超激辛NPBコラムはプロ野球及び全てのスポーツを応援します

「オープン戦 巨人vs楽天 雑感」 巨人春季キャンプレポート 2020.2.23

「オープン戦 巨人vs楽天 雑感」 巨人春季キャンプレポート 2020.2.23

オープン戦 巨人vs楽天 2020.2.23
【両チームスタメン】
後攻:読売ジャイアンツ
1(左)亀井、2(一)モタ、3(中)丸、4(指)岡本、5(右)パーラ、6(二)若林、7(捕)小林、8(遊)増田大、9(三)湯浅

※坂本は右背中違和感で出場回避

先行:東北楽天ゴールデンイーグルス
1(遊)小深田、2(三)鈴木、3(左)島内、4(指)ロメロ、5(一)銀次、6(二)黒川、7(右)オコエ、8(捕)太田、9(中)辰己
——————————


【巨人攻撃内容・野手短評】
1左 亀井善行
➀初球の真ん中高めの直球を完璧に捉えてライトスタンドへのホームラン
・直球に的を絞って一発で仕留めるあたりは流石で、相手投手の第一球を狙い撃ちするベテランらしいバッティングだった。
➂⇒カウント0-2からキャッチャーが弾いた瞬間を狙って2塁走者が3塁を狙うがタッチアウト(1死)⇒カウント1-2から真ん中直球を捉えるがショートゴロ(2死)
➄カウント0-2から外角チェンジアップを拾ってレフト前ヒット(1死1塁)

⇒中 陽岱鋼
➅カウント1-2から外角チェンジアップを引っかけてショートゴロ(チェンジ)
➇カウント1-0から外角直球を引っかけてピッチャーゴロ、1-4-3のダブルプレー(2死)
※現状、彼の打席で打線の流れが切れてしまうケースが目立っている。

2一左 モタ
➀カウント1-2から外角直球を見逃し三振(1死)
➂カウント1-2から外角低めに逃げていくスライダーを空振り三振(チェンジ)
➄初球の真ん中直球を捉えてセンター前ヒット(1死1.2塁)
➆カウント0-2から真ん中スライダーを捉えて3遊間をゴロで抜けるヒット
※2安打の内容は良かったし、相手の隙を突いた好走塁も素晴らしかった。
※一方で、3回のファーストの守備では難しいバウンドではあったが捕球出来ずにタイムリーヒットを許す場面があり、7回のレフトの守備ではレフト前に落ちるヒットの処理にもたついて2塁進塁を許すミスがあった。

⇒右 石川慎吾
➇カウント0-1から外角直球を引っかけてショートゴロ(チェンジ)

3中 丸佳浩
➀カウント1-1から外角高めの直球を捉えるがピッチャーゴロ(2死)
➃フルカウントから真ん中直球を捉えてセンター前ヒット
➄フルカウント(エンドラン)から真ん中直球を捉えてファーストの股間を抜けるタイムリーエラー(1死1.3塁)
※去年終盤の悪い状態からは完全に脱しているし、踵体重にならずに右肩の壁を壊さずにボールに入って行けている(順調な仕上がり)

⇒二遊 山本泰寛
➆⇒カウント0-2からワンバウンドのチェンジアップをキャッチャーが弾いた隙を突いて1塁走者が2塁へ進塁⇒フルカウントから直球が大きく外れて四球(1.2塁)
・追い込まれた後にしっかりボールを見極めて四球をもぎとった。

4指 岡本和真
➀カウント2-0から真ん中スライダーを捉えるが大きなレフトフライ(チェンジ)
➃カウント1-0から外角低めの直球を捉えて2遊間をゴロで破るヒット(1.2塁)
➄カウント1-2から真ん中低めのチェンジアップを打ち上げてファーストへのファールフライ(2死1.3塁)
➆初球のカーブを捉えるが大きなレフトフライ、2塁走者は2塁進塁(1死1.3塁)
※第1と第4打席の大きなレフトフライは、緩いカーブに対してややタイミングを抜かれてはいたが、しっかりタメを作って捉えてはいた(風の影響もあったと思う)
——————————


5右 パーラ
➁フルカウントから外角スライダーを上手く拾ってレフト前ヒット
・追い込まれてから誘い球を見切ってフルカウントにして、最後は外から巻いてくるスライダーに反応してレフトの前に運んだ。
➃カウント2-0から外角直球を強引に(ドアスイング気味)引っ張ってファーストゴロ、走者はそれぞれ進塁(1死2.3塁)
➄カウント2-2から外角直球を空振り三振(チェンジ)
➆カウント2-2から外角直球を拾ってセンター前へのタイムリーヒット(1死1.2塁)
・メジャー在籍当時から、左投手にはスイングの軌道がややドアスイング気味で、バットが外回りになるケースが多かったが、このタイムリー自体のスイングは粘り腰で良かったが、その前のスイング内容は決して褒められるモノではない。
※3回のライトの守備では、ゴロへのチャージが甘くなって3塁進塁を許す場面があった(同時に改めて強肩であることも認識できた)

