交流戦12試合を終えて、残りのG戦先発ローテーションと勝敗を読む【交流戦展望】

NO IMAGE

《交流戦 先発ローテ・勝敗予想 改訂版(12試合終了時)》

26日 H G菅野    L十亀  ▲ 勝ち
27日 H G大竹    L野上  ▲ 負け
28日 H Gマイコラス L西口  ▲ 勝ち
29日   Gポレダ   E辛島  ○ 負け
30日   G杉内    Eレイ  ▲ 勝ち
31日   G高木勇   E則本  ▲ 負け
 1日 移動日
 2日 H G田口    Bs松葉  ○ 勝ち
 3日 H G大竹    Bs東明  ○ 勝ち
 4日 H Gマイコラス Bsディクソン  △ 勝ち
 5日 H G内海    H摂津  ▲ 負け
 6日 H G杉内    Hスタンリッジ ▲ 負け
 7日 H G高木勇   H寺原  ○ 負け
 8日 移動日
 9日   Gポレダ   F有原  ▲
10日   G菅野    F浦野  ○
11日   G大竹    F上沢  ▲  
12日   Gマイコラス M古谷  ▲ 
13日   G杉内    M石川  △
14日   G高木勇   M大嶺  ▲

H=ホームゲーム 
◎○▲△はG勝敗予想(筆者の偏見で総合的に判断)
◎G勝利有力 ○Gやや有利 ▲五分五分 △Gやや不利
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先週の6連戦については4勝2敗と予想していたので、3勝3敗という結果はそう悪くはない。

今日からの6連戦については、先週火曜日時点での予想とは特にG先発が変わっている。
それに伴い勝敗予想にも変化が生まれる。

 9日 G田口→ポレダ   Fメンドーサ→有原 △→▲
10日 G大竹→菅野    F浦野 ▲→○
11日 Gマイコラス→大竹 F上沢 ▲
12日 G内海→マイコラス M古谷 ▲
13日 G杉内       M石川 △
14日 G高木勇      M大嶺 ▲

GはF戦の第3戦(11日)が読めない。
順番ではマイコラスだが、個人的には大竹が有力と見ている。
そしてM戦の第1戦にマイコラスを登板させるだろう。

対戦相手の先発はF・Mともに読みづらい。
特にFはメンドーサをG戦で使ってくるのか?
使うなら第2戦(10日)が有力だが。。。 

そして、前段の「先発ローテ・勝敗予想 改訂版 (12試合終了時)」を集計して、改めて交流戦の勝敗予想を出してみた。

交流戦勝敗予想(トータル)
※先週火曜日時点での予想  9勝9敗
※今回の勝敗予想      9勝9敗 

先週の火曜日時点では、前回の6連戦を4勝2敗と予想していたが、結果は3勝3敗となった。
そして、今日からの6連戦については2勝4敗と予想していたが、Gの先発ローテが再編されたので、そこから1勝の上積みを予想し3勝3敗と見ている。
ここまでの試合結果と合わせると上記の予想となる。

対F3連戦については2勝1敗と予想している。
第1戦については、機動力野球が上手いF打線に対するGポレダが鍵を握る。
彼がF左打者の出塁を許さなければ、ポイントゲッターになる右打者(中田など)は然程怖くない。
逆に彼らにチャンスメークを許して揺さぶられてしまうと、序盤での大量失点もありえる。
Gが勝つには序盤でF有原を攻略して、ポレダに余裕を与える展開が欲しい。
有原を攻略することは決して高いハードルではないが、阿部不在で火力の劣るG打線にビッグイニングを期待するのは酷でもある。

第2戦は、F先発がメンドーサでなければ菅野で十分勝機がある。
仮にメンドーサが登板すると1点を争う展開が予想される。
交流戦を五分以上で終える為には、この試合は絶対落としてはいけない。

第3戦は両軍もに先発の力量がやや落ちるので、各主力打者の状態次第では一方的な展開も十分考えられる。

Gとしては初戦必勝で臨みたい。
ここを取れば敵地でも勝ち越しが見込めるし、3タテの可能性も決して小さくはない。

次の対M3連戦は、かなり厳しい展開が予想される。
筆者の中では、GにとってQVCマリンでの試合に良いイメージが全くない。
球場の雰囲気、強風、苦手なM打線。。。勝てるイメージが全く沸かない。
M打線が眠っていてくれれば良いが、キッカケを掴むと一気にゲームを決めてしまう爆発力がある。
それを防ぐには初戦が大事になる。

その第1戦のG先発の使命は、M打線を乗せないこと。
それを封じ込めるには、球威で圧倒するパワーピッチングが最善策になる。
そう考えると先発が予想されるマイコラスはピッタリではある。
但し、単純に直球の力だけでは勝負出来ないので、カーブの制球力が鍵を握る。
そして最も大事なのが「リリーフ投入のタイミング」
ここを間違えると、一気にMに飲み込まれてしまう。

打線もM古谷から大量得点は望めないと思う。
決して手も足も出ない投手ではないが、対戦経験が少ない状態では打ち崩すことは厳しいレベルではある。
少ない得点を効果的に重ねて行きたい。

第2戦のM石川は最近の内容こそ良くないが、G打線が苦手とするタイプの投手なので、力を発揮されると攻略は難しい。
G杉内もやや状態が落ちているので、苦戦必至と見ている。

第3戦はG高木勇がM打線を中盤まで最少失点で凌げば十分勝機はある。
但し、M大嶺に対してG打線が得点出来ればの話だが。。。
このクラスの投手なら何とか掴まえて欲しい。

~あとがき~

前回の記事に対し、ツイッターやメールも含めて沢山の御意見をお寄せ頂き有難う御座いました。
様々なベストオーダーを拝見する事が出来ました。

皆さんの御意見を読ませて頂くと「1番を誰にするのか?」がポイントになっているような気がします。
長野・橋本・大田・片岡・井端・立岡という声が多く、それぞれ「なるほど」と考えさせられる理由で推されていました。

又、若手への期待を感じさせるご意見も多く見られました。
筆者も彼らの底上げ無くしては、近未来の展望が開けないばかりではなく、今年のペナント制覇も厳しいと考えています。
特に大田・橋本に対しては壁を越えて欲しいと切に願う次第です。。。

その彼らについては、交流戦終了後に特集として記事にしたいと思っています。

以上 敬称略


プロ野球ランキング

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村