「クックの誤算でリリーフ陣を再検討せざるを得なくなった原監督」ヤクルトvs巨人 オープン戦 2019.3.16

「クックの誤算でリリーフ陣を再検討せざるを得なくなった原監督」ヤクルトvs巨人 オープン戦 2019.3.16

土曜日の今日、巨人は神宮球場でヤクルトとオープン戦を行った。
近年、投手陣が打ち込まれるケースが多い神宮で、果たしてどういう投球を見せてくれるのか?ここを注目していきたい。



【スタメン】


【巨人攻撃経過:選手短評】
1二 吉川尚輝 4打数1安打
➀カウント1-1から真ん中シュートを捉えてセンターフェンス直撃の二塁打
➁カウント2-2から真ん中低めのシュートに合わせるがショートゴロ
➃カウント2-0から真ん中低めのショートを引っかけてセカンドゴロ
➅カウント2-2から真ん中高めのスライダーに詰まってセカンドゴロ、チェンジ
★一番打者としてはどんな形でも良いので一試合で二度は出塁したい。

⇒二 田中俊太
★セカンドの守備では好プレーを見せたが、このプレーでどこか痛めたか?(打席に立たずに交代)

⇒二 吉川大幾 1打数1安打
➇カウント1-0から真ん中直球を捉えてセンター前ヒット
★少ないチャンスを確実に活かしている。

2遊 坂本勇人 3打数1安打1四球 打点1(HR1)
➀フルカウントから真ん中低めのスライダーを見極めて四球
➁カウント1-0から内角シュートに詰まってセカンドゴロ、チェンジ
➃フルカウントから外角直球をバットの先でショートゴロ、チェンジ
➆カウント1-1から真ん中直球を完璧に捉えて右中間スタンドへホームラン 打点1
★第四打席は久しぶりにタイミングがバッチリ合った打席(HR)だった。
恐らくこれで少しづつ良くなっていくだろう。

⇒遊 山本泰寛 1打数0安打
➇カウント1-2から外角直球をバットの先でライトフライ、チェンジ
★全ての打席で右方向への打球を狙うのではなく、カウントや試合状況を考えて、時には強引なスイングを相手バッテリーに見せておく必要がある。

3中 丸佳浩 3打数2安打 打点1、盗塁1
➀初球の外角低めのシュートを捉えてセンター前へのタイムリーヒット 打点1
➂カウント2-0から真ん中シュートを捉えてセンター前ヒット
➄カウント0-1から外角低めのカットボールを引っかけてファーストゴロ
★去年は全く打てなかった(9打数0安打5三振)原に対して、オープン戦とはいえ完璧に捉えてヒットを重ねた事は本番に向けて大きいと思う。
★3回には二盗も決めた。

⇒中一 マルティネス 2打数0安打
➆カウント1-0から真ん中直球に詰まってライトフライ
➈カウント1-2から外角高めのチェンジアップを空振り三振
★右打席は技術的にはまだまだ一軍レベルとは言えない。
★慣れないセンターの守備では打球判断の拙さが露呈していた

4一 岡本和真 1打数0安打3四死球
➀フルカウントから外角低めのスライダーを見極めて四球
➂カウント1-2から二盗成功⇒カウント2-2から内角シュートを右手首にデッドボール
➄フルカウントから直球が外角に大きく外れて四球
➆カウント2-2から内角低めのチェンジアップを空振り三振
★デッドボールで手首を痛めていなければ良いが。。。

⇒中 立岡宗一郎 1打数0安打
➈初球の真ん中直球を引っかけてセカンドゴロ
★凡打の内容は毎度おなじみ。

5左 亀井善行 2打数1安打 打点4(HR1)
➀カウント3-1から真ん中シュートを捉えて右中間スタンドへ満塁ホームラン 打点4
➂カウント1-0から外角ショートを引っかけてセカンドゴロ進塁打、走者は2.3塁へ進塁
★ホームランの打席は久しぶりにバットのヘッドが綺麗に抜けた彼らしいスイングだった。

⇒左 ゲレーロ 2打数1安打1死球」
➄フルカウントから真ん中低めのスライダーを空振り三振
➆カウント0-1から内角直球が腕にかすってデッドボール
➈カウント1-2から真ん中直球を捉えてライト線への二塁打
★状態はまだまだ本調子とは言えない。

