「課題を見つけたG若手」と「噂通りのD新戦力」【超激辛GD練習試合レポート2月19日】

NO IMAGE

今日、読売ジャイアンツは、同じリーグの中日ドラゴンズと練習試合を行った。
去年のドラフトでは即戦力ルーキーを多く獲得したドラゴンズだが、彼らのプレーぶりにも注目していきたい。


★G出場野手雑感
①ショート 坂本
3打数無安打
*ややバットの先でセンターフライ
*タイミングを外されてレフトフライ
*ややバットの先でセンターフライ
今日のバッティングは、ややタイミングが外れるケースが多かったが、内容はそんなに悪くない。

②セカンド 井端
3打数2安打
*詰まりながらもライト前ヒット
*しぶとく一二塁間ヒット
*やや差し込まれてレフトフライ
しぶといヒット2本と、最後の打席は思いきり引っ張ってのレフトフライ。
内容たっぷりのバッティングで仕上がりが早い。

③レフト 亀井
3打数2安打1打点
*タイミングが外れてショートゴロ
*詰まり気味だがライト前ヒット 打点1
*しぶとく一二塁間ヒット
バッティングの状態は、前日と変わらず下降線にあると思うが、しぶとくヒットを稼いでいた。

④センター 大田
5打数2安打2打点 三塁打1
*厳しいコースに手が出ず見送り三振
*厳しいコースに手がです見送り三振
*右方向に強く叩いて右中間スリーベース 打点1
*タイミングがズレてファーストフライ
*引っ掻けながら三遊間ヒット 打点1
ベースを広く使われて、その対応に苦しんでいた打席が多かったが、それでも何とか今日も結果を残した。
課題は内に強いボールを見せられた後の、外のボールへの対応になる。
打つポイントがかなり近いので、直球に差し込まれるのを意識し過ぎると、外のボールの見切りが早くなる。
今日の見送り方はあまり良くなかった。

⑤サード 村田
3打数無安打
*タイミングをずらされてレフトフライ
*中途半端なスイングで空振り三振
*詰まってショートフライ
徐々に体のキレを感じる動きになってきた。
中井の状態が良いだけに安穏とはしてられない。

⑥ファースト 堂上
4打数1安打
*タイミングを外されてセンターフライ
*ボテボテのファーストゴロ
*合わせてセンター前ヒット
*ややタイミングが外れてセンターフライ
彼も大田と同じく、ボールを巧く出し入れされて、その対応に苦労していた。
守備ではグラブ捌きが固く、捕球エラーが失点に繋がってしまった。

⑦DH 金城
3打数1安打
*やや詰まり気味のセンターフライ
*やや差し込まれてライトフライ
*綺麗に流して三遊間ヒット

⑧ライト 橋本
4打数3安打
*やや差し込まれたが一二塁間ヒット
*巧く合わせてレフト前ヒット
*綺麗に弾き返してセンター前ヒット
*厳しいコースを空振り三振
足を上げる新フォームが形になりつつある。
よって徐々にタイミングが合ってきている。
だが、最後の打席は相手のクイックに合っていなかった。

⑨キャッチャー 小林
2打数1安打
*巧く拾ってセンター前ヒット
*完全に差し込まれてピッチャーゴロ
序盤で相手に盗塁を何度も決められる場面があったが、これは杉内の方に問題がある。

⑩キャッチャー 鬼屋敷 途中出場
2打数無安打
*右打ちするがファーストゴロ 
*空振り三振

⑪ショート 寺内 途中出場
2打数無安打
*バットの先でセカンドハーフライナー
*バットの先でセカンドエラー出塁

⑫セカンド 藤村 途中出場
2打数無安打
*空振り三振
*引っ掻けてセカンドゴロ(走者進塁)

⑬レフト 松本哲 途中出場
1打数無安打1四球
*相手が制球乱して四球
*やや差し込まれてファーストゴロ
打席で非常に粘り強さを感じる。
「1打席も無駄にしないという」気持ちだろう。

⑭サード 中井 途中出場
2打数無安打
*ボール球に手を出してピッチャーゴロWプレー
*打ち上げてファーストフライ
状態が良いので、自滅の形でボール球に手を出していた。
積極性の中にも冷静さが求められる。
今の彼にはこれを求めるには十分の力がついている。

