野上亮麿

広告
2019シーズン

「クックの誤算でリリーフ陣を再検討せざるを得なくなった原監督」ヤクルトvs巨人 オープン戦 2019.3.16

土曜日の今日、巨人は神宮球場でヤクルトとオープン戦を行った。 近年、投手陣が打ち込まれるケースが多い神宮で、果たしてどういう投球を見せてくれるのか?ここを注目していきたい。 (adsbygoogle = windo...
2018シーズン

待ちに待った吉川尚輝と岡本和真のアベックホームラン(巨人vs中日 8回戦 2018.5.13)

私は昭和の時代から巨人ファンで、特に巨人に在籍する外国人選手(特に中南米系や黒人選手)が好きで、今もそれは変わらない。 古くはロイ・ホワイト、レジー・スミス、ウォーレン・クロマティ、ロイド・モスビー、シェーン・マック、最近ではホセ・ロペス...
2018シーズン

巨人8連勝 今年の坂本勇人はシーズン最多安打記録を狙える(巨人vsヤクルト 6回戦 2018.4.30)

この試合も打線が爆発して圧勝し、巨人は連勝を8まで伸ばしたが、打線の真価が問われるのは今日から始まる広島とDeNAを相手にした6連戦になる。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle |...
広告
2018シーズン

岡本和真の大爆発を呼び込んだのはゲレーロとマギーの繋ぐ意識(阪神vs巨人 6回戦 2018.4.22)

宿敵阪神を相手に甲子園で3タテした事は、巨人ファンにとっては痛快極まりないが、冷静にこの3連戦を振り返ると、初戦の藤浪の投球(長い間合いとノーコン)が、阪神の攻撃と守備のリズムを破壊して、その悪い流れを最後まで払拭できなかった印象が強い。 ...
2018シーズン

小林と石原のキャリアの違いを痛感する(巨人vs広島 3回戦 2018.4.15)

更新が大幅に遅れてしまったので、試合経過レポートと試合総評は割愛します。 又、火曜日に行われたDeNAvs巨人4回戦の試合レポートは、これを書き終えた後に作成しますので。しばらくお待ちください。 (adsbyg...
2018シーズン

巨人ベンチに欠けているのは選手起用の柔軟性(ヤクルトvs巨人 3回戦 2018.4.8)

さすがに贔屓にしているチームが3連敗すると、キーボードを叩くスピードが鈍ってくる。まあ、ペナントレースは始まったばかりなので過剰に悲観的になる必要はないが。。。 (adsbygoogle = window.ads...
2018シーズン

岡本和真の逆転弾に酔いしれる(巨人vs阪神 3回戦 2018.4.1)

前日の逆転勝利で勢いづいた巨人打線だが、細かいミスや拙攻が多いので、地に足がついた戦いはまだまだ出来ていない。一方でリリーフ陣に関しては手応えを掴みつつあるので、この試合ではしっかり先取点を奪って、そこから強力リリーフ陣に繋げていく野球を展...
広告