篠原慎平

1/4ページ

巨人8連勝 今年の坂本勇人はシーズン最多安打記録を狙える(巨人vsヤクルト 6回戦 2018.4.30)

この試合も打線が爆発して圧勝し、巨人は連勝を8まで伸ばしたが、打線の真価が問われるのは今日から始まる広島とDeNAを相手にした6連戦になる。 【巨人出場野手レポート】 1遊 坂本勇人 4打数4安打 打点2 ・前々回のレポートで「バッティングの状態は下降線に入りつつある」と指摘したが、どうやら私の想像(彼の打者としての能力)の上を行っているようで、前言を撤回したい。 ・去年までの彼なら、どこかの打席 […]

岡本和真の大爆発を呼び込んだのはゲレーロとマギーの繋ぐ意識(阪神vs巨人 6回戦 2018.4.22)

宿敵阪神を相手に甲子園で3タテした事は、巨人ファンにとっては痛快極まりないが、冷静にこの3連戦を振り返ると、初戦の藤浪の投球(長い間合いとノーコン)が、阪神の攻撃と守備のリズムを破壊して、その悪い流れを最後まで払拭できなかった印象が強い。 【巨人出場選手レポート】 1遊 坂本勇人 4打数1安打2四球 ・得点には絡まなかったが、1番打者が3度出塁してくれれば、十分に合格点と言える。 2二 吉川尚輝  […]

出口が見えない連敗を止めるにはミスを恐れない姿勢が必要だ(巨人vsDeNA 3回戦 2018.4.12)

今の巨人はかなり弱い、間違いなく弱い。いや絶対に弱い。 だが、まだまだ希望はある。他の球団も決め手を欠いているからである。 今は早く連敗を止めるしかないが、その為には選手だけではなく、首脳陣もミスを恐れない攻めの姿勢が必要になる。 【G野手雑感】 1遊 坂本勇人 3打数2安打2四球 ・1番打者としてほぼ完璧な仕事をした。 ・但し、個人的には彼を2番で使った方が打線の繋がりが良くなると思っている。 […]

センターの守備力を軽視しているチームに優勝はない(ヤクルトvs巨人 2回戦 2018.4.7)

小林の逆転HRで久しぶりにビッグイニングを作ったが、その後は記録に残らないミスが切っ掛けで、ヤクルト打線にボコボコに殴られてしまった。 尚、今回も細かい試合の論評は割愛して、選手個人の論評をメインに行う。 【G野手雑感】 1右 中井大介 5打数2安打 ・去年と比べてバッティングに関しては技術的に1段階上がっているので、どんな形でも良いので今は結果が欲しい。   2二 吉川尚輝 6打数2安 […]

1 4