超激辛NPBコラムはプロ野球及び全てのスポーツを応援します

「何故、戸郷翔征は勝てなくなったのか?」

「何故、戸郷翔征は勝てなくなったのか?」

2020.10.11 中日ドラゴンズvs読売ジャイアンツ 24回戦 ゲームレポート簡易版

【ゲームスコア】
巨人 000 000 000 0
中日 000 101 05X 7
———————————
勝利投手 中日 清水 (1勝0敗0S)
敗戦投手 巨人 戸郷 (8勝5敗0S)
———————————

【何故、戸郷翔征は勝てなくなったのか?】
9月に入ってから戸郷の勝ち星が伸びていない。
まあ、高卒二年目で一軍ローテから外れずにいることだけでも凄いというか、素晴らしいという評価は間違いないが、やはり来季以降のことを考えると、何故勝てなくなってきたのか?その理由が気にはなる。
まあ、考えられるのは第一は、やっぱり蓄積疲労による球威低下ということだろう。
球速的にはそんな大きな変化はないかもしれないが、開幕当初は軽く投げて150キロ超えていたストレート系も、今は力まないと超えてこない。
やはり下半身の粘りが無くなって上半身の力に頼らざるをえないのだろう。。。
 第二としては「慣れ」だと思う。
私は右打者だったので経験があるが、ぶっちゃけ戸郷のような独特のフォームで、しかもキャリアが浅く未知に等しい右腕投手との対戦でまず考えてしまうのが、「このピッチャーのコントロールは大丈夫なのか?」ということ。
つまり「ぶつけられるかもしれない」という恐怖感との戦いも同時に克服せねばならないので、明らかに相手ピッチャーが有利ということ。
それが対戦を重ねていくうちに、戸郷の投球(制球力」に対しての、リスペクトの度合いが強くなるとともに「恐怖感」は無くなる。
そうすれば純粋に彼が投げてるボールの質との勝負になるので、対戦当初と比べれば格段に気が楽になる。
まあ、その為に炭谷は内角を要求するのだが、戸郷はそこを大きく外さず(抜け球にすることなく)投げ切る能力を既に持っているので、逆説的には打者の読みの中で「ここは内角には投げてこない」という明確な根拠があれば、しっかり左足を踏み込んで打ちに行けることにも繋がる。
 そして第三としてはスライダー系の精度だと思う。
当初は「ウルスライダー」などとマスコミにもてはやされた戸郷のスライダーは、変化こそ大きいが、その実はかなりの割合で抜けて逆球になりやすいボールだった。
当初は対戦チームもその実態が分からなかったので狙いようもなかったと思うが、筆者が見た印象では七月の対阪神戦(サンズに一発を浴びた場面)あたりから、徐々にこの抜けたスライダーを狙われているように感じる場面が増えてきた。
まあ、見ているだけの筆者が感じるくらいだから、実際にマスクを被っている炭谷もそれは痛いほど分かっているとは思うが、元々、戸郷は持ち球が少ないので、カウント球・勝負球のどちらでもこのスライダー系(カット含む)を使わざるをえないというのが実情だと思う。
特に右投手に対しては少々フォークが投げづらそうなので、スライダー系に頼る割合は格段に上がるし、結局、前述のサンズの被弾も含めて右打者に6被弾(対左打者は4被弾)許しているのは、このスライダーの抜け球を痛打されることが主な原因だと思う。
それでも被安打では右打者(.199)に対して、左打者(.248)なので、本質的には右打者にとっては打ちづらい投手であることに変わりないが、やはり得点のチャンスで「打者が怖がらずに踏み込んでスイングすることを躊躇しない場面」では、前述の理由で痛打を打たれる可能性が高い。
 ここまで、彼の勝てなくなった理由を挙げてきたが、そうは言っても彼の伸びシロは計り知れないものがある。
公式YouTube映像を見ても分かるが、シーズンの戦いと同時並行で、基礎体力アップをトレーニングコーチ指導のもとで計画的に行われているので、もっと下半身がしっかりしてくれば球威も上がってくるだろうし、フォーク系やスライダー系の精度も上がってくると思う。
また、何よりも前段で指摘したように、「勝てる右投手の必須条件」である「右打者の懐に突っ込んでいける技術とメンタルを既に備えている」ことは、今後の更なる進化を十分に予感させる。
まあ、新人王は一度しかないチャンスなので是非ともとって欲しいが、個人的にはそんな「ちっぽけな目標」よりも、彼にはもっと高いレベルを目指して欲しいし、その領域に入れるだけのポテンシャルは間違いなく「ある」と思う。
まあ。。我らが大エース菅野智之も後継者として指名てるんだから、我々ファンも彼の更なる進化を信じて待つほかない。

以上 敬称略
超激辛NPBコラムはTwitterでも活動しています。(超激辛NPBコラムTwitterはこちらをクリック)
Twitterではblogで書ききれなかった事や、ファームの試合雑感、G以外他チームの試合雑感、注目選手の評価、ブログ更新情報など、様々な発信をしております。
又、ブログについての感想やご意見もこちらで受け付けております。
このブログを読んで気に入った方は是非ともフォローしてください。
尚、フォローバックにつきましては、基本的にコメントのやり取りをした方に対してのみ行いますのでご了承ください。(超激辛NPBコラムTwitterはこちらをクリック)
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
いつも応援有り難うございます!
あなたからの清き一票がブログを更新する原動力となりますので、是非、上記バナーをクリックして応援をお願い致します!