6三 ビヤヌエバ 5打数1安打 打点2
➀カウント1-0から真ん中高めの直球に差し込まれてライトフライ
➂カウント2-2から外角スライダーを引っかけてサード頭上を越えるタイムリーヒット 打点2
➄カウント2-2から外角スライダーを見逃し三振
➆カウント0-1から真ん中高め直球に詰まってファーストフライ、チェンジ
➈カウント1-0から内角低めの直球に差し込まれてショートフライ、チェンジ
★ラッキーなタイムリーヒットはあったが、バッティングの内容はかなり良くない。
★現在の状態は、ボールを引き付ける作業が完全に省かれてしまってるので、自分でボールを追っかけに行ってバットとボールを衝突させているだけのバッティングになっている。

7右 陽岱鋼 3打数0安打1死球
➀カウント0-2から外角カットボールを見逃し三振
➂カウント1-1から内角シュートを肘にデッドボール
➅内角低めの直球を引っかけてショートゴロ
➇内角直球に詰まってサードゴロ
★もう少しボールを長く見れる用になってほしいが。。。

8捕 大城卓三 3打数1安打
➀初球の真ん中シュートに詰まってショートゴロ、チェンジ
➂初球の内角シュートを捉えるが3-6-1のダブルプレー、チェンジ
➅カウント2-2から真ん中カーブを捉えてファースト強襲ヒット
★バッティングはキッチリ捉える打球が多かった。
★一方で守備の方では、二盗を三度許し(投手のクイックに問題があった)一度阻止した。

⇒捕 宇佐見真吾 1打数1安打
➇フルカウントから真ん中高めの直球を捉えてレフト前ヒット
★対左投手でも結果を残してバッティングではアピールに成功していた。

9指 石川慎吾 2打数0安打
➁カウント1-1から真ん中低めのシュートに差し込まれてセカンドゴロ
➃カウント1-2から真ん中スライダーを空振り三振
★甘いボールをミスショットするケースが目立ち残念な結果に終わった。

⇒指 中島宏之 2打数0安打
➅カウント2-2から内角低めの直球に詰まってショートゴロ
➇カウント0-2から外角低めのチェンジアップを空振り三振
★相手の高橋に対して全くタイミングが合っていなかった。




【巨人投手雑感】
1 高田萌生 3回2安打3四球3奪三振 失点2
➀先頭の坂口に二塁打、青木がセカンドゴロ、山田はショートゴロ(失点1)、バレンティンには攻めきれずに四球、雄平からは三振を奪う。
➁先頭の村上を三振、西浦は三塁前へのセーフティーバント、松本は5-4-3のダブルプレーで退ける。
➂先頭の塩見に四球・二盗、坂口も四球、青木は三振、山田はショートゴロ(失点1)バレンティンもショートゴロ。
★直球の平均球速は140キロ強、変化球はカーブ、フォーク、スライダー。
★二軍降格前の投球よりも良かった点は、カウント球でカーブがまずまず機能していたこと、右打者への内角直球もそれなりに制球出来ていた事くらいか?
★フォームを気にしながら投げてるのが相手ベンチにバレバレだし、クイックの課題は解消されていないし、あれだけボールの質にバラツキがある状態で個人的には「何で一軍に上げたの?」という疑問を感じざるをえなかった。
★批判覚悟で言えば、首脳陣の彼に対する過剰な期待は彼に対して決して良いとは思えない。
★キャンプ期間中の投球を見たら、そこから3~4週間の調整で急激に変わるようなレベルに達しているとは思えなかったし、もっとジックリ腰を据えて育成すべきである。

2 田原誠次 1回1安打 失点1(HR1)
➃先頭の雄平をセカンドライナー、村上にはホームランを浴び、西浦はセンターフライ、松本はセカンドゴロ。
★直球の平均球速は、変化球はカーブ、チェンジアップ、シュート。
★内容は良くなかったが、右打者はキッチリ仕留めたのでそこは評価したい。

3 野上亮磨 3回5安打1奪三振 失点2
➄先頭の塩見に1.2塁間ヒット・二盗失敗、坂口は外野の拙いプレーで三塁打、青木はショートゴロ(失点1)山田はレフトフライ。
➅先頭のバレンティンはレフト前ヒット、雄平には痛烈なセカンドゴロ、村上は三振、西浦には捉えられてセンターフライ。
➆先頭の中村はレフトフライ、塩見はセンター前ヒット、宮本は右中間突破の三塁打、吉田はショートライナー、廣岡はレフトフライ
★直球の平均球速は140キロ前後、変化球はスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ、ツーシーム
★フルスイングされたり捉えられた打球が多かったので、狭い球場での登板は今年も正直言って怖い。
★全体的に変化球の精度が甘いので、直球をコーナーに突いても見切られてしまっている。

