超激辛NPBコラムはプロ野球及び全てのスポーツを応援します

巨人ゲームレポート速報版 中日ドラゴンズvs読売ジャイアンツ(2020.8.7)

巨人ゲームレポート速報版 中日ドラゴンズvs読売ジャイアンツ(2020.8.7)

【ジャイアンツニュース】
☆8日の予告先発
巨人 畠世周
中日 勝野昌慶
14時・ナゴヤドーム
———————————

【先行:読売ジャイアンツ】
1(二)北村、2(中)丸、3(遊)坂本、4(三)岡本、5(左)ウィーラー、6(一)大城、7(右)若林、8(捕)岸田、9(投)田口
———————————
【後攻:中日ドラゴンズ】
1(遊)京田、2(中)大島、3(二)阿部、4(一)ビシエド、5(三)高橋、6(左)福田、7(捕)木下、8(右)井領、9(投)大野雄
———————————-

【ゲームスコア】
巨人 000 100 000 1
中日 040 010 20X 7
———————————

【敗北のポイント】
百歩譲って大野のタイムリーは目をつむっても、その後に連続失点を許した点については田口を擁護できない。
特に京田に対しては細心の注意で攻めなければならなかった。
———————————

【敗者の慟哭】
やっぱり2回裏の大野のタイムリーが痛かったねぇ。。。
その前の井領を内野ゴロに討ち取っていただけに、田口は大野へのど真ん中の直球は後悔しかないだろう。
相手は連敗中の中日だが、こういう相手との対戦の鉄則は「先取点を許さない」ことなんだけど、最悪の形でそれを許してしまった。
まあ、田口は立ち上がりからボールは走っていないし、甘いコースにボールが集まっていたので、逆に大野から巨人打線が打ちそうな雰囲気を、初回の攻撃から全く感じなかったので、かなり厳しい結果を早々に覚悟はしていたので、個人的には「怒り爆発」という感じにはならなかったが、点の奪われ方が良くないので、多くのGファンは怒り心頭の気分かもしれない。
それにしても打線は厳しいね。。。
サカマルオカは明らかにお疲れモードやん。。。
インパクトの瞬間に下半身が踏ん張り切れないで、やや上体が流され気味になってしまってる。
特に丸は右ひざの割れが再び早くなってるので、踵体重で外角のボールが遠くなってしまっている。
苦しいね。。。
みんな疲労困憊だろうけど、ここはもうひと踏ん張り!
週末の連戦が終われば、本拠地に戻って月曜と火曜日は試合無し、ここで心身ともにリフレッシュしてくれればまた良い試合を見せてくれると思う。
とにかくナゴヤでの残り二試合、ここは三タテだけは避けて欲しい。
———————————

以上 敬称略
超激辛NPBコラムは今シーズンより、巨人勝利の場合に限り二部構成(負けた場合は速報版のみ)で記事を作成し、第一部の速報版は試合終了直後に公開、第二部の詳細版は試合翌日早朝~お昼までに公開致します。

超激辛NPBコラムはTwitterでも活動しています。(超激辛NPBコラムTwitterはこちらをクリック)
Twitterではblogで書ききれなかった事や、ファームの試合雑感、G以外他チームの試合雑感、注目選手の評価、ブログ更新情報など、様々な発信をしております。
又、ブログについての感想やご意見もこちらで受け付けております。
このブログを読んで気に入った方は是非ともフォローしてください。
尚、フォローバックにつきましては、基本的にコメントのやり取りをした方に対してのみ行いますのでご了承ください。(超激辛NPBコラムTwitterはこちらをクリック)

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
いつも応援有り難うございます!
あなたからの清き一票がブログを更新する原動力となりますので、是非、上記バナーをクリックして応援をお願い致します!