超激辛NPBコラムはプロ野球及び全てのスポーツを応援します

巨人ゲームレポート速報版 読売ジャイアンツvs横浜DeNAベイスターズ(2020.7.2)

巨人ゲームレポート速報版 読売ジャイアンツvs横浜DeNAベイスターズ(2020.7.2)

超激辛NPBコラムは今シーズンより、巨人勝利の場合に限り二部構成で記事を作成し、第一部の速報版は試合終了直後に公開、第二部の詳細版は試合翌日早朝に公開致します。
——————————-

【ジャイアンツニュース】
★7月3日、巨人vs中日の予告先発
巨人・菅野智之
中日・大野雄大
18時・東京ドーム
———————————

【先行:読売ジャイアンツスタメン】
1(二)吉川尚、2(遊)坂本、3(中)丸、4(三)岡本、5(左)亀井、6(一)中島、7(右)パーラ、8(捕)炭谷、9(投)桜井
———————————
【後攻:横浜DeNAベイスターズスタメン】
1(右)梶谷、2(二)ソト、3(一)オースティン、4(左)佐野、5(三)宮崎、6(中)乙坂、7(捕)伊藤、8(遊)柴田、9(投)大貫
———————————-

【ゲームスコア】
DeNA 000 010 002 3
巨  人 000 200 03X 5
大貫➀~➃、国吉➄、エスコバー➅、三嶋➆、パットン➇
桜井➀~➇、鍵谷➈
———————————

【勝利のポイント】
巨人はギリギリ1点リードを守ったまま試合後半を迎えたが、拙い攻撃、チグハグな攻撃(結果的にチグハグに見えてしまった采配)が、それまでに重なっていたので、このままの流れで進んでしまうと、昨日のゲームのように終盤DeNA打線に逆転を許しそうな嫌な雰囲気があった。
しかし、桜井は打順的に最も厳しかった6回を何とか凌ぎ、7回と8回は全く付け入る隙を与えずにゼロを重ねて何と8回まで投げ切ってくれた。
本来なら、その裏の上位打線からの攻撃でダメ押し点を奪いたいところだが、坂本があえなく三振、丸も厳しそうだったが最後はラッキー?なボール判定で四球、ここで増田が代走で登場して初球で二盗成功、結果的にはこれが大きかった。
この二つのプレーで試合の流れは大きく変わり、岡本は凡退したが、何とここから中島、パーラ、炭谷の三者連続タイムリーで3点を奪い、これで勝敗は決した。
ぶっちゃけ、坂本と丸の途中までのパットンのピッチングを見る限り、連続でヒットが生まれそうな予感が全くなかったので、増田の二盗で「1ヒットで得点」という場面を作った事が大きかった。
又、丸を四球の最後のボールはかなり微妙な判定だったので、キレやすい性格のパットンはメンタルのセルフコントロールが出来なくなったかもしれない(増田の足を全く無警戒だったし、かなり投げ急いでしまっていた)
———————————

【勝者の歓声】
ぶっちゃけマスダイがスチールを決めても、若大将が凡打に終わった時点で追加点は期待薄だった(ナカジ、ごめん。。)
まさか150キロの直球を弾き返すとは思わなかったもんw
ワンチャンあるとすればスライダー系が抜けて真ん中に来た時と思ったし、初球のど真ん中を打つ気なく見送った時点で厳しいと誰でも思うやん。。。。
でも、あれがまさにナカジ一流の三味線打法だったのね!(ホントかよ)
このおっちゃんにはそんな高等技術は出来ません(当たり前だ!どアホw!)
最終回の三連打が今年の巨人を象徴しているような気がする。
決めるところをしっかり決めてキッチリダメ押しをする。
エッ?昨日はダメ押し出来なかったって?
もう忘れましたぁ。。ごめんちゃい! テヘw
さぁ~て、詳細版にとりかかるとしよう!!
最後に一言、頼むよぉぉぉ!中央大出身投手!!!(毒w

以上 敬称略
超激辛NPBコラムはTwitterでも活動しています。(超激辛NPBコラムTwitterはこちらをクリック)
Twitterではblogで書ききれなかった事や、ファームの試合雑感、G以外他チームの試合雑感、注目選手の評価、ブログ更新情報など、様々な発信をしております。
又、ブログについての感想やご意見もこちらで受け付けております。
このブログを読んで気に入った方は是非ともフォローしてください。
尚、フォローバックにつきましては、基本的にコメントのやり取りをした方に対してのみ行いますのでご了承ください。(超激辛NPBコラムTwitterはこちらをクリック)

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
いつも応援有り難うございます!
あなたからの清き一票がブログを更新する原動力となりますので、是非、上記バナーをクリックして応援をお願い致します!