広告

読売ジャイアンツvs中日ドラゴンズ 7回戦 観戦レポート 2021.4.30

広告

読売ジャイアンツvs中日ドラゴンズ 7回戦 観戦レポート 2021.4.30

【試合結果】
中日 020 100 000 3
巨人 000 000 200 2
——————————–
巨人Ⓟ菅野、鍵谷、中川=大城
中日Ⓟ柳、又吉、R.マルティネス=木下
——————————–
{勝}柳2勝1敗
{敗}菅野2勝2敗
{S}R.マルティネス0勝1敗3S
——————————–
{本}ビシエド3号(以上中日)



【試合経過/巨人サイドからの考察】
☆1回表☆
{経過}
Ⓟ菅野、高松は中安⇒京田を空三振⇒ガーバーを捕邪飛⇒二盗失敗。
{考察}
立ち上がりの菅野の調子は可もなく不可もなくという印象。
ストレートはまずまず走っているが、全体的にややボールが高い。
先頭の高松にいきなりヒットを打たれるが、中日打線のチグハグな攻撃にも助けられて無失点。

★1回裏★
{経過}
Ⓟ柳、梶谷は二ゴロ⇒坂本は空三振⇒丸も空三振。
{考察}
立ち上がりの柳はキレの良いストレート、スライダー系、チェンジアップを投じていた。
巨人の上位打線は三者凡退で封じられる。

☆2回表☆
{経過}
Ⓟ菅野、ビシエドは左本(失点1)、G0-D1⇒高橋は二襲安(厳しく言えば若林のエラー)⇒滝野は二ゴロ⇒木下は中安(エンドラン成功)⇒根尾は一適失(失点1)、G0-D2⇒柳を三直⇒高松は死球⇒京田を空三振。
{考察}
菅野は先頭のビシエドに一発を浴びた後、急に変化球を多投していた。
中日打線がカウント球を積極的に狙いに来ているので、そういう選択をしているとは思うが、それが逆に裏目に出ていた印象。
この回は結局、2点を奪われた。

★2回裏★
{経過}
Ⓟ柳、岡本は見三振⇒スモークは四球⇒ウィーラーは空三振⇒若林は左中二⇒大城は敬遠気味の四球⇒菅野は三ゴロ。
{考察}
スモークの四球を皮切りに二死満塁のチャンスを作るが菅野が倒れて無得点。
ここまで柳のキレの良いストレートを捉えた打者は居ない。

☆3回表☆
{経過}
Ⓟ菅野、ガーバーを空三振⇒ビシエドは二飛⇒高橋は右安⇒滝野は一ゴロ。
{考察}
前の回の途中あたりから菅野は逆球が多くなっている。
この回は二死から高橋にヒットを打たれるが無失点で切り抜ける。

★3回裏★
{経過}
Ⓟ柳、梶谷は遊ゴロ⇒坂本は四球⇒丸は二併打。
{考察}
一死から坂本が出塁するが丸が併殺打に倒れる。



☆4回表☆
{経過}
Ⓟ菅野、木下を右飛⇒根尾は左中二⇒柳を二ゴロ⇒高松は右適安(失点1)、G0-D3⇒京田を投ゴロ。
{考察}
今回の菅野は明らかにボールのキレを欠いていた。
ストレート系を根尾に簡単に弾き返され、スライダーを高松に捉えられてしまった。
柳のデキを考えると、早くも限界の3点差になってしまう。

★4回裏★
{経過}
Ⓟ柳、岡本は空三振⇒スモークは中飛⇒ウィーラーは左飛。
{考察}
3点差で余裕が生まれた柳に対して、巨人打線は三者凡退。

☆5回表☆
{経過}
Ⓟ菅野、ガーハーを空三振⇒ビシエドを左飛⇒高橋は左中二⇒滝野を一ゴロ。
{考察}
二死から高橋に二塁打を許すが、滝野を討ち取り無失点で切り抜ける。

★5回裏★
{経過}
Ⓟ柳、若林は遊ゴロ⇒大城は空三振⇒菅野は投ゴロ。
{考察}
この回も下位打線が三人で攻撃を終える。

☆6回表☆
{経過}
Ⓟ菅野、木下は右邪飛⇒根尾を二ゴロ⇒柳を見三振。
{考察}
この回の菅野は下位打線を三人で片づける。

★6回裏★
{経過}
Ⓟ柳、梶谷は中安⇒坂本は空三振⇒丸は見三振⇒岡本は空三振。
{考察}
この回、1番から始まる攻撃なので、何とか1点でも返したかった。
そして先頭の梶谷がヒットで出塁し、初めて無死から走者を出すが、後続のサカマルオカが三者連続三振に討ち取られる。
尚、この段階でも巨人打線は柳をストレートを捉えきれていない。



