【G】田口に負けるな今村信貴!【プロ野球トピックス雑感 4月13日】

NO IMAGE

今日から横浜スタジアムで、横浜DeNAベイスターズと3連戦を行う読売ジャイアンツ。
しかし、初戦は残念ながら中止となった。

今回は3連戦の展望を行う予定だったが、先発投手が全く読めない状況下での予想は出来ないので、展望は明日の記事で書くことにする。

今回は気になる新聞記事を引用しながら感想を書いていきたい。

巨人・杉内、キャリア後半は『制球と変化球』斎藤投手Cのすすめ  サンスポ

直球の切れとスピードが落ちている事で、スライダー・チェンジアップで空振りが取れなくなっている。
セリーグ各打者が慣れてきた事も大きいが、今後はカーブを含めて緩急が使えないと更に厳しくなる。
現状では、奪ってるアウトが三振とフライアウトが中心だが、これがゴロアウト中心になった時に「モデルチェンジ」が完成したと言える。


巨人・村田、復調気配「だいぶ形になってきた。後は角度」  
サンスポ

確かにSとの3戦目の最終打席は「間」を感じるスイングで綺麗にヒットを放った。
但し、初球の甘いボールを簡単に見送る癖は相変わらずで、その部分も考え直さないと元の木阿弥になってしまう可能性が強い。
彼に求めるのは、しっかり初球から狙い球を絞ってフルスイングすること。
その為には早めに始動して「立ち後れ」をしない意識が大事になる。

【巨人】【復活を目指して】今村「杉内フォーム」で復調 スポーツ報知

田口・高木勇の台頭で1軍ローテの門が更に狭くなったが、宮國・小山と共にGにとっては絶対必要な戦力には変わりない。

やはり先日プロ初勝利した田口と比べてしまうが、彼と今村の現時点での違いは「決め球」の違いだと思う。
両者はスライダーを得意球にしているが、手元で大きく変化する田口のスライダーに対して、今村の変化球は総じて曲がりが早い。

元々キャッチャー方向に突っ込み気味で投げる彼のピッチングは、球離れが遅く打者が差し込まれやすいボールだった。
しかし、徐々に相手打者が彼に慣れてくると、追い込まれてもなかなか討ち取れなくなってきた。こうなると、ボールの威力をつける事を本人は考えるが、この意識が投球フォームのバランスを崩す要因となった。

制球が悪くなると、今度はそれを意識しすぎて腕が振れなくなり、小手先でボールを操ろうとしてしまう。
こうなると、変化球の曲がりが早くなって、打者がタイミングを合わせることが容易になる。
「低めの変化球に手を出してくれない」「際どいコースの直球を見極められてしまう」
これらは打者のタイミングは合っているからこそ起こり得ること。
この悪循環の繰り返しになっていた。

但し、これはプロの怖さを知らない田口と、怖さを知ってる今村の違いが大きい。
壁に当たっていない田口も、これから今村の苦しみを味わう。
ようやく光が見え始めてきた今村の逆襲はこれから始まる。
二人の本当の勝負はそこからになる。

マイコラス“3度目の正直”へ「魔の2回」超える スポーツ報知

彼なりに頑張ってる姿は率直に評価したい。
「上がり」でベンチ入りしている際にも、同僚に積極的に声をかけている姿は素晴らしいと思う。 
しかし、彼の登板日にチームが勝つイメージが全く湧かない。
勿論、打線が本調子でない事が大きいが、簡単に先取点・同点を許してしまう内容では、結果以上に印象が良くない。

彼については、それ以外についての「課題」が多い。
しかし、彼を先発で起用した首脳陣の決断を、今更とやかく言うつもりはない。

勝つイメージが湧かない現状で、彼に求めるのはイニングイーターとしてリリーフ陣の負担を軽減してくれる事。
今はこれ以上の期待はしていない。

 

DeNA・井納、Gに借り返す「どんどんストライク取りたい」 サンスポ

今のG打線が彼を打ち崩すイメージは残念ながら無い。
しかし、完璧に押さえ込まれるイメージも無い。
恐らくG先発のデキ次第で勝敗が決するような気がするが、序盤で何とか加点して彼のペースに乗せないことが重要となるだろう。

以上 敬称略


プロ野球ランキング

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村