4 クック 1回1安打2奪三振 失点0
➇先頭の上田にはセカンドゴロ、荒木にはセンター前ヒット、村上は三振、西浦は見逃し三振。
★直球の平均球速は140キロ中盤、変化球はスライダー
★ボールが抜け気味で真ん中高めに集まる
★直球の質も良くないの打者を押し込めていない。
★前回は全く決まらなかったスライダーはまずまず決まっていた(ボールは高い)
★クイックモーションは出来ない。
★一塁への牽制球のターンはそれなりに速い。
★この試合の投球内容を踏まえた上で、今後抑えとしてやっていくためにはいくつかのハードルがある。
1、直球のスピードをこれからプラス5キロ以上必要、ファールを打たせる球威も必要。
2、スライダーを低めに集めてカウントを簡単に稼ぐ。
3、勝負球になるチェンジアップの精度向上(これがこれが使えないと左打者を討ち取れない)
4、クイックモーションの習得
上記の項目すべてをクリアする必要がある。

5 桜井俊貴 1/3回2安打 失点2
➈先頭の中村はレフト前ヒット、塩見には左中間突破の三塁打を許す(失点1)大引はショートへのハーフライナー、ここで交代。
★直球の平均球速は140キロ前半、変化球はスライダー、カーブ。
★前回と同じく内容が良くなかった。
★直球のキレもイマイチで、変化球でカウントを稼いで有利な状況を作れていなかった。

6 吉川光夫 2/3回0安打2四球 失点0
➈吉田はセンターへの犠牲フライ(失点1)廣岡は四球、上田も四球、荒木はセンターフライ、ゲームセット
★直球の平均球速は140キロ前半、変化球はカーブ、スライダー、チェンジアップ。
★直球の走りは今一つで変化球も制御できずに苦しんでいたが、それでも何とか凌いだという内容。
★2アウトからの連続四球は自身の評価を大きく下げてしまう。
★ソフトバンク戦での投球とは雲泥の差なので、もしかしたら神宮のマウンドは特殊で彼には合わないということもありえる。

【注目選手雑感】
1 高橋奎二
★去年、プロ初勝利を上げた高卒五年目の本格派左腕。
★昔の小川張りに右足を高く上げるフォームが特徴。
★直球の平均球速は140キロ中盤、カーブ、チェンジアップ、スライダー。
★カウント球はコースを狙って140キロ前半、勝負球に使う直球は140キロ後半を超え、相手打者を球威で押し込んでいる。
★課題はカウント球で使いたいカーブとスライダーの精度で、これがなかなか決まらないでカウントを取りに行った直球を狙い打たれる傾向がある。
★右打者にはチェンジアップも十分に勝負球として使える。
★若さ溢れる小気味の良い投球が魅力的で、前段の課題を克服すれば二けた勝利の可能性も十分に感じる。

【試合スコア:登板投手】
巨人 502 000 100 8
ヤク 101 110 102 7
高田3回-田原1回-野上3回-クック1回-桜井1/3-吉川光1回
原4回-中澤1/3-風張2/3-高橋4回

【総評】
1 試合結果は巨人勝利だが、内容的にはヤクルト側の方が収穫は多かった
この試合の巨人の収穫は丸・坂本・亀井の中堅・ベテラン勢が調子を上げるきっかけを掴んだぐらいで、特に投手陣は不安が露呈してしまった。
一方でヤクルト側に関しては、投打で若い選手が躍動して去年よりも間違いなく戦力の底上げが出来ている事を結果と内容で表していた。
但し、またまた打たれた村上に関しては、以前の幣ブログで指摘したように明確な弱点があるので、巨人側からすればホームランを打たれた打席とそれ以外の抑えた打席で何が違ったのかを分析すれば、彼の弱点と攻略法はハッキリしてくるだろう。

2 原監督はリリーフ陣をどのように構築していくのか?
抑え役として期待していたクックがいよいよ怪しくなってきたので、リリーフ陣の構成を再検討せざるをえない状況となってしまった。
では彼の代わりの抑えは誰が適任なのか?
抑え役が決まらないとセットアッパー役も決まらないので厳しくなる。
果たして誰になるのか?
クックを見切り発車で使っていくのか?
吉川光の球威を買って抜擢するのか?
大江の大抜擢?(個人的にはありえないと思っているが。。)
澤村が先発に再転向し、マシソンが出遅れている状況なので、使える選択肢は少ないが果たしてどうするのか?
個人的には大江、戸根、坂本、桜井などが日替わりのセットアッパー役で、吉川光が抑え役という形がベターだと思っているが、経験という面でかなり不安なメンバーではある。。。
クック。。。頼むよ。。。泣
以上 敬称略
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
いつも応援有り難うございます!
あなたからの清き一票がブログを更新する原動力となります
是非、上記バナーをクリックして応援をお願い致します!