岡本和真よ この悔しさを忘れるな!(巨人vsDeNA 10回戦 2018.5.19)

岡本和真よ この悔しさを忘れるな!(巨人vsDeNA 10回戦 2018.5.19)

今季のここまでの内容と比較すれば、この試合の田口は頑張ったと思う。
だが、現状の評価として「彼は勝てる投手か?」と問われれば「答えはNO」としか言えない。
やはり、前回と同様に絶対にHRだけはダメという場面(2アウトで相手打者が4番)で、簡単に一発を浴びているようではキツい。

さて、この試合は巨人が負けてしまったので、簡易版の試合レポートになる事を御理解頂きたい。



【試合結果】
D 200 000 102 5
G 000 100 000 1
勝 エスコバー 1勝1敗
負 田口 2勝3敗
H 武藤1H、三嶋2H、三上8H
HR 筒香8号

 

【巨人注目投手レポート】
☆田口麗斗
・ベース上のボールの切れはこれまでよりも感じた。
・相変わらず制球に関しては甘さが残っているが、投球にメリハリがあったので勝負処で相手に狙い球を絞らせなかった。
・このメリハリというのは、3次元のピッチングが出来てるという意味で、上下・前後・左右を幅広く使っていた。
・特に高低と左右の使い方が良く、ホームベースを広く使う事が出来ていた。
・これで前後(緩急)をもっと上手く使う事が出来れば、彼は勝てる投手として去年のように勝ち星を重ねていくだろう。
・その為には直球の切れとチェンジアップの精度アップが必要になる。



【試合総評】
☆リリーフ投手の持ち駒の数に決定的な差がある巨人とDeNA
・最後は宮國と田原が踏ん張りきれずに4点差となったが、彼らが無失点で踏ん張れば十分に勝機はあったと思う。
・勿論、巨人打線にあと一本出ない事が直接の敗因だが、それはDeNAも同じだったので、内容的には紙一重の差と言える。
・結局、勝敗を左右した最大の要因は「使えるリリーフ投手の質と量」だった。
・つまり、僅差で使えるリリーフ投手を数多く有しているDeNAは、登板させた投手の状態が悪かったり、相手打者との相性が良くなければ躊躇なく変える事が出来るが、勝ちパターン以外のリリーフ投手に不安のある巨人にはそのような芸当は出来ない。
・経験豊富な上原は別として、宮國と田原のピッチングスタイルや持ち球を考えると、先頭打者が左打者の場面での起用はどう考えても厳しいが、巨人ベンチには他に選択肢はなかった。
・やはり、今後上位争いを続けていくためには左の中継ぎ投手がどうしても必要になるし、山口鉄の復活や池田の台頭が待ち遠しい。



【次戦に向けて】
☆岡本と吉川尚の逆襲に期待したい
・両選手ともに土曜日は残念な結果に終わったが、テレビに写し出されていた彼らの悔しさ一杯の表情を見て「必ずやり返してくれる」と確信した。
・特にベンチで珍しく色をなす表情をしていた岡本には逆に頼もしさを感じたし、私も熱いモノが込み上げてきた。
・少なくとも某中堅ベテラン選手のように、悔しさを意識的に表に出さず淡々としている姿を見せられるよりも、ファンは受け入れやすいと思う。

以上 敬称略

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
いつも応援有り難うございます!
あなたからの清き一票がブログを更新する原動力となります
是非、上記バナーをクリックして応援をお願い致します!