2019 巨人打線を分析する

2019 巨人打線を分析する

前回の記事(2018巨人打線を振り返る)で、巨人打線の問題点と今後の課題を指摘したので、今回は新戦力が加わった2019年の新打線の長所や短所を様々な角度から分析していく。
尚、まだFAによる人的補償など、戦力がまだまだ流動的ではあるが、マスコミ紙上での巨人上層部の発言などから、少なくとも野手陣の大幅な戦力補強の可能性は限りなく少ないと見てるので、現在決まってるメンバーを元に分析していく。



シーズン終了後、原辰徳監督が編成権を併せ持った全権監督として新たに就任し、就任直後のドラフト会議から精力的に活動して、野手だけでもオリックスを自由契約となった中島裕之、新外国人としてメジャーで今年HR20本放っているビヤヌエバを、そしてFAでは西武の炭谷銀仁朗と、極めつけは2年連続セリーグMVPで広島の丸佳浩を獲得した。
その一方で、主な一軍経験者ではマギーを筆頭に辻東倫と、第二次原政権の期待の若手だった中井大介(その後DeNAへ入団)を自由契約に、同じく橋本到を金銭で楽天にトレードに出して伸び悩んでいた中堅選手をバッサリ切った(そしてベテランでは脇谷亮太と寺内崇幸が現役を引退を決めた)
この中では特に、不足していた左の外野手である橋本をあえてトレードに出した事には少々驚いたが、同年代の丸が入団した事実を目の当たりすれば納得するトレードだった(益々出場チャンスが減る状況となるので、故郷のチームに出したという事だろう)
一方で、マギーをリリースした時は、個人的には「左の強打者」という条件で新外国人獲得に動くと見ていたが、どうやら球団はそこに固執しないで、去年メジャーで20発放ち、まだ27歳と伸び盛りの右の大砲ビヤヌエバの能力を買って選択したようだ。冒頭でも書いたように、まだFAによる人的補償の可能性が最大で2名あるので、野手編成もまだまだ流動的ではあるが、とりあえず来シーズンの巨人打線を私なりに考えていく。




★2019 スタメン候補(太字は左打者)
捕手  小林、炭谷、阿部、大城
一塁手 岡本、ビヤヌエバ、中島
二塁手 吉川尚、田中俊
三塁手 ビヤヌエバ、岡本、中島
遊撃手 坂本勇
左翼手 ゲレーロ、亀井、重信、松原
中堅手 
右翼手 陽、長野、亀井
シーズンが進んでいけば故障や不調などで、上記にいない選手がスタメンで起用されるケースも出てくるかもしれないが、開幕から交流戦までは余程のイレギュラーがない限り、このメンバーでスタメンを構成するだろう。



