2016巨人キャンプレポート 2月3日

2016巨人キャンプレポート 2月3日

昨晩の「清原和博が覚醒剤所持で逮捕」というニュースは、プロ野球ファンにとってはあまりにも衝撃的だった。
率直な感想を言えば、怒りを通り越して悲しさしか感じない。。。
筆者が社会に出て最初に携わった仕事の関係上、当時のプロ野球界の裏表を少々知りうる立場だったが、今と違って球団や選手個々のコンプライアンス意識が薄かったのは事実だった。
それでも、当時から「覚醒剤・麻薬」に関しては、一般人と同じように「絶対にダメ」という意識が徹底されていた。

だが、それでも某有名投手(既に贖罪されてるので名を伏せます) が、彼と同じように現役引退後に覚醒剤所持で逮捕される事件があり、引退したスーパースターが抱える「心の隙間」の危うさを感じていた。
そして再び。。。。
彼と同世代の筆者は、甲子園での活躍に驚嘆し、間近で「スーパースター」のオーラを肌で感じていたあの頃を思い出すと「悲しさ」しか感じない。。。

破天荒というか何でもありというか、堤義明という政財界のフィクサーに守られていた時代の彼を知る立場だった人にとっては、これまで世間を騒がせてきた事柄はある意味許容範囲だったが。。。これだけは絶対に。。。。
はあ。。。悲しい。。。
今でも憂鬱な気分は抜けきれないが、それでも前を向いてキャンプレポートを行っていくしかない。

さて、Gキャンプでも残念なニュースが入ってきた。
・ギャレットが体調不良(風邪)で練習を休む
・大竹寛が左太もも肉離れでリハビリ組へ
前者は特に問題はないが、後者については今季に賭けてる本人にとっては痛い出遅れとなった。

読売ジャイアンツ 宮崎春季キャンプ 2月3日

【天候】 晴れ 13℃(午後1時)

【練習メニュー】
DSC_0439

【S班練習】

秋季キャンプから取り入れている落合流正面打ちを行う阿部慎之助
DSC_0444

【投内連携】

井端コーチとサインプレーについてディスカッションするクルーズ
DSC_0443

終わった後にもメモを片手に。。
DSC_0442

【フリーバッティング雑感】

★岡本和真
今日も足首にワイヤーをつけて、スイングする時に左足が必要以上に大きなステップしないように矯正していた。
つまり、腰の回転で打つ意識を徹底させている訳である。
DSC_0445

多くの若手は、首脳陣に対してフリーバッティングで良いところ見せようとするが、彼の場合はプロ入りしてから一貫してぶれていない。
自分の課題が何かを明確に理解しているし、それを克服しようと日々努力している姿が常にある。
彼にとっては練習での快感(サク越え)よりも、公式戦での貴重な1本という事だろう。

★坂本勇人
去年よりも右脇を開けて更にバックスイングを大きく取っている印象がある。
そして右の軸足に重心を置く意識を強くしている。
DSC_0446

これをシーズンに入っても続ける場合は、当然ながら高い身体能力が必要になる。
形的にはやはり差し込まれてしまうケースも多くなるが、バットを内側から出す意識を徹底し、スイングスピードを上げる事に成功すれば、長打も増えてくるし率も残せる(踏み込んでいく意識も重要)
キャンプ初日の記事で、彼の体がパワーアップ事を書いたが、その自信から今のバッティングに変化させたのかもしれない。

又、今までは左足を高く上げてタイミングを取っていたが、今の形はそれほど高く足を上げないでキャッチャー側にスウェーして「間」を作っている。
個人的には「良い方向の変化」と捉えているが、果たしてここ数年自分のバッティングを変えまくってる彼がこれを続ける事が出来るか?
ここは多少懐疑的に見ている。

【ブルペン雑感】

☆マシソン
先発転向の案も浮上しているマシソンだが、この日の映像ではチェンジアップを投げ込む姿が映っていた。
DSC_0447

はっきり言って今の段階では腕の振りが鈍いので、実戦では使い物にはならないレベルだった。
だが、これを磨いてモノに出来れば大きな武器になるのは言うまでもない。
仮に先発として計算していくなら、このように直球との緩急をつけられるボールは絶対に欲しい。

さて、そのマシソンを先発に置くという構想は、現時点では反対の立場になる。
現在の力みまくって豪速球を投げ込むスタイルを、短期間で制球も意識しながら投げるスタイルに変化させられるか?
ここは大きな疑問が残る。
日本人投手なら首脳陣やファンも新たなスタイル構築まで待ってくれるかもしれないが、助っ人外国人の場合は、ダメなら即クビになってしまう。
勿論、他に右のセットアッパーの見込みが立てば、外国人枠の関係で彼にとっては悪くない話ではあるが。。。
メジャー時代、彼は縦のカーブを投げていた(精度は低かったが)ので、前述のチェンジアップ、又はカーブで緩急をつけ、そしてカウントを稼ぐ形を作れれば成功の可能性もあるが、同じく今年から挑戦しているツーシームだけでは厳しい。

☆中川皓太
阿部を相手に精力的に投げ込んでいた
DSC_0448

オーソドックスな投球フォームから推察すると、制球力は高そうな気がする。
均整のとれた183㎝の体を大きく使い、右足が微妙にインステップしている印象で、左打者はやや恐怖感を感じるかもしれない。
左打者の懐へのシュート系と、外へ逃げるボールをある程度制球出来れば対左用のリリーフとしても面白いし、先発としても可能性を感じる。
あとは実戦でどこまで直球の質を高められるか?
ここが鍵になっていくだろう。

【総評】

投内連携後の円陣で、キャプテンの坂本が積極的に発言している姿が印象的だった。
DSC_0441

DSC_0440

井端コーチが発言した直後に、彼が投内連携に参加した選手全員に向けて身ぶり手振りを交えて言葉を発していた。
言葉は適切ではないかもしれないが、去年は目上の選手に対してやや遠慮しているキャプテンの姿が見えたが、今年は明らかに違う。
「これが首脳陣に言わされてるのか?」
「それとも自分が率先してるのか?」
正直どちらか分からないが、たとえ前者であっても映像に映っていた「熱い姿」は確かにあった。

筆者はこれまで彼に対しては厳しい発言をしてきた。
しかし、彼の今年にかける意気込みと、自分がチームを引っ張る決意については、疑い無く本物だと思う。

以上  敬称略

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村


読売ジャイアンツ ブログランキングへ