広告

千葉ロッテマリーンズvs読売ジャイアンツ 2回戦 観戦レポート 2021.6.12

広告

千葉ロッテマリーンズvs読売ジャイアンツ 2回戦 観戦レポート 2021.6.12

【試合結果】
巨 人 307 000 100 11
ロッテ 200 000 020 4
——————————–
ロッテⓅ美馬、中村稔、フローレス、横山=柿沼、佐藤都
巨 人Ⓟ戸郷、戸根、田中豊=大城
——————————–
{勝}戸郷6勝3敗
{敗}美馬3勝4敗
{S}
——————————–
{本}岡本18号、19号、中島4号(以上巨人)



【試合経過/巨人サイドからの考察】
☆1回表☆
{経過}
Ⓟ美馬、松原は左中二⇒ウィーラーは中安⇒亀井は空三振⇒岡本は左中本(得点3)、G3-M0⇒坂本は二ゴロ⇒スモークは中飛。
{考察}
松原の二塁打とウィーラーのヒットで無死一三塁のチャンスを作り、亀井三振の後に岡本が左中間への豪快な3ランを放つ。
その岡本の打席でバックネット前のファールフライをキャッチャーが目測を誤りキャッチ出来なかったことが大きかった。

★1回裏★
{経過}
Ⓟ戸郷、荻野は中安⇒マーティンは中適安(失点1)、G3-M1⇒中村は右飛(二塁走者は三進)⇒角中を空三振⇒レアードは左線適二(失点1)G3-M2⇒安田は右飛(亀井の好プレー)
{考察}
戸郷はストレートの走りがイマイチで、この回で打たれたヒットは全てストレート系だった。
それにしても、こうもアッサリ2点を返されてしまうとキツイ。

☆2回表☆
{経過}
Ⓟ美馬、中島は左飛⇒大城は遊飛⇒湯浅は中飛。
{考察}
下位打線からの攻撃は三者凡退で終える。

★2回裏★
{経過}
Ⓟ戸郷、加藤は四球⇒二盗失敗(エンドランで空振り)⇒藤岡を二ゴロ⇒柿沼を二飛。
{考察}
先頭打者にアッサリと四球を与えてしまい、相変わらず戸郷は波に乗れていなかったが、マリーンズの拙攻に助けられ、結果的に打者三人で片づける。
これで流れが変わるか?



☆3回表☆
{経過}
Ⓟ美馬、松原は右安⇒松原は二盗成功⇒ウィーラーは中安⇒ウィーラーが二盗成功⇒亀井は中適安(得点1)、G4-M2⇒岡本は左本(得点3)、G7-M2⇒坂本は左安⇒スモークは右安⇒中島は左本(得点3)、G10-M2、投手交代Ⓟ中村稔、大城は遊飛⇒湯浅は二飛⇒松原は左飛。
{考察}
先頭の松原の右安を皮切りに、何とこの回は7連打で7得点を奪った。
やはり前の回のマリーンズ側の拙攻で試合の流れが再び巨人側に傾き、松原がその流れに勢いを与えた。
尚、岡本は前日の最終打席のHRを含めると、三打席連続HRになる。

★3回裏★
{経過}
Ⓟ戸郷、荻野を右飛⇒マーティンを右飛⇒中村を遊ゴロ(坂本好プレー)。
{考察}
この回の戸郷は、ベテラン二人(亀井と坂本)の堅守に助けられ三人で片づける。

☆4回表☆
{経過}
Ⓟ中村稔⇒ウィーラーは右中二⇒亀井は中飛⇒岡本は四球⇒坂本は三ゴロ⇒スモークは四球⇒中島は空三振。
{考察}
二死満塁のチャンスを作るが、この回は無得点で終える。

★4回裏★
{経過}
Ⓟ戸郷、角中を遊飛⇒レアードは左飛⇒安田は投襲安⇒加藤を二ゴロ。
{考察}
戸郷は二死から安田に強襲ヒットを打たれるが、打撲の影響を感じさせず後続打者を討ち取る。



☆5回表☆
{経過}
Ⓟ中村稔⇒大城は中飛⇒湯浅は左安⇒松原は遊ゴロ(エンドランで湯浅は二進)⇒ウィーラーは右飛。
{考察}
二死二塁のチャンスを作るが、ウィーラーが倒れて無得点。

★5回裏★
{経過}
Ⓟ戸郷、藤岡は中越二(松原がやや目測を誤る)⇒代打佐藤を空三振⇒荻野に死球⇒マーティンを空三振⇒中村を見三振。
{考察}
二塁打と四球で一死一二塁のピンチを招くが、主軸から連続三振を奪って切り抜ける。

☆6回表☆
{経過}
Ⓟ中村稔、亀井は空三振⇒岡本は一邪飛⇒坂本は中飛。
{考察}
クリーンナップから始まった攻撃だったが三者凡退で終える。

★6回裏★
{経過}
Ⓟ戸郷、角中を投ゴロ⇒レアードは二ゴロ⇒安田を一ゴロ。
{考察}
球数が100球に近づいた戸郷だったが、この回も危なげなく三者凡退で抑える。



☆7回表☆
{経過}
Ⓟ中村稔⇒スモークは右中二⇒中島は右安⇒大城は二ゴロ(スモークが本塁憤死)⇒湯浅は右安⇒松原は三邪飛⇒立岡は遊適安(得点1)、G11-M2⇒若林は右飛。
{考察}
スモークの緩慢な走塁でチャンスを潰しかけたが、立岡のシブい内野安打で追加点を奪う。

