交流戦の先発要員から宮國が脱落か?

NO IMAGE

G 2 対 T 5
宮國の最近の状態を考えると試合前から苦戦を予想していた
まず序盤で2~3点能見から奪わなければゲームメイクは難しいと思っていたので
思惑通りの展開で中盤を迎えた
宮國は現状の球威、制球力では相手の拙い攻撃がなければ抑えるのが難しい
首脳陣が今後の彼の処遇について考えざるをえないかもしれない
2番手の笠原は解説者が指摘する通り直球の質は良かった
しかし彼を見ているとピッチングに間がなく投げ急いでいるように見える
言い方を変えると球離れが早くフォームに粘りがないので
身体が早く開いてしまう
こうなると打者はボールが見やすいのでタイミングを合わせやすい
能見に打たれたのは偶然とは言い切れない
ゲーム展開を読む上ではこの一発は痛かった
3番手に以前のエントリーで注目選手として紹介した一岡が登板した
久しぶりの1軍マウンドということ事で
緊張のせいか球の走りは本来のものではなかった
今日のデキではイケイケドンドンの相手には厳しい
こんなものではないので彼には期待したい
やはり現状は打線の爆発を期待するのは厳しい
カープ相手には相手のミスに助けられて勝ちはしたが
先発が踏ん張り接戦に持ち込んで何とか勝ちを拾って行くしかない
長野がホームランを打ったがその後の三振、四球の打席も
ボールの見送り方が非常によかった
見切りが早いわけでもなく、打ちに行って身体が突っ込まないので
復調のきっかけを掴んだかもしれない
この3連戦は1勝2敗なら問題ない
明日の杉内で落とすと厳しいが今日は先発の力関係から苦戦は予想出来た
何度も言うが今は打線に多くを望めないので
我慢しながら勝ちを拾うことを考えるべきだ