「準レギュラークラスの成長で層が厚くなった巨人野手陣」西武vs巨人 オープン戦 2019.3.21

「準レギュラークラスの成長で層が厚くなった巨人野手陣」西武vs巨人 オープン戦 2019.3.21

春分の日、巨人はメットライフドームに移動して西武とオープン戦を行った。
見どころはNPB屈指の猛打を誇る西武打線に対して、巨人先発のルーキー高橋優がどこまで通用するのか?
前日の日本ハムとのオープン戦で、先発ローテ入りを争っている畠が好投しているだけに、彼も相当な覚悟でマウンドに立っていたと思う。



【スタメン】

【巨人攻撃経過:選手短評】
1二 吉川尚輝 4打数1安打
➀カウント0-2から内角直球を見逃し三振
➂カウント0-2から真ん中低めのスライダーを引っかけてファーストゴロ
➄カウント0-1から外角高めの直球を捉えてレフト線への2塁打
➅初球の外角直球を合わせただけのショートゴロ、チェンジ
★多和田の緩急を使った投球に面食らっていたが、3打席目でアジャストした辺りに彼の野球センスを感じる。

⇒二 吉川大幾 1打数0安打
➇カウント1-0から内角低めの直球に詰まってライトフライ
★チャンスの場面だったがモノに出来なかった。

2遊 坂本勇人 3打数1安打1四球 打点3
➀フルカウントから真ん中高めのスライダーを捉えるがライトフライ
➂カウント2-2から真ん中高めの直球を空振り三振、チェンジ
➄カウント2-0から真ん中高めのスライダーを捉えて左中間スタンドへ3ランHR、打点3
➆カウント3-0から直球が低めに外れて四球
★彼も多和田の投球にタイミングが合っていなかったが、3度目の打席で甘いボールを一発で仕留めた。

⇒走中 立岡宗一郎 1打数0安打
➇カウント0-2から真ん中低めのチェンジアップを空振り三振、チェンジ
★後手を踏んだままアッサリ三振してしまった。

3中 丸佳浩 4打数2安打
➀カウント1-1から外角直球を引っかけてセカンドゴロ、チェンジ
➃カウント1-1から外角シュートを引っかけて1.2塁間ヒット
➄カウント1-0から真ん中カーブを打ち上げてショートフライ
➆カウント2-0から内角直球に詰まりながらもレフト線へ2塁打
★相変わらずタイミング的には差し込まれていたが、そんな状態でもマルチヒットという結果は流石の一言。

⇒遊 山本泰寛 1打数1安打
➈フルカウントから外角低めの直球を捉えてライト前ヒット
★相手のセットアッパーから大量得点を奪うキッカケとなった見事なヒット。

4一 岡本和真 4打数2安打 打点1(HR1)
➁カウント1-2から外角低めの直球を捉えてセンターバックスクリーンへHR、打点1
➃カウント2-2から外角低めの直球を捉えてレフト前ヒット
➄カウント2-2から外角直球に合わせるがライトフライ、チェンジ
➆カウント1-2から外角低めのチェンジアップを空振り三振
★多和田に対してはタイミングが合うようで相性の良さを感じる。
★バッティングの状態は間違いなく上昇傾向である。

⇒一 大城卓三 1打数0安打
➈カウント1-2から内角直球を見逃し三振
★直球に対して力負けしていた。
★ファーストの守備では一度だけ守備機会があり、ゴロを無難に処理した。

5左 亀井善行 3打数2安打
➁カウント2-1から真ん中直球を捉えてライト前ヒット
➃カウント2-1から真ん中スライダーを捉えるがセンターフライ、2塁走者は3塁進塁
➅フルカウントから真ん中低めの直球を捉えてレフト前ヒット
★彼も多和田に対してタイミングがバッチリ合っていた。
★コースに逆らわないバッティングが続いており状態は良い。

⇒三 マルティネス 1打数1安打1死球 打点2
➆カウント2-2から真ん中高めのチェンジアップを捉えて1塁線突破の2塁打(3塁を狙ってアウト)打点2
➈初球の直球が右肘に当たり死球
★左打席の方が懐の深いバッティングが出来る。

6右 陽岱鋼 4打数1安打 打点3(HR1)
➁初球の真ん中直球を捉えるが1-6-3のダブルプレー
➃カウント3-1から外角直球を引っかけてショートゴロ、3塁走者は本塁生還で打点1
➅カウント1-1から真ん中直球を捉えて左中間スタンドへ2ランHR、打点2
➆カウント2-2から外角チェンジアップを引っかけてサードゴロ、チェンジ
★数字だけを見れば大活躍という事にはなるが、厳しい言い方をすれば結果オーライのバッティングという評価になる(特に第2打席の内容)
★まあ、何度も同じことを書くが、彼の場合は下位打線でフリーに打たせた方が良い結果が期待できるのかもしれない。