☆7回表☆
{経過}
Ⓟ菅野、高松を空三振⇒京田を遊ゴロ⇒ガーバーを投ゴロ。
{考察}

★7回裏★
{経過}
Ⓟ柳、スモークは中安(センターとライトの連係ミス、代走重信)⇒ウィーラーは右中適二(得点1)、G1-D3⇒若林は遊ゴロ(ウィーラーが好判断で三進)⇒大城は二ゴロ(得点1)、G2-D3⇒代打松原は投ゴロ。
{考察}
先頭のスモークのヒットは、厳しく言えば相手のエラーで、これをキッカケに巨人が2点を返す。
特にウィーラーの右中適二はナイスバッティングで、その後の三塁に進塁した走塁も素晴らしく、これがなければ1点のみで終えていた可能性が高かった。

☆8回表☆
{経過}
Ⓟ鍵谷、ビシエドは右安⇒高橋は空三振(エンドランで二盗失敗)⇒滝野は二ゴロ。
{考察}
鍵谷は先頭のビシエドにヒットを打たれ、更に続く高橋に対してカウント3ボールというかなり厳しい状況まで追い込まれてしまったが、ここから粘ってフルカウントに持って行き、最後は三振ゲッツーに討ち取り、何とか無失点で切り抜けた。
この三振ゲッツーが試合の流れにどういう影響を与えるか?

★8回裏★
{経過}
Ⓟ又吉、梶谷は三安⇒坂本は右飛⇒丸は二併打。
{考察}
先頭の梶谷のラッキーな内野安打で再び無死から走者を出すが、後続が倒れて無得点。
丸はやや強引なバッティングになり、それが最悪の結果に繋がってしまった。

☆9回表☆
{経過}
Ⓟ中川、木下を右飛⇒根尾を空三振⇒武田が遊ゴロ。
{考察}
中川は危なげなく三者凡退で終える。

☆9回裏☆
{経過}
ⓅR.マルティネス、岡本は三ゴロ⇒重信は空三振⇒ウィーラーは二邪飛、ゲームセット。
{考察}
何とかしたい巨人打線だったが、相手守護神の豪速球に成す術なく三者凡退でゲームセット。



【勝負を分けたポイント】
4回の高松のタイムリーが巨人側にとっては致命的な失点だった。
菅野としては下位打線から始まるこの回で、まさか失点するとは思っていなかっただろうし、ここを簡単に三者凡退で終えて、味方の攻撃にリズムを与えたいところだった。
——————————–

【選手雑感】
☆菅野智之☆
序盤でストレート系を叩かれたことで、変化球の割合が極端に多くなっていた。
又、フォーク系の精度も良くなかったので、投球全体の割合の中でスライダー・カット系が多く占め、カウント球・勝負球、どちらでも使っているので投球の幅が感じられなかった。
よって、スライダー系が少しでも甘く入ると芯近くで捉えられていた。
しかし、それでも中盤以降はやや立ち直りを見せ、7回を3失点で纏める。



【総評】
点差以上の「This is 完敗」だった。
巨人ベンチとしても想定していたゲームプランで菅野が序盤で3点リードされることは無かったと思う。
まあ、柳に対して打線が苦労することはある程度の予想はしていたと思うが、7回に2点を返して1点差まで詰め寄った形にはなったものの、最後までドラゴンズに試合の主導権をガッチリと握られてしまっていた。
個人的には、今日の柳は、今季ここまで対戦してきた先発投手の中では巨人打線が最も苦労した投手だったと思う。
上昇傾向にあった梶谷、坂本、丸、岡本の上位打線の4名が、ほぼ完璧に抑え込まれてしまっていたので、チームの士気が上がる筈もなく、ゲームが淡々と進行しているように感じられた。
又、場合によっては8回表の中日側の拙攻で流れが大きく変わる可能性もあったが、二番手の又吉、三番手のマルティネスを捉えるのは至難の業だった。
彼らの投球に対して巨人打線は力でねじ伏せられてしまった。
う~~ん。。本来なら、もう少し個々の打者を、上段の「選手雑感」で技術的な視点で論評したかったが、その気持ちを萎えてしまう完敗だった。。。。

以上 敬称略
超激辛NPBコラムはTwitterでも活動しています。(超激辛NPBコラムTwitterはこちらをクリック)
Twitterではblogで書ききれなかった事や、ファームの試合雑感、G以外他チームの試合雑感、注目選手の評価、ブログ更新情報など、様々な発信をしております。
又、ブログについての感想やご意見もこちらで受け付けております。
このブログを読んで気に入った方は是非ともフォローしてください。
尚、フォローバックにつきましては、基本的にコメントのやり取りをした方に対してのみ行いますのでご了承ください。(超激辛NPBコラムTwitterはこちらをクリック)
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
いつも応援有り難うございます!
あなたからの清き一票がブログを更新する原動力となりますので、是非、上記バナーをクリックして応援をお願い致します!