野上亮麿

1/4ページ

「クックの誤算でリリーフ陣を再検討せざるを得なくなった原監督」ヤクルトvs巨人 オープン戦 2019.3.16

土曜日の今日、巨人は神宮球場でヤクルトとオープン戦を行った。 近年、投手陣が打ち込まれるケースが多い神宮で、果たしてどういう投球を見せてくれるのか?ここを注目していきたい。 【スタメン】 【巨人攻撃経過:選手短評】 1二 吉川尚輝 4打数1安打 ➀カウント1-1から真ん中シュートを捉えてセンターフェンス直撃の二塁打 ➁カウント2-2から真ん中低めのシュートに合わせるがショートゴロ ➃カウント2-0 […]

待ちに待った吉川尚輝と岡本和真のアベックホームラン(巨人vs中日 8回戦 2018.5.13)

私は昭和の時代から巨人ファンで、特に巨人に在籍する外国人選手(特に中南米系や黒人選手)が好きで、今もそれは変わらない。 古くはロイ・ホワイト、レジー・スミス、ウォーレン・クロマティ、ロイド・モスビー、シェーン・マック、最近ではホセ・ロペス、そしてアルキメデス・カミネロも大好きな選手である。 【試合結果】 D 000 001 004 5 G 204 300 000 9 勝 野上 4勝2敗 負 松坂  […]

巨人8連勝 今年の坂本勇人はシーズン最多安打記録を狙える(巨人vsヤクルト 6回戦 2018.4.30)

この試合も打線が爆発して圧勝し、巨人は連勝を8まで伸ばしたが、打線の真価が問われるのは今日から始まる広島とDeNAを相手にした6連戦になる。 【巨人出場野手レポート】 1遊 坂本勇人 4打数4安打 打点2 ・前々回のレポートで「バッティングの状態は下降線に入りつつある」と指摘したが、どうやら私の想像(彼の打者としての能力)の上を行っているようで、前言を撤回したい。 ・去年までの彼なら、どこかの打席 […]

岡本和真の大爆発を呼び込んだのはゲレーロとマギーの繋ぐ意識(阪神vs巨人 6回戦 2018.4.22)

宿敵阪神を相手に甲子園で3タテした事は、巨人ファンにとっては痛快極まりないが、冷静にこの3連戦を振り返ると、初戦の藤浪の投球(長い間合いとノーコン)が、阪神の攻撃と守備のリズムを破壊して、その悪い流れを最後まで払拭できなかった印象が強い。 【巨人出場選手レポート】 1遊 坂本勇人 4打数1安打2四球 ・得点には絡まなかったが、1番打者が3度出塁してくれれば、十分に合格点と言える。 2二 吉川尚輝  […]

1 4