⇒右 石川慎吾 1打数1安打 打点1
➈カウント0-1から内角直球にやや詰まりながらもセンター前へタイムリーヒット、打点1
★玄人受けする見事なバッティングで、恐らく原監督の評価は上がったと思う。

7三 中島宏之 2打数1安打1四球
➁フルカウントから直球が外角に外れて四球
➃カウント1-0から内角直球に詰まってサードゴロ、チェンジ
➅カウント2-1から外角低めのカーブを捉えてセンター前ヒット
★ボールの見極めは悪くなっていないので問題ない。

⇒走左 重信慎之介 2打数1安打 打点3(HR1
➇初球の外角直球に合わせただけのレフトフライ
➈カウント2-0から真ん中高めの直球を捉えてライトスタンドへ3ランHR、打点3
★第1打席は失望させるバッティング内容だったが、第2打席は原監督に「小力」があるところを見せつけた。
★但し、彼が目指す高み(1軍のリードオフマン)に到達するには、第1打席のようなバッティングを無くしていかないと厳しい。

8指 田中俊太 2打数0安打
➁カウント2-1から真ん中スライダーに詰まってショートゴロ、チェンジ
➄フルカウントから外角直球を空振り三振
★良いところなく2打席を終えてしまった。

⇒打 ゲレーロ 3打数1安打
➅カウント2-0から外角直球を捉えるがライトフライ
➇カウント1-0から外角スライダーをバットの先で捉えてレフト前ヒット
➈カウント1-2から内角高めのスライダーを見逃し三振
★第2打席のヒットは状態の良さを表している。

9捕 炭谷銀仁朗 5打数1安打
➂カウント1-2から外角直球を見逃し三振
➄カウント2-1から外角低めのスライダーを引っかけてサードゴロエラー
➅⇒牽制悪送球で2塁進塁⇒フルカウントから内角直球を見逃し三振
➇初球の外角直球を捉えてセンター前ヒット
➈カウント3-1から真ん中直球を捉えるがピッチャーゴロ、チェンジ
★第4.第5打席のバッティングは内容的にまずまず良かった。
★3度の二盗(2度はエンドラン)のうち2度阻止する。



【巨人投手雑感】
1 高橋優貴 5回2/3 4安打4四球6奪三振 失点2
➀金子は見逃がし三振、源田はサードライナー、秋山はレフトフライ。
➁山川はHR(失点1)森はピッチャーゴロ、外崎はレフト前ヒット、栗山は四球、木村はファーストライナー、佐藤は見逃し三振。
➂金子は見逃し三振、源田はショート内野安打、秋山は空振り三振(エンドランで二盗失敗)
➃山川は空振り三振、森はHR(失点1)外崎は四球⇒二盗失敗、栗山はセンターフライ。
➄木村はセンターフライ、佐藤はショートライナー、金子はセカンドゴロ。
➅源田は四球、秋山は三振(エンドランで二盗は成功)山川は四球、森はレフトフライ、
★直球の平均球速は140キロ強、最速は148キロ、変化球はスクリュー、カーブ、スライダー
★立ち上がりは前回と違って変化球の制球は悪くはなかった。
★しかし、2回は山川にいきなり一発を浴びて動揺し、そこから制球が乱れて苦しいピッチングになったが、何とか後続を抑えて最少失点で凌いだ。
★3回以降は森に一発を浴びたが、比較的落ち着いた投球を続けて無難な内容だった。
★彼に限った話ではないが、この試合の球審のジャッジはかなり厳しめで、投手にとっては気の毒ではあった。
★個人的に特に感心した場面は、3回の源田を不運な内野安打で出塁を許した後の秋山に対しての落ち着いたマウンドさばきで「実戦で力を発揮するタイプの投手」である事を再認識した。

2 桜井俊貴 1回1/3 1安打 失点0
➅外崎をセカンドゴロ
➆栗山はセンター前ヒット、木村はライトフライ、佐藤はセカンドフライ、金子はセンターフライ。
★直球の平均球速は140キロ強、最速で146キロ、変化球はカーブ、カットボール、ツーシーム、チェンジアップ。
★抜け球が殆どなく、球質は前回よりも断然よかった。
★カーブが決まっていればもっと楽な投球が出来ていたと思うが、まずまず合格点だと思う。

