超激辛NPBコラムはプロ野球及び全てのスポーツを応援します

巨人ゲームレポート簡易版 読売ジャイアンツvs中日ドラゴンズ(2020.8.28)

巨人ゲームレポート簡易版 読売ジャイアンツvs中日ドラゴンズ(2020.8.28)

【先行:中日ドラゴンズ】
1(中)大島、2(右)平田、3(左)アルモンテ、4(一)ビシエド、5(三)高橋、6(二)阿部、7(遊)京田、8(捕)郡司、9(投)松葉
———————————
【後攻:読売ジャイアンツ】
1(遊)坂本、2(右)松原、3(左)ウィーラー、4(三)岡本、5(中)丸、6(一)中島、7(二)若林、8(捕)炭谷、9(投)田口
———————————-

【ゲームスコア】
中日 000 003 200 5
巨人 000 210 000 3
———————————

【敗北のポイント】
巨人ベンチの投手の使い方をみてると、田口が6回を踏ん張り切れなかった時点で負けを覚悟せねばならなかった。
明らかに田口を引っ張っていたし、二番手に鍵谷を起用するなど、ぶっちゃけ原監督は1勝よりも中継ぎ陣の疲弊回避を選択したんだと思う。
但し、個人的には田口の続投はやむを得ないが、二番手は田中豊だったと思うが。。。
それにしても田口は相変わらず良くなかった。
ストレート系が走らず、全体的に腕の振りも鈍く、ボールを置きに行っているようにも感じた。
一昨年、去年の前半、先発として失格の烙印を押された頃の彼の姿に再び戻ってしまっている。
この試合、確かに5回までは無失点だったが、内容的には褒められるモノではなく、ぶっちゃければ「中日打線の拙攻」「タマタマ」「ビシエドの元気のなさ」に助けられていただけで、序盤でマウンドを降りても不思議ではなかった。
まあ。。。前回登板時のコラムにも書いたが「田口はこんなもんでしょう」と割り切った方が良いところまで評価がガタ落ちしている。
———————————

【敗者の慟哭】
ビシエドに覇気を感じなかったので、何となく「今日は勝てるかな?」と勝手に思い込んでいたが、やっぱり今の田口では6回を投げ切ることは難しかったか。。。
まあ。。。原のたっつあんが本気でこの試合を勝つ気だったら、7回の上位打線に中川、大竹をつぎ込んでいたと思うが、それをしなかったのは「余裕と取るべきか、替えられなかったと見るべきか?」そこは難しいところだが、少なくとも筆者には全力で勝ちに行く姿勢をいつもよりは感じなかった。

以上 敬称略
超激辛NPBコラムは今シーズンより、巨人勝利の場合に限り二部構成(負けた場合は速報版、又は簡易版のみ)で記事を作成し、第一部の速報版は試合終了直後に公開、第二部の詳細版は試合翌日早朝~お昼までに公開致します。

超激辛NPBコラムはTwitterでも活動しています。(超激辛NPBコラムTwitterはこちらをクリック)
Twitterではblogで書ききれなかった事や、ファームの試合雑感、G以外他チームの試合雑感、注目選手の評価、ブログ更新情報など、様々な発信をしております。
又、ブログについての感想やご意見もこちらで受け付けております。
このブログを読んで気に入った方は是非ともフォローしてください。
尚、フォローバックにつきましては、基本的にコメントのやり取りをした方に対してのみ行いますのでご了承ください。(超激辛NPBコラムTwitterはこちらをクリック)
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
いつも応援有り難うございます!
あなたからの清き一票がブログを更新する原動力となりますので、是非、上記バナーをクリックして応援をお願い致します!