交流戦6試合を終えて、改めてG戦先発ローテーションと勝敗を読む【交流戦展望】

NO IMAGE

交流戦は全チーム6試合を消化した。

ここまでの両リーグの勝敗数
セリーグ17勝18敗 1分け
パリーグ18勝17敗 1分け

ほぼ互角の内容で戦っている。

Gも3勝3敗の五分でスタートして、今日からホームで6連戦を行う。
ここで負け越してしまうと、交流戦の勝ち越しが非常に厳しくなるので、最低限4勝2敗で終えたいところである。

では何故苦しくなるのか?
以下の表を見ながら考えていきたい。

《交流戦 先発ローテ・勝敗予想 改訂版(6試合終了時)》

26日 H G菅野    L十亀  ▲ 勝ち
27日 H G大竹    L野上  ▲ 負け
28日 H Gマイコラス L西口  ▲ 勝ち
29日   Gポレダ   E辛島  ○ 負け
30日   G杉内    Eレイ  ▲ 勝ち
31日   G高木勇   E則本  ▲ 負け
 1日 移動日
 2日 H G田口    Bs松葉  ○ 
 3日 H G大竹    Bs東明  ○
 4日 H Gマイコラス Bsディクソン  △
 5日 H G内海    H摂津  ▲
 6日 H G杉内    Hスタンリッジ ▲
 7日 H G高木勇   H寺原  ○
 8日 移動日
 9日   G田口    Fメンドーサ  △
10日   G大竹    F浦野  ▲
11日   Gマイコラス F上沢  ▲  
12日   G内海    M古谷  ▲ 
13日   G杉内    M石川  △
14日   G高木勇   M大嶺  ▲

H=ホームゲーム 
◎○▲△はG勝敗予想(筆者の偏見で総合的に判断)
◎G勝利有力 ○Gやや有利 ▲五分五分 △Gやや不利

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先週の6試合の勝敗予想は、4勝2敗もしくは3勝3敗と考えていたので、あずまず順調な滑り出しと見て良い。

G先発ローテについては予想通りだったが、菅野が首を痛めて離脱した後を田口が入り、ポレダが抹消された後を内海が入る形になっていく。
交流戦前の予想では、マイコラスが前回の登板後に抹消されると予想していたが、投球内容が抜群だったのでポレダを1度下に落とす決断をした。

今日からの対Bs3連戦の両軍先発は、交流戦開始前の予想とは大きく異なる事が濃厚になっている。
それに伴って4日の勝敗予想も大きく変わった。
2日 G菅野→田口    Bs吉田→松葉     ○
3日 G大竹       Bsバリントン→東明  ○
4日 G内海→マイコラス Bs東明→ディクソン  ◎→△

一方で、5日からの対H3連戦の両軍先発については、5日のG先発以外に大きな変動が無い。
又、勝敗予想も変わらない。
5日 Gポレダ→内海   H摂津   ▲

上記以降の試合についても先発ローテを修正した部分があるが、詳しくは来週の火曜日の記事で触れていきたい。 

さて、前段の「先発ローテ・勝敗予想 改訂版 」を集計して、改めて交流戦の勝敗予想を出してみた。
前回の勝敗予想 11勝7敗
今回の勝敗予想  9勝9敗

前回の勝敗予想と比べると、2試合ほど負け予想が増えた事になる。
詳しくは下記の過去記事内の表と比較して頂きたい。

リンク先
交流戦開幕! G戦先発ローテーションと勝敗を読む

比較すると、やはり菅野離脱が痛い。
田口でも勝負になる相手先発なら良いが、G打線が苦戦必至になる相手先発のケースでは厳しい。
今日の試合は勝つ確率の方が高いと見ているが、9日のFメンドーサとの投げ合いに耐える事が出来るのか? 
勿論、田口のポテンシャルについては高く評価しているが、特にスタミナ・精神力の面で、相手エース級と投手戦で投げ勝つ地力はまだ無い。 

マイコラスについても、相手がFのような走力のあるチームに対しては、まだまだ厳しいと言わざるを得ない。 
11日の試合では、打線が序盤で得点を重ねて、Fの機動力野球を封じる必要がある。 
又、4日の対ディクソンから得点する事が難しそうなので、粘りの投球も必要になってくる。

この2人の結果が、G交流戦の最終成績に大きな影響を及ぼすだろう。 

以上 敬称略


プロ野球ランキング

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村