★2019 打順 Aプラン
1➅坂本勇人
2➃吉川尚輝
3⓼丸佳浩
4➂岡本和真
5➄ビヤヌエバ
6➆ゲレーロ
7⓽長野久義(陽)
8➁小林誠司(炭谷銀仁朗)
~ポイント~
・恐らく、現時点では最も考えられるオーソドックスなオーダーで、7番、8番のところが流動的だが、基本はこの形と思われる。
・どちらかというと上位打線は高い出塁率と平均以上の走力が売りで、クリーンアップ以降は繋ぐ事よりもHRによる得点が期待できる布陣となっている。
・キャンプも始まっていないので何とも言えないが、ここまでの監督の発言を聞いてると「理想はサード岡本」「但し現状ではファースト岡本」という感触を持っている。
若い岡本に負担を与えない為に、当面は慣れたファーストで起用すると見ている。
・小林と炭谷の打力の比較は、過去の数字上の比較上ではそんなに大きな差はないが、去年の両者のバッティング映像を比較して見ると技術的には炭谷の方が上で、小林のバッティングは大幅な修正が必要と見ている。
但し、どちらをメインに起用するべきかは、エース菅野との相性も考慮せねばならないし、現時点では何とも言えない。
ただ、小林が開幕からスタメンを奪うためには、オープン戦からバッティングでもアピールしていかないと、監督は「新しい駒」を先に使うことになるだろう。
・捕手に再び挑戦する阿部の起用法は、終盤の競った展開で代打として出場し、そのまま「抑え捕手」で起用されるケースが出来るようになればチームにとってこの上なく有り難いが、現実的にはまだまだ不透明で何とも言えない。
・ライトはポジション争いが激化するだろう。恐らく開幕から暫くは長野と陽のどちらかをメインに起用し、亀井はサブにまわる可能性が高い。
そして、若手枠という事で松原と重信の台頭を期待したいところだが、両者ともに強肩とは言えないので、監督がライトのスタメンで起用するとは考えずらい。
あるのならゲレーロが不振で「煮詰まってしまったレフト」か、又は監督が思い切ってセンター丸をライトにコンバートしてセンターを若くて活きの良い重信や松原を起用する形になるのか?(まあ。。現実的には可能性は低いが。。)
~長所~
・ポイントゲッターとして最も期待する4番岡本、5番ビヤヌエバの前に、出塁率が非常に高い坂本と丸を置き、しかも両者の間に俊足好打の吉川尚を置くことで、ビッグイニングが期待できる。
・2番と8番を除いて何処からでもHRによる得点が期待出来る。
~短所~
・4番以降の走力が平均以下で、しかも新外国人が並ぶ打線なので細かいサインプレーを用いた緻密な策が取れない。
・待望の左のスラッガーである丸が加入したものの、やはり4番以降は右偏重で、しかも5番、6番、7番は「フリースインガー」が並ぶ事が多くなるので、前回のブログで指摘したように「同じ投手に何度もやられたり」「同じパターンの配球で簡単に打ち取られたり」など、まだまだ相手バッテリーからすれば対処しやすい打線とも言える。



★2018 打順 Bプラン
1➃吉川尚
2⓼重信(松原)
3➅坂本
4➂岡本
5⓽丸
6➄ビヤヌエバ
7➆ゲレーロ
8➁小林(炭谷)
~ポイント~
・この打線が組めるようになれば、打線に関してはカープと五分以上の力関係になると思う。
但し、この打線の肝となる1番吉川尚、2番重信または松原が、来春のキャンプで急成長し、オープン戦でも今年の岡本のように有無を言わせない活躍を見せないと実現しない。
はっきり言って現状では絵に描いた餅にすぎないが、この打線が実現したらG党のワクワク感は半端ないだろう。
・岡本の周りを坂本と丸で支える形になれば、4番岡本の未来はより明るいモノとなる。



【総評】
・やはり、こうやって巨人打線を細かく見ていくと、弊ブログでは散々指摘してきた「新外国人は左のスラッガータイプ」が、どうしても必要だと今でも痛感してるが、右のビヤヌエバ(MLBでは右投手に弱いという嫌なデータがある)の獲得が正式に決まってるので仕方がない。
だが、現有戦力で去年よりも得点力を上げるためには、少なくとも4番を任せられる岡本が、他球団の徹底マークをかいくぐって去年並みの成績を残していかないと話にならないし、その為には彼の前後を任せられる選手のサポートが非常に重要となる。
・一方で岡本、ビヤヌエバ、ゲレーロがそれなりに結果を残して固定されると、今年と比べて代打陣の層が圧倒的に厚くなる。
左は阿部と亀井、右は中島と陽(長野)という強力なベテランが控えているので、競り合いの中で迎えた終盤や、ダメ押しが欲しい中盤以降で活躍が期待できる。
そして、そのあたりの選手起用、駒の使い方、用兵に関しては球界屈指の手腕を持つ原監督ならば、彼らのモチベーションを保つ為に時々スタメンで起用したり、あっと驚くタイミングで起用する事も十分にありえるだろう。
・原監督は過去の戦績・実績を振り返っても「持ち駒に困らないくらいの戦力」を有している時は、本当にチームの導き方が上手いモチベーターなので、個人的には不安よりも期待の方が打線に関しては先行している。
まあ、優勝するためには投手陣の整備も絶対に必要ではあるので何とも言えないが、少なくとも打線の強化という課題については、前段で書いた不安はあるもののそれなりに前進したと思う。

以上 敬称略
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
いつも応援有り難うございます!
あなたからの清き一票がブログを更新する原動力となります
是非、上記バナーをクリックして応援をお願い致します!