3 戸根千明 2/3回0安打 失点0
➇源田はファーストゴロ、秋山はセカンドゴロ、ここで交代。
★直球の平均球速は140キロ後半、最速は150キロ、変化球はスライダー、ショート。
★実績ある左打者二人に対して素晴らしい投球内容だった。
★今年良くなっている最大のポイントとして、左打者の内にも投げ切れている事が大きい。
元々荒れ球が特徴な投手なので、一見、手元がくるって直球が抜けているようにしか見えないが、投球の瞬間をスローで見るとしっかりシュート回転するように投げており、左打者の懐を目掛けて突っ込んでいくピッチングをしている(勿論、単なる抜け球という場合もある)
★去年までは左打者に対しては外の出し入れ一辺倒になるケースが多かったが、今年は逆球が減っているので、サインを出すキャッチャーも安心して内角を要求している。
それによって少々外角を狙ったボールが甘くなっても相手はミスショットしてファールにしてしまっている。

4 田原誠次 1/3回 1安打 失点0
➇山川はレフト前ヒット、森は空振り三振。
★直球の平均球速は140キロ強、変化球はスライダー、カーブ、シンカー。
★首脳陣の思惑としては右打者の山川をキッチリ討ち取ってくれることを望んでいたと思うが、残念ながらそうはならなかった。

5 大江竜聖 1回2安打 失点0
➈愛斗はセカンドフライ、栗山は右中間突破の2塁打、木村はセンター前ヒット、佐藤は空振り三振、金子はショートゴロ、ゲームセット
★直球の平均球速は140キロ強、変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ。
★恐らく本人的にも調子はあまり良くなかったと思うが、それでも無失点で切り抜ける事が出来た最大の要因は、変化球が常に低めに集まる事。
打者の立場で言えば、こういう投手に対してはなかなか強振できないので、どうしても気持ち的に合わせるようなスイングになるので、外野の頭を越す打球を放つことはなかなか難しい。

【試合スコア:登板投手】
巨人 010 132 204 13
西武 010 100 000 2
高橋優5回2/3-桜井1回1/3-戸根2/3-田原1/3-大江1回
多和田5回0/3-齊藤1回-田村1回-平井1回-マーティン1回

【総評】
1 注目の先発ローテの6番目は果たして畠なのか?高橋優なのか?
高橋優の投球内容に特段の不安や不満がある訳ではないが、前回のブログで書いたように個人的には畠の方が現時点では上だと思っている。
前段でも指摘したように、高橋優はルーキーながらマウンド上でバタバタするようなレベルは既に卒業してるので、ここは体力をもう一段上げて「もっと強いボール」「切れの良いボール」をガンガン投げられるように、当面はファームでその下地を作ってほしい。
投手陣が苦しくなる夏場に救世主として登場し、強打者の筒香や山田そして鈴木誠から三振を奪う姿が目に浮かんでくる。

2 今年はワンポイントリリーフを積極的に起用すべきである
去年と今年の大きな違いの一つとして、今年は1軍登録枠が28から29となり、1枠増えたことである。
恐らく、どのチームも先発投手(俗にいう上がり)をベンチに入れずに、その浮いた1枠をリリーフ投手を増やすことに使うだろう。
そうなれば去年はリリーフ投手の枚数の関係で、ワンポイントでの起用に踏み切れなかったケースでも、今年は対左、対右だけのスペシャリストとして起用する戦術も十分に可能となる。
現状の巨人リリーフ陣で言うと、対右では田原、対左では中川あたりがその役割が適任と見ているが、この試合で登板した戸根と大江の場合はそれだけには留まらず、左右関係なく勝負出来る力が備わってきたことは頼もしい限りである。

3 打線に関しては、徐々に調子を上げてきた実績組に対して、何とか負けじとアピールする若手組という嬉しい構図になっている
各選手の論評の中で指摘したように、細かく言えば課題が見え隠れするバッティングもなくはないが、総じて打線の状態は上向きで、特に主軸として期待されてる坂本・丸・岡本・ゲレーロの状態は間違いなく上がってきており、飛躍が期待されてる吉川尚も上々という状態、そして中島、亀井、陽のベテラン組もまずまずの仕上がり。
それに対して田中俊・山本泰、石川・大城・重信・立岡・吉川大などは日替わりヒーローとして誰かしらが必ず活躍している。
ここ数年、カープとの決定的な差として感じていたのが、実は準レギュラークラスの中堅・若手選手の実力差だった(言い換えれば野手層の厚み)
勿論、オープン戦の結果だけでは判断できないことは重々承知しているが、去年までと比べると、今年は先ほど名前を挙げた若手選手の「踏ん張り」が明らかに長く続いており、特に田中俊、石川そして山本あたりは間違いなく地力をつけていると思う。以上 敬称略
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
いつも応援有り難うございます!
あなたからの清き一票がブログを更新する原動力となります
是非、上記バナーをクリックして応援をお願い致します!