【試合のポイント】失望の連続だった7回からの3イニング【交流戦 FvsG 1回戦・6月9日】

NO IMAGE

試合の中盤でポレダが捕まり苦しい展開で終盤を迎えたが、7回以降の攻撃はチャンスの連続だった。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
巨 人 0 0 0 0 0 0 1 1 0 2
日本ハム 0 0 0 2 1 0 0 0 X 3

7回表
亀井 右越2塁打 (投手・有原)
坂本 四球
アンダーソン 左飛(2・3塁進塁)
長野 右犠飛(1点)
高橋由 空三振  (投手・宮西)

F有原は序盤から飛ばしていたので、回を追う事に直球の切れが失われていったし、逆球もチラホラ出始めていた。
そんな状況でも抑え込まれていたが、先頭の亀井2塁打で明らかに有原は動揺した。
それが次の坂本に対する投球で如実に現れ、四球で歩かせてしまった。
これで一気に同点の目も出てきたが、後続のアンダーソン・長野が甘いボールを仕留めきれず、ボール球に手を出してしまい有原を助けてしまった。

8回表
井端 三邪飛 (投手・鍵谷)
相川 左中本(
1点)
立岡 右中2
片岡 遊ゴロ (投手・谷元)
亀井 四球  (投手・石井)
坂本 左飛  (投手・増井)

前の攻撃でチャンスを潰してしまったGだったが、宮國の好投で追加点は許さなかった。
そんな状況で相川がHR、続く立岡が2塁打を放ち、一気にGのムードは最高潮に達した。
ここで片岡(投手・谷元に交代)だったが、ボール先行で捉えるチャンスは十分にあったが、やや積極性を欠くバッティングで凡退してしまった。
だが、亀井(投手・石井に交代)の四球で再びGに流れが行きかけたが、坂本(投手・増井に交代)も甘いボールを仕留めきれなかった。

このイニングにマウンドに登ったF投手は4人いたが、いずれの投手もボール先行で甘いボールも多かった。
しかし、G打者はボール先行で甘いボールを見送り、直後のボール球に手を出す最悪の内容だった。

9回表
アンダーソン 左中2(代走鈴木)
長野 空三振
高橋由 三ゴロ 
井端→代打金城 左飛 

8回のピンチの場面で登板した抑えの増井は回跨ぎとなった。
前の打者・坂本への投球を見ると十分攻略可能と思っていたが、先頭のアンダーソンが2塁打を放ち再びチャンスが巡ってきた。
そして代走鈴木というカードを切って、Fバッテリーにプレッシャーをかけた。
ここで長野に対して送りバントも考えられたが、Gベンチは強行策を取ってきた。
だが、結果は最悪の三振となり、ランナーを進める事も出来なかった。
後続の高橋由は中途半端なスイングでサードゴロ、代打・金城は前進守備だったレフト正面へのライナーで試合終了となった。

この回の攻撃は特に「タラレバ」がある。
長野に対して強攻策はそもそも妥当だったのか?
長野が2塁走者を進塁させていれば、外野は前進守備にならないので、最後の金城の打球はレフト前に落ちていた。

筆者は長野に対して強攻策を取った事は、決して間違いではないと考える。
あの回は増井のデキを考えると、一気に逆転まで視野に入る流れだったと思う。
だが、一方でわざわざ2塁走者を鈴木に交代させたなら、手堅く送る策を取っても良かったとも思える。
判断は非常に難しいが、長野のバッティングの内容があまりにも酷かったので、結果論ではあるが送りバントを選択した方が良かったという事かもしれない。

兎に角、筆者は作戦云々を批判している訳ではなく、長野のバッティングに対して「失望感」が残った。
内角高めのボール球には反応良くスイングするが、明らかにストライクゾーンから外れている高さなのでバットには当たらない。
外角のボールは腰が引けた状態でスイングしているので、あの姿を見ればバッテリーは攻めやすい。
又、投手心理も「追い込めばボール球で空振りを取れる」という楽な状態になる。

この試合でも期待を裏切られたが、筆者は決して彼を見限っていない。
彼の浮上無くしてはGの近未来は有り得ないと思っている。
個人的に首脳陣に要望したいのは、体調が問題なければ彼を使い続けて欲しい。
結果云々は関係なく、坂本と共にG優勝の運命を左右させる重要な役割を与えてもらいたい。

小笠原・ラミレスがGを去り、阿部・村田と共にGを支え続けてきたのはサカチョーコンビである。
原監督はそういうチーム作りをしてきた筈だと思う。
何度でも言うが、阿部・村田が下降線になった今、Gの近未来は彼ら2人の活躍無くしては絶対語れない。
阿部・村田・アンダーソン等の怪我が多い選手は、彼らの補佐役でなければならない。
それがなければ、彼らと歳が近い大田・橋本の躍進もありえない。

今こそ、塁間を縦横無尽に駆け抜ける躍動感溢れる野球が見たい。
ベテランの勝負強さに頼る野球は、勝負処で見せてくれれば良い。
今のままでは「ベテランはパンクしてしまい、代わりに出た若手は一向に伸びていない」という最悪のシナリオが見えてくる。

以上 敬称略

追伸
冷静さを欠いてしまい支離滅裂な記事になってしまいました。。
それほど。。昨日の試合は悔しかった。。。
そして。。この記事を修正する気力すら湧いてこない。。。
お許し下さい。。


プロ野球ランキング

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