⑮代打 相川 
1打数1安打
*しぶとくセンター前ヒット


☆G出場投手雑感
①杉内
*2回2安打1失点2奪三振
直球とスライダーを中心にチェンジアップを少々投げる。
直球のスピードは133キロ前後。
スライダーのキレはまずまず良かった。
立ち上がりに連打と盗塁で失点したが、順調と見てよいと思う。
勿論、今日のデキのままでシーズンに入られたら厳しいが、間違いなく開幕へ向けて状態を上げてくるだろう。
フォームは非常にバランスが良かった。
盗塁を幾度か許していたが、今日のところはフォームのバランスを優先していたと思うので問題視しない。

②小山
*1回1安打1死球 無失点2奪三振
ファーストベースカバーの際にランナーと衝突、幸い大事には至らなかったが、直後の打者にフォークが抜けて頭部直撃のデッドボールで退場となる。
直球のスピードは平均で140キロ、最速で143キロだった。
変化球はフォークを中心にスローカーブを少々。
状態としては悪くなかったが、残念ながら頭部死球で途中交代となった。
メンタル面で今後の影響が無い事を願いたい。

③青木
*2回4安打4失点(自責1)
直球のスピードは128キロ前後。
変化球はスライダーとカーブを中心にチェンジアップ。
彼もベテランになってきたので、今の時期で評価するのは酷だが、他の中継ぎ候補の状態が良いだけに、立場は苦しくなったと言わざるをえない。
元々直球のスピードはないが、少なくとも135キロ出せなければ変化球が活きてこない。
その証拠に、左打者がタイミングを崩すようなケースがあまり見られなかった。

④江柄子
*2回4安打2失点1奪三振
直球のスピードは平均138キロ。
変化球はスライダー・カーブ・シュート・フォーク。
前回同様、詰めの甘いピッチングだった。
時折見せる低めに制球された直球は素晴らしいが、全体的に高めに浮くボールが多い。
ボールにするケースと、勝負するケースが全く同じで、投球にメリハリが無い。

⑤笠原
*2回無安打1死球 無失点2奪三振
直球のスピードは平均で141キロ、最速で144キロ。
変化球はフォークを中心にカーブを少々。
今日は変化球が決まらなかったが、明らかなボールにはなっていない。
去年までは、打者からすれば早い段階でボールを見切れる球道だったが、今はそうではない。
1イニング目がかなり目一杯だったので、2イニング目は若干球威が落ちていた。


※総評
D 100 311 100 7
G 001 010 001 3
試合は序盤から足を絡めた攻撃でDが主導権を奪い、そのままの流れで勝利した。
注目したDドラフト組に共通しているのは、実戦的な選手であるという事。
やはりノンプロで揉まれていたので、プレーの質は悪くない。
特に友永と井領は、左投手に対してもバッティングが崩れていないので出場機会が多くなるだろう。
新外国人のナニータもバッティングが柔らかく、こちらも実戦的なプレーをする印象が強い。
長距離砲ではないので、平田や和田と比べると怖さは無いが、主力のスペアとして考えているなら面白い存在だと思う。
一方で気になるのは、彼らはあくまでも走者を返す主軸では無いので、ルナ・森野・和田の成績がやはり打線のポイントになる事。
それぞれ年齢的に曲がり角に来ている事は否めないので、主軸としての素質がある高橋周が、クリーンアップの一角を占めるようにならないと、年間通してでは打線は厳しくなる。
大島・荒木を含めて枝葉となる選手の層は、確かに厚くなったが、彼らをホームに返す選手の台頭が望まれる。
投手陣では先発の小熊は良かった。
切れのある直球を内と外の際どいコースへキッチリ制球され、スライダーの出し入れも良かった。
これに決め球として落ちるボールを持っていれば、面白い存在になる。
Gについては、この試合で多くの課題が生まれた。
特に成長著しい中井・大田でも、コーナーをキッチリ投げ分けられると簡単に攻略できるものではない。
しかも相手は自分達の弱点を熟知しているドラゴンズ。
反省するポイントを見つけられたと思う。
これから更にレベルアップするには、避けては通れない壁である。


以上 敬称略

皆様からのご意見・ご感想を心よりお待ちしております
超激辛NPBコラムtwitterでは
映像写真を使った補足説明を行っております
Twitterアカウント@hideo469998で検索