⇒走二 吉川尚輝

6二 若林晃弘
➁カウント2-2から内角に切れ込んでくるカーブを空振り三振(1死1塁)
➃カウント1-0から真ん中高めのチェンジアップを打ち損じてセカンドフライ(2死2.3塁)
・エラーを挽回しようと積極的にバットを振ったが、あっさり打ち上げてしまった。
※課題の守備では3回にセカンドゴロを捌ききれずにエラー

⇒一 大城卓三
➅カウント0-1から真ん中低めのカーブを打ち上げてサードへのファールフライ(1死)
➆カウント2-2から真ん中カーブを捉えて右中間突破の2点タイムリー2塁打(1死2塁)
・ここ最近はなかなか結果が出なかったが、課題の左投手から長打を放った事は自信にしてほしい。

7捕 小林誠司
➁初球の外角低めの直球をバットの先で1.2塁間をゴロで破るヒット、1塁走者は3塁進塁を狙うがタッチアウト(2死1塁)
➃カウント1-2から外角直球を捉えてライト前への2点タイムリーヒット(2死1塁)
・追い込まれた状況から、決して甘くはないボールをキッチリ捉えたバッティングはお見事だった。
※3回の守備では増田と上手く連携してダブルスチールを阻止した。

⇒打捕 岸田行倫
➅カウント2-2から内角直球を空振り三振(2死)
➆カウント0-1から真ん中直球を打ち損じてボテボテのショートゴロ(2死2.3塁)

8遊左 増田大輝
➁フルカウントから内角低めの直球を空振り三振(チェンジ)
・追い込まれた後からフルカウントまで持っていき、相手投手に球数を多く投げさせた内容ある打席だった。
➃カウント2-2から内角低めのチェンジアップを捉えるがセカンドゴロ(チェンジ)
➅カウント2-2から内角直球に詰まりながらもセンター前ヒット
➆カウント2-2から外角チェンジアップをバットの先でセカンドゴロ(チェンジ)
※去年のバッティング(一軍の試合)は意外と淡白な印象を持っていたが、今年はここまで全ての打席で粘り強いバッティングが続いている。
※3回の守備ではダブルスチールを阻止するホームへの好返球があったし、ショートの守備に関しては全体的に軽快なプレーで安定感抜群だった(レフトでは落球があった)
※6回には彼の代名詞になりつつある盗塁を成功させた。

9三 湯浅大
➂カウント1-2から真ん中直球を捉えて風にも乗ってライトオーバー2塁打
➄カウント0-1から外角低めの直球をバットの先でセンターフライ(1死)
➅⇒カウント2-0から二盗成功(打者は空振りでサポート)⇒フルカウントから内角直球に差し込まれながらもしぶとくセンター前ヒット(2死1.3塁)
➇カウント3-0から高めに直球が外れて四球
※セールスポイントの守備では難しいゴロを捌いて沸かせていた。
——————————


【巨人登板投手・選手雑感】
☆菅野智之
・直球の平均球速は140キロ台後半、最速は148キロ
・変化球はカットボール、ツーシーム系、スライダー
➀先頭の小深田には直球とカットボールでカウントを整え、最後はカットボールで狙い通りのセカンドゴロ、鈴木はカウント2-0からカットボールが止めたバットに当たってサードフライ、島内には粘られたが最後はカットボールで空振り三振。
➁先頭のロメロはセンター前ヒット、続く銀次はレフトフライ、黒川は外角直球を引っかけさせて1-6-3のダブルプレー。
➂先頭のオコエはセカンドゴロエラー、太田は真ん中直球で詰まらせてセンターフライ、辰己は初球を叩かれてライト前ヒット(1.3塁)、小深田の初球にダブルスチールを敢行するが3塁走者が本塁憤死、しかし小深田にはファースト横を抜けるタイムリーを打たれて失点1、続く鈴木の打席で1塁走者を牽制で刺す。
※全体的にボールのキレはまずまずだったが、制球にややバラツキがあって特にスライダー・カットボール系の精度が今一つという印象。
※味方の拙守もあったが、それでも相手の打者にしっかり捉えられていた事も事実なので、そんなに楽観視は出来ないとは思うが、一方で、緩いボール(カーブ系)を全く使っていなかったので、仮に本番並みの配球をしていれば失点も防げていた可能性は十分に感じた。
※まあ、久しぶりの実戦登板で、しかも新フォームもまだまだ手探りではあるだろうから、そう考えれば上々の滑り出しと言っても良いと思う。