★7回裏★
{経過}
Ⓟ戸郷、加藤を左飛⇒岡本は三直⇒佐藤を空三振。
{考察}
戸郷はこの回もテンポ良く三者凡退で抑える。

☆8回表☆
{経過}
Ⓟフローレス、岡本は中安⇒廣岡は空三振⇒代打香月は遊併打。
{考察}
先頭の岡本がヒットで出塁するが、後続が倒れて無得点。

★8回裏★
{経過}
Ⓟ戸根、菅野は四球⇒マーティンは右中適二(失点1)、G11-M3⇒中村は左適安(失点1)、G11-M4⇒角中は四球、投手交代Ⓟ田中豊、レアードを空三振⇒安田を一ゴロ⇒加藤を空三振。
{考察}
二番手の戸根は制球が乱れてアッサリと2点を奪われ、1アウトも捕れずに田中豊にスイッチする。
その田中は見事な投球で後続を討ち取る。



☆9回表☆
{経過}
Ⓟ横山、北村は右安⇒北村は空三振⇒湯浅は右飛⇒松原は四球⇒立岡は一ゴロ。
{考察}
二死一二塁のチャンスを作るが、立岡が倒れて無得点。

★9回裏★
{経過}
Ⓟ田中豊、藤岡を中飛⇒佐藤を四球⇒二盗(盗塁の記録はされず)⇒菅野を一ゴロ⇒マーティンを三飛。
{考察}
イニング跨ぎの田中は一死から佐藤に四球を与えるが、後続をしっかり抑えてゲームセット。
——————————–

【勝負を分けたポイント】
2回裏のマリーンズの拙攻が試合の流れを大きく変えた。
初回に3点を貰った戸郷だったが、決して調子が良いとは言えず、直ぐに2点を返され、更にこの2回も先頭打者にアッサリと四球を与えてしまい、巨人側からすれば流れが悪くなりかねない非常に拙い状況だった。
しかし、ここでマリーンズの攻撃に記録には残らないミス(エンドランで打者が空振り⇒盗塁死)が生まれ、これでフラフラ状態だった戸郷を立ち直らせるキッカケにもなり、次の回の巨人の大量得点へと繋がった。



【選手雑感】
☆戸郷翔征☆
最後までストレートの走りはイマイチだったが、味方の大量得点に守られて、低めにボールを集める意識を高めて、それが逆に良い結果に繋がった。
ケース別で細かく見ていくと、まだまだツッコミどころの多い投球内容ではあったが、まずまず調子が悪いなりの投球は出来ていたと思う。

☆岡本和真☆
構えの段階で上体に無駄な力みが無く、ゆったりとボールを待てる形が作られているので、ミスショットする確率が大幅に低下している。
又、スローの映像を見るとよくわかるが、非常にバットの出方が良く、グリップが体から離れていないので、バットの操作性が上がり、コンパクトなスイングになっている。
それほど強いスイングには見えないが、インパクトでバットが走っているので打球が良く飛ぶ。

☆松原聖弥☆
この試合の表のヒーローは岡本だが、影のヒーローを選ぶなら彼で間違いない。
ビッグイニングとなった1回と3回の攻撃は、いずれも彼のヒット(第一打席は二塁打)から生まれた。
又、3回は盗塁も決めて更に味方の攻撃に勢いを与えた。
一方で、走塁と守備の打球判断についてはまだまだ課題は多い。
走塁では、前述のケース(二度の二塁走者で塁に出た場面)で、ウィーラーのヒットでホームに還れなかったのは反省すべきポイント。
両ケースともにセンター前への打球だったが、事前にショートの守備位置を確認していれば、躊躇することなくホームに還れていた。
勿論、無死二塁という状況を考えると、決して無理するケースではないが、もっと高いレベルの選手を目指すなら、普通にホームに生還して欲しかった。
又、守備でもライナー性のフライの目測を誤り、とんちんかんな落下点に入ってしまう場面が有った(記録は二塁打)
いずれも記録上はミスとして残らないし、大活躍が色あせることはないが、もっと高いレベルの選手を目指しているなら、ここは反省点としてしっかり咀嚼して欲しい。



【総評】
オリックス三連戦の苦戦は対戦投手を見ればある程度予想できたが、その前のファーターズ三連戦の負け越しは想定外だっただけに、苦手としているマリーンズ相手(しかもZOZOマリン)に連勝出来たことは非常に大きい。
まあ、それでも阪神が負けないのでゲーム差を見れば苦しいことに変わりはないが、それよりも今は自チームの戦闘力を整えるべき時であり、かならず阪神が落ちてくることを信じてコツコツ勝ちを拾っていくしかない。
吉川の離脱はホント痛いが、それでも梶谷、大竹の復帰、丸の復活、そして帰国した山口が期待通りの活躍が出来れば、優勝のチャンスはまだまだある(山口の活躍は願望に近いが。。)
このようにチーム力の上がり目はまだまだあるので、これ以上離されないようにオリンピック後の大反撃を期待したい。
その為にも明日の試合も勝って、今年の交流戦を勝ち越して終えたい!!

以上 敬称略
超激辛NPBコラムはTwitterでも活動しています。(超激辛NPBコラムTwitterはこちらをクリック)
Twitterではblogで書ききれなかった事や、ファームの試合雑感、G以外他チームの試合雑感、注目選手の評価、ブログ更新情報など、様々な発信をしております。
又、ブログについての感想やご意見もこちらで受け付けております。
このブログを読んで気に入った方は是非ともフォローしてください。
尚、フォローバックにつきましては、基本的にコメントのやり取りをした方に対してのみ行いますのでご了承ください。(超激辛NPBコラムTwitterはこちらをクリック)
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
いつも応援有り難うございます!
あなたからの清き一票がブログを更新する原動力となりますので、是非、上記バナーをクリックして応援をお願い致します!