで当てにいくようなスイング)だったが、今はしっかり下半身を使ってスイングしてるので、甘いコースならヒットゾーンに運ぶようになっている。

☆小林誠司
・まだまだ左肩の開きが早くなっているのでボールをしっかり捉える事が出来ていないが、一時のどうしようもない状態からは脱している印象を受ける。
・現状のバッティングでは右投手には厳しいが、左投手が相手ならチャンスはあるかもしれない。



【巨人注目投手レポート】

☆内海哲也
・直球は140キロを超えないスピードだが切れは感じた。
・変化球はスライダー(カーブに近い)の切れはまずまずで、チェンジアップは低めには決まっていなかったが、腕が振れていたので打者は泳がされていた。
・この試合の球審はストライクゾーンがかなりワイドだったので、投手有利の状況ではあったが、打者(特に右打者)に対して攻め込む姿勢を見せていたことが好投に繋がった。
・一方で、阪神打線が相手だったから抑えられたという印象も拭えないので、次回の登板がローテ入りの試金石になる。

☆上原浩治
・コントロールが抜群だった。
・特に左打者のアウトコースの出し入れ(フォークと直球)は絶妙で、西岡と鳥谷は全くタイミングが合っていなかった。
・久しぶりに僅差のゲームで登板したが、この制球力を維持してくれれば十分に勝ちパターンの一員でいけると思う。

☆澤村拓一
・前日がイニング跨ぎの登板だったので疲れを心配したが、全く杞憂に終わった(むしろ前日より全体的にまとまりのある投球だった)
・巨人ファンの大半は「何でマシソンを使わないのか?」という意見を持っていると思うが、もしかしたらマシソンの体調が良くなかったのかもしれない(チーム事情は内部の人間しか分からない)
・一方で、どんな事情があるにせよ澤村に負担をかけている事に変わりはないので、次戦は菅野と他のリリーフに任せて完全休養(肩も作らない)させる必要があるだろう。



【超激辛MVP】

☆阿部慎之助  1回目
・4番としての役割を見事に果たしてくれた。
・走者を溜めた場面でHRを打てる勝負強さと破壊力こそが阿部慎之助の真骨頂と言えるし、ひと振りで仕留めるあたりは流石としか言いようがない。
・打ったボールはやや内角寄りの甘い直球だったが、脇を締めて腰の回転を上手く使ってスタンドまで持っていった。

【阪神注目選手レポート】

☆谷川昌希
・シュートとスライダーが良く、コントロールも纏まりがある。
・全体的に低めに集める事が出来るので、大崩しそうな投手ではないと思う。
・但し、フォームがオーソドックスで、直球もちょうど打ち頃のスピードとも言えるし、阿部に痛打されたように対左打者への攻め方が今後の課題と見ている。



【試合総評】

☆投手側には最高の球審だった
・この試合の球審はストライクゾーンがかなりワイドで、特に両先発投手と澤村はその恩恵を受けた。

☆ロサリオで分断されてる阪神打線
・個人的にはロサリオは4番では厳しいと思っている。
・勿論、高年棒なので簡単にはスタメンから外せない事情もあるだろうし、あれだけ監督自ら「トラの救世主」としてキャンプから激賞していたので、彼を4番から外すことは自分の眼力を否定することになるので、それ相当の覚悟が必要になるのも分かる。
・しかし、これだけチーム全体が貧打で悩んでいる状況では、そろそろ抜本的に考え直す時期が来ていると思うし、日本の野球に適応するまで下位打線に置く方が本人の為にもなるだろう。

☆内海の復帰戦勝利はファームで調整している山口鉄や杉内などのベテラン勢に必ず好影響を与える
・内海の勝利は間違いなくチームに好影響を与える。
・特に山口鉄や大竹など、二軍で共にもがき苦しんできたベテランたちには刺激になってるし、モチベーションの上昇にも繋がるだろう。
・個人的には山口鉄の一軍復帰を切望しているし、左のセットアッパーとして彼が復活すれば、広島と優勝争いする展開も十分に期待できる。



【次戦に向けて】

☆打線は序盤で先取点を奪い、菅野はエースの投球で中日打線を封じ、地に足をつけた勝利で確実に貯金を増やしたい
・前回の2連戦は巨人の完勝だったが、この3連戦は中日側も相当な覚悟でぶつかってくる筈で、巨人側も心してかからなければ拙い展開になるかもしれない。
・第1戦の相手先発は小笠原だが、前回の登板をテレビで見る限り、ボールの走りも今一つでそんなに良い状態とは思えないので、序盤から得点のチャンスがあると思う。そこをしっかりモノにして早めに菅野に援護点を与えて欲しい。
・なかでもゲレーロとマギー、そして岡本の一発を期待したい。

以上 敬称略

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
いつも応援有り難うございます!
あなたからの清き一票がブログを更新する原動力となります
是非、上記バナーをクリックして応援をお願い致します!