☆高橋優貴
・直球の平均球速は140キロ前後
・変化球はスライダー、チェンジアップ、カーブ
➃先頭の鈴木には直球を捉えられるがファーストライナー、島内は当てただけのショートゴロ、課題の右打者ロメロには変化球でカウントを作って、最後は内角直球で完全に詰まらせたショートゴロ。
➄先頭の銀次は直球で詰まらせてセンターフライ、黒川には甘い直球を捉えられるがサードゴロ、オコエに対しては制球が乱れて四球、太田には直球を捉えられるがショートゴロ。
➅先頭の辰己は外角直球で空振り三振を奪い、小深田はフルカウントから四球、鈴木はフルカウントから最後は直球で詰まらせてライトフライ、島内の打席で二盗成功、その島内は結局四球で歩かせ、内田もフルカウントまで行ったが最後は直球で詰まらせてショートゴロ。
➆先頭の銀次にはフルカウントからカーブを拾われレフト前ヒット(レフトが処理にもたつき2塁進塁を許す)、続く黒川はファーストゴロ(2塁走者は3塁へ進塁)オコエは追い込んだ後に低めのチェンジアップを振らせて三振、そして田中も最後はチェンジアップを振らせて空振り三振
※直球はスピードガン以上にベース上での勢いを感じる球質で、打者を微妙に押し込んでいたので、そこそこ捉えた打球でも野手の間を抜けなかった。
※一方で、無失点で終えたとはいえ、全体的にやや制球に苦しみボール先行になるケースが目立っていたので、この点は修正していかないと本番では痛い目にあうだろう。
※解説の高橋由伸氏も言っていた通り、ボール先行では右打者への勝負球であるチェンジアップの効果が半減するので、やはりストライク先行させるにはスライダーの制球力アップと、出来るだけ直球でファールを打たせてカウントを稼ぐ事が重要だろう。
—————————–


☆ビエイラ
・直球の平均球速は150キロ前後、最速で153キロ
・変化球はカットボール、スライダー
➇先頭の辰己には球威でねじ伏せてサードゴロ、小深田に対してはレフトがライナー性の打球を捕球ミス、渡辺にはフルカウントから四球を許すが、下妻に対しては直球でバットをへし折って6-4-3のダブルプレーでピンチを切り抜けた。
※左打者には直球を捉えられる場面があったが、右打者には恐怖感があるようでかなり厄介だろう。
※課題の制球力も、四球を一つ許しはしたがハッキリボールになるような荒れ球という訳ではなく、直球系・スライダー系ともにストライクゾーン周辺には集まっていた。
※但し、ペナントになればもっと足技・小技を使って揺さぶってくると思うので「その時に平常心でマウンドに立っていられるか?」ここは今後注視しないといけない。

☆デラロサ
・直球の平均球速は150キロ前後
・変化球はスライダー、カットーボール、ツーシーム
➈先頭の内田には直球とスライダーでカウントを整え、最後はスライダーを打たせてショートフライ、和田はピッチャーゴロ、黒川にはフルカウントから粘られて四球、小郷は真ん中に入ったスライダーを捉えられてライト前ヒット、しかし最後は田中を内角直球で完全に詰まらせてセカンドフライ(試合終了)
※彼の場合、この時期は故障だけ気をつけてくれれば良い。
※元々トミージョンの経験のある投手なので、日本の早い時期から仕上げる調整にはまだまだ不慣れな事もあるとは思うが、ここは首脳陣も彼に過度のプレッシャーを与えずにピークを夏場に持っていけるようにしてほしい。
——————————


【東北楽天ゴールデンイーグルス注目選手・新戦力雑感】
★小深田大翔
・大卒社会人出身ドラ1ルーキー
・右投左打、内野手
・甘いボールとはいえ、菅野のスライダーをしっかり捉えてのタイムリーは見事だった。
・技術的には特に欠点らしいモノは感じず、俊足打者にありがちな「走り打ち」もないし、しっかり下半身を使ってスイングしているので、本番でもそれなりの数字を残す可能性が大きい。
・俊足を活かしたショートの守備も、派手さは感じなかったが堅実なプレーで安定感を感じた。
・強肩の小林からの二盗を成功させ、自慢の俊足でもアピールした。

★黒川史陽
・高卒ドラ2のルーキー
・右投左打、内野手
・高卒ながら体格はしっかりしており、大卒と言われても違和感を感じない。
・スイングもシャープで、最後までしっかり振り切っているので将来的に3番辺りを任せられる器の大きさを感じる。
——————————

【スコア・投手継投】
楽天 001 000 000 1
巨人 100 210 30× 7

岸(2回)-涌井(3回)-辛島(3回)
菅野(3回)-高橋(4回)-ビエイラ(1回)ーデラロサ(1回)
——————————


【総評】
※主力不在とはいえ、元気がなかった楽天打線
ブラッシュ、浅村、茂木などの主力不在とはいえ、特別良いとは感じなかった巨人投手陣から5安打1得点のみという結果は寂しいと言わざるを得ない。
やはり、優勝を狙うなら主力を脅かすような若手の台頭が必要である。

※相変わらず活発だった巨人打線
前日の若手だけで組んだ打線と同様に、坂本を除いたほぼフルメンバーでも14安打を浴びせた事は好材料と見るべきだろう。
勿論、これから好不調の波が出てくるわけで、恐らく東京に戻ったあたりから貧打の状態に陥る事も十分にあり得るわけだが、個人的には丁度良い塩梅で打線のピークが来たと思っている。

以上 敬称略
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
いつも応援有り難うございます!
あなたからの清き一票がブログを更新する原動力となりますので、是非、上記バナーをクリックして応援